2016年01月28日

ガルパン10億円、ラブライブ28億円 アニメが邦画シーンを圧倒した2015年「興行収入」ランキングが発表

1:2016/01/27(水)08:07:24 ID:

映画製作配給大手4社からなる一般社団法人「日本映画製作者連盟(映連)」が、
年1回の頻度で発表している映画産業のデータをまとめた業界概況が2016年1月26日に公開されました。

邦画・洋画の興行収入(10億円以上が対象)によるランキングも含まれており、
洋画部門では世界中で大ヒットを記録した「ジュラシック・ワールド」が95億円で第1位を獲得。
第2位は「ベイマックス」が91億円、「シンデレラ」が57億円で第3位。
各所で熱狂的な盛り上がりをみせた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は18億円で第13位という結果に。
 
そして、アニメ作品も含まれる邦画部門では「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が78億円
という飛び抜けた成績で第1位を獲得。
第2位は細田守監督作品「バケモノの子」が58億円、第3位は木村拓哉主演の人気シリーズ「HERO」が46億円となっています。

そのほかは「ラブライブ!The School Idol Movie」が28億円で第8位、
「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」が26億円で第11位、
「心が叫びたがってるんだ。」が11億円で第35位、
そして何かと話題になる「ガールズ&パンツァー 劇場版」が10億円で第38位にランクイン。

2015年度の邦画部門はアニメ映画が多くランクインしており、
アニメやマンガなどの原作を持つ実写化作品を含めると全体の2/3ほどを占めるという結果になりました。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
livedoorニュース 1月26日付け
http://news.livedoor.com/article/detail/11109476/

◎依頼です(・ω・)ノ
◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452776325/



2:2016/01/27(水)08:08:48 ID:
今に始まったこと違うやんw
3:2016/01/27(水)09:01:39 ID:
ジュラシックワールドて
ジュラシックパークの続編なんかね

ラブライブとか凄いな
顔の区別つかんのでスルーしてたが
5:2016/01/27(水)10:02:30 ID:
>>3
パークの方を見てるとニヤリとするシーンが多くて面白いよ
4:2016/01/27(水)09:06:12 ID:
アニメが凄いのではなくて、邦画がだらしな過ぎるだけ
ここ数年、漫画・アニメの実写化とドラマの拡大版しかしてねーじゃん
6:2016/01/27(水)10:08:43 ID:
TV業界から冷遇され続け、子供の遊びと蔑まれ、深夜に追いやられ、極貧にあえぎながらも
作り続けてきたその苦難の日々がついに花開いた
むしろTV業界から冷遇されたが故に独自の採算を目指してきたのが幸いしたんだろうな
7:2016/01/27(水)13:52:17 ID:
邦画なんてどれも同じ顔振れで飽きた
21:2016/01/27(水)20:23:45 ID:
>>7
テーマが代わり映えしないし、スペクラクル超大作とか絶対無理だし、
どれも似たような印象だよね。
8:2016/01/27(水)13:55:03 ID:
まぁ、ここ最近の邦画の大ヒットは永遠の0くらいだけどさ
若い世代の洋画離れも酷いぜ?
10:2016/01/27(水)14:05:16 ID:
>>8
元々だろう?
30年前から、東映の特撮とアニメ、そして、釣りバカと寅さんだけで、釣りバカと寅さんがなくなったから、東映の特撮とアニメだけになりましたってだけの話
邦画を見る若者なんて、元々、居なかったんだよw
11:2016/01/27(水)14:16:01 ID:
>>10
邦画じゃない、洋画離れ
19:2016/01/27(水)19:39:08 ID:
妖怪ウォッチは子供とセットで親も付いて来るからな。
子供にせがまれれば普段映画見ない親も釣れる。
20:2016/01/27(水)19:45:47 ID:
金払いのいい層をターゲットに絞れば売れる。
22:2016/01/28(木)00:02:29 ID:
さすがアニメ大国ニッポン




17:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
アニメ・漫画 | 芸能・TV・映画

トラックバックURL

コメントする

名前:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページトップ