2016年01月27日

「妻の暴力が怖い…」増える男性のDV被害 プライド邪魔して相談できず

1:2016/01/26(火)12:51:22 ID:
 配偶者や恋人から暴力を振るわれるドメスティックバイオレンス(DV)。
「被害者は女性」というイメージがあるが、男性が被害を受けているケースが増えている。
「男らしさ」というプライドから周囲に相談できず、1人で抱え込んでしまうことも。
支援窓口を増やすことが喫緊の課題だ。(中井なつみ、油原聡子)

家にいられない夫

「家にいるのが怖くてたまらない」。東京都内に住む30代の男性会社員は
2年前に妻と別居した。妻からの日常的な暴力が原因だった。
殴られたり、蹴られたり。「リモコンを置く位置が違う」「すぐに返事をしない」。
きっかけはそんなささいなことだ。しかし、妻は一度怒り出すと感情が抑えられず、
男性が出血するまで暴力をふるった。

 妻と極力顔を合わせないように、就業後は終電近くまで漫画喫茶で時間をつぶした。
妻が寝静まったのを見計らって帰宅。自分の寝室の扉の前に机を置き、
妻が入れないようバリケードを作った。「そうしないと、寝付けなかった」

続き 産経ニュース 全3ページ
http://www.sankei.com/life/news/160126/lif1601260009-n1.html



3:2016/01/26(火)13:23:30 ID:
やり返すと男性側が加害者にされそうだしな…
4:2016/01/26(火)13:25:02 ID:
加減をして愛情を込めて踏んでくれる嫁が欲しい
5:2016/01/26(火)14:13:41 ID:
叩いてきた女性を殴るなんてできないからね
7:2016/01/26(火)15:01:34 ID:
まさに奴隷社会。
しかしどうしてほとんどの男たちは未だに
自分たちが女の奴隷として扱われていることに気付かないのだろう。
8:2016/01/26(火)15:21:49 ID:
こうやっておびえて暮らすのが男らしいのかね?
9:2016/01/26(火)18:42:14 ID:
タイトル:プライドが邪魔している
本文:相談窓口増加が喫緊の課題

なんだこりゃ
11:2016/01/26(火)18:55:17 ID:
無きに等しい芥子粒プライドなんか捨ててしまえ!
折れるが勝ち。
12:2016/01/26(火)20:18:14 ID:
警察を呼んで逮捕してもらいなさい
その後は離婚して二度と会わないこと
13:2016/01/26(火)20:21:39 ID:
世間の評価が女に有利に働くからどうせという気にさせる。
14:2016/01/26(火)20:28:28 ID:
DV法は女のためだけの法律。
どんなに嘘を言っても罰せられない。国民年金に入れる。
男からあらゆるものを搾取するためのクソ法律。
16:2016/01/26(火)21:37:04 ID:
言葉の暴力についてももっと着目すべき
女の罵詈雑言は相当なもんだぞ
常に録音しとくと良い
17:2016/01/26(火)21:41:29 ID:
>妻は一度怒り出すと感情が抑えられず、
男性が出血するまで暴力をふるった。

キチガイだと思う
こんな女本当にいるのか?
18:2016/01/26(火)23:34:03 ID:
男→女だろうが女→男だろうが、暴力は同じに扱い同じ刑にすべきだ。
レイプも同じ。今の法律では女→男のレイプが成立しないのはおかしい。
19:2016/01/26(火)23:53:35 ID:
プライドっていうか、男なのに妻に殴られるままなんてだらしない、みたいな言葉が怖いのかな…
DVってただでさえ男女関係なくなぜか被害者は加害者を庇おうとするし、帰らないと怒られるって言って逃げようとしないし
やっぱり男性が加害者ってケースの方が多いんだろうけど、女性が加害者のケースも増えてるんだし暴力は暴力なんだから同等に裁かれるべきだろうな




11:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
男女 | 生活・社会

トラックバックURL

コメントする

名前:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページトップ