復讐したい人のための復讐情報

復讐したいけど結局やらずに泣き寝入りなんてことは止めましょう。恨みがあるなら晴らすのが当たり前の行動です。

騒音トラブルなどで復讐したい時は正攻法もアリ

騒音問題などの近隣トラブルでは根本的な対処法に悩むことも少なくありません。


しかしこういったナイーブな問題こそ正攻法で対処していくことがなによりも近道だったりします。



近隣トラブルというのは密集地であればあるほど他にも被害を被っている方がいます。


そのような方たちを味方につけることでターゲットを孤立させることも可能となっていきます。


自治会や管理会社などを利用するには数で押し切る必要があるケースも存在しますから、味方がいるというのは大切なのです。



もちろん正攻法だけで全て解決できたら何も苦労はしませんので、正攻法が使えないシチュエーションもあると思います。


しかしこの手のトラブルは割合として多くが正攻法で解決することが可能なのです。


最後の手段として復讐屋などの選択肢も取っておきつつ、数で押すというのが何よりも有効です。

教師に復讐したいなら弱味を握る

学校生活を送っていると一人や二人恨んでいる教師がいるものです。


実際のところ私もそういう先生がいました。


ではそんな教師に復讐したいとして、どういう方法があるかを考えてみましょう。



最優先で見つけるべきものはターゲットの弱味です。


弱味といっても人それぞれですから何をどう探せば良いかもケースバイケースです。


しかし相手も人間です、大なり小なり弱味を持っているものですから、意外と見つかるものです。


そして見つかった弱味を使って教師に復讐をしていくことになります。



まず教師生命を脅かす程の弱味であれば、もう勝利したようなものです。


不倫や不貞などは即辞職に追い込めるほどの内容ですから、あとは好きにしてしまいましょう。


内容によっては弱いものもありますから、それに関しては活用して更に大きく動いていくことになるはずです。


そもそも保護者からの声に学校というものは弱いものですし、自分の両親を利用するというのも良い手です。

浮気相手に復讐したい時の方法

浮気相手に復讐したいと考えている場合、色々な選択肢があるので迷うことが多いです。


もはや浮気が判明している状態ですからイニシアティブはこちらにあるのも明確です。


しかし人は選択肢が多すぎるとなかなか次の行動に進めないことがあります。


それを解決し復讐へと進む為の手順を一例として紹介してみたいと思います。



まず相手が悪であることは明白ですから、法に触れないかぎりどんな制裁でも出来るということになります。


ですので相手に復讐したい内容をリスト化すると良いでしょう。


少しでも制裁したい・復讐したいと思ったことならリストに加えてしまってください。


ケースによっては既に弁護士が介入しているでしょうから、交えて相談するのも良いでしょう。


弁護士が入っていない場合は、まずリスト化を進めてください。



リスト化が済んだら浮気相手に大きなダメージを与え、なおかつ自分も満足できるものをピックアップしていきます。


それが法に触れないものであれば順次実行に向けて計画を練りましょう。


弁護士を入れていないのであれば復讐屋なども利用することができます。


合法的なものを依頼すればなんら問題のない業者ですから活用も検討して良いところです。


この手の復讐というのは頭であれこれ考えるからまとまらないということが多いわけです。


ですからその解決策としてリスト化するというのは非常に有効なのです。


  • ライブドアブログ