May 31, 2007

Fate/stay tune更新

[第15回]「世界のみなさんこんにちわ」



第15回が更新されています。  

Posted by humanity6 at 21:40Comments(1)TrackBack(0) その他web 

週刊ファミ通 2007-0615

「フェイト/タイガーころしあむ」についての続報です。



>カプコン 9月13日発売予定 5239円(限定版は価格未定)

>限定版は製作用設定資料など同梱





ということで、発売予定日が明らかになっています。
また、限定版についての情報も。


また、新キャラということでイリヤ、アサシン、バーサーカー、
セイバーライオンの4キャラが明らかにされました。


セイバーライオンは

>異界より現れた獣。容姿がセイバーに似ているが、性格はまさに野獣だ。
>最強クラスのセイバーと同等の力を持っているぞ。

という紹介文がありました。
どうやらセイバーの別コスチュームVerではない模様。



またゲームシステム的な面でも情報が。

可能なアクションは、

「ジャンプ」、「ダッシュ」、「ガード」、「集中」、「回り込み」、
「通常攻撃」、「突き飛ばし攻撃」、「必殺技」、「超必殺技」

となっています。



必殺技はアイテムであるタイガーボールを入手し、魔力が溜まっている状態で
繰り出せるそうです。

超必殺技はさらに厳しいしばりがあるとのこと。


セイバーの超必殺技 アヴァロン+エクスカリバー

WF070615

















さらに各キャラにはタイガーポイントという数値が割り振られており
強キャラほど数値は大きいとか。

対戦では倒した相手のタイガーポイントがそのまま獲得できるというシステムに
なっています。  
Posted by humanity6 at 21:09Comments(191)TrackBack(0)

May 30, 2007

[Realta Nua]HP更新

5/29
関連書籍の情報を更新しました。



コンプエースについて。
買いましたが特に新規情報はありませんでした。  
Posted by humanity6 at 00:00Comments(1)TrackBack(0) Official Home Page 

May 27, 2007

なりたの個人的な雑記更新

第241回 5月の旅掘複娃沓娃毅横供



Win版MBAC Ver.BとPCのスペックについてとか。
やはり4人対戦モードはPCがプアだとキツいようです。  
Posted by humanity6 at 19:51Comments(1)TrackBack(0) アーケード(メルブラ)情報 

May 25, 2007

創 2007-06

月刊『創』創出版

コメント欄にてTさんより情報を頂きました。



ufotableの近藤光プロデューサーへのインタビューが1ページ掲載されています。

だいたいが今までのインタビューに含まれる内容でしたが
空の境界の部数について少し情報が。


>近藤
>(中略)
>この作品に関わらず、ある層には絶大な支持を受けているのに、
>別の層からは認知度が低いという不思議な状況下にあります。
>『空の境界』の原作は70万部を越えているのに、メーカーですら
>上層部は奈須さんの名前を知らない場合も多い。
>世代のはざまで極端に断絶していて、とても密なコミュニティの
>中で売れているのが面白いと思います。
>(後略)




70万部も出てたとは。
映画が上映されだしたらさらに部数を伸ばしそうです。  
Posted by humanity6 at 21:05Comments(3)TrackBack(0)

OHP更新

Posted by humanity6 at 20:37Comments(1)TrackBack(0) Official Home Page 

May 24, 2007

Fate/stay tune更新

[第14回]「なんかソワソワする」



第14回が更新されています。  
Posted by humanity6 at 22:43Comments(1)TrackBack(0) その他web 

電撃オンライン 更新

爆笑必至のストーリーモードが公開!
PSP『フェイト/タイガーころしあむ』第3報




ゲーム画面のキャプチャで一部のキャラのストーリーの
概要がアップされています。  
Posted by humanity6 at 08:04Comments(25)TrackBack(0) その他web 

May 21, 2007

とらのあなHP更新

「(PC)MELTY BLOOD Act Cadenza Version.B」7.27 発売!



とらのあなで予約が始まりました。


>■とらのあな特典:オリジナルテレカ


初回版には特典でテレカが付くようです。


ソフマップなど他にも特典が付く店舗があるようなので、ある程度数があるようなら
また特典まとめのエントリーを作ろうかと思っています。  
Posted by humanity6 at 16:25Comments(4)TrackBack(0) アーケード(メルブラ)情報 

May 18, 2007

なりたの個人的な雑記更新

第241回 5月の旅供複娃沓娃毅隠検


アーケードでのメルブラ鶍は無いですよ、とか。  
Posted by humanity6 at 22:22Comments(2) アーケード(メルブラ)情報 

TECH GIAN 2007-07

今号もメーカーページでTYPE-MOONのスペースが1ページありました。



まずは「タイガーころしあむ」の記事について。

記事の文章では新規情報はなかったんですが、なかなか情報量の多いゲーム画面の
キャプチャーが1枚。

TG0707_1







>キャラクター達成率 10人/21人

登場キャラが21人はいる事が確定のようです。
前情報の通りかなり多いですね。
各キャラのシナリオをクリアすると使用キャラが増えるという
システムでしょうか?


また、コスチュームについてですが、画面の桜はエプロンVer.で
それ以外にも2コか3コかありそうな感じです。
別キャラ扱いでなければ黒化Ver.とかありそうです。

セイバーライオンもセイバーの別コスチュームかも?








その他に目立ったところではつくりものじさん描き下ろしの
黒セイバーとか。


TG0707_2









「ニコニコ動画にアップされた、黒セイバーがパーソナリティーを
つとめるラジオの公開収録風景」といったシチュエーションでしょうか?

場面はリスナーからの質問のコーナーのようで、少し見づらいんですが


>セイバーさんこんばんは。僕の悩みはどうしてもセイバーや凛やイリヤと
>キャッキャウフフして幸せに暮らすエンディングに辿り着きたいのです。
>どうしたらよいでしょうか?
>あ、(?)、三枝さんも加わったら文句ナシです!


という文章がイラストのバックにありました。
((?)の部分は解読できず)


それに対して黒セイバーさんは


>……戯れが過ぎるな、虚け者。余と士郎の殺し愛こそが
>専用曲もまぶしい真の幕引きであって他のエンディングなど
>背景動画の様なモノにすぎぬ


と回答されていました。




……桜は?









また、別ページでは「“HYPER FATE COLLECTION” アーチャー」についての
記事が2ページありました。



>革命的セイバーに引き続き、革命的アーチャーの登場です。
>被服部分にあしらわれた刺繍の緻密さに心を奪われます〜。

という武内さんのコメントも。


また製作元である和風堂さんへのQ&Aでは


>Q3 今後のラインナップが知りたいです。

>可動シリーズはアーチャーが売れれば、黒セイバー以降も考えます。
>TECH GIANで関わってるコンテンツの立体化は着々と進行中!


とのこと。  
Posted by humanity6 at 21:20Comments(40) TECH GIAN 

May 17, 2007

フェイト/タイガーころしあむ 続報

おなじみのキャラが聖杯戦争に続々参戦!
『フェイト/タイガーころしあむ』新情報公開
 (電撃オンライン



PSP対戦アクション『フェイト/タイガーころしあむ』Gpara.com




桜、ライダー、ランサー、キャスター、セイバーライオンの情報が
更新されています。




しかし、公式サイトはさっぱり動き無しですね。  
Posted by humanity6 at 20:56Comments(1)TrackBack(0) その他web 

MBAC Ver.B Win版 公式サイト更新

2007.5.17
発売日情報公開



>発売日 2007年7月27日



発売日が決定しています。  
Posted by humanity6 at 20:51Comments(1)TrackBack(0) アーケード(メルブラ)情報 

Fate/stay tune更新

[第13回]「緊急参戦!」


第13回が更新されています。


>Fate/stay tune のロンドローブ2007の