2008年03月03日

行政書士深田事務所から皆様へ

 このブログでは
これから行政書士を目指すすべてのヒト、

独りでがんばっている行政書士受験生の皆様を応援します。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

行政書士の深田は、これから行政書士を目指すすべての人を応援いたします。

私自身を振り返ってみて、大変息詰まった生活に光と風を入れるきっかけとなったのが、

「行政書士を目指す」というアクションでした。


ところが、周りに行政書士を目指している友人などもなく、

ましてや家人に理解をしてもらえることもなく、非常に孤独でした。

目次はこちらです



1〜100号はこちら



私を応援してくださるかたはコチラ

続きを読む

Posted by hukada11 at 22:10

2006年09月12日

第164号 ギャッツビーは、ほぐれる?!

試 験 日 : 平成18年11月12日(日)


 もうすぐですねえ。


 こんにちは!行政書士の深田です。

秋になりました。まだらですが、涼しい日もあるようになりました。

まだまだ暑く蒸す日が多いですが、

読者の皆様は、勉強に集中、熱中されていることと

思います。


 試験日が近いとはいえ、ときには、息抜きも、必要です。


私が受験生だったとき、気分転換には苦労しました。

3人の子供(七歳以下)がいて、無職、

一日中家に居るのが基本形。

専業主婦の業務といわれている、家事をやる、合間に勉強。

 

 週末には友達と飲みに!・・・×(そもそも近くに友達がいない)

 たまには気ままな旅行へ!・・・×(おカネがない、子供置いて行けない)

 家族で旅行に!・・・×(行くお金ない、子供連れで疲れる)

 ショッピングでうさばらし!・・・×(買うおカネない、デパートなんか、ここ数
年行ってない)

 
などと、も〜、今思い出しても、育児ノイローゼによくぞならなかったと

思うくらいな、環境でした。夫の転勤で、富山県に居た時期です。

転勤を機に、引っ越して、ご近所付き合いは原則せずに、

ほんのわずかな時間も勉強に当てていた日々・・・戻りたくない日々。


 で、思い出しました。

気分転換しました!

地域のコミュニティセンターのようなところで、

女性のための英会話教室というのが、

夏休みに開かれて、そこに、参加しました。


なぜ、英会話か。

それは、しゃべりたかったから、です。


 勉強していると、人を相手にしゃべることがありません。

たまに、お喋りをしたくても、友達いません。

 そこで、英会話教室。

必ず、声を出して会話することを、指示されます。

そんな会話でも、いい、とにかく、発声したかった、人間相手に。


 ・・・戻りたくない過去です。



さて、きょうは、ここからが本題。

って、たいしたことではないのですが、

これ、勉強の合間にクリックしてみては?
 ↓
http://www.gatsby.jp/cmstudio/index.html

TVのCMです。

「CMを観る」をクリックしてください。

「ムービングシズル編30秒」がおすすめです。かなり、ほぐれます。
http://www.gatsby.jp/cmstudio/index.html



 受験時代、私はテレビもほとんど見なかったし、

流行のうたも、聴く気さえしなかった。

 あのころのヒット曲、まったく分かりません。



 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp


【編集後記】
 面白いものを見つけましたので、下記に広告を掲載しておきます。
  ↓↓↓↓↓
*********************************************************************
こんなビジネスがあるなんて! 知ればナットク。やれば両得。
リサイクルハウスワンのMLM製品買取取次プログラム
*********************************************************************
リサイクルハウスワンは、和歌山県田辺市でご家庭内のアムウェイやニュー
ウエイズ、ニュースキンなどのブランドMLM製品を買取しているお店です。
当店ではSSLサーバーを利用した無料お見積りシステムを活用し、製品買取
をお取次ぎしていただけるサイトを募集しております。
もちろん秘密は厳守。また買取を希望するご本人の登録も可能です。

http://af1.mag2.com/m/af/0000108912/001/s00000004079001/014

有限会社 リサイクルハウスワン
和歌山県公安委員会古物商許可 第651100001061号
〒646-0025 和歌山県田辺市神子浜1-9-11


ではまた。


 私を応援してくださるかたはコチラ


  

Posted by hukada11 at 18:24Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年08月24日

第163号 生命の躍動感がなくなったんでしょ?

    こんにちは!行政書士の深田です。

 8月もあと1週間ほどで終わりですね。

 この暑い夏を、皆様は、どのようにお過ごしだったでしょうか。

  もちろん、11月の試験日に向けて、猛勉強をされたことと思います。


・・・・試 験 日 : 平成18年11月12日(日)

   ↑
 これ、忘れた人がありましたら、確認してください。

 え?まだ、申し込んでない?

 大丈夫、ぎりぎりですが、まだ、間に合います。
 
 受験案内そのものからして手元にない方は、
 8月31日必着で、請求してください。
 細かいことは、こちらを見てくださいね。↓
   http://gyosei-shiken.or.jp/shiken/index.html



 
その昔、私が行政書士試験勉強を始めたきっかけは、

毎日、家事育児に追われて忙しいながらも、

それでは決して燃焼されることのないある種のエネルギーが

たまってしまったから。

それを燃やさないことには、心身が持たなかったから。


そんなふうな言葉で表現していました。




しかしですね、

先ほど、「オーラの泉」というテレビ番組中、

ゲストの丸山弁護士が、

「弁護士3年目ごろに、先が見えた。そういうことがあって、渡米した」

と言ったことに対して、

美輪明宏さんが、一言。


「生命の躍動感がなくなったんでしょ?」






そうです!それです。

家事は大変だけど楽しいもの、

子育ては大変だけど生きがいがある、

などと、一般的には言われていますが、

私は、まさに、

「生命の躍動感がなくなる」

状態になっていったのです。



けれど、行政書士の試験勉強を始めたことによって、

私はだんだんと 「生命の躍動感」 とりもどしていきました。




このメルマガの読者様は、ずばり、70%以上が、

過去の私と同じような状況から、受験を思い立たれたのではないか、

と、想像しています。


人は、どんなに立派な体を持っていても、

「生命の躍動感」を失ったら、

ただの物体と化します。


受験勉強は、大変な苦労が伴います。

でも、「生きてる」 という感じはしますよね。


どうか、そのまま突っ走ってください。


合否はともかく、「やった」という

充足感を、味わってください。



それではまた。



 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp


 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 18:21Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年07月10日

第162号 行政書士との感動の再会

    こんにちは!行政書士の深田です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


7月7日に、平成18年度行政書士試験の公示がされました。

                  ↓↓↓↓
           http://gyosei-shiken.or.jp/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



 1週間ぶりのメルマガです。

皆様お元気にお過ごしでしたでしょうか。





 上記、公示の前日の7月6日、私は、

「 希望 」 に出会いました。



 
 A行政書士、31歳。

 平成12年開業、

 現在、13名のスタッフを抱え、

 事務所は行政書士法人として登録。

 年間1万件以上の事案をこなす。



 A:「深田さん、僕、『だれでも行政書士になれる本』を読んで、
 
   行政書士になろうと思ったんですよ」

 深田:「ええっ?!」

 A:「それまで予備校の講師をしてたんですけど、半年で胃をこわして入院、

  貯金も使い果たして、どうしようかと思ったときに、

  あのピンク色の本(初版はカバーがピンク色)を本屋で見つけて、

  それで・・・」

 深田:「すごいー!やっぱり、そうよね、行政書士って、

   打ち込んでやれば、それだけの成果あがりますよね!

   私はずっとそれを感じてて、本にもそう書きました・・・」


  


 感動の再会とはこのことです。

 知らなかった。身近にこういう実例があるなんて。


 A行政書士とは、今年1年、所属する支部の運輸業務部会で、

 一緒に活動することになり、このとき初めて言葉を交わした次第です。



 ああ、本当に、私の気持ちが誰かに伝わって、

 こうやって、実際に成功されてて、

 それを目のあたりにして・・・。



 
 こんなにハッピーなことはありません。




 今も、日本のどこかで、

 行政書士に可能性を感じて、

 日々勉強に励んでおられる読者様、

 合格をされることを、遠くから、祈っております。





 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



【編集後記】
みんな、やろうと思えば、
なんでもやれちゃうんですよ!!




 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 18:09Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年07月03日

第161号 行政書士試験 おすすめのテキスト情報

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。



 
 本日は、数少ない、平成17年度合格者様からの

メールを紹介します。



−−−−−−−−−−−−−(ここから↓)



 件名:はじめまして。著書を読んだ者です。
――――――――――――――――――――――――

 こんにちは。はじめまして。

突然のメール、失礼いたします。

私は、H17年度の行政書士試験に合格し、只今開業準備中の、

ももすけ、と申します。

深田さんの著書は「だれでも行政書士になれる本」、
「行政書士独立開業!こうすれば成功する」
どちらも読ませて頂きました。

同じ女性として、主婦として、深田さんの開業までの軌跡は、感動すら覚えました。

・・・・(中略)・・・・


『とりあえず、開業しなければ何も始まらない』と思うに至り、

事務所探しに本腰を入れる覚悟が出来つつあります。


恥ずかしながら、私も細々とブログを公開しております。

もし、よろしかったら、お時間があるときにのぞいてみてください。


・・・・(中略)・・・・

お勧めのテキストですが、私のブログの12月8日の記事に詳しく書かせていただいて
                http://blog.livedoor.jp/scomomo1107smile/
おります。

テキストは1冊、伊藤塾が出していて「うかるテキスト」を使いました。

以前に3〜4年ほど司法試験の勉強をしていたので、

勉強の下地があったためか、それ1冊で十分と感じました。

あと、過去問は、苦手な強化は6回ほど繰り返す「過去問重視」勉強法でした。


メルマガ、楽しみに拝見させていただきます。


以上


                                 (ももすけさん:女性)



−−−−−−−−−−−−−(ここまで)



ももすけさん、ありがとうございました。

ブログを開くと、ええっ!!とびっくりします。

なぜなら、美女の写真が

どーんと出迎えてくれるからです。

ホント、見ればわかりますって。



さて、ここにも、伊藤塾、登場です。

伊藤塾、評価されてますねえ。

・・・でも、勉強の下地のある人向け?







次は、早○田セミナー関連のメールです。





−−−−−−−−−−−−−(ここから↓)




件名:早○田セミナー教科書について
――――――――――――――――――――――――

はじめてメールいたします。
先日のメルマガで早○田セミナーの教科書のことが触れられて
いましたので、ついでに申し上げたいと思います。

早○田セミナーの行政法の教科書は、どうも制作段階での校正が
甘いのか、間違いが非常に多いです。

「審査請求は処分庁を経由してしなければならない。」
「取消訴訟は、処分または裁決があったことを知った日の翌日から
起算して6カ月を経過したときは、提起することができない。」
などと平気で記載されています。(もちろん他にも多々あります)

この点早○田セミナーにクレームを付けましたが、誠意ある対応は
ありませんでした。
答練や模試で予想を当てることばかりに目が行き、このようなことは
どうでもいいという考え方なのでしょうね。

私は3回目の受験なので(汗)、気付くことができるのですが、同教科書
を使っている初学者の人は十分気を付ける必要があります。

以上、情報提供として申し上げます。

                            (T・Rさん:男性)



−−−−−−−−−−−−−(ここまで)


いやあ、これを読んで、私は冷や汗が出ました。

6月27日号で、私は皆様にここのテキストを

推薦したといういきさつがあります。

もう、購入された方もおられるかもしれません。


このテキストも、試験の大筋を知る、という程度にしか、

利用できないレベルなのでしょうか。


T・Rさんが、出版社にクレームを出しても、

対応がよくないというのは、出版という作業が、

簡単には手直しができないモノだからだと考えられます。

訂正しても、訂正しても、次々に間違いが見つかると、

赤字を重ねていってしまいますからね。



T・Rさん、

テキストの間違いを見つけられるようになったら、

もう、合格です。

(ちなみに、合格者は皆、教科書の間違いを、すぐに

指摘できるレベルだと思います。)



私は、本屋で立ち読みをして、

中身の不備を見抜けず、

皆様におすすめしてしまいました。

この場を借りて、お詫び申し上げます。





◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



【編集後記】
読者様へ。
まだまだお待ちしております。
参考書、勉強方法等、
是非おしえてください。
f-office@kem.biglobe.ne.jp



 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 18:05Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月29日

第160号 行政書士受験本

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。


 一昨日、本屋までわざわざ足を運んで、

結局私が選んだのは、行政書士受験用に作られた

テキストでした。http://www.w-seminar.co.jp/gyousho/gyousho_text_list.html


 そして、それを皆さんにもおすすめしました。


 すると、即行、それに対する重大なメールを

読者様よりいただきました。




 以下、私と読者様のやりとりをご紹介いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ここから↓)



深田 行政書士 殿

お世話になっております。

行政書士の教科書選びですが、感想を述べたいと思います。

早稲田セミナーの問題集については問題ないかと思いますが、
教科書についてはいかがなものかなと思います。
特に民法と行政法についてはコンパクトで良いのですが、
独学で理解度を深めることについてはいかがなものかなと思います。
私は去年法律が難しくて失敗し、その前は一般教養で失敗しました。

私が推薦する教科書は伊藤塾の司法試験対策用のものであり、
細君が中央大学法学部に通信教育で通っているのですが、
その際にスクーリングの時に仲間から推薦されたそうです。

http://www.itojuku.co.jp/25book/7152.html



>タイムリーなメール、ありがとうございました。

>やはり、そう思われますか。
>実は、本屋に寄って、
>自分が過去に手に取った本(有斐閣双書等)ばかりに
>目がいき、結局、今一番旬な出版社がどれなのか、
>分からなかったのですね。


これは司法試験に合格したある人から聞いたのですが、学者の書物は独学で学習するのは不向きだそうです。


>伊藤塾の本については、
>以前、行政書士用のテキストはまだ発展途上だと
>読者の方から聞いたことがございましたが。


いままでは力を入れていなかったみたいですが、最近は力を入れているみたいです。
ここの問題集の特長として、法律の良問を選んで掲載しております。
行政書士、司法書士、司法試験から良問を選んで。


伊藤塾の司法試験合格者は短期合格者が多いと聞き及んでおります。
なお、私は伊藤塾長は尊敬するに足る人物であると思います。



                      (Aさん:男性)より





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ここまで)

 
 以上が、本日のやりとりです。


 昨日推薦したWセミナーのテキストは、

 あっさりとまとめられていて、年々難しくなっている

昨今の行政書士試験問題を解くのには明らかに内容不足であると。


 必ず、詳細を説明したもうワンランク上のテキスト(司法試験用)までも、

あたること。


 実際に法律専門書の揃った書店に足を運び、

自分に合ったものを入手されることが望ましいのですが、

素人が選ぶのは難しい面もあります。そこで、

一例として、上記 伊藤塾 の紹介となりました。






出ました。「伊藤塾」。
http://www.itojuku.co.jp/25book/7152.html


これからは、この塾が伸びていく感じがしますね。




 

◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



【編集後記】
合格者様へ。
まだまだお待ちしております。
参考書等、おすすめのものがありましたら、
是非おしえてください。




 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 09:58Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月28日

第159号 行政書士受験用の本を探しに

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。


昨日は、雨でしたが、行政書士受験用に

どんな本が出ているのか見るため、

傘をさして、本屋へ行ってみました。


 行ったのは、名古屋駅前徒歩10分ほどにある、

ジュンク堂です。

 法律書の棚の一部に、行政書士受験用の本が

まとめて並べてありました。(かなりの量。しかし、これでも

主な出版物の10分の1ぐらいだろうな)


 前号のメルマガで、いっそのこと司法試験向けの

本を用意すべきでは、と言いましたが、

いざとなると、迷う迷う・・・。

 
 で、結局、私が手に取ったのは、

Wセミナーが出している、これでした↓

「なにがなんでも合格・・・」 
http://www.w-seminar.co.jp/gyousho/gyousho_text_list.html

テキストと過去問、各5冊ずつで、そろえると合計で10冊です。


 行政書士試験のためのテキスト、問題集ということであれば、

このぐらいの冊数にはなるでしょう。

 これなら、初学者〜長期受験生にも対応できると思います。


 これらを基礎に置いて、分からないところは、もう少し平易な言葉で

書かれたテキストで補い、

 または、説明に物足りなさを感じれば、もっと詳しい、

それこそ司法試験にも対応するテキストを読み込む、

そのような感じで学習するとよいと思います。


 予備校への通学、通信教育費の捻出が難しい、つまり、

独学するしかない、という人は、このやり方で、ためしてください。

(本代は多少かかります)


ここで、全くの初学者の方に注意しておきますが、

法律というのは、生ものです。

昨年の六法は使わないでください。

古新聞と同じです。

法律は毎年どこかしら改正されるものです。

六法も、毎年新しいものを購入してください。


 図書館の本も、古いものは読まないでください。

法律書は新しいのでないと、役に立たないのです。

案外知られていませんよね。(だって、あんな分厚い六法が、

毎年使い捨てだなんて、信じられませんよね。

広辞苑並みに、何年も家に保管してあったりしてね)





〜〜※〜〜※〜〜※〜〜※〜〜※〜〜


 読者様より、何通かメールをいただきました。

ありがとうございました。

今日は文が長くなったので、

次回に紹介したいと思います。




◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp


【編集後記】
合格者である読者様へ。
よいテキストがございましたら、
教えてください。



 私を応援してくださるかたはコチラ






  

Posted by hukada11 at 09:51Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月27日

第158号 行政書士試験の合間に

 こんにちは!行政書士の深田です。


 いつも、いつも、皆様にご紹介しようと思って忘れてしまい、

思い立って半年ぐらいもたってしまいました。

 先ほど、タイムリーな話題についてのメールが、

そこから届きましたので、わすれないうちに、読者様に

ご紹介いたします。





 コレです↓↓↓


http://ryumurakami.jmm.co.jp/ (以下一部引用)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『村上龍、金融経済の専門家たちに聞く』【メール編:第381回目】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
====質問:村上龍============================================================

Q:716
 福井日銀総裁が村上ファンドに資金拠出していて進退問題になっているようです。
この問題をどう考えればいいのでしょうか。




■ 『村上龍、金融経済の専門家たちに聞く』【メール編:第381回】

   □真壁昭夫  :信州大学経済学部教授
   □杉岡秋美  :生命保険関連会社勤務
   □山崎元   :経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員
   □津田栄   :経済評論家
   □菊地正俊  :メリルリンチ日本証券 ストラテジスト
   □飯田泰之  :駒澤大学経済学部専任講師
   □北野一   :JPモルガン証券日本株ストラテジスト
   □岡本慎一  :生命保険会社勤務




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以上)

 このように、そのとき世間の話題になったことを、
村上氏が経済専門家の8名に問いかけるわけです。
もちろん、8名全員の回答が紹介されています。

 
 けっこう、一般教養の足しになると思います。


 よろしかったら、どうぞ。(登録無料)
 http://ryumurakami.jmm.co.jp/ 









◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp


【編集後記】
まだ今日は読者様からメールもらってません。
でも、思い立ったので、発行しました。




 私を応援してくださるかたはコチラ



  

Posted by hukada11 at 09:47Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月26日

第157号 行政書士試験流れは変わりました

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。



 前回のメルマガの内容に関連して、

さっそく他の読者様よりメールをいただきましたので、

紹介させていただきます。





件名:「教材の併用について相談させてください」====>安心しました
―――――――――――――――――――――――――――――――

 あなた、行政書士の資格は取っておきなさい!

を愛読しておりますyayaと申します。
今年が初挑戦です。


”「教材の併用」について相談させてください。”

これは私も迷っていたところです。

理由は、
いくつか初学者向けを購入。
さら〜っと目を通し終了。

これでホントに大丈夫?と疑問を感じ他の参考本を本屋で検索。

自分にとって見やすいかなと感じるものをついついまた購入・・・
初学者向けより少々レベルが高いかなっと感じながら読破。

またまた本屋へ(この時点では繰り返しの読み込みなどしておりません)、
過去問は、今までの参考本より何故か難解に感じましたので、
まだあまり手をつけれないなっと思い。
よって、
また少々レベルが高そうな感じの本(少々細かく丁寧な内容)
・・・・本日購入してしまいました。

これでいいのかな〜?
よく見聞きすることは選んだ本や過去門集を徹底的に!繰り返すと・・・
しかし、覚えても理解してないとなって考えている今日この頃。

参考本にはレベル差がある?
当たり前ですね!
あれもこれもと購入しているわけではありませんが。
(私も工学部出身、法律はド素人です)
しかしながらこのようなステップアップでイメージがだんだん付いてきました。

まだまだ覚えることはしていませんが・・・・
覚える下地がだんだんと出来てきたような。

で、結果、参考本はいくつもあり、
これから少々本格的?と自分で感じている参考本を軸に
本格的に勉強をしようかな?と

亀のような遅々とした勉強方法・・・
今後はちこっと加速できそうな気がしております。

今回、メルマガでご紹介されておりました方と同様な迷いを感じておりましたが、
(取り組み方法やレベルは違うみたいですが)
安心して軸ぶれを起こさずに進めそうな気がします。

ながながとすみませんでしたが、
また新たな挑戦者たちの紹介をお願いしいたします!


