May 03, 2015

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #18 Aパート先行上映会

マチアソビVol.14にて5月9日放送分のFateUBW#18のAパート(開始から中盤のCMまで)の先行上映があったので、その内容についてのエントリです。

ネタバレ注意、というかネタバレしかないので本放送を楽しみにしている方はここまでで。



















  続きを読む
Posted by humanity6 at 23:37Comments(145)TrackBack(0)イベント 

October 06, 2014

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第1話「#00 プロローグ」 感想

今回から各話少しずつでもいいので感想を書いていけたらと思います。
(次回は先行上映の記事を既にアップしているのでお休み)

基本的に原作プレイ済みのネタバレありの感想になります。






  続きを読む
Posted by humanity6 at 00:53Comments(75)TrackBack(0)

September 29, 2014

TVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』世界同時先行上映イベント -Holy Grail's call- レポート

いきなりネタバレありの感想に行くつもりですが、その前にご注意を。

このイベントですが、すでに発表のあった通り、東京、徳島会場では10月11日放送予定の「#01 冬の日、運命の夜」が、大阪、ロサンゼルス、パリ、ニュルンベルク、ソウル会場では10月4日放送予定の「#00 プロローグ」が上映されました。原作プレイ組の皆さんはご存知でしょうが、#00、#01は同じ時間軸をそれぞれ凛、士郎からの視点で描かれています。
私は徳島会場で参加したので、この後に書いている感想は「#01 冬の日、運命の夜」のものになります。また、ステージでのトークについてのレポートは徳島会場でのものになります。

感想部分については基本的に原作をプレイ済みの人間のものになります。原作未プレイの方はご留意ください。また同じくufotable制作のアニメ「Fate/Zero」について言及する場面もありますのであわせてご注意ください。

というわけで、以下ネタバレありの感想です。














  続きを読む
Posted by humanity6 at 00:46Comments(764)TrackBack(0)イベント 

August 08, 2013

コンプティーク2013-09

最近雑誌ネタでは記事を作成していなかったのですが
twitterで流してしまうと強制的にネタバレになるのでこちらにて。















以下ネタバレです。






















  続きを読む
Posted by humanity6 at 21:46Comments(1652)TrackBack(0)コンプティーク 

July 15, 2013

劇場版「空の境界 俯瞰風景3D」&Fate/ゼロカフェ

上映順は

ufotableによる「第五次聖杯戦争映像化」告知PV

Fate/ゼロカフェ

劇場版「空の境界 俯瞰風景3D」

劇場版「空の境界 未来福音」予告PV

という感じだったので、順に軽く感想など書いていきます。





・「第五次聖杯戦争映像化」告知PV

覚えている限りで流れをあげると




「TYPE-MOON×ufotable」のロゴ

草原と山っぽいもの(カムランの丘?)

アニメ版Fate/Zeroのダイジェスト的映像群 BGMはZeroのもの

士郎「俺が代わりになってやるよ」「トレース、オン」

Vita版FateのOP映像の切り貼りに、少しだけ新規と思われる映像
映像の合間に「THE STORY FOR NEXT GENERATION CHILDREN」の文字
BGMは「エミヤ」のアレンジ

「Fate/stay night」のロゴ

「第5次聖杯戦争 映像化決定」

月下の「問おう、貴方が私のマスターか」のシーン(新規映像、セリフは無し)



細かいところで違いはあるかと思いますが、だいたいこんな感じでした。


新規の映像ははコート凛、制服桜、士郎の顔アップなどのカット……だったと思います。
魔術回路のイメージはVita版のもの?




というわけで、「どのルートの映像化」かをはっきりと確定できるような
新規のカットは無かったと思います。


以下、個人的な予想。


情報が少なすぎて何とも言えないのですが、「第5次聖杯戦争 映像化決定」という
フレーズには色々考えされられるところはあります。

たとえばHeven's Feelルートを映像化したとして、それが「第5次聖杯戦争の映像化」か
といわれると、やっぱり違うと思うんですよね。
Fate、UBW、HFの3つがあってこその第5次聖杯戦争だと思いますし。
なので、ufotableの映像化は、は3つのルートを複合したものorまさかの3ルート、と
いったもので、HFルートなどの特定のルートではないんじゃないのかなーと
予想しております。







・Fate/ゼロカフェ

ノリはNewtypeで連載中の4コマ漫画そのままで10分程度の
コミカルな作品でした。

キャラはくるくるよく動いてましたし、セイバーのスーツから甲冑への変身バンク?や
エクスカリバー発動のエフェクトなどは本編レベル?と思うぐらいの力の入り具合
だったように思います。

ただ、今回は出番、というか全キャラに声の出演があったというわけではなく

セイバー
アイリスフィール
海魔
ジル・ド・レェ
龍之介
ディルムッド
ケイネス
ウェイバー
イスカンダル
ギルガメッシュ

上記のキャラのみでした(誰か抜けてるかも)
ちなみに海魔はジル役の鶴岡さんが演じられていました。



ちなみにこの作品ですが、ufotableの若いスタッフさんが中心、というかほぼ
若いスタッフさん達のみで作り上げた作品とのこと。

今回出番のなかったキャラも居ますし、機会があれば続編というか
折に触れて映像化されるとうれしいなと思いました。






・劇場版「空の境界 俯瞰風景3D」

基本的に新規のカットなどは無く、「俯瞰風景」をそのまま3D化した作品でした。
3Dで個人的に印象に残ったシーンをいくつか挙げてみようと思います。



・月をバックにビルの上に浮かぶ霧絵と8人の少女

元々「俯瞰風景」でも3本の指に入るくらい好きなシーンだったのですが、
少女の位置の前後関係が浮き彫りになり、さらに幻想的な雰囲気が出ていて
より好きなシーンになりました。



・橙子さんが「俯瞰」の演説中に挟まれるビルと地面のカット

6人目の少女の飛び降り自殺する前に上からビルを眺めたシーン
(手前にビルの屋上の床があり、奥に道路が見える)
3Dは「飛び出し」というより「奥行き」を見せる映像らしいのですが、
奥に地面を配置することで、「高さ」が強く感じられました。
橙子さんの「俯瞰の視点=遠い」という説明がさらに強く意識される
映像になっていると思います。



・バトルシーンでの式のビルからビルへの大ジャンプ

3Dで奥行きが出ることで、式が背景から浮いて……というか取り残され見えて
「虚空に身を投げ出した感じ」が強くなっていると思いました。
元々、鮮やかな赤いジャケットが映えるシーンなんですが、立体感がプラスされることで
中空での存在感が際立っていました。



・義手の霊体マジックハンド発動シーン

こちらは奥行きじゃなくて、浮き出て見えるタイプですね。
手をかざす式を正面から見ているシーンなんですが、手が迫ってくるようでした。



・橙子さんが霧絵を訪ねた際、病室を外から映すシーン

手前に窓が映り、奥に霧絵とベッドが映ってるんですが、奥行きが生じることで
霧絵が病室に閉じ込められている感じが強く出ているように思いました。
窓枠が檻のよう。



とりあえずこんなところで。

こんな風に色々新しい技術にチャレンジして、フィードバックされて後の作品に
生かされるならファン的には非常に嬉しいです。

例えば、「ギョ」の魚の動きがZeroの蟲蔵の蟲の動きに影響を与えてるとか、
ブラックロックシューターのOPアニメの眼の炎の処理がZeroのバーサーカーの
黒いオーラの手法と同じ、などというお話を目にした覚えがあります。

今回の3Dですが、例えば「無限の剣製」の結界内で剣の丘が立体的に画面奥に
ずーっと続いてるシーンとか想像すると脳汁出るですじゃん?

楽しみにしております。





・劇場版「空の境界 未来福音」予告PV

基本的に、メルカの独白をバックに式を中心とした映像でした。

ナイフを振るう式とか
爆発を避けて階段から転げ落ちる式とか
ボンッって言う式とか
Fes.仕様の晴れ着着用の式とか(多分パーティー帰りのシーン)


式ちゃんマジ式ちゃん!

また「未来福音 extra chorus」(同人版の未来福音に掲載されていた
武内さんのコミックパート)の同時アニメ化も発表され、子猫のアップに
黒桐の「しばらくあずかってもらえないかな」というセリフが入る映像もあったり。




2013年9月28日公開ということで待ち通しすぎます。
さしあたりPVを何回も見たいのでしばらくしたらオンラインへアップして
いただけると嬉しいです。  
Posted by humanity6 at 23:09Comments(2158)TrackBack(0)その他 

June 24, 2013

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』1話・2話先行上映プレミアムイベント

6月22日に角川シネマ新宿で行われた
『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』1話・2話先行上映プレミアムイベント
に参加してきたので、そのレポートというか、主に1話2話の感想です。


まずはネタバレ等なしで。



1話、2話を見て、「とても丁寧に作られているアニメ」という印象を受けました。

話のつくりですが、細かいセリフの違いや少し追加されてるシーンはあるものの
かなり忠実に原作を再現していると思いました。
今のところ本編は10話と発表されていまして、原作でいう無印で終わるのか、
それかツヴァイまで入るのかは気になっていたのですが、このペースでやるなら
無印を10話でしっかりやるのかなーと思います。

作画の良し悪しなどはあまり詳しくないのでちょっと評価しにくいところでは
あるのですが、少なくとも見てて違和感がするところはありませんでしたし、
魔術戦の魔法陣やビームのエフェクトは相当頑張ってると思いました。
あとルビーちゃん動きまくり。

ちなみに本放送では先行上映版からさらにエフェクトなどを盛ってクオリティ
アップがなされているとのことです。

あと、やはり魔法少女モノってかわいい魔法少女がキモだと思うんですが
とにかく「イリヤを可愛く描く」ことに関してとても力を入れているように
見えてとても好感が持てました。



以下、1話、2話の内容を覚えてる分で簡単にまとめつつ軽く感想など。

OP、EDは先行上映会では放映されずいきなり本編からの開始でした。


1話

・教室のシーンから下校まで。四神の友達、タイガー登場。士郎と帰宅

 士郎の髪型がぼさぼさでちょっとビジュアル的に変わってますが、声は安定の
 杉山さんで違和感ありませんでした。


・空港のシーン。凛とルヴィアが時計塔から日本に帰国
 それぞれのかばんの中にルビーとサファイア


・イリヤ帰宅。セラリズ登場。劇中劇のブシドームサシDVDを見る

 セラお母さんはガチ


・冬木大橋上空で、変身した凛とルヴィアのバトル
 バトル途中で、ルビーとサファイアが離脱しバトル終了

 プリヤの醍醐味のひとつ、空中での魔術戦ですが、エフェクトが
 かなり派手目に描写されてました。
 本放送ではさらにクオリティアップということで楽しみです。


・イリヤ、自宅のお風呂シーン

 これもプリヤの醍醐味のひとつでしょうか。
 湯気はしっかり仕事してました。


・やってきたルビーとイリヤが契約 魔法少女に変身

 魔法少女モノお約束・変身バンクもエフェクト盛り盛りでかなり
 気合が入って描かれていました。


・イリヤと凛の遭遇。ルビーちゃん無双

 ルビーがうざいくらいで、高野さんノリノリでしたw
 作画のほうもステッキがぐねぐね動きまくり


・月の下での契約

 Fateのお約束。多分1話はここで終わり。
 2話の終わりもそうなんですが、構成上手いですよね。
 1週に1話というTVアニメの性質に上手く合う、次回が楽しみになる
 切り方だと思いました。



2話

・イリヤの自室で凛の解説ターン

 くるっと回ってにこっと笑うイリヤがあざとい可愛い


・時計塔での回想シーン。
 凛とルヴィアにロードエルメロイ2世が指令を出したり

 2世さん眉間に皺よりすぎw 
 声がかなり渋くてウェイバーの面影はありませんでした
 ゼルレッチもちらっと映ってましたが、セリフはなし


・夜の校庭で凛との待ち合わせ。イリヤが変身し戦闘準備


・ライダー出現でバトル開始

 ライダーの声は浅川さん?エフェクトかかりまくりでよく分かりませんでした
 ベルレフォーン発動前の魔法陣の描写がかっこいい


・ベルレフォーン発動直前に変身した美遊が登場
 ランサーのカードをインクルードしゲイボルクでライダーを貫く

 美遊△
 謎の新キャラ登場!?で2話終了というこの引きも上手いと思いました





だいたいこんな感じで。
ここまでは原作1話でアニメ1話ペースになっており、しっかり尺をとって
描かれています。

キャラ的にはイリヤが非常に可愛く描かれているというのと、
あとルビーちゃんのキャラが濃すぎw
印象としては1/3くらいルビーちゃんしゃべってるんじゃ?くらいの
勢いでした。



1話、2話を見た感じでは原作のプリヤのお約束、というかストロングポイントを
きちんと理解し、そこを絶対に外さない堅実な作りだなあ、と思いました。

あとはこのクオリティでそのまま10話までいってくれれば……というところです。





その他、声優さんや監督さんのトークなどについては後ほどアニメ系の企業サイトで
写真付きでアップされそうなので割愛しておきます。

とりあえずイベント開始前の注意事項、終了後の挨拶のアナウンスが小山力也さん、
というか切嗣なのが楽しかったですw

イベント前:「イリヤ、パパは遠くから見守っているからね。頑張るんだよ」
イベント後:「イリヤ、頑張ったね」





ではレポートはこんなところで。  
Posted by humanity6 at 01:30Comments(690)TrackBack(0)イベント 

January 16, 2013

TYPE-MOON Fes. BDBOX 特典 ドラマCD

いきなりネタバレで登場キャラと軽い感想など。
ストーリーのネタバレは少しだけあります。

























  続きを読む
Posted by humanity6 at 01:02Comments(2083)TrackBack(0)

December 29, 2012

「Fate/Apocrypha」1巻

まずはネタバレ無しの感想を。



おもしろかったです(小学生並みの感想)



で、まずは一読して自分なりにどこが一番良かったのか考えてみたんですが、
「とにかくキャラが魅力的」ということに落ち着きました。

1巻でこんなに多くの登場人物が要るのに、男女問わずキャラが立ちすぎ!
出てくる女性キャラは全員可愛いし、男性キャラもひと癖もふた癖もありそうな。
赤のバーサーカーとかマジにスピンアウトでギャグ漫画とか読んでみたいですw


次巻は夏になるようですが、この聖杯大戦という舞台でたくさんの魅力的なキャラクターが
どういう風に物語を紡いでいくのか非常に楽しみです。







では、以下よりネタバレありの感想です。













  続きを読む
Posted by humanity6 at 22:08Comments(598)TrackBack(0)ムック&コミックス 

December 15, 2012

ファイヤーガール TYPE-MOONエース Edition

感想の前にこの作品の読み方についてアドバイスを。







作者の星空めておさんのツイートの通り、TYPE-MOONエース付録のこのver.は
物語の途中からの収録のため、序盤にあるべき説明などはすっ飛ばされています。

「ファイヤーガール本編を買おうかどうか迷っているので、このプレ版で雰囲気を掴みたい」
という方にとってはとても良いのですが、私のように既に本編購入が確定していて
その上、お話は最初から順に読んでいきたい主義の方はスルーするのも手かと思います。

結局「先に読むも読まぬもお好み次第でどうぞ」ということですね。




あと、「魔法使い」などという単語が出てきていますし、気になっている方が多いと思うのが、
この作品が「月姫・Fate世界」と関連があるのかどうかというところだと思います。

これから話が進むにしたがって「実はこんなところでリンクしてた」という可能性があることは
誰にも否定できないと思いますが、このプレ版では世界観や設定などのリンクを
感じさせる要素は全くありませんでした。
個人的には、完全に独立した物語と考えて差し支えないと判断しています。


ちなみにこのファイヤーガール、全3話6巻構成(上下巻×3)という予定とのこと。
冬コミで販売される上下巻は1話にあたるようです。










では続いてネタバレありで少し感想を。


















  続きを読む
Posted by humanity6 at 10:14Comments(6840)TrackBack(0)ムック&コミックス 

December 14, 2012

「Fate/hollow ataraxia」コミカライズ決定!

TYPE-MOONエースVOL.8にて告知漫画が掲載されていたというのに
「Fate/Zero黒」の宣伝漫画と勘違いして見逃しておりました。すみません。

121214_2332~01


作者は「Fate/Zero黒」を書かれている雌鳥さん。


121214_2334~01



2013年春、月刊少年エースにて連載開始とのことです。

  
Posted by humanity6 at 23:41Comments(1464)TrackBack(0)ムック&コミックス