NPO法人ヒューマン・ビジョンの会

1996年設立・2001年認証の神戸のNPO、ヒューマン・ビジョンの会です。2002年より11年間、アジア留学生と日本の学生の交流合宿「アジアハウス」を、2012年夏より2016年までの5年間東日本大震災による原発事故で被災した子どもたちの一時保養「さんれく」を主催しました。現在は、関西への避難・移住家族支援・交流イベントを旧グッゲンハイム邸・神戸学生青年センター等と共催し毎年開催。また、「ヒューマン・ビジョンを考える会」として映像民俗学者、姫田忠義製作の民映研作品上映会を塩屋音楽会と共催しています。

台風接近のため中止します【移住者支援・市民交流】8月16日(金) 神戸塩屋・旧グッゲンハイム邸で過ごす夏休みのつどい

台風接近のため、
当催しは
中止させていただきます。

参加者募集!! (転載紹介歓迎)

東日本大震災による
避難移住者支援・市民交流イベント
神戸塩屋
旧グッゲンハイム邸ですごす
夏休みのつどい


2012年より、関西への避難移住者の
支援をしてまいりました当団体では、
昨年より、「夏休みのつどい」を開催しています。
今年は、昨年の参加者アンケートの結果をふまえ、
交流・歓談の時間を多くとります。
ぜひご参加ください。


IMG_0238(2)過去のつどいの様子








【共催】
NPO法人ヒューマン・ビジョンの会
http://blog.livedoor.jp/human_vision/
旧グッゲンハイム邸
http://www.nedogu.com

会場の旧グッゲンハイム邸へは 
神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17 JR・山陽電車「塩屋駅」より、

東へ徒歩5分。
※会場には駐車場がありません。電車をご利用ください。


■午後2時30分開場
  午後3時開始 午後8時15分終了予定

■主なプログラム(時間・内容の変更もあります)

3時15分~

夏向きノンアルコールカクテルで乾杯
★神戸メリケンパークオリエンタルホテル出身の上床達郎さん
がつくる、天然フレイバーシロップやジュースを使った
「夏向きノンアルコールカクテル」で乾杯しましょう。
おやつコーナー(すいか、かき氷、自家製紫蘇ジュース)

3時30分~
子どもたちのお楽しみコーナー

★以上を並行して実施しながら、参加者同士で懇談・交流します


5時30分

夕食(カレー、からあげ、サラダほか)
≪会場にてお召し上がりいただくお料理は、
「地産地消」「安全・安心」を基本とし、
できるだけ産地の明確な食材を調達します≫

お楽しみ抽選会

7時~7時45分
リラックス気功
★日常生活のストレスを緩和できる呼吸法、「気功」の体験(継続)
毎回好評のブライス多佳子さんによる、日常生活のストレスを解消し
身体を柔らかくする「気功」の体験。

森本アリさんの演奏・花火(子どもたちむけ)


8時15分
閉会予定

【開催協力費】
・被災し、関西エリアにて移住生活をしているおとな 500円
・それ以外の一般参加者の方 1,000円
※大学生・留学生および
高校生以下(保護者同伴要)の方の参加費はカンパ制
(当日、カンパ箱にお入れください)
*当イベントは、開催協力費や市民のみなさまからの
寄付金・寄付物品により運営しています。
 
【申込み方法】
★移住者の方は、下記について、メールでお知らせください。
konogoro@msb.biglobe.ne.jp
※一般参加者の方は、お名前と連絡先だけをお知らせください。
出身の都道府県
現在の居住市区町村
参加者全員のフルネーム(漢字と読み方)、
お子さまの場合は学年・年齢
当日、緊急連絡をとる際の携帯番号をお知らせください。
★予定定員(20人)に達しましたら締め切ります。

【申込み・問合せ】
特定非営利活動法人ヒューマン・ビジョンの会 (事務局)
電話:090(8651)5742/

konogoro@msb.biglobe.ne.jp

【共催イベントご案内】私の地図を歩く─事実をどう伝えるか─話と歌と座談と

地図

事実をどうえるか

座談

 

日時:   6 1

14 時 開演

(13:30開場/17:30終演)

 

場所: 徳正寺


京都市下京区富小路四条下ル徳正寺町39

地下鉄烏丸線四条駅から徒歩7分
京阪祇園四条から徒歩9分。
四条富小路交差点(西南角に福寿園
北西角にジュンク堂書店)を南へ50m、
西側(右手)。

 

参加費: 1,500

カフェ ラソン菓子付

 

お問合せ: 090-8651-5742(村岡)

desabukit@ezweb.ne.jp

 

 

出演:

田浩昭

(おさだひろあき)

原子力行政を問い直す宗教​者の会事務局。
真宗大谷派法伝寺住職(兵庫県篠山市)。
1960年石川県生まれ。

 

俊介

(たがしゅんすけ)

中高等学校の社会科教員を
定年退職後に設立した
廣島ヒロシマ・広島を歩いて考える会」代表。
1950年呉市生まれ。

 

長坂知春 

(ながさかちはる- ちぴぴ)

シンガーソングライター。真宗大谷派明慶寺僧侶
広島県江田島市)。瀬戸内海の能美島広島県)生まれ。 

 

負の遺産」という言葉があります。
二十世紀、二つの世界大戦を経て、この言葉は
広く知られるようになりました。
英語では"Negative heritage"。
アウシュヴィッツ原爆ドームチェルノブイリ
ベルリンの壁、ムランビ技術学校、福島第一原発、etc.
場所と、そこにあった建築遺構がシンボルとされるのも
特徴です。
負の遺産の考え方は、西洋発の倫理観・
平和思想が大きくはたらいています。起源をたどれば、
キリスト教にいう「聖蹟」に、「負の遺産」が
含まれることに気がつく方も多いでしょう
(イ
エス磔刑に処せられたゴルゴダの丘など)。


 敗戦を経て、なおも原発事故を経験したわれわれは、
負の遺産のもたらした思想が、どこまで根づいたの
でしょうか。マイナスのものゆえ、蓋をして隠したり、
抹消することで、なかったことのように忘れたりする例は、
枚挙にいとまがありません。
世界はけっして見たとおりの世界ではないのです。
私たちは、意識の底でそのことに疼くときがあります。

 事実をどう伝えるか。私の地図を歩く。
内面のフィールドワークを通じて、はじめて私たちは
事実を伝えうる古層に足をかけることができます。
負の遺産」とは、じつは私たちの意識の底に、
否定の対象としてではなく、
あらかじめ知ってるものとして存るのではないでしょうか。

 

 

主催: 徳正寺ブッダカフェ
共催:
NPO法人ヒューマン・ビジョンの会

無事終了【移住者支援・市民交流】1月3日 異人館でお正月2019

東日本大震災による
避難移住者支援・市民交流イベント
異人館でお正月2019
2012年よりスタートし、8回目を迎えた当イベントは
10家族27人の避難移住者をお迎えしました。
神戸市民を中心に多数のボランティアのご協力により
全参加者59人が新春のひとときを楽しみました。



IMG











子どもたちのコーヒー焙煎体験ボランティアで
ご参加いただいた石光商事社長の石脇智広さんに
よるレポートです。
http://www.qualityofcoffee.com/column/post_1415.html

みなさまのご協力で今回も成功うちに終了しました。
ありがとうございました。







プロフィール

human_vision

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