                          (yaya様:男性)


―――――――――――――――――――――――――――――――

 
 yaya様、メールありがとうございました。

 本日は、この場を借りて、返事の代わりに読者の皆様に

向けて、この件について、お話したいと思います。


 
 前回のメルマガで、受験勉強には二通りの方法があって、

一つは、これと決めた1個のテキストを徹底的にマスターして

試験に臨む方法、

もう一つは、内容が理解できなければ、それを補うために、必要と思う本を

複数手に入れるという方法、

であると言いました。


 数年前までは、どちらかの方法で、合格できました。


しかし、流れが変わりました。

もう、はっきりと言いたいと思います。

試験内容ががらりと変わる18年度の行政書士試験、

これに完璧に対応している講座、テキストは、現在のところ、

無い、というのが本当のところではないでしょうか。


 だから、1冊のテキストを隅々までマスターしたところで、

そのテキストが完璧である保証がないので、

本番で合格できるかどうかは分からない、

むしろ、1冊だけに頼るのは、非常に危険!

 そう思います。



では、どうしたらよいのでしょうか。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


 今日は、大まかな説明だけしておきます。

(1)これまで法律を学んできた人もしくは長期受験生

   行政書士試験の過去問を参考に、
 最低限これが解けるようになるまで、
 それに必要と思われる本を揃えてください。

(2)初学者(法律は初めての人)

  どこかリーズナブルで、有名な講座を一つ受講する。
 しかし、有名な(特にテレビなどで宣伝している講座)だからと
 いって、レベルが足りているとはかぎらないので、
 不足に感じたところを補うため、本格的な法律書を手に入れる。
 どこが不足かは、過去問を解いてみて、分からないところがあって、
 なおかつ、講座で勉強しても、理解できないところ、です。
  (講座は、勉強内容の大筋を知る手段、と割りきる)



    ↑↑↑↑
 で、足りないところを補う本とはどんなものかというと、
 
 民法や憲法は、司法試験受験生にも対応するぐらいの
レベルのものを、手元に置いておいてほしい、そう思うのです。

 大丈夫!
 行政書士試験を受験しようと思う人は、まだまだ少数派。
 それを決意したあなたは、それだけでも、
法律的なセンスは潜在的に持っているのだから、
案外頭に入ってきますって。


 近いうち、本屋をのぞいてきます。
 よさそうなものがあったら、
具体名を紹介しますので。

 どうぞよろしく。





◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp

【編集後記】
今週の天気の予報は、
一週間、ずっと雨なんです。名古屋。
実は、先日、車を娘に譲渡したので、
今後は公共交通機関を主に使うことになります。
ああ、でも、雨だと、うっとおしいです。
ああ、でも、晴れだと、紫外線が・・・。


 私を応援してくださるかたはコチラ



  

Posted by hukada11 at 14:25Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月21日

第156号 行政書士試験テキストの数

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。


 本日は、テキスト選びについて、

下記のようなメールをいただきましたので、

紹介します。




件名:「教材の併用」について相談させてください。
―――――――――――――――――――――――

はじめまして、東京のNと申します。
はじめてメールさせていただきます。

「教材の併用」についてご相談させてください。

今年ゴールデンウイーク明けから
メルマガを読ませていただいており、
と同時に行政書士試験の勉強を再開しました。

<行政書士試験体験>
昨年が初受験。
お盆あたりから勉強を開始して、
受験しましたが、結果は惨敗でした。

<自己分析>
私は、もともと理系の頭のようです。
CG検定、CAD検定、電気工事、初級シスアドなど
自己啓発のためやさしい試験はこなしてきました。
文系、しかも法律はまったくの初学者です。
数字はいいが、活字にものすごく弱いです。

<受験対策>
昨年は、「フォーサイト」のDVD/CD合格講座を利用しました。
平日は通勤時間に繰り返しCDを聴いて、土日は過去問
試験前には、図書館模擬で6回ほど予想問題をこなし、
それらの平均が約50点、本試験も44点(納得)という結果でした。
(法令択一26/70点、一般教養18/40点あしきり)
40点も足りない。
行政書士試験の概略をつかんだ感じだけでした。(納得)


今年は、理解を中心に勉強しようと思い、
過去の教材にくわえて、
「法経学院」の
AV教材CDと合格パスポート法令上下巻・一般知識
「LEC」の
合格基本書、重要事項総まとめ、ウオーク問法令・一般知識
などを利用しています。
さらに、
メルマガで突破塾がよさそうなことを知り、
「突破塾」のCD教材も利用しはじめました。
よくいわれているように、教材はひとつに絞ったほうがよいと言われますが、

ある教材でわかりにくいところを、別の教材ではわかりやすかったりと、
ひとつの教材に絞りきれずこのまま教材の併用をしていて弊害がないのか、
心配になりメールさせていただきました。

もしよろしければ、ご教授お願いいたします。
では、お仕事がんばってください。




RE:深田です
―――――――――――――――――――――――
 受験生の勉強方法には大きく分けて二つのタイプがあると
思います。
 ひとつは、これと決めた1つのテキストを徹底的にマスターする
やり方。
 もう一つは、不足を感じた部分を、その部分に応じたいろいろなテキストを
用意することで、補っていく方法。
 上記Nさんは、後者のタイプですね。
実は、私も、後者のタイプなのです。あれも、これも、気になるテキストは、
できる限り手に入れました。
 手に入れたすべてのテキストをマスターするわけではなく、必要な部分を
学習する、というやリ方です。
 結果、自分の周りに、沢山の情報が揃うわけで、いざというときに、
対応できます。
 一つのテキストで理解できない部分があらわれたときは、
他の本を当たってみる、ということは、当然の行為です。弊害なんてないですよ。
もし、AとBのテキストの解釈に矛盾があれば、さらにCをあたってみる、という行為に
Nさんは出るでしょう。結果、より理解が深まりますよね。
 逆に、理解できないのに、そのテキストにこだわって、自己流の解釈をしてしまう
ほうが危険です。

 自己分析も完璧なNさん、受験用のアンテナは
高く上がっているようですね。
 その調子でがんばってください。







◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp

【編集後記】
蒸し暑くなってまいりました。
皆さん、お体に気をつけてお過ごしください。



 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 14:16Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月20日

第155号 行政書士深田へのメール 今日は長文です。

 こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 いつも念仏のように唱えた「私は大丈夫!私なら大丈夫!」ってね。


独立して1年経とうとしている、今の私の頭の中にはいつも・・・
高校の時に唸らされた吟詠が頭をリフレイン

【成せばなるぅぅうううううう〜ぅぅぅ 
    成せねばならぬぅぅううううぅうぅぅううう
        何事もぉぉぉぉおおぉぉぉ!】

成せばなる。成さねばならぬ。何事も!

本当にそうだよ。




(■■「脱力晩御飯」働く母のテキトー晩御飯■■第416号






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日は、上記のメルマガの一部を、まず紹介いたしました。

形は違えど、

何の保証もないけれど、自分の力を信じて、

頑張って日々生活している仲間がここにもいます!

ということを伝えたかったのでした。







それでは、いただいたメールを紹介をいたします。



件名:いつも参考にさせていただいております
――――――――――――――――――――――――――
 私は東京都内で某メーカーでの営業マンとして日々仕事をしながら
行政書士をめざしている37歳 Sと申します。
法律関係の初学者で独学に自信が持てなかったため
現在某大手予備校に通学して学習しております。
ウィークデーは朝、昼休み、往復の通勤時間、帰宅後で計4時間程度、
又休日は7〜8時間勉強時間にあてていますが行政書士試験の難化傾向に
あることを考えると勉強時間が不足しているのではと不安になります。
先生 いったいどのくらい勉強したら合格できるのでしょうか?
予備校の講師からは次回の本試験から
従来の合格点をとったもの受験者全員合格する方式から
成績上位何%のものが合格するシステムへ変更される可能性が
あると聞きましたがいかがでしょうか?
ご回答いただければ幸いです

                             (Sさん:男性)



RE:深田より
――――――――――――――――――――――――――
 勉強時間につては、十分だと思いますが。
やれるのであれば、もっとやっても、それは構わないと思います。
集中力とのかねあいで、決めてください。
 
 成績上位何%のものが合格するシステムへ変更される可能性が
あるかどうか。それは、可能性は、将来あるでしょう。
 現時点で、そして、私の立場で、採点基準についての
詳細は把握しておりません。わかりません。






次のメールです。




件名:読者ファンより 営業は?
――――――――――――――――――――――――――
 深田さんのファンを自認するTです。

深田さんは、プロフィールで宅建主任者も取られているようですが、

今のお仕事の中で活用されていることはありますか?

わたしは、ことしの試験にチャレンジするつもりです。

それから建設業許可申請は、新規はなかなか取るのはむずかしいと思いますが、

更新物件はどのようにしたら取れるのでしょうか?

こまめに業者廻りをするしか方法はないのでしょうか。

一見ガチガチに固められた爺さん跋扈の書士業界に未来を見出せるのでしょうか?

すみません、つい興奮してしまいました。
 
                             (Tさん:男性) 





RE:深田より
――――――――――――――――――――――――――
 確かに、私は行政書士試験に合格する前年に、
宅建の試験に合格しました。
 諸事情のため、宅建主任として働くことはできませんでしたが、
宅建を勉強したことは、行政書士の仕事の、多くの場面で活きます。
 開発許可〜緑ナンバー申請まで、あらゆるところに、
都市計画法が絡んできます。都市計画法に明るいということは、
非常に仕事がスムーズにすすみます。お役人の早口の専門用語も
さーっと、頭に入ってきます。そういう点で、宅建は大変役に立つ資格です。
 それから、建設業の許可申請は、新規はなかなか取るのは、
実際問題、難しいです。
 爺さん跋扈の書士業界に未来を見出すためには、新しい自分独自の
分野を開発することです。それが一番の早道。
 それは、まったく新しいことでも(行政書士の仕事の範疇で)、
既にある仕事を組み合わせた形でも、何でも構わないと思います。
 要は、自分のやりたい仕事、ではなく、需要のある仕事、をやる、
需要のある仕事を作り出す、ということです。

 だから、やり方によっては、行政書士はオオバケします。
興奮してください。


 




次のメールはこれです。




件名:深田さん、お久しぶりです
――――――――――――――――――――――――――
相変わらず暗中模索状態の今日この頃です。
あるネット本屋のある方のブログを見て、「この人受かる気あるのかなぁ・・・」って思いました。
ゲーセンでスロットしてメダル沢山出したとかDSがどうのこうの・・・
別に遊ぶのは個人の自由ですが、私の考えでは考え方が稚拙なのではないかと・・・
鬱病の薬飲んで思考力がほぼ半分の状態で受けた昨年の試験。
法令は55パーセント教養はあと2点で脚きり免れたという点数しか取れませんでしたよ。
酒断ち、遊び断ちしても。
皆様はどう思われますか?
社労士有資格者のSより
先生もお忙しいそうですね。私もこの前胃カメラを飲んだらストレスで
逆流性食道炎になっていました。何か食欲なく胃がムカムカすると思っていたら・・・
気をつけてくださいね。お忙しい中失礼しました。
おやすみなさい
                                  (Sさん:男性)


RE:深田です
――――――――――――――――――――――――――
 遊ぶのは個人の自由です。もしかしたら、そのブログの人は、
1日10時間以上勉強して、そのあと、そうやってストレスを発散したのかもしれません。
 真実は本人以外には分からないことです。
私も、受験生のころは、家庭では、勉強していないふりをしていました。
だから、私あてに、出版社から合格体験記の依頼が来たとき、夫が電話に
出たのですが、「うちの奥さん、ちっとも勉強してなかったのに受かった」と、言ってました。
陰では、血の出るような勉強をしていたのですよ!
 ですが、カラダを壊すほどの無理はしていません。合格後、抜け殻のようになり、
ひと月ほど、うつ状態になりましたが。徐々に回復しました。(半年ぐらいかけて)
 何がつらいといって、受験勉強を理解してくれる人が近くに居ない、という状況ですね。
学校へ行っている間は、周りがみな、「勉強しなさい」モード、
社会人になったら、周りはみな、「何やってんの」モード。
 
 このメルマガは、ある意味、過去の私へ向けた、未来の私からの
励ましのメッセージです。

 ご自愛なさってください。
 おやすみなさい。







 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp

【編集後記】
本当に、どんな内容のメールでも
いいのです。ください。
皆様のメールは宝物です。
正直にお返事したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。


 私を応援してくださるかたはコチラ
  

Posted by hukada11 at 14:11Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月17日

第154号 行政書士深田へのメール

  こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みません。

 本日は、下記のメールを紹介します。


(6月12日 第152号のメルマガで、

「ウェブ進化論」梅田望夫著:ちくま新書

を紹介したことに関連して)


・・・・・・・・・・・・・・・






件名:無題 

―――――――――――――――――――――――

深田さん

ウェブ進化論は結局何を
伝えたいんですかね。

   (二十代男性)





件名:RE 

―――――――――――――――――――――――

未来はなかなかいい感じになってくよ〜

善が世界を動かしていくようになるよ〜

というメッセージ

        (深田)




件名:RE 

―――――――――――――――――――――――

なるほろ〜

     (二十代男性)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の本は、意外と、言葉が難しいとか、
そういう細かいところにひっかかって、
読みにくいと思われる方も、
多いようです。

でも、分からない言葉を飛ばして読んでみても、
作者が伝えたいことは、
伝わります。

10年後、今を振り返って、
「ああ、あのときが変わり目だった・・・」
きっとそう思うだろうと、
作者も言っています。
今最も旬な本です。






もう1通、メールを紹介します。

(昨日のメルマガに対して)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(前略)・・・大事なことですが、とてもいい時期に勉強のやり方

メールに載っていましたので、助かります!・・・(後略)



                 (東京のY・Sさん)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




※ 現在、当メルマガは、バックナンバーすべて公開中です。

  よろしかったら、見てみてください。








◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp

【編集後記】
今日は、じっとりと、
暑かった。名古屋。

 私を応援してくださるかたはコチラ





  

Posted by hukada11 at 14:06Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月16日

第153号 行政書士試験受験生からのメール

  こんにちは!行政書士の深田です。

いただいたメールは溜め込みませんと言いつつ、

メルマガの配信を溜め込んでしまった深田です。


 どうも、ごめんなさい。


行政書士の試験日は11月、とはいえ、

もう、皆さんの目の色が変ってきているようですね。


千葉のSさんから、下記のようなメールをいただきました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ココから↓)

(前略)・・・メルマガ読みました。

私でさえ深田さんにメールしよう、しようと思っていてなかなかできないでいたので、

深田さんが忙しい実務の中で、毎日メルマガを発行できないのも仕方ないと思います。

(でも、来てないとちょっと寂しかったです)

実務の仕事が忙しいということは、深田事務所にとってはきっと良いことですよね!

お体には気をつけて、頑張って下さいね。



私の方は近所の古着屋でのアルバイトが決まり、1日五時間勤務となりました。

収入的には厳しいのですが、試験まではそれで良い!と割り切り、お昼からの勤務なので

早朝〜午前中の、家事や雑用を除いた時間が勉強時間となっています。

当初は三時間を目標にしていましたが、過去問や六法とにらめっこしているうちに

あせりの気持ちも出てきて、四時間〜五時間は勉強できるようにしようと思ってます。

(のんびりな方なので、あせるくらいで良いんです)



少し前までは孤独感を感じていて、それで深田さんにメールしてみようと思っていました。

でも、今は「試験範囲全部終わらせられるのか?!」っていう気持ちの方がずっと

大きいです(><)それに、憲法にはまってしまい(二回目の復習が終わりました)

憲法ばかりやりたい気持ちですが、まんべんなくできないといけないですよね。。。

実は地方自治法があまり面白くなく、進まないので今月から主要三科目の復習に入り

ました。(今日から民法、行政法の二回目に入ります)



突破塾はほんと良いですよ。掲示板のみなさんも良い方ばかりですし。

私はとっぱ先生を信じているので、頑張ってついていきます!

・・・(後略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ココまで)


こんなふうに、読者様から、
突破塾のことで、
中身が「良い」との
評判を聞くことが多いのです。

もし、まだ勉強方法で迷っていらっしゃる方がいたら、
ここを訪ねてみてください。→ http://www1.odn.ne.jp/toppajuku/






また、こんなメールもいただいました。

東京のYさんからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ココから↓)



(前略)・・・
CD届かないです、まもなく1ヶ月です、問い合わせも面倒になってきました、
昨日も返事来たんですが、キャンセルの返事は向こうからないです。
・・・(後略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ココまで)


Yさんは、当メルマガ144号で紹介した
CDをわざわざ注文してくださったのですが、
なかなか手に入らなくて、かえってストレスのタネと
なってしまったご様子です。
CDというのは、以下に書いたとおりのものです。

「本日は、聴いて体がよろこびそうな、

新しいCDを紹介しますね。

これです。
 ↓
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=949497&GOODS_SORT_CD=104 」
 
                                              (5月14日 付 第144号)

Yさん、いろいろとご迷惑をおかけしてすみませんでした。
(ん?私はCD屋さんではないけど・・・)

そこで、もし、まだ手に入っていなくて、ご希望でしたら、

こちらから代引きで発送させていただきます。(在庫がありますので)

送料は300円かかります。ご連絡ください。→ f-office@kem.biglobe.ne.jp



もちろん、他の読者様で購入ご希望の方がございましたら、
どなたでも受付いたしますので、
お申し出ください。







それから、もう1通、メールをいただきました。

これは、同業の行政書士の坂庭勉様からです。
       http://www.1goukaku.jp/

・・・・残念ながら、紹介するには紙面が足りません。

内容は、当メルマガ発行についてのお励ましの言葉を沢山、

でした。本当に、ありがとうございました!







◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp


【編集後記】
6月なのに、名古屋は雨やくもりの日が
多く、涼しい日が多いです。
半そで?長そで?と、着るものを迷います。
本日は、半そでを着て、失敗しました。
寒すぎる・・・。


 私を応援してくださるかたはコチラ



  

Posted by hukada11 at 12:51Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月13日

第152号 行政書士試験受験生からいただいたメールは溜め込みません!

  こんにちは!行政書士の深田です。

 



   日曜日(6月11日)に、素晴らしい体験をしました。







これです↓





 「 ウェブ進化論 」 梅田望夫著:ちくま新書
            ( 本体価格740円 )






これを読んで、泣いた人がいるそうです。





私は、これを読んで、




鼻血が出ました。

あふれる鼻血が止められない、

そんな経験をしました。



 ↑
うそですね、いくらなんでも。

どっちかというと鼻水ですね、

出たのは。涙と一緒に。




少し前、日本が階級社会化しているという本を紹介して、

自分も投げやりな気分になったものですが、



この本は、

「 ネットの世界は、

どうやら、『 善 』 が動かすことになるらしい、

それは世界中の貧富の差をなくすことに繋がるらしい 」

ということを書いた本です。


衝撃的。そして、嬉しい。

この時代に、間に合ってよかった、

と、心から思いました。


10年に1度、の本ですね!




〜。〜。〜。 〜。〜。〜。〜。 〜。〜。〜。〜





 さて、読者様のメールで発行されるメルマガに

なってから、はや3日がすぎました。


 この間、読者の方から、3通メールをいただきました!


ありがとうございます!!!



まずは、北海道のN・I 様より

 ↓

==========

私が行政書士で最も苦しかったのが、試験直前です。

というのは、基本書が試験レベルではないことに気付
いたからですね。

私は独学で受験に臨んだのですが、基本書は1冊でま
とまっているものを使用していました。

しかし、模試を受けてみると、どうしてもそれでは対処
出来ないのです。

冷や汗が吹き出ました(笑)

憲法・民法・行政法・その他法令・一般常識。それぞれ
分冊されているものを購入したり、立ち読みしたり、そ
のように継ぎはぎの知識で試験に臨んだわけです。

試験後もずっと不安でした。

その分、合格発表日、2枚重ねの葉書をめくり【合格】
の2文字を目にした時の感動は忘れられません。

あれほど嬉しいことは、それまでの生涯に一度もありま
せんでしたし、これからも、おそらくないでしょう。

行政書士の合格はターニングポイントになりますので、
受験生の皆さん、頑張ってくださいね!

==========





 当時、北海道で、行政書士を目指している人は、

何人いたのでしょう。


 N・I さんのお住まいの近くで、他の受験生と出会うということは、

ただでさえ広い北海道のこと、無理だったと思います。


 
 合格の前の暗いトンネル(孤独との戦い)は、つらいけど、

抜けたら、十分に元が取れます。

 というか、住んでる世界が全く違ってきます!



 どうか、皆さん、あと一息です。がんばってくださいね。






あとのお2人様からのメールは、

紙面が足りなくなったので、

明日以降に紹介します!

お楽しみに!!







 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp




 私を応援してくださるかたはコチラ

【編集後記】
このごろ、思っていたんです。
ネット関係のセミナーに出ますよね、
見ると、周りの人は皆、いい人ばかりなんです。

意外とネット関連はまじめで、よい雰囲気だ、
と、私は会う人ごとに言っていましたが、
その空気を、PC時代の最初からかかわってきた
梅田望夫氏が、「ウェブ進化論」で、
見事に語り明かしてくれました。

一行、一行が、光を放っている本!
 


