復讐したい人のための復讐情報

復讐したいけど結局やらずに泣き寝入りなんてことは止めましょう。恨みがあるなら晴らすのが当たり前の行動です。

父親に復讐したい時は事前の検討から

色々なことが原因で父親に復讐したいと思う方は少なくないと思いますが、一番勢いで復讐すべきでないところでもあります。


もちろん本当にそうなのかもケースによって様々ではありますけども、多くの割合で感情的な復讐はデメリットが多い可能性は高いです。


それは父親の経済力など、持っているステータスによって左右され、さらに自分との立場関係、影響力も加味されていくからです。



よくある話としては「父親がムカつくが経済支援を受けているので我慢するしかない」というようなケースです。


いくら経済支援を受けているからといって何をされても耐えるというのは正しい選択ではありませんが、かといって露骨に復讐しても報復が怖いわけです。


支援を打ち切られたら堪ったものではありませんし、それを継続させた上で復讐はキッチリとしたいというのが本来の希望ではないでしょうか。



この例に限らず、現在のメリットは継続させた上で復讐したいということであれば、自分は表舞台から退いた方が良いでしょう。


なぜなら首謀者が自分であるとターゲットに露呈させてしまうことによってメリットの享受が断ち切られるからです。


誰かしら頼れる人物がいるなら相談してみるのも良いですし、復讐屋など自分が動かないで済む方策を考えることが求められます。

女友達へ復讐したい時にまず考えるべきこと

男女の特徴ということなので全ての人に当てはまる訳ではないですが、女友達へ復讐したい時はその影響を考えてからにすべきです。


もちろん男性に対しても影響を考えて自分にとって不利にならないように動くべきなのは当然ですが、注目すべきは話題の拡散力になります。



スピーカーと言われるような誰にでも話を拡散してしまう方が多いのは噂好きという特徴も言われる通り女性になってきます。


そして噂が噂を呼ぶと実際の内容とは異なる話になってしまうことも非常に多く、予めコントロールできるようにしておかなければなりません。


噂のコントロールというと難しく聞こえるかもしれませんが、穴がないように行動していけば結果として不利な話が出てくることはないはずです。



しっかり行動をしておいて仮に自分が不利な話になってしまったとすれば、それは何かしらの改変が働いているということになるので首謀者を突き落とすことも可能になります。


悪いのは相手だからこその復讐ではありますが、後になって自分が不利にならないように振る舞っておくことも大切なんです。


比較的簡単な対応策として復讐屋など別人に復讐を代行してもらうという手もありますが、自分で実行する場合も考慮しておけば後々に効いてくるものです。

恋愛関係の相手に復讐したい時は

どんな形であれ恋愛というのは恨みと表裏一体であり、愛を裏返されれば恨みへと変化するものです。


しかし恨みがあるとはいえ恋愛感情は残っており、関係の継続を望むまま恨みは晴らしたいという方が後を断ちません。


関係を終わらせるつもりで復讐すれば話は早いのですが、そうでない場合は取るべき行動というのはいろいろと抑制されてしまいます。



まずまずもって相手からの愛情をそのままに復讐はしてしまいたいというときに、自らが行動するのはまったくもって愚策となります。


自分が相手に何かすれば、当然ながら何かしらの変化が起きますから、それが恋愛関係に亀裂を入れる結果となっても自動自得となってしまいます。



取れる選択肢は大きく分けて2つで、ターゲットの周囲を味方につけて相手が悪いことをしてしまったと反省させることが1つ目の選択肢です。


もう一つは別の人物からターゲットとなる相手に対して相応の復讐をしてもらうという、いってしまえば復讐代行ということになります。


この復讐代行というのは復讐屋などの業者に頼めということではなく、自分が信頼できて首謀者がバレない人物であれば誰でも問題はありません。


誰かに頼む本質というのは結局のところ自分が計画したことを相手にバレないようにするためですから、それが解消されていれば人物は問わないのです。

  • ライブドアブログ