2006年02月10日

クリカン ルパンと山田康雄を語る

本日放送の「幸せって何だっけ〜カズカズの宝話」より。



ご覧のとおり、クリカンこと栗田貫一がゲスト出演。ゲストの過去を振り返り
細木数子に今後を占ってもらうわけなので、クリカンも例のとおり
振り返る。そこでやはり話題になるのが「ルパン三世」
最初は数多くのタレントのモノマネを細木先生の前で披露するが
先生の反応は薄く・・・ そこでやはりクリカンといえば
二代目ルパン!ということで
細木先生に放った一言が上の画像のとおり。



さすがに好印象な感じを見せる細木先生。先生自身ルパンは好きらしい。
そこでVTR




「栗田さんと言えばやはりルパン三世!実はこの役初代は山田康雄さんがルパンの声を演じていました。ところが新作の製作中に山田さんが病に倒れ、その代役として急遽、当時ルパンのモノマネをしていた栗田さんに白羽の矢が立ったのです」



徳光「今のはあれですか、モノマネなんですか」
栗田「あ 今の瞬間は山田さんの真似してます」
徳光「そうですよねぇ 山田康雄さんのねぇ、で、やってるんですから」
栗田「やっぱりルパンっていうのはやっぱあの声じゃないと」
細木「だから代がかわったって思わせないんでしょ」
徳光「初めそのルパンの話が来たときどうだったんです?」
栗田「初めはあの山田さんがちょっと具合悪くて、それで『二〜三行吹き込んでくれないか…』なイメージだったんで、誰にも気が付かれずに僕が(声を)入れて、後で『あそこは俺だったんだよ』って言えるなって思って行ったら全く手を付けてないもので、全部をはなからやるって話だったんで『それは無理でしょ』ってとこから―」

栗田「多分一行二行でしたらお手本があれば、誰もわかんないくらい似させられるんですけど全部はなから自分でやんなきゃいけないんでお手本がないで・・・」

栗田「インターネット上にルパンのファンの人から色々アクセスがあって『何だ ものまね野郎がふざけたことやりやがって』ってばっかりだったんですよ 最初」

栗田「僕が一番聞いてみたくない位になっちゃってたから、それはそうだなって思ったし―」



こんな感じで、時間にして約4分程度、ルパンについて語ってました。書籍や噂ではクリカンがどう思っているのか見聞きしたことあるけど本人がこう喋っているのは初めてみたかな。やっぱり本人も、あくまで自分はモノマネであって代役に過ぎないと思っているわけで、悪評もしょうがないと思っているらしい。
細木先生も「素人がポーっと聞いてる感じは全然変わってるとは気が付かないね」って言ってるし。でもまぁ、僕みたいなのが聞けば当然わかるけど、僕自身も今のクリカンルパンは嫌いじゃないしこれからも続けていって欲しいって思ってる。
だって、クリカンに代わって継げるような人、声優や有名人には今のところ居なそうだしね。
今、ルパンで不満なのはクリカンの声じゃなくて本編なんだよなぁ。毎年夏辺りに金曜ロードショーでスペシャルが放送されてるけど、ストーリーが面白味に欠けるんだよね。  

Posted by hukikaedou at 22:29Comments(0)TrackBack(0)TV番組 

2006年01月19日

三越テレショップ


「1時です。三越テレショップ」
おなじみ午後のロードショー放送直前のCM「三越テレショップ」
今日の商品はなにかな〜?



「タラバガニの一番脚肉って知ってますか?」
「ここ!この太いところがそうなんです!」

タラバガニか うまそう
ん?? この人見たことある・・・・




石丸博也!?
はい そうなんです ジャッキー声で御馴染みの石丸さん。午後ロー前の
三越テレショップCMに出てたんです。経緯はよくわからないけど、誰かに
頼まれて。「抱腹絶倒吹替え祭り」でもちょっと触れてたんですけど
あまり乗り気じゃかったみたいですね(笑)


「大きいでしょう!太いでしょう!ひとつ食べるだけで満足感がジワーっと体に広がるんですよ」
そのわりにこの笑顔(笑)珍しくてしょうがないっす(爆)
このVTRはもう数年前のなんですけど、また出ないかな〜   

Posted by hukikaedou at 21:52Comments(1)TrackBack(0)

2005年12月29日

金八先生にて。


先日放送した「3年B組金八先生」より。
声優かつ、俳優としても活躍する役者さんが同じ画面に映る珍しいシーンが
あったので載せてみたのだ。
まずは二代目刑事コロンボ、ジーン・ハックマンで御馴染みの石田太郎(左)と
ブルース・ウィリス、リチャード・ドレイファスで御馴染みの樋浦勉(右)。



次は日テレ版「エアフォース・ワン」でグレン・クローズの声で御馴染み
高畑淳子(左)と「ドラゴンへの道」のブルース・リー担当の柴俊夫(右)



マシュー・マコノヒー、ヒュー・グラント、テレ東版「インタビュー・ウィズ・バンパイア」のトム担当の
森田順平。  

Posted by hukikaedou at 22:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月31日

LOVERS

昨日の「LOVERS」吹替版はいかがでした?
アンディも金城武も日本語吹替声優の決定打が居ないですね。

金城武なんか本人の声みんな覚えちゃってるくらいですもんね。
だから今まで吹き替えてきた声優で誰がいいかなーって思っても
実際誰がいいか決められないんですよねぇ。

ただ本人の声に近ければいいってもんでもないし、あまり
イメージから遠すぎてもいけないし。

そういえば「金城武の死角都市・香港」だったかな。
字幕版も本人の声じゃなくて、向こうの声優さんの吹き替えだったんですよね。
これがまた合ってなくてマイッタマイッタ

  

Posted by hukikaedou at 02:04Comments(0)TrackBack(0)映画鑑賞 | 映画鑑賞

2005年10月16日

ベルベットレイン

池袋シネリーブルにて「ベルベットレイン」鑑賞。
アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、エディソン・チャン、ショーン・ユーに加えて
エリック・ツァン、チョイ・シウキョン、チャップマン・トゥ、ミゥ・キウワイら
超豪華メンバーだったのだ。

上映時間83分程度だったのでちょいと話が早いかなーって思ったりもしたけど
本作一番気合が入っていたのはエディソン・チャンなんじゃないかと。

今までに見なかった彼の演技。他じゃまだ見られない演技なんですよ!
あのバカづら。狂いさ!みなさんもご覧あれ  

Posted by hukikaedou at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

ごぶさたしてましたねー

最近HPもブログもサボり気味でスンマセン
暇になったんで本格的に更新しまっせー

今日はこの程度で。。。  

Posted by hukikaedou at 22:27Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月07日

キャノンボール2 編集DVD5

先日13日に放送された「キャノンボール2」を基にDVDを作成することにしたのだ。
しかし厄介なことに、13日放送分は過去に放送されたのよりカットされている部分が
あることが判明。しかもチョコっとだけ。

すぐに判っている部分はまずNG集。

96年木曜洋画劇場放送時にはカット。
次、2001年放送時は放送。
今回2005年放送時はカット。

ってなわけで01年放送当時のビデオからHDDにダビングして、05年に繋げる。

次に本編でB・レイノルズとD・ルイズの会話のシーンでカット部分が
判明したので、そこらへん周辺を02年版ビデオの本編を使って上手く繋げる。

最後に96年放送分の木村奈保子の解説をオマケとして収録。


これで完成!あとは初放送当時(日曜洋画劇場)の淀川長治先生の解説が
残っていれば究極盤が出来たんだけど、今無いので断念・・

うーん しょうがないけどね。一応良いモノができましたっと。  

Posted by hukikaedou at 23:10Comments(1)TrackBack(0)映画鑑賞 

2005年08月01日

アテレコあれこれ5

本日朝から品川プリンスホテル内にある品川プリンスシネマへ行くことに。
なんのこたぁない 「フライ,ダディ,フライ」を鑑賞するためー。

いやこれ面白かった。岡田君の頼もしさ、堤さんのヘタレ具合
須藤元気の意外な高校生姿(結構違和感ない)

ラストのアレに関して、もうちょっと長くやってても
いいかな〜って思ったりもしたけどスッキリする心地よさ

また良い映画に出会えたのでメデタシメデタシ



映画鑑賞後に山手線で新宿へ。京王百貨店七階で
催されてた「老舗大古書市」で「アテレコあれこれ」
(額田やえ子著)を発見。
何となく入りつつ、無いかなーって、ほんの小さな
期待をしてフラフラ探してみたら、ホントに
あったんだから驚きこの上ない。

値段も800円ということで定価以下
(最近見たオークションでもこんな安くなかったよ)

というわけでジャッキー・チェンの
「酔拳2特集号(近代映画社)」と共に購入。

帰りに「星になった少年」のチケットを購入して帰りましたっと。


  

Posted by hukikaedou at 22:47Comments(0)TrackBack(0)映画鑑賞 | 映画古書

2005年05月18日

辞職2

辞職を仄めかす前に仕事の変更がある予感。
言いづらくなるじゃないですか。

とりあえずいい仕事したい。
映画の仕事したい。  

Posted by hukikaedou at 23:30Comments(0)TrackBack(0)お仕事 

2005年05月16日

辞職

こんにちは。ブログではご無沙汰してました。
仕事はそこそこ忙しく、帰宅したら疲れて
更新もままならず。
いやー、なんというか今やっているお仕事なんですけど
最初はやりがいっていうのを感じていたんですけど
ここんとこそれがなく、、。。
入った当初はそれほどキツくなかったはずなのに
数ヶ月したら、キツく というかキツくならざるを
本来、担当することない仕事も自分のところにまわってくるし
(ホントはまわしちゃいけないはずの仕事ではと思う)
ちょいと無理な営業させるし、上司は現場のことなんて
てんでわかっちゃいないから仕事押し付けるし、
まぁなんといっても予算が無いんで、備品も揃っていない。

一生涯安定した収入を得られる時代はとうの昔のことのようで
今はホント酷いもんです。ライバルも増えてますしね。

というわけで見切りをつけて今の会社から離れようかと
思っている今日この頃。同じ現場の上司も3月末に
2人辞めてるんだよね。まだ40代&50代なんだけど
半分リストラってかたちで勧奨退職?
そういうの目の当たりにすると、ああ やっぱりこういうところなのか。
こういうリストラみたいなのには無縁な世界かと思ったのに今の
ご時世じゃ有り得ることなのかと、つくづく思ったりもしました。
ベテラン二人より新人3人のほうが安い給料で
それ以上の仕事してくれるもんね。

まぁしかし、そんな急に辞めるのは
さすがに迷惑なのでもう少しいますけど。。
さぁていつ辞めるか。そんで次どうするか。。

何か好きな仕事をしてみたい。趣味を仕事に、なんてよく言うけど
それはそれでどうなのか。趣味を仕事にしたら趣味でなくなるのか。
それとも趣味以上のものになるのか。とりあえず自分の年齢から
いってまだ余裕あるみたいなので(そんなこと無いのか?)
じっくり考えてみるとしよう。  続きを読む

Posted by hukikaedou at 20:58Comments(1)TrackBack(0)お仕事 

2005年04月24日

レジェンド

香港映画じゃないけどミシェル・ヨー主演ということで
「レジェンド 三蔵法師の秘宝」を鑑賞。
相変わらず良いアクションで飽きないんだけど
ミシェルってポリスストーリー3からほとんど顔変わってないなー
って思ったりもしたね。若い頃からオバサン顔だったから
ようやく最近年相応の顔になってきたのかって思えば
そういうわけなんだけど。

本作にもちゃっかりケネス・ツァンが出演してた。何気なく
ハリウッドに進出したスターの手助けしてくれてるって
感じでなんだか嬉しいね。  

Posted by hukikaedou at 14:13Comments(0)TrackBack(0)映画鑑賞 

2005年04月11日

映画鑑賞

先週は渋谷で「カナリア」鑑賞。
今週の日曜は「隣人13号」鑑賞。
隣人はヘビーすぎますね。そりゃR指定うけますぇ。  

Posted by hukikaedou at 23:08Comments(0)TrackBack(0)映画鑑賞 

2005年03月29日

27日日曜のことではあるけどー

神奈川県鎌倉市の鎌倉芸術館で「ローマの休日」デジタル・ニューマスター版を上映するというので行ってきたんですよ。「ローマの休日」自体去年のテレビ放送で観たし、劇場でも一昨年のリバイバル上映の時に新宿のタイムズスクエアで観てはいるんだけど今回の目的は本編上映だけでなく、上映前の解説!解説をしてくれるのは池田昌子!

こりゃ行かなきゃ損ということで行ってまいりました。

生で見る池田昌子さん。お綺麗ですよ。えぇ。一番前の席で声を聞かせていただきました。なんといっても目の前で池田オードリーの声が聞けるんですよ。そりゃ感動です。もちろん色々なお話聞かせてもらいました。

・4回か5回くらい吹き替えてる。
・毎回緊張する。
・第一声は「はじめまして」だったか「ありがとう」だったか忘れたけどその言葉が来るまで緊張してた。

ってあまり覚えてないんだけど、「これからまたローマの休日の吹き替えの仕事が来たらやりますか」という質問には

今はやっぱり無理だそうですね。他のオードリーならできるけどローマの休日だけはもう無理だそうで。ペック役の城達也さんももう亡くなられてるし、自分より初々しい若い人にやってほしいそうです。そういえば去年日本テレビで放送された本作はすずきまゆみさんによる新録だったけど、その話には触れてなかったな〜 知らなかったのかな?  

Posted by hukikaedou at 19:06Comments(0)TrackBack(0)映画鑑賞 

2005年03月28日

はじめ

とりあえずはじめました。
タイトルの通り、吹き替え堂管理人のリャン吉が
吹き替えの話題や洋画・邦画 たまに全く関係ないこと
書いてきます。んでは宜しくお願いしますー  

Posted by hukikaedou at 21:36Comments(0)TrackBack(0)