 私を応援してくださるかたはコチラ  

Posted by hukada11 at 12:43Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月11日

第151号 行政書士の資格は取っておきなさいメルマガ方向転換のお知らせ

  こんにちは!行政書士の深田です。

皆さん、お元気にお過ごしでしょうか。


 今日は土曜日なのですが、配信します。


当メルマガは、2006年になったのを機に、平日日刊にしましたが、

結果は、半年足らずで、それが崩れてしまいました。

 大変申し訳ございません。


 この1月以来、以前よりもリアルの仕事量が増え、

思ったように書けなくなったのが原因です。

 
 さて、これから、このメルマガをどう運営していくか、

と、いろいろと考えました。

 やはり、心の奥底に、日本のどこかでたった一人で

孤独とたたかいながら受験勉強をしている受験生を

そっと励ましたいという気持ちがあり、やめたくない、

なんとか続けていきたい、と

思いました。


 そこで、書き手として、より容易に取り組めるよう、

思い切って、メルマガの内容を変えることにしました。



 それは、読者メールを主軸にメルマガを構成する、


というものです。


 そういうわけで、このメルマガを読みたいと思われる方は、

メールをください。→  f-office@kem.biglobe.ne.jp

 何でも結構です。


 (注)ただし、メルマガ本文のネタになります。


 お寄せいただいたメールは、公開時には匿名を基本にいたしますが、

あえて名前を公表希望される方は、その、旨をお伝えください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




 以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。





 もう、私は、ハンドルを手放すことにしました。

 皆さんの言葉が、このメルマガを動かしていく、
  f-office@kem.biglobe.ne.jp

そういうメルマガにしたいと思います。


2006年6月10日(先勝)





 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp 
 ※メールが来なければ、このメルマガは発行されません。



◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp




【編集後記】
世の中の移り変わりのスピードは速く、
それに連動して、行政書士の試験内容も
変化しました。
一流の出版社でさえ、改訂に追いつかず、
テキストの供給ができないところが出てきています。

その点、WEBで瞬時に対応できるところは強いですね。

実は、以前紹介した「突破塾」 
の評判がかなりよいのです。このメルマガの読者様に限ったことですが、
どなたも、口を揃えて、「良い」とおっしゃってます。

もし、現時点で、勉強方法を迷われている方がいたら、
ここを一度利用してみてください。http://www1.odn.ne.jp/toppajuku/
(価格も安いです)


 私を応援してくださるかたはコチラ  

Posted by hukada11 at 12:37Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月08日

第150号 18年度行政書士試験内容、確認を!         

  こんにちは!行政書士の深田です。

 「 平成18年度行政書士試験の「商法」の出題に係る法令については、

『行政書士試 験の施行に関する定め(平成11年12月16日自治省告示第250号)』

 に基づき、平成18年4月1日現在施行されている法令に関して出題するものとします。」

 との発表がありました。http://gyosei-shiken.or.jp/

                ↑
   受験生の皆さん、チェックしといてくださいね。




〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜



  先日、ある読者様から、


 「勉強に行き詰まりを感じています。
 
 しかし、合格したいのです。

 何か座右の銘がありましたら、教えてください」



という内容のメールをいただきました。


  
  う〜ん・・・


自分の受験時代を思い起こすと、

座右の銘・・・・


そんなもの、振り返る余裕もなかったなあ・・・


座右の銘・・・


強いて言えば、脳の奥底から、ときどき、


「ALL OR NOTHING・・・

ALL OR  NOTHING・・・」


と聞こえてきたことでしょうか。



そう、合格しなければ、

どれだけ頑張ってやったことも、

全く無になる、

全く無。

そんな気持ちで勉強してました。



はい、7歳、5歳、1歳の子供を抱えた、

無職無収入の主婦(当時30歳)でしたから。










 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp





【編集後記】
行政書士試験が、まるで、
司法試験の次にくるくらい難しい
試験になりつつありますね。

でも、一般教養が、一般知識14問に減って、
法律家の試験らしくなって、
逆に受かりやすくなった人もいると思うのです。




 私を応援してくださるかたはコチラ

  

Posted by hukada11 at 12:51Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年06月03日

第149号 鞍馬寛寿郎さんは65歳で行政書士試験に合格されました(その3)

  こんにちは!行政書士の深田です。


  いきなりですが、読者様の中で、中国語に興味の

 ある方はおられますか?

  あるいは中国を身に付けたい方はおられますか?


 「中国語学習の1からチャイニーズ!」では、

 中国語を学ぶ人へ、有益な中国語学習情報を

 提供しています。一度のぞいてみてください↓
 http://www.1mgkk.com/m/662/8038.html

 (一風変わっています)



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




   さて、皆さん、前号、前々号のメルマガは読まれたでしょうか。

  鞍馬さん、やはりただ者ではないですね。

 上手く1回の受験で合格されたのは、これまでの

 知識に加え、日々のメリハリのある生活が、環境として、

 よかったようですね。


  今日は、合格体験記、その続きです。



 
−−−−−−−−−−−−−−(ここから↓)


● 鞍馬寛寿郎 ( 65歳 )  受験回数 1 回


 ◆受験の動機(前々号に記載)
 ◆受験勉強中の生活環境(前々号に記載)
 ◆法律科目の勉強法(前号に記載)
 ◆一般教養の勉強法(前号に記載)
 ◆利用した予備校(前号に記載)



● 苦手科目とその克服方

    スポーツの練習では、反復が当然です。勉強も、覚えこむ
   
   まで反復すればよい、と、とにかく反復・習得に努めました。

   本番前に疲れてしまった実態にあります。


● 勉強時間 

   @5時間×240日=1200時間


     うち、6割〜7割は復習時間です。

    実力ないし記憶を試験当日にピークに持っていくのに

   苦労しました。

    復習は、単調作業でバカばかしさを覚えます。かといって、気を抜くと、

  読み方がおざなりになって、真に必要な箇所を飛ばし読みしてしまいます。

   繰り返し作業に疲れて、準備を2月から開始せずに4月から開始して

  丁度よかった気もしました。が、結果論です。



● 推薦する書籍

   難関の司法試験の民法を、我妻栄の「ダットサン民法」だけで

  合格したという人もいることですから、人それぞれです。

   一を知れば、三も四も分かるというタイプですと基本を押さえれば

  よいのでしょう。わたしは、10学んで、歩留まりが5か7というタイプです。

   十分過ぎるデータに触れておく必要があります。

   しかし、書店に並ぶ予備校の各種参考書は、どれも簡単過ぎて、

  それだけこなしても合格は覚束ない気がします。東京法経でも、講義毎に

  教科書の何倍にもなる補足資料が配られました。(深田由美先輩の

  「合格アドバイス」推薦図書は、一々肯けるものがあります。)



●スランプの克服法

  得意科目の数学関係問題集に取り組んで気分転換しました。


●本試験でのアドバイス

  日ごろの練習成果を示すまで、と落ち着いて取り組めば必ずー!


