復讐したい人のための復讐情報

復讐したいけど結局やらずに泣き寝入りなんてことは止めましょう。恨みがあるなら晴らすのが当たり前の行動です。

男に復讐したいなら心理作戦が一番効果的

どのようなシチュエーションであれ、男に復讐したいのであれば心理的に作用する復讐が一番有効です。


分かりやすくいえばプライドをへし折ってやるとか、友情や愛情に亀裂を入れてしまうとかです。


男というのは分かりやすい生き物で心理状況が顔に出やすく、効果のほども分かりやすいと思います。



とはいえ具体的にどうやって動くかというのは残念ながらケースバイケースとなってしまいます。


大雑把にということなら、上司や両親など上長足り得る立場の方から叱責されると意外にも簡単に心は折れます。


友人関係や恋愛関係を終わらせることによっても心はどん底に陥っていくでしょう。


こう言ってしまうと簡単かもしれませんが、当然ながら自分自身の影を残してしまっては復讐していることがバレてしまいます。


ですので第三者づてに工作していくか、そもそも動く人物を第三者にしてしまった方が良いでしょう。



ターゲットとは無関係な友人などが候補として挙がりますし、候補がいなければ復讐屋でも問題ありません。


というか復讐屋であれば心理作戦などが得意ですから、相談してみるのも良いでしょう。


自分の影を消すという点において復讐屋を利用することは最もリスクが少ない手段となりえます。

憎悪から復讐したいと決めたら先ず仲間を探してみる

何かしらのことをあって憎悪が募り復讐したいと相成った時、ひとりで動く必要はありません。


復讐したいと気持ちが固まる一連の流れで、同じ状況に陥っている人はいないでしょうか?


そしてその方が同じ憎悪を抱いていたのならば仲間になる可能ではないでしょうか。



復讐を1人で実行するというのは、それだけで可能な行動に制限が出てきます。


2人であれば幅が広がりますし、3人以上になると様々な選択肢が選べるはずです。


何でも仲間がいたほうが効率面で良いということです。



基本的に集団が多ければ多いほど統率面のデメリットが出るものですが、復讐においては簡単な話です。


なぜならターゲットに対する復讐という点で全員が一致しているからです。


その着地点に対する方針さえ固まってしまえば計画を練り実行に移すだけですから、復讐したいなら仲間を探すのが正攻法なのです。

恋愛感情から復讐したい気持ちになったら

恋愛感情のもつれから復讐したいというのは非常によく聞く話です。


それだけに対応策も多いのですが、まずは1つ決めることがあります。



それがターゲットと今後どういう関係でいたいかということです。


あわよくば恋仲になるor戻りたいと思っているのに自分の手で復讐までしようとしていませんか?


この考え方は残念ながらハッピーエンドを迎えられません。



そもそも復讐された相手と改めて恋仲になることは現実的に考えてありえるのでしょうか。


私個人の考えとしては距離が余計に離れてしまうのがオチではないかと思います。



ではどうすればよいか、というところですが話は非常に簡単です。


誰かしらに復讐してもらい自分は後でターゲットをフォローしていく。


こういった流れであれば何の問題もありません。


ただし依頼した人物から情報が漏れないように最新の注意を払ってください。



できればこの手の依頼は復讐屋にしておきたいところです。


完全な第三者で、しかも復讐を生業にしている訳ですからターゲットに情報が漏れることはないでしょう。

リンク
人気ブログランキング
ランキング参加中
ブログ王ランキングに参加中!
ブログランキング

  • ライブドアブログ