2016年03月16日

「CGでも児童ポルノに該当」で有罪判決

1:2016/03/15(火)22:09:04 ID:
(略)

岐阜市のグラフィックデザイナー、高橋証被告(55)は、CGで描いた
少女の裸の画像34点を作り、ネットで販売したとして、
児童ポルノ禁止法違反の罪に問われました。被告は
「画像は実在の少女ではなく、芸術作品だ」などと無罪を主張し、
CGが児童ポルノに当たるかどうかが争われました。

判決で、東京地方裁判所の三上孝浩裁判長は
「写真を基にしたものであっても、実在の少女の姿を忠実に描いた場合、CGは児童ポルノに当たる」
という判断を示しました。そのうえで、34点のうち3点について、
「CGといっても写真と同一性が認められるほど精巧に作られている」
などとして処罰の対象になると判断し、懲役1年、執行猶予3年、罰金30万円を言い渡しました。

被告の弁護団によりますと、CGが児童ポルノ禁止法の対象となるかどうかについて
裁判所が判断したのはこれが初めてで、判決は今後、影響を与えそうです。

被告「創作活動の価値が理解されず大変残念」 (略)

全文 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160315/k10010444361000.html



2:2016/03/15(火)22:11:51 ID:
不当判決
3:2016/03/15(火)22:13:49 ID:
表現の自由はどうすんのこれ。
CGに人権はないぞ?
5:2016/03/15(火)22:24:05 ID:
ええ~、これ有罪かよ。
元の写真も撮られた時期は無罪だろ、遡及するってことになるよ。
18:2016/03/15(火)23:44:58 ID:
>>5
写真を撮った時期は関係ないでしょ

昔売買が合法で後に禁止されても
所持が禁止されてなきゃ持ってる分には問題ないけど
それを新たに販売とかしてたら、遡及じゃなく現行行為でアウト
6:2016/03/15(火)22:40:06 ID:
そもそもヒトの裸体は年齢によらず、筆で、銀塩で、センサーで、石膏や樹脂で、その姿の描写を法で禁じられるようなものではない

一方、犯罪の結果作られた図像その他は、ポルノであろうがなかろうが、児童のものだろうが成人のものだろうが、世に出回るべきではない

ただ被告は、法の不備を訴え、法に触れない範囲で創作活動を行うべきではあった
7:2016/03/15(火)22:41:36 ID:
現物見ない事には…
8:2016/03/15(火)22:48:44 ID:
写真から書き起こしたCGで、クリエイティブさはないからな、、論点は模写したかしてないかで、CGであるかないかは関係ない。

これに関しては、自由のはき違えだと思う。
11:2016/03/15(火)23:01:20 ID:
>>8
絵心のない私が落書きレベルの模写して販売しても、所持ではなく販売目的の製造で有罪?
判決は「被写体の人物との同一性が認められるから児童ポルノ」と言っているが
10:2016/03/15(火)22:56:09 ID:
むちゃくちゃ似せてたんかねえ
12:2016/03/15(火)23:03:37 ID:
架空の人物じゃなくて、実在の人物を特定出来るレベルだからアウトだろ。
14:2016/03/15(火)23:09:52 ID:
写真と変わらない出来だったのかな。
15:2016/03/15(火)23:12:18 ID:
写真をレタッチしてたんじゃなかったっけか
そら有罪だろ
16:2016/03/15(火)23:12:23 ID:
これをセーフにしちゃうと、写真に軽くフィルターかけるだけで
OKなんて事になりかねない。




07:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!
ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページトップ