室内で所構わずいろいろな物に足を上げてマーキング行為を何度もしてしまうのは悩みの種の飼い主さんは多いと思われます、今回はこの行動内容の改善方法についてお伝え致します。

マーキングはオス犬特有の縄張りや自己所有の意識の主張行為です。

そしてこのマーキングは一連のメカニズムが以下の様になると思われます。

①対象物を嗅覚で探知~②対象物を認識~③自己所有意思決定~④排泄物による臭い付け行為(マーキング 

こんな方法で改善できます

1排泄させて良い場所を一か所に決めます、もし現段階で排泄する場所が複数ある場合は一か所に決めた所以外は全て撤去して下さい

2排泄をさせる場所が決まったら、その位置にトレー(便器)を設置します

3設置したトレー上のほぼ真ん中に2リットルの空のペットボトルに何時も使用しているペットシーツを巻き付けたものを置きます。

*もしこの時、可能なら対象の仔の排泄をしたペットシーツを巻きつけるとベストです。
4排泄のする時間にその仔をトイレ(設置した便器)に連れて行きそこで排泄をさせ、出来たらおやつを必ずあげ褒めて下さい
*この時点で便器の周りを囲むか若しくはケージを設置してその中にトイレをいれます、尚この要領は前回の投稿記事を参考にして下さい。
5その仔が室内にいる時はマナーベルト等を必ず装着させ、もしトイレ以外で排泄(マーキング)を行ったら
無視をして下さい。
こうする事によりトイレ以外でマーキングしても臭いが付かず、臭いの付いている所はトイレなのでやがてそこだけに集中してマーキングを行い始めます。(!マーキングのメカニズムを御理解下さい)
但しその仔の年齢により多少時間がかかりますが、飼い主さんの根気が必要です。
さらにここがコツです

・排泄させる所は一か所に決める事により、犬も迷わず又飼い主さんも監視しやすくなります。
・トイレの真ん中のペットボトルに排泄をしたら確実におやつをあげて十分な程褒め下さい。
・御褒美のおやつの保管場所はトイレの真上若しくは横上に設置してその仔が排泄したら直ぐに与える状態にして下さい。

*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です、当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

耳よりのイベントのご案内!

犬のしつけ方が「解らない」「疑問に思う」と日々思われている飼い主さんへ

ヒューマンドッグのお試し版しつけ方教室

 

7月7日~8日 北広島市 詳しくはコチラ  

 

7月14日22日29日 苫小牧市内及びその近郊 詳しくはコチラ

 

 

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp