2007年02月09日

厚労省イラネ

記事

多重債務で国民健康保険(国保)の保険料を払えなくなった人を対象に、厚生労働省は07年度から弁護士会と連携して貸金業者から利息の過払い金を取り戻し、滞納分の支払いに充てる取り組みを始める。
《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァァア!!!!!
《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!
《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!

まったくゴミの考えることは常識からかけ離れすぎて理解できんよ。
厚生労働省が無能だったことをアピールしてどうする?
で、弁護士の求人が不足していることもかねて、弁護士の仕事助けてやるのか?
本当にお前等はわかりやすいくらいに繋がっているよな。(・∀・)ニヤニヤ 

グレーゾーンも国が認めていたんだけど・・・お前等ホント都合よすぎるぜ
弁護士はいつものように偉そうに法外な報酬を受領するんだろ?
消費者金融を利用して金儲けですか?
日弁連のゴミはどこまで弁護士という権威を貶めれば気がすむのかね。
金の亡者だから気付かないか( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ

国民健康保険課は「多重債務者から保険料を徴収するのは難しかったが、弁護士会などが過払い金の返還実績を積み上げてきた結果、滞納分を徴収できる可能性が出てきた」と話している。

↑お前等が無能なだけだ!ゴミ国家によるゴミ政治、マジでこの国終わっている。
話は変わるが、マスゴミもヒューザー事件みたいにアパを叩けよ。アパは被害者です。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン、笑わせるなアパは加害者だろーが!!
誰と誰に報道規制の指示をされているのかな?(・∀・)ニヤニヤ


↓もうすこし上へいかせて(=゚ω゚)ノ↓

ブログランキング








 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hulkamania1977/50877455
この記事へのトラックバック
貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ 記事 過払い金を国保料に については、すでに多くのブログで書かれていますが、それについて、とある弁護士さんが自身のブログでこう書いてました。一応、消されないようにコメントを全文引用します。 八王子ではたらく弁護士...
「過払いバブル」なんだってさ【債権者と債務者の事情】at 2007年02月10日 00:55
「借入件数の多い方でも即刻融資」「低金利一本化」などともっともらしい宣伝をしていますが、これらは危ない場合が多いです
キャッシング-金利・審査・安全性で比較【キャッシング-金利・審査・安全性で比較】at 2007年02月11日 11:20
この記事へのコメント
やはり怒っていらっしゃる…
この記事を見たとき、松千代さん黙ってないよな〜
と思いました。小生も同じ気持ちです。

厚労省の無能さ…、日弁連の強かさ…
まるで悪代官ですね。

私も自分のブログにぶちまけます!
Posted by kilin at 2007年02月09日 18:34




キャッシング会社なんてどこでも同じだろう?
とりあえず、どこでもいいから申し込みをしてみるか。


そんな間違いをいつまで続けるつもりですか?
キャッシング会社各社によって審査結果は千差万別です。


今まで誰も教えてくれなかった、
最大融資限度額のキャッシング会社を検索する
スーパーテクニックの内容とは・・・・

http://fm7.biz/1l3n
Posted by 新田 将嗣 at 2007年02月10日 16:04