北海道在住のドッグトレーナーの犬のしつけ方講座

犬の吠え、咬み、排泄等、犬のしつけを、札幌、北広島、恵庭、千歳、苫小牧、登別蘭、伊達、
で出張訓練をしているドッグトレーナー、ヒューマンドッグトレーニングサービス
浅井保雄の講座版ブログ

ご愛犬の無駄吠え、咬み癖、排泄等でお困りの飼い主様、只今お電話、メールでの無料相談承っております、詳しくは投稿記事下のご「案内」をご覧ください。

犬のしつけ

犬と末永く付き合うのは何が必要?

我が仔と永く上手に付き合うのに何が必要と思いますか?

愛情を持って向きあう事?毎日のお散歩やお世話を沢山してあげる事?それとも信頼関係を保つ様な態度
を取ること?  いいえ違います!


ここで、少し考えてみて下さい・・・・・・・・・・・・・・・

 

正解は、「擬人化しない事」この一言に限ります。

但し可愛がる、愛情を持って大切に扱う、世話を怠らず何時も面倒をみる事などは生き物を飼ううえで当然あたりまえの事です、決して誤解しないで下さい。

でも犬は犬なのです、決して私達人間と違う生き物です、話す事は出来ません、義理や人情も通用しませ反省なんか全くしません、ただ本能と習性と条件反射で生きている生き物なのです、チョット辛いお話になってしまいましたがそれが現実です。


*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です、当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 


耳よりのイベントのご案内!

犬のしつけ方が「解らない」「疑問に思う」と日々思われている飼い主さんへ

・セミナーの御案内
8月4日土曜日千歳市で吠え咬み講座  詳しくはコチラ

 

 

 ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬を飼う事の現実

私たちのこの国(日本)で犬を入手する事は自由で簡単にでき、誰でも飼う事が可能だと思います。

入手先も、スーパーやホームセンターに行けば仔犬が販売され、犬種年齢を問わずなら、動物管理センター(保健所)若しくは犬猫譲渡目的のボランテイア団体で何時でも里親さんを募集しています。

これは本当に喜ばしい事です。


しかし、誰でもがこの犬を飼える事になると、中には安易な考えた方で飼う人もいます。多くの人は新しく犬を迎い入れたらまず、飼い方やしつけに関して参考にするのは第一にしつけ本です!

このしつけ本、多数出版されていますがほとんどの本は奇麗なグラビアと人の心をつかみとるタイトルやキャチコピー、例、OOのきもち、やさしい犬の育て方、裏ワザしつけ大公開!・・・・・・・等々


わたしが見ても、「本当に!」と思いたくなる本ばかりです。

中身がとても綺麗な内容のしつけ本は新しく飼い主となった方々に犬の飼育は印象で理想の飼い方象のみ、植え付けることしか表現されていません。

多くの新しい飼い主さんはそんなしつけ本をたよりますが、正直な所その様なしつけ本では犬をしつけることは出来ません。

犬は生き物で食事をし、排泄もします、又周りの人に訴えるため時には吠えや咬む行動もおこしますそして話すことはできません、理想と現実は違います。

大方の飼い主さんはその理想と現実のギャツプを感じだすと、やがて次に述べる三つの方法のどれかの道をたどります。

まず一つめは私たちの様なプロを頼るか。

二つめはあきらめて、少々困っても我慢しつづけて飼うか。

三つ目、「自分達には犬を飼う事は無理!」とか「こんなバカ犬いらない!」等と飼育放棄する最悪な道にいたるか・・・・・・です。

これが、最近の犬を飼われる方の一般的なケースです。

結局犬を家族の一員として迎え末永く一緒に暮らし為には、ある程度のリスクと覚悟が必要となりす、それが犬を飼う事の現実です。

そして、この現実から決して避けては通れない事があります、それは「犬をしつける」事だと思います。

*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です、当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 


耳よりのイベントのご案内!


犬のしつけ方が「解らない」「疑問に思う」と日々思われている飼い主さんへヒューマンドッグのお試し版しつけ方教室

7月14日22日29日 苫小牧市内及びその近郊 詳しくはコチラ

・セミナーの御案内
8月4日土曜日千歳市で吠え咬み講座  詳しくはコチラ

 

 

 


ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけとケージ・・・・・2

ケージは犬側から見ると何?

犬科狼科の動物は本来岩穴の様な所で寝泊まりする習性があります。

これは、狭く囲まれて薄暗いところは外敵に襲われる事がなく安心して暮らせる場所、つまり快適な住処なのです、今でも一般の家庭犬は家の中で何か体裁の悪い時は机の下や部屋の隅に逃げるのはその名残があるからと言われています。

つまり、ケージは人間側からすると牢屋、しかし犬側からすると巣になりなると思います、決してその中(ケージ)にいれて精神的に異常を起こす事はあり得ません。

但し、ケージに馴れていない仔は馴らしのトレーニングは必要です又、何時でも入れっぱなしにするのではなく監視が出来ない時に入れる、監視出来る時は出す事を心がけて下さい。

*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です、当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

耳よりのイベントのご案内!

