2017年03月25日

1:2017/03/24(金)17:50:52 ID:
日本の忍者や忍術の起源、実はわが中国にあった! =中国メディア 

(略)

 記事は「日本の忍者は、寿司や芸者同様全世界に深い影響を与えている。忍者は『秘密裏に行動する人』
という意味であり、アニメ『ナルト』も忍者文化の海外輸出に貢献したと言える」と紹介。
その流派は大きく甲賀と伊賀の2つに別れるが、忍術や忍者の起源には様々な説が存在するとした。

 そのうえで、中国国内には「忍術の起源が中国の漢の時代の五行術にある。現代の中国では五行術は伝わっていないが、
日本ではこの武術が大いに発展した」と考察する人がいると紹介。忍術思想の源は中国の殷・周の時代の
太公望・呂尚にあり、その後、孫武、張良、韓信などがこの理論を充実させ、特に孫武による
「孫氏の兵法」は忍者たちに崇められたとの論理を展開した。

 記事はまた、日本の忍者が真に活躍したのは、徳川家康が作った特殊部隊であると紹介。
そして、有名な忍者である服部半蔵の祖先は中国人であるとし、
「かつて中国や朝鮮から特殊技能を持つ人材が続々と日本にやってきて京都に定住し、
その後付近の伊賀や甲賀に転居して生活するようになった。服部家はもともと秦という姓だったが、
日本と同化していく過程のなかで服部に改姓したのだ」と説明している。

続き サーチナ
http://news.searchina.net/id/1632045?page=1


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/605

続きを読む



17:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
韓国・中国 

1:2017/03/24(金)22:56:21 ID:
「30にもなってゲームやめたら?子供っぽいから」に反論続々 「大人っぽい趣味って何?ゲートボールか!」

世の中には様々な事に対してマウンティングしてくる人がいる。趣味もその例外ではない。

はてな匿名ダイアリーには3月22日、「30にもなってゲームとかやめたら?」という投稿があった。投稿者はゲーム制作に携わる人物だ。
友人たちと居酒屋で酒を飲んでいるとき、1人の友人からこのようなことを言われた。

「30にもなってゲームとかやめたら?」

投稿者は仕事柄、大手が作るゲームのチェックも兼ねて趣味としているのだが、友人は気に入らない。
「40になってもやるつもり?」「もっと大人っぽい趣味見つけたら?」などと言ってくる始末だ。
投稿者には他にスノボなどの趣味もあるが、友人はどうしてもゲームが気に入らず、やめた方がいい理由を、

「子供っぽいから」

と切り捨てた。

続き ニコニコニュース/2017/3/24(金)11:32 キャリコネ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2703709


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/637

続きを読む



11:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
ゲーム | ネタ・雑談・体験談

2017年03月24日

1:2017/03/24(金)
刀剣職人が鍛冶場でその技を競い、チャンピオンを決める。
作った刀剣には厳しいテストが行われ、専門家の審判が判定する。
第1ラウンドでは自己流の刀剣を鍛造し、第2ラウンドではそれを武器として機能するものに仕上げる。
決勝では毎回、かつて人類が作った素晴らしい武器の一つが指定され、それを自宅の鍛冶場で製作。
チャンピオンは誰か?待望の新シーズンが登場!
(ヒストリーチャンネル 公式サイトより)
※こちらは管理人が好きなCS番組を紹介したいだけの個人的趣味でまとめた記事です。
 
S1放送時にインパクトを残した「これは…殺せるね」(ダミー人形試し切り後)というセリフは
残念ながらS2とS1再放送分から「いいね」「使えるね」「よく切れる」などに変更されてしまいました。
 
それでも癖の強い参加者たちや、審査員の専門家のツッコミやリアクションは健在です。
鍛冶の知識も無駄につきます。
これから一挙放送もあるのでこの機会にいかがでしょうか?
 
 
引用元スレ:ヒストリーチャンネル 39

続きを読む



17:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
BS・CS・スカパー! | エンタメ

1:2017/03/23(木)14:21:09 ID:
「密着型ブルマー」30年継続の謎 学校現場とりまく“大人の事情”

 1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。
「体形が丸見え」「下着同然」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、
約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書
『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく
“大人の事情”が見えてくる。(横山由紀子)

 密着型ブルマーは60年代半ば頃から中学校などで女子体操着として採用され始め、
全国の学校に急速に普及していった。ただ、どんな経緯で取り入れられたのかは謎だった。
「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。組織の力学が働いていると思ったのです」。
山本教授は学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

続き Yahoo!ニュース/産経新聞 3/22(水) 14:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000094-san-soci


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/549

続きを読む



11:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
雑学・豆知識 

1:2017/03/23(木)12:54:50 ID:
韓国の大手菓子メーカーが8年かけて開発した新商品、「日本のパクリ」と指摘相次ぐ=「大企業のすること?」「これまでも全てパクリ」―韓国ネット

2017年3月22日、韓国・アジア経済によると、韓国の大手菓子メーカー「オリオン」の新製品に盗作疑惑が浮上し、物議を醸している。

問題となっている製品は今月発売された「コブクチップ」。内容量は80グラムで希望小売価格は1500ウォン(約150円)、
コーンスープ味とスイートシナモン味がある。薄いチップが4枚重なっているため、1つ食べただけでも3~4つ食べたような
豊かな食感が楽しめるのが特徴だ。オリオンは「8年間の試行錯誤の末、製品の開発に成功した」と主張している。
2009年に製品の研究を始めたが当時は技術力が足りずに中断、2015年から再び開発に取り組んだ。
今後は会社を代表する製品に育てていく考えだという。

しかし、60年の歴史の中で最も研究・開発に魂を込めた製品というオリオン側の説明とは裏腹に、インターネット上では日本の製菓会社
「ヤマザキビスケット」の「エアリアル」に酷似しているとの疑惑が浮上している。エアリアルは2009年8月に日本で発売された製品で、
コブクチップと同じ4層構造のコーンスナック。内容量は70グラムで、日本では129円で販売されている。

続き Record China
http://www.recordchina.co.jp/b172243-s0-c30.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/545

続きを読む



07:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
韓国・中国 



ページトップ