2015年03月03日

豆剣士へ!ひな人形を仕舞うのはからっと晴れの日だぞ!

広島市は中区袋町の居酒屋街に、
あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

本日「3月3日」はひな祭り

我が家でもそうですが、
娘さんのいらっしゃる家庭では
「ひな人形」を飾り、
桃の節句を祝っておられることと思います

・・そんな本日の主役「ひな人形」ですが・・・

平安時代までさかのぼると
自分の子に起こるかもしれない災難
  白い紙で作った「人形」に乗せ
その子の身代わりとして
川に流す「流し雛」という習わしがあったそうです。
  
現代でもひな祭りの過ぎた後
早めにしまわないと結婚が遅れる
・・・なんて迷信があるのは

「ひな人形がその子の身代わり

という部分が独り歩きしたものかもしれません・・・。

実際は(日取りを気にするなら3月中の大安の内)
ひな人形を収める箱の中に湿気が入らない様
天気の良い「からっとした日」に仕舞うというのが
いくつかの人形メーカーの共通した見解の様です。

理由は人形を良い状態に保つことなのですが、
急ぐあまりあわてて、湿気の多い雨の日
ひな人形を仕舞ってしまい、
その1年後、箱を開けたらカビだらけだった
・・・なんてことになったら、逆にちょっと不吉な気がします・・・

(ある意味、長く空気にふれすぎると湿気を取り込みやすくなるので、
やっぱり早めというのは正解で、加えてからっとした日に仕舞う
というのが良いのかもしれません。)

我が袋町の豆剣士たちはほとんど女の子ですが、
すくすく真っ直ぐに成長する中で、
「降りかかる災難」も
「じめじめした湿気」も
「からっとした元気な声」で吹き飛ばしていってほしい!
と願う一本でした。

・・・と悩む豆剣士たちそして受験生たちへ送る「尽力の方法」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




hukuro01 at 23:28|PermalinkComments(0)戯言 

2015年01月15日

当ブログ全体の目次

〔格言(心)〕目次
〔口伝(技)−守【】〕目次
〔口伝(技)−守【【】】〕目次
〔秘伝(体)−破〕目次
〔奥義−離〕目次
〔仕合考〕目次
戯言は、季節感・四戒の記事を抜粋し掲載しております
・・・暇があったら読んでください!

※広島に住む皆さんに、若輩者の戯言ではございますが、
剣道を通じ感じた私の「現代社会への思い」をお伝えしたく
「広島ブログ」
に登録しております・・・

各投稿記事にご賛同いただけましたら、クリックいただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※戯言ではございますが、これまでの記事を少しまとめております・・・
お時間がございましたら、お読み頂けたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
剣士の目次」


hukuro01 at 23:06|PermalinkComments(0)剣士の目次 

〔仕合考〕目次

一歩前に出ろ!
桜のように、潔く!歯切れ良く!
白籠手の恩師
新しい道へ【【先鋒の人】】
最強を目指し・・・【【次峰の人】】
いつも冷静・・・【【中堅の人】】
決断の時・・【【副将の人】】
愛されるべき者・・・【【大将の人】】
白髪の剣豪【【五分の気合】】
剣道バカの一本勝負【【相い面】】
あなたならどっち?<最期まで続ける>
第55回宮島近県剣道大会に向けて・・・
大会への準備【瞑想稽古】
宮島大会一回戦
涙の宮島大会二回戦
初稽古!初試合!
第53回甲田剣道大会
続!第53回甲田剣道大会<転んでも唯では起きない?>
最終回!第53回甲田剣道大会<団体戦とは・・・>
居合いの恩師との再会
はじめの一本!
桜!広島護国神社にて・・・
道場内「5番勝負!」
破談の危機【宮島大会の思い出】
からから回りの豆剣士!
袋町初優勝!・・・でも・・・
初心の豆剣士の初試合!
【外伝】袋町窮地!多分、トモくんに・・・
私はMではない!【S道場の傷跡】
「文句を言ったら負け!」の練習試合
教えたがりってダメ・・・ですか?【応じ技のコツ】
ルール通りなのに・・・ダメですか?【相手の引き出し方(種類)】
だだっ子の動かし方って?・・・【相手の引き出し方(押さえ)】
金で解決・・・ってだめでしょ!【相手の引き出し方(払い)】
駄々っ子に張り手・・って絶対ダメでしょ!【相手の引き出し方(張り)】
煙に巻いて解決!?【相手の引き出し方(巻き)】
味覚の秋!からつきの広島牡蠣はいかが?【相手の引き出し方(空突き)】
「すき」だらけで迷っちゃう?【相手の引き出し方(かつぎ技)】
自信満々に落とし穴?・・・謙虚になろう!【相手の引き出し方(片手技)】
挨拶は先手必勝!出会いがしら! 【応じ技(出頭)】
元立ちを頑張った人へ・・・斬り返しで強くなる 擶じ技(引き込み)】
「元立ち」を工夫・・・斬り返しで強くなる◆擶じ技(すりあげ)】
ピンチをチャンスに!・・・斬り返しで強くなる【応じ技(返し)】
一刀流奥義?ってことで・・・斬り返しで強くなるぁ擶じ技(斬り落し)】
静かなる攻防・・一刀流奥義「浮木」?の精神【応じ技(透かし:抜き技)】
100%力を出せって・・・どうやるの?【尽力の方法】

※広島に住む皆さんに、若輩者の戯言ではございますが、
剣道を通じ感じた私の「現代社会への思い」をお伝えしたく
「広島ブログ」
に登録しております・・・

各投稿記事にご賛同いただけましたら、クリックいただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※戯言ではございますが、これまでの記事を少しまとめております・・・
お時間がございましたら、お読み頂けたら幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
剣士の目次」

hukuro01 at 23:04|PermalinkComments(0)剣士の目次 | 仕合考

2015年01月14日

100%力を出せって・・・どうやるの?【尽力の方法】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

・・・今、受験生にとって最後の正念場の時・・・

いよいよ小、中、高、大学と
様々な世代の方の受験が始まります。

そんな受験生全員が
受験日本番、自分の持ち得る

全ての力
・・・100%の力を出したい・・・

と願っていることでしょう!

もちろん我が豆剣士たちも
試合にて、日ごろ稽古をした力を
全て出し切りたいと願っています!

本日は
「いつも試合【受験】になったら頭が真っ白になって
 何もできないうちに、2本とられ【時間が過ぎ】ちゃう・・・
どうやったら稽古【勉強】したことが試合【受験】で発揮できるの!」

・・・と悩む豆剣士たちそして受験生たちへ送る「尽力の方法」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

hukuro01 at 00:37|PermalinkComments(0)仕合考 | 口伝(技)−守

2014年12月11日

静かなる攻防・・一刀流奥義「浮木」?の精神【応じ技(透かし:抜き技)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

本日は、前回ブログにて
低段者の分際で大胆にも語った
「斬り落し」と双璧をなす

・・・一刀流奥義「浮木(うつき)」・・

のお話です。

年の瀬 師走

「通信簿」「賞与」等の評価がでる
季節ともいけます。

・・・すちゃらかサラリーマン剣士の私にとって
少〜し嫌な季節でもあります・・・・・・

家庭、学校、会社等の社会生活において
親と子
先生と生徒
受験校と受験生
仕事場の上司と部下
セールスマンと顧客
会社代表者と取引先
親会社と子会社
・・と様々な関係がありますが、
その中で
人は、他人から良い評価をもらいたい
・・・という感情と共に
自分はこうありたい・・・
という感情を持っています。

その為、他人から受ける評価に対し
こうありたいと思う自分の思いにズレが生じた時
自分でも制御できないくらいの反発をしてしまうことがあります。

そんな時、まわりの第三者は、そんな反発をする人を見て
「愚かである」
「大人になりきれていない」
「自分の実力、立場がわかっていない」
というレッテルを貼り、
その人の評価を極端に下げることがあります。

個人的には
「自分はこうありたい」
という感情を持ち続けることを
たとえ失敗しても
長い目で許容し
見守ることができたなら、
それはその者のいる
社会組織全体にとっての
成長の原動力となっていくのでは・・・
と未熟者の私は考えます。

しかしながら、現実は
スピード重視、短期的な成果の積み上げ、
失敗は許容できず法的、社会的な責任を常に求める社会にあって
他人の評価を受け入れない者は「下の下」という評価になります。