犬のしつけ方が「解らない」「疑問に思う」と日々思われている飼い主さんへ

ヒューマンドッグのお試し版しつけ方教室

7月14日22日29日 苫小牧市内及びその近郊 詳しくはコチラ

・セミナーの御案内
8月4日土曜日千歳市で吠え咬み講座  詳しくはコチラ

 

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけとケージ

ケージを使う使わない!

 幼小期からこのケージを活用する事によって、その後成犬時に問題行動につながるケースは圧倒的に多いのです。

例えば、仔犬を迎いれた時点でケージに入れると、何かの拍子に泣きだす(吠える)そうすると一般的に人間は(飼い主さん)は泣いているので可哀そう若しくはうるさいと思ってケージからだします。

そうすると、犬はこの行動(泣く、吠える)を起こせば人間は自分の元に来てくれて相手をしてくれると学習し始め何度も吠えることを学習して、最終的にはムダ吠えとつながってきます。

又、ケージに入らなくなると当然排泄の学習も困難な為、これも成犬になっても排泄をする場所が定まらず飼い主さんにとっては、深刻な悩み=問題行動となってきます。

いずれにしても、ケージを「使う、使わない」は飼い主さん自信問題で結局は問題行動の発端は飼い主さんの管理しだいとなってくるのです。
次回はもう少しこのケージについてお伝え致します。


*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です、当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

耳よりのイベントのご案内!

犬のしつけ方が「解らない」「疑問に思う」と日々思われている飼い主さんへ

ヒューマンドッグのお試し版しつけ方教室

7月14日22日29日 苫小牧市内及びその近郊 詳しくはコチラ

・セミナーの御案内
8月4日土曜日千歳市で吠え咬み講座  詳しくはコチラ

 

 

 ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけは自己防衛として必須

まず先に次の事例を御紹介します。

事例・2006年5月10日北海道新聞より

犬の管理不十分で逮捕・・・・・・・・・・・・ 札幌の飼い主市条例違反容疑

鎖でつながったペット大型犬が子供らに咬みつき、けがを負わせたとして札幌白石署は九日、過失傷と札幌市畜犬取り締まり及び野犬掃とう条例違反の疑いで・・・・・・・中文省略

おりでかっていた大型犬二匹を鎖などでつなぐことを怠った為、おりから逃げ出し、近くの公園にい七人に次々と襲いかかり、逃げ遅れた十歳の女児二人と助けようとした女性に咬みつき二週間のけがを負わせた疑い・・・・・・・以下省略

以上ですが、この様な人に咬みつく事件以外にも吠えて近隣からの苦情で飼育放棄や裁判沙汰になケースは最近頻繁におきています。

今は個人の権利や主張が多く通る時代となり当然犬の嫌いな人達の配慮も必要とされ、チョットしたトラブルでも「犬だから」と言って全て許される事は無く当然何だかの制裁も予想されるはずです、やはりここは犬と共に末永く暮らせるためにも自己防衛=しつけが必要不可欠です。



*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけが必要になった理由

前回、欧米人と日本人の犬の飼い方の感覚の違いについて御話させて頂きました。

では、なぜこんなに犬のしつけが必要になったのでしょうか?それは、犬を屋内、屋外で飼うことについての大きな違いについては次のようなことから考えられると思いま。


まず、屋外での飼育は鎖で係留、排泄も不定期でその場、吠える・飛びつくも問題なし、散歩も不定期。

そして屋内での飼育は、排泄は定期的に定められた場所で、吠える・とびつくなどが目立つ、犬の嫌いな来客があれば何所かに保管する(ケージを使う)、散歩(運動)も定期的に行う、等々。


結局のところ家の中で一緒に過ごす為に、この口のきけない生き物とどう付き合えばと悩まれている方々が多数だと思います、しかしこの悩みは決して異常ではなく極々普通の事です。


何故なら、私たち日本人は今まで屋内での犬の飼育の経験があまり無く、犬と一緒にどの様に暮らしていけば良いのかが解らないのが現状です。





*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp



犬のしつけ欧米人と日本人との感覚

かつて、日本での犬の訓練は盲導犬や警察犬など特殊な分野として扱われてきました。

しかし、一般の飼い犬についてはほとんど気にかけられなかったのが現状です。

ところが最近、欧米化した生活文化が身近になり犬の飼い方についても欧米化してきて犬を家の中で飼うことがごく普通となってきました。


本来、欧米人は狩猟民族でした、狩猟民族は狩をしながら居場所を変えていきます、そうすると一緒に猟に使う犬もそばにおいておきます。


しかし日本人は農耕民族です、田畑の場所は一定ですから当然、犬はそばに置かずその場所においていくことが出来ます、これが現代になって屋内飼と屋外飼の違いにとなり私たち日本人と欧米人との犬に対する扱い方の大きな感覚の違いがここにあると思います。


*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけと年齢

「ウチの仔もう4才になるのでもうしつけても無理!」「3ヵ月の仔犬なのでまだ早いしそのうち、おちつくから・・・!?」等々日頃よく耳にしる事です。


では犬のしつけに年齢は関係してくるのでしょうか? 答えは、つぎの式になります。


犬のしつけの難易度(難しい、簡単)= 癖×時間


となります、つまり犬はパターンで学習する生き物です一度学習しきった事は確実に記憶していきます、例えばテーブルの上に人間が食する物に手を掛けて食べたとします、そうすると、テーブルの上の物は食べれると一度学習します、そして何回(時間若しくは日々)か繰り返すとやがて癖となます、当然犬は人様のテーブルにある食べ物を勝手に食べて良い悪いは判断つきません、結果「ウチの仔は困った!」になるのです・・・・・・

以上の様に 吠える癖が何年、咬む癖が何ヵ月のことで、決して年齢や月齢でしつけの遅い早いは関係ございません、但し高齢になると肉体的な事情を考慮しなければなりませんが、私の経験では、仔犬で60日、成犬で9才位までの仔を受け持た事例は多数あります。




*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp


犬のしつけで叱る事の本当の目的は?

前回、叱ることついてお話させいいただきました、そして「アメとムチの法則」についてもお話させていただきました。

しかしこの叱る事は犬に何かしらのダメージを与えて問題行動を制御するのが本来の目的ではありません、又いくら叱る事が愛情で学習だとしても、叱ってばかりいたら犬は萎縮します。

この、叱る事の大事なポイントは「言葉」です。

つまり、「ダメと言う言葉はこの様な事なのだ」と体得させる為に、教えはじめに犬に何だかのダメージを与えるだけなのです。

そして次に同じ行動をおこしたら、まずは言葉だけ(*言葉はダメでもノーでも何でも良いので単語のみで強くハッキリと)、発してみて、それでもまだその行動をつづけるなら、必ず言葉を発してから、何だかのタ゛メージを与えみる、そして次にまた同じ行動を続けてダメと言葉だけで止まったら必ず大袈裟なぐらい褒めちぎって下さい、御褒美にその仔の大好きなおやつを与えても良いでしょう、但し褒めるときに激しい撫で方は禁物です、何故なら犬としては撫でてもらうのは嬉しいはずですが大袈裟に激しく撫で廻すとだんだん興奮して行き最後にはバタバタと騒ぎ止まらない事があります、ここは言葉は大袈裟に、そして撫でる手は静かに優しくをお願いします。

結局のところこの叱るは言葉ありきで、ダメージを与えるのはダメ(ノー)のコマンドを教える動機ずけで最終的にはコマンのみでその問題を制止するのが叱る本来の目的となります。

尚、ダメージを与える方法はいろいろと有りますが、要は犬が不愉快になる様な事をすれば良いのです

但し行きすぎた体罰(その仔の生死や致命傷に至る)は決して止めて下さい、くれぐれも誤解が無いようにお願いします!!

一応具体的な例を2~3御伝えしておきますので一度試してみて下さい。

・大きな音を出す

・リードを引いてショックを与える、

・アルミ缶に小石等を入れたものでその仔のお尻の当たりを空手の寸止めの様にして打つ。


以上ですがこの叱り方に付いていずれこのブログで詳しく説明させて頂きます、まずは勇気をだして一歩前進して下さい。





*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp




犬のしつけこれが出来ればOK

前回、コマンドを使って飼主さんと犬の個々のオリジナルルールを作りそれを、守らせる事を御話させて頂きました

この七つのコマンドをルール決めを行って最初から全て使う事はかなり無理があります。

では、とうすれば良いらでしょうか?

それは、「スワレ」「マテ」「フセ」「コイ」「ツケ」「ヨシ」「ダメ」の七つの単語の中の「ダメ」つまりNOを使うのがてっとり早く即効性があります、例えば今まさに強烈に咬みついてくる仔に「スワレ」や「マテ」を学習させて、行動を制御しょうと思っても
そこまでいくつく前にかなり咬まれ続け、ようやく覚えてもタイミンング良くそのコマンドが使えるとはかぎりません、それであればここは「ダメ」のコマンドを使うのが最善だと思います。

このダメつまりNOは叱る事を意味します、この叱るは怒るとはまったく違います、「怒る」は感情をむき出しにして行動をおこす、つまり暴力ににります、「叱る」は、冷静に物事の過ちを悟す事です、つまり愛情です、この定義の違いは天と地のさがあり、世間一般的に犬のしつけに叱るる事はタブーとしているのはこの辺の解釈の違いがあると思われます。






*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp




ギャラリー
  • わんこフェステイバル
  • しつけ教室のご案内
  • 7月しつけ相談会のご案内
  • 6月のしつけ相談のご案内
  • 6月のしつけ相談のご案内
  • 室蘭市で市民公開しつけ教室
プロフィール

humandogtraing

モブログ
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