プナ先生のhaumana(生徒)になり、
初めてのビックイベント。

木曜からレッスンがあり、
日曜ho'ikeを迎え、月曜のキャッチアップクラスを含め4泊5日…
それはそれは濃い毎日を過ごしました


改めて感じたのは、
フラはハワイ人がとても大切にしている文化であり、
またプナ先生ほどその文化に深く精通し、何よりそれを惜しみなくシェアしてくれるalohaに満ちた人はいないのだと実感しました。


楽器ひとつひとつが持つ意味、
楽器の置き方、
音の刻み方、
フララインのこと、
ステップ(足)が刻んでいる意味、
腰が表しているもの、
人との関わりかた、
先生としての責任、





古代から受け継がれている息づき根付くフラがそこにはあり、
クムが放つ言葉には、
私の今までの〝何故?〟への答えがが沢山詰まっていて、導いてくれます。
そしてそれらの教えは確実に、
プナ先生の娘、デンビさんやみのりさん、先輩フラシスの方々へ強く受け継がれています。
2014-10-29-13-08-04

2014-10-29-13-07-27


迷った時、
悩める時、
正しい方向へ導いてくれるクムがいる仲間がいることはどれだけ幸せか。
まだまだ微力だけれど、
生徒さんとの向き合い方も学ぶ日々。

ホイケ前日のリハ後ホテルに戻ったのは23時半過ぎ。
そこから、突然言われたレイ作り(笑)
夜な夜な作製スタート。
2014-10-19-00-35-46


当日は、
着付けはプナ先生と、
ウニキされたみのりさんが着つけてくれます

私が着させていただいたものは、
キケパはゴム無しで、
体の前で結ぶスタイル。

2014-10-19-10-38-04

それに、
例のアレ…ロペフルを右手、左足、頭につけました。

移動時は、
`ekeといわれるラウハラのカゴに自分に必要な物を入れて持ち運びます
2014-10-19-11-01-02





2014-10-20-18-21-39

セレモニーの中では、
ウニキチームの方々の宿題発表の他、
先日若くしてお亡くなりになられた、uncle Doric(プナ先生からウニキされたカウアイ島のクムフラ・Doric Yaris フラレア最新号の付属CD oli aloha唄ってます)さんのセレモニーもありました。

クムがいなくなったドリックさんのハラウを今後はプナ先生もケアしていくそうです。またひとつ重い責任がプナ先生に増えたということなのだと思います。
2014-10-25-00-14-59


右も左もまだわからなかった私ですが、
pa'iをすることにもなりました…クムが感じ仰ったことは絶対…です笑
2014-10-23-20-36-38


アウアナも。
2014-10-29-13-08-09


沢山のフラシスの方に助けられた初イベントでした(*^_^*)

`
Olapaとは直訳すると、そこで終わる、止まるという意味ですがハワイ人はしばしば反対の意味合いで使う場合も多くあり、
これは〝学び続ける〝ということ…

皆さんへの責任を果たすべく、
これからも学びの歩みを止めることなく頑張ってまいります。
プナラインをお伝え出来るよう頑張ります!