  若いときは試験に自信がありました。年をとって、「解答につまずくと、

 カーッとなって」実力の半分も出なくなるという経験を度々しました。

 それもこれも実力のうち、と受け止めて模試で免疫力をつけたものです。


●これから受験する人へ一言

  方法を決めたら迷わず集中して取り組んでください。


 以上




−−−−−−−−−−−−−−(ここまで↑)








  

 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



 私を応援してくださるかたはコチラ  

Posted by hukada11 at 18:52Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年05月31日

第148号 鞍馬寛寿郎さんは65歳で行政書士試験に合格されました(その2)

  こんにちは!行政書士の深田です。

 さて、さっそく昨日の続きです。

 史上最低の合格率(2.6%)だった平成17年度の

行政書士試験に合格された、鞍馬さんの合格体験記

その2、をどうぞ!


 
−−−−−−−−−−−−−−(ここから↓)


● 鞍馬寛寿郎 ( 65歳 )  受験回数 1 回


 ◆受験の動機(前号に記載)
 ◆受験勉強中の生活環境(前号に記載)


●法律科目の勉強法

 予備校配給の 合格パスポート 法令 上下2冊

              過去問  法令   1冊

 LECの 出る順行政書士  法令編 上下2冊

 法務検定3級過去問  憲 民 行 商 (図書館から借り出し)

 三省堂 模範六法  出題された判例を蛍光ペン(黄)でマークし出題年度を

                 付記した。後日、ピンク、さらに茶色でマークし、
  
              直前復習箇所を絞り込んだ。




 ●一般教養の勉強法

 予備校配給の  合格パスポート 一般教養 1冊

 予備校配給の  教養過去問         1冊

 文芸春秋社   日本の論点   該当部分のみ




 ●利用した予備校 
  
 東京法経学院名古屋校通学コース+同校主催模試 9回

  試験は、相当部分が 「 記憶の勝負 」 です。私の場合、

 2週間おくと読んだはずの箇所が、読んだかどうか分からなくなる

 記憶力レベルです。


 (物忘れは脳の血管のつまりに関係するといいます。自覚症状が

 なくて脳に微細な出血がある人は、50才代で4%に過ぎませんが、

 60才代になると25%にのぼります。53才時点で4%の中に入ってしまった

 わたしは、60才になってそれほど少数派ではなくなったことに安心したものですが、

 度忘れ恐怖があります。黒柳徹子の名前は忘れたことがないのに、野際陽子や

 浜崎あゆは、2回に1回は出てこず、思い出すのに1週間かかります)


 あの手この手で、脳の記憶 「 皺?」 を深くしておく必要があります。通学して、

 講師の解説を耳にし目で確かめることは、有効です。 講師から質問されて

 間違った解答をすれば、正答をした時より、記憶が鮮明になります。若い受験生は

 講師の問いかけに黙っていますが、40代以上の学友3〜5人は、授業の進行に協力する

 意味合いもありますが、自分のために積極的に発言応答したものです。どこの予備校でも

 いい講師はいるのでしょうが、東京法経名古屋校の川手ひで子講師は、教え上手、

 やまあてもうまい、いい先生でした。




−−−−−−−−−−−−−−(ここまで↑)







 この続きは明日のメルマガで!

 




 



 



◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



 私を応援してくださるかたはコチラ
  

Posted by hukada11 at 12:00Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年05月30日

第147号 鞍馬寛寿郎さんは65歳で行政書士試験に合格されました

 こんにちは!行政書士の深田です。

いやいやいや、世の中には凄い人がいるものです。

果たして、60歳定年、65歳定年、という制度は

スーパーマンにとっては、意味があるのだろうか?と。



 本日は、史上最低の合格率(2.6%)だった平成17年度の

行政書士試験に合格された、鞍馬さんの合格体験記を

紹介いたします!



−−−−−−−−−−−−−−(ここから↓)


◆ 鞍馬寛寿郎 ( 65歳 )  受験回数 1 回


◆受験の動機

   会社を定年退職した年に、ロースクール1期生試験が実施された。

 弁護士バッジをつけて棺桶に入る夢を果たすべく、適性試験・法学履修者試験を

 受け、ロースクール開設校の教授推薦状をもらう工作までした。


  ところが、『ロースクールを卒業すれば、7〜8割資格取得』というのが

 過大広告で、その実、せいぜい3割の合格率と分かって、ロースクールに入るのがやっと、

 という自らの学力を考えると、退職金の中から用意した学資1千万円の投入が

 モッテァナー(もったいない、の名古屋弁)気がして、スクール受験を諦めた。


  インターネット交通事故無料相談サイトで匿名での回答を続けていたが、

 交通事故に限らず、多方面で人様のお役に立ちたい、との願いを果たすために、

 ミニ弁護士ともいうべき行政書士資格取得を思い立った。


◆受験勉強中の生活環境

  大学非常勤講師で週1回つぶれるほかは、自由時間。

 パソコン将棋( 週2回 1回あたり 3〜5時間)、

 友人との酒(週1回)、 ゴルフ(月1回)、映画(月1回)、

 旅行(年5回 1回あたり2〜5日)の中で、

 勉強に有害な将棋と旅行を断った。




−−−−−−−−−−−−−−(ここまで↑)



 続きは明日のメルマガで。

 



 私を応援してくださるかたはコチラ


 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp




【編集後記】
明日は、鞍馬さんの受験勉強の
具体的な方法を紹介します。

お楽しみに!


 私を応援してくださるかたはコチラ  

Posted by hukada11 at 16:34Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ

2006年05月25日

第146号 心ざわつく行政書士

  こんにちは!行政書士の深田です。

 
  ローソンで、からあげくん2個と、飲み物を2個買ったら、

 480円ぐらいでした。

  
  安い・・・・。


 レシートを見ると、ああ、やはり、からあげくん1個しか打ってない。


 →そのまま黙って、帰る。

 →いや、たとえ210円でも、きちんと払って帰る。


 しばし葛藤。


 あー、やっぱりだめだ。

 正直に言おう。


 
 再びローソンへ入り、17歳ぐらいのレジの

女の子に「これ、間違ってましたよ」と、お金を払う。


 女の子は、びっくりした顔で、「どうもありがとうございました」と、

レジも打たずにお金をレジスターの中へ。

(ま、いいか)




 お釣を余分にもらうと、心がざわつく深田でした。








〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜 ◎ 〜
 
  



  前号で紹介しました、2.6%を突破した、

若くない新人行政書士さんは、男性です。

  機会があれば、合格体験記をお願いしようと

思っています。
  
 楽しみにしていてください。








 私を応援してくださるかたはコチラ


 
◆あなたのメールをお待ちしております。
 
 質問、感想、何でもお寄せください。
  f-office@kem.biglobe.ne.jp




◆新しく、このメルマガを登録して下さった方へ。

 このメルマガは、行政書士受験生を応援するメンタルサポートマガジンです。
 過去のメルマガには、参考書の選び方、学習の仕方なども
 書いています。ブログで公開しておりますので、どうぞ、
 ご覧ください。


 メルマガ登録はこちら


行政書士深田事務所  深田由美
〒465-0064 名古屋市名東区大針2−57
TEL 052-704-8038
 f-office@kem.biglobe.ne.jp



【編集後記】
からあげくん2個・・・
1個は娘の、ですから。


 私を応援してくださるかたはコチラ  

Posted by hukada11 at 13:12Comments(0)TrackBack(0)メルマガ | メルマガ