復讐したい人のための復讐情報

復讐したいけど結局やらずに泣き寝入りなんてことは止めましょう。恨みがあるなら晴らすのが当たり前の行動です。

職場の恨みを本当に会社で復讐したいのか?

どこかで恨みを持ったら同じ場所で復讐したいと思ってしまうものですが、それが最善策だとは限りません。


結局のところ恨みを持っているのは相手であって場所ではありません。


要するに相手に何かしらの復讐をして恨みを晴らせれば良いのではないでしょうか?


ということで職場の恨みを会社内で晴らすことは必ずしも必要とはいえないんです。



相手の最も弱いところを突いてしまうのが復讐ではベターな方法ですから、復讐すべき場所というのは最初から決めない方が良いんです。


もちろん決めるべきことではあるんですが、それは方法や着地点ありきであって場所ありきになるのはいけないということです。



例えば社外で不祥事になるようなことを知っていて外で暴露なり行動すれば良いところを敢えて社内で噂のようにして追い詰めるだとか。


ダメージが大きければそれで良いかもしれませんが、想定できる最高の効果を得ることで恨み晴れるということもあります。


「もっとあぁしておけばよかった・・・」という後悔をしない為にも無闇に前提条件を作らない方が良いかもしれません。

離婚しても復讐したいと思った時にやれること

浮気や不倫などが発覚すると大抵の場合は離婚という選択肢を取るものですが、離婚してもなお恨みが消えないといったことも少なくありません。


そんな時にどんな復讐ができるのかということを考えていきたいと思います。



まずこの手のトラブルで一般的な制裁方法としては元パートナーへの金銭的制裁や職場に事実公表することによる失職・降格、また親族に公表することで立場を下げるといったことが挙げられます。


これらは元パートナーへの制裁ですから、同じようなことが元パートナーの浮気相手に対しても可能ということになります。


さて、今回は離婚した後ということですので、これらの制裁は既に終わっているという前提で進めていきたいと思います。



こうなってくると普通にはなかなか復讐方法が思いつかないのではないかと思いますが、基本的に浮気や不倫というものは1回発覚したくらいでは止めないという習性があります。


そこを突いてみるというのも1つの手ですが、嫌になって離婚した相手の行動を嗅ぎ回るというのも、これまた嫌ではないかと思います。


ですので手段の1つとして復讐屋や探偵などを使っていくというのも良いでしょう。



復讐屋であれば復讐という目的に対して直接的にアプローチしていけますし、探偵ということであれば現在の身辺行為を第三者が把握して情報を持ってきてくれます。


元パートナーがどういう結末に至れば復讐として成立して、恨みが晴れるかというところから逆算して選択していくと良いでしょう。


とにかく復讐がしたいからといって、まとまりのない行動を取っていると身を滅ぼすのは自分です。


特に自分のとった行動が法に触れるようなことだと目も当てられないような結末を迎えてしまうので冷静になって行動しないといけません。



とはいえ恨みがある状態というのは冷静になりきれないといった側面もありますから、慰謝料をキッチリもらっているなど金銭的に余裕がある状態であれば第三者に任せてしまうのが健全な選択肢といえる訳です。

二股をかけられ自分が捨てられた時に復讐したいなら

どんなケースでも二股をかけるというのは良くないことですし、当然ながら被害に遭ったら復讐したいというのも理解できる気持ちです。


だからこそ恨みを溜め込んだまま我慢なんてことはせずに効果的な復讐を実行していってもらいたいものです。


はっきり言って二股という事実がある時点で、あなたの復讐相手は男女共通の敵であり、一部の偽善者を除いて誰もが復讐を応援してくれるものです。


我慢は美徳という文化に関してはこういう時に使うものではありませんから法の範疇で存分に復讐してしまいましょう。



さて、本題となる復讐の具体的な流れについてですが今回は自分が捨てられた・遊びだったパターンを例にしていきます。


このような場合は復讐相手は本命のパートナーと関係を続けていることが多いですし、だからこそ捨てられてしまったということになります。


ですから恨みを晴らす第一歩としては破局に追い込んでやるのが一番良いのではないかなと思います。


そんなに簡単なのか?と考えるかもしれませんが話としては至ってシンプルで二股の事実を復讐相手のパートナーが信用すればそこで終わりです。


仮に終わらないほど強固な繋がりだったとしても周りが事実を知れば意外と簡単に崩れ去るものだったりします。


だからといって怪文書のようなものを送っても信用されないことは明白ですから、事実を事実と認識させるだけの場を創り出す計画を考えていくことが重要です。



大学生同士の関係であったのなら学内に事実が知れ渡れば虚構などと言われないでしょうし、社内恋愛なら職場内がそれにあたる訳です。


ですので一番簡単なところで最も身近なコミュニティに周知していくというのが良いでしょう。



もちろんそれ意外にも様々なケースがありますから、一人で難しいなら友人などに相談するのも良しです。


選択肢として復讐屋というものもありますが、プロに依頼すると直接的に相手カップルを別れさせるような流れにすることも可能なようです。


別れさせ工作といわれるもので、興味があるなら調べてみると良いでしょう。

リンク
人気ブログランキング
ランキング参加中
ブログ王ランキングに参加中!
ブログランキング

  • ライブドアブログ