復讐したい人のための復讐情報

復讐したいけど結局やらずに泣き寝入りなんてことは止めましょう。恨みがあるなら晴らすのが当たり前の行動です。

恋愛関係の相手に復讐したい時は

どんな形であれ恋愛というのは恨みと表裏一体であり、愛を裏返されれば恨みへと変化するものです。


しかし恨みがあるとはいえ恋愛感情は残っており、関係の継続を望むまま恨みは晴らしたいという方が後を断ちません。


関係を終わらせるつもりで復讐すれば話は早いのですが、そうでない場合は取るべき行動というのはいろいろと抑制されてしまいます。



まずまずもって相手からの愛情をそのままに復讐はしてしまいたいというときに、自らが行動するのはまったくもって愚策となります。


自分が相手に何かすれば、当然ながら何かしらの変化が起きますから、それが恋愛関係に亀裂を入れる結果となっても自動自得となってしまいます。



取れる選択肢は大きく分けて2つで、ターゲットの周囲を味方につけて相手が悪いことをしてしまったと反省させることが1つ目の選択肢です。


もう一つは別の人物からターゲットとなる相手に対して相応の復讐をしてもらうという、いってしまえば復讐代行ということになります。


この復讐代行というのは復讐屋などの業者に頼めということではなく、自分が信頼できて首謀者がバレない人物であれば誰でも問題はありません。


誰かに頼む本質というのは結局のところ自分が計画したことを相手にバレないようにするためですから、それが解消されていれば人物は問わないのです。

元旦那に復讐したい時の考え方

元旦那に復讐したいと考えだす理由として多くの割合を占めているのが、元旦那が離婚後も幸せな生活をしていると知ってしまった時です。


それを人伝に聞いたとしても、自分の目で実際に見たとしても恨みの度合いというのは大して変わらないのだとか。


私が経験したことがあるのは元恋人が楽しく過ごしているのを見てしまった時くらいですが、結婚という更にワンステップ上から破局した方は更に大きな恨みになるでしょう。



ではそのような時にどうやって復讐していくか、ということですが離婚した理由なども交えて考えていくことがスムーズかと思います。


例えば私の経験では浮気グセのある元恋人と別れて、その方が新しい恋人を過ごしていたとしたら、その浮気グセを認識してもらうために動きます。


それだけで大抵のケースで破局にもっていけるでしょうし、それが叶わなくても1つでも2つでも楔を打ち込むことができるはずです。



もちろん自らが出ていくことでリスクというのもありますが、ほぼ他人のような間柄であるならリスクも最小限というものです。


もし別れてからも距離感はそれなりに近いということなら復讐屋などの第三者を頼っていった方がリスクが低くて済みます。


どのくらい相手のことを恨んでいるかによって第三者を使うかどうかということにもなりますが、選択肢の1つとして念頭に置いておくのはどんなケースでも良いと思います。

好きな人に復讐したい時には

好きな人に復讐したい時には先に考えるべきことが2つほどあり、これを考えずに行動してしまうと後悔してもしきれない事態になりかねません。


1つは今でも好きなのかどうか、という問いからくる今後の関係性をどうするかということについて。


もう1つは上記を踏まえた上で考えるべき自分が復讐の首謀者であることが相手にバレてもいいのかということについてです。



1つ目は言わずもがなで、今でも相手のことが好きで今後も付き合っていきたいのに関係を崩壊させてしまうような復讐をしても後悔しかないという話です。


今でも好きなのに関係を壊す復讐をする訳がないと思うかもしれませんが、明確な意思なく復讐心に身を任せて行動してしまうと思いもしない結果を招く恐れがあります。


感情的な行動というのは自分でコントロールできないことが多く、それを制するには予め強く心を持つことが必要、すなわち今後を明確に考えているかが鍵になります。



2つ目については結局のところ今後も付き合っていきたいの「私があなたに復讐をしました」と宣言して付き合いを続けていけるのかという話です。


実際に交際してようと交際してなかろうと今の関係性というものが自分と相手の間に存在している訳で、これを壊すのが自ら復讐をやったという事実になります。


要するに今後も関係を継続させたいなら自分がやったとバレない復讐であることが必要ですから、復讐屋なり第三者の助けというものが必要になってくるというわけです。


  • ライブドアブログ