前回、コマンドを使って飼主さんと犬の個々のオリジナルルールを作りそれを、守らせる事を御話させて頂きました

この七つのコマンドをルール決めを行って最初から全て使う事はかなり無理があります。

では、とうすれば良いらでしょうか?

それは、「スワレ」「マテ」「フセ」「コイ」「ツケ」「ヨシ」「ダメ」の七つの単語の中の「ダメ」つまりNOを使うのがてっとり早く即効性があります、例えば今まさに強烈に咬みついてくる仔に「スワレ」や「マテ」を学習させて、行動を制御しょうと思っても
そこまでいくつく前にかなり咬まれ続け、ようやく覚えてもタイミンング良くそのコマンドが使えるとはかぎりません、それであればここは「ダメ」のコマンドを使うのが最善だと思います。

このダメつまりNOは叱る事を意味します、この叱るは怒るとはまったく違います、「怒る」は感情をむき出しにして行動をおこす、つまり暴力ににります、「叱る」は、冷静に物事の過ちを悟す事です、つまり愛情です、この定義の違いは天と地のさがあり、世間一般的に犬のしつけに叱るる事はタブーとしているのはこの辺の解釈の違いがあると思われます。






*同業者様へお願い

この記事の内容は著作権法によって保護されている著作物です。

当方の同意なしに無断複製及び転載を固く禁止させて頂きます

 

 

ムダ吠え、咬み癖、排泄等で犬のしつけのことならお困りの

 

飼い主さん、ヒューマンドッグトレーニングサービスへ是非御相談下さい!

 

メールと御電話どちらからでも御相談承ります。

北海度夕張郡長沼町東8―南21

 

TEL&FAX 0123-82-6811 

 

直通携帯 080-3268-6811 

 

E-mail pugnrs@hb.tp1.jp