自分を出して生きることが出来たなら
・・・どんなつらいことにでもぶつかっていけるのに・・

老若男女、多かれ少なかれ誰もが
評価を受ける今の季節
自分の心の中で自分を押さえる為

「静かなる攻防

が繰り広げられていることと存じます。

本日は
「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちそして・・・
「どうやったら自分のありたい方向に行けるのだろう?」
・・・と悩む人たちへ送る技一刀流奥義?浮木を使った「応じ技(透かし)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

hukuro01 at 23:37|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考

2014年12月08日

一刀流奥義?ってことで・・・斬り返しで強くなるぁ擶じ技(斬り落し)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

本日も低段者の分際で父兄に自信満々に語った

「斬り返しは剣道で学ぶべき要素が
たくさん含まれていて準備運動のように
とらえていては大変もったいないものなんです・・・」

・・・の「第4弾」・・・これが最後のお話です。

がちらつくこの季節

「きりおとし

と聞くとすき焼き用の

「特上和牛のきりおとし

を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません・・・
甘じょっぱく煮た肉を生卵につけ頂くと
口の中に「うまみ」と卵と肉の「甘み」が広がることでしょう!

一方で本日のタイトル「きりおとし」は
剣道をある程度学んだ方なら

「一刀流の奥義

として聞いたことのあるとのではないでしょうか。
この技の体得の為には、
どんな相手か即座に判断する
「眼(洞察力)」
を常日頃から意識し鍛え
相手に合わせた流れるような体さばきができるよう
毎日地道に
「足腰」
を鍛え、正しくまっすぐの振りが自然にできるまで
何度も何度も「素振り」を繰り返し、相手との打ち合いを繰り返す中で
「剣先、振りの強さ【攻撃力】」
「鎬の強さ【防御力】」

「相手に合わす柔らかさ【対応力】」
を鍛える必要があります。

すき焼きと違って、きりおとしの体得は
簡単ではなく
うまくも
甘くもありません。

本日は前回に引き続き
「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちへ送る
「斬り返し」にて体得する技「応じ技(斬り落し)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む

hukuro01 at 23:29|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考

2014年11月13日

ピンチをチャンスに!・・・斬り返しで強くなる【応じ技(返し)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

本日も低段者の分際で父兄に自信満々に語った

「斬り返しは剣道で学ぶべき要素が
たくさん含まれていて準備運動のように
とらえていては大変もったいないものなんです

・・・のお話「第3弾」です・・・

「返し

という言葉を聞いたとき
昨年の流行語

「倍返し

を連想された方が多いのではないでしょうか?

一般的に返しとは、
「返事」「返答」「返礼」「おつり」「釣り針の内向きの突起」
をいいますが、この「倍返し」という言葉には
ひっくりかえす
・・・つまり不利な状況から一転して有利な状況にするという意味が
強いように思います。

剣道での技としての「返し」は
自分の竹刀と相手の竹刀の位置について
「表裏を逆にするなど向きを変えること。」
ということになり
「相手へ強く打ちこめば打ち込むほど
 反動で逆に強く打ち込まれてしまう」
・・・という特徴があります。

低段者の分際にて大変恐縮ですが
私は「返し技」とは

ピンチをチャンスに変える技

なのではないか?
・・・と思っています。

本日は前回に引き続き
「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちへ送る
「斬り返し」の元立ちで学べる技「応じ技(返し)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

hukuro01 at 20:30|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考

2014年11月12日

「元立ち」を工夫・・・斬り返しで強くなる◆擶じ技(すりあげ)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

本日は前回低段者の分際で父兄に自信満々に語った

「斬り返しは剣道で学ぶべき要素が
たくさん含まれていて準備運動のように
とらえていては大変もったいないものなんです

・・・の続きです・・・

何事も決められたこと
・・・自分で決めたことを
地道にこなし続けることは
各自の成長という面において
非常に有効であり、大切なことでございます。

一方で競合する相手がおり、
その相手もまた
同じ時間だけ同じ努力をしていた場合、
互いに成長することは素晴らしいことですが
一方が大きく勝ちこすことはできません。

例えば、学校の定期試験にていつも同じくらいの成績の2人が
試験前、同じ時間、
同じように出題範囲全体をさらっと勉強をしたとすると
ほぼ同じ成績となるでしょう。

ここでその一方が同じ時間の中で、
授業中に先生がポイントと言ったところをしっかりチェックしておき
出題範囲全体ではなくポイントのみをじっくり勉強した
とすると
意地の悪い先生では無い限り成績がぐんっとのび
ライバルと大きく開きが出る場合があります。

同じ条件の中で勝ち抜くためには
工夫が必要なのです。

本日は前回に引き続き
「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちへ送る
「斬り返し」の元立ちで学べる技「応じ技(すりあげ)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む

hukuro01 at 23:43|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考

元立ちを頑張った人へ・・・斬り返しで強くなる 擶じ技(引き込み)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

防具をつけ稽古する際、
大抵の道場ではまず

斬り返し

をします。そんな時、よくご父兄に

「斬り返しって準備運動のようなものですか

と聞かれることがございます。
それに対し私は低段者の分際で、自信満々

「斬り返しには剣道で学ぶべき要素が
たくさん含まれていて準備運動のように
とらえていては大変もったいないものなんです。
斬り返しの効果は、十徳と言って
稽古時間すべてをこの斬り返しを
行ってもよいとも言われているんです。

 具体的な効果をあげると・・・

/呂垢犬正しくなる。
⊆蠅瞭發しまり、打ちが強くなる。
5擦烈しく、速くなる。
さ擦諒覆なくなる。
タ搬里糧えが固くなる
身体手足の力が強くなる。
Э箸軽く、身体自在になる。
打ち間が明らかになる。
息が長くなり、勇気が増す。
気剣体が一致する。

となります!」

・・・と自信満々に答えはするものの
先ほど上げた十徳にて引っかかる効果が一つ・・・

「タ搬里糧えが固くなる」です。

グ奮阿慮果は大きく正しい斬り返しに気を付け
相手の左右面を打ち、相手が竹刀の鎬で受けてもらうことで
身につきそうな効果でとてもわかりやすいのですが、

・・・身体の備えが固くなる・・・
だけは
そんな効果あるのかピンとこないのではないでしょうか?

本日は「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちへ送る「応じ技(引き込み)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む

hukuro01 at 23:29|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考

2014年11月06日

挨拶は先手必勝!出会いがしら! 【応じ技(出頭)】

広島市は中区袋町の居酒屋街に、あまり知られていない小さな剣道場がある。
そこに日々たくさんの人達に支えられながら、
闘い続けるちっちゃな、ちっちゃな剣士がいた・・・
私は、袋町の剣士「ひかる」・・・

先日2014年11月2日(日)に
我が道場の属する広島市は中区の剣道錬成大会がありました。

今回試合初体験となる我が豆剣士たちが4人いた為
私も付き添いにて朝早くからスタンバイしておりました。

・・・そして開会式・・・

各道場の豆剣士たちは整列しているのですが
なぜかすぐに始まらず、・・・そして
いかつい黒ずくめのスーツの人たちが4、5人うろうろし
物々しい雰囲気となっていました。

私は袋町の父兄2、3人と出入り口付近に立っていたのですが
黒ずくめの方より

「出入り口附近を開けてもらいませんか?
 S議員のFK先生が通られますので申し訳ございません!」

と話しかけられました。
私は思わず
「ええ!忙しい方なのにこんな小さな大会にご本人が来られるんですか?」
と言ってしまいましたが、これに黒ずくめの方は感じよく
「FK先生は昨年もこの大会に来られ挨拶に来られました。
 よほどのことが無い限り地区の人とふれあいたいと
思っていらっしゃるようですよ。」
・・・と答えて頂きました。

そんなやり取りをしていると私の立っていた近くのドアが開き

FK先生登場!

 私が面喰った瞬間

「おはようございます
ここから先もスリッパで良いですか?」

 ・・・といきなり挨拶をいただきました。
私ははっと我に返り

「どうぞスリッパのままお進みください

となぜか体育館の職員の様に答えてしまいました。
(実はただの父兄&低段者指導者なのに・・・)
でもこれだけ間髪入れず先にあいさつをされると
何ともいえない良い気分になりました。

本日は
「相手は動くし、打ちも強いし全然僕の技がだせないよ・・
めん、こて、どうのどこでもいいから打たせてよおおお!」
・・・と悩む豆剣士たちへ送る「応じ技(出頭)」のお話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む

hukuro01 at 23:06|PermalinkComments(0)口伝(技)−守 | 仕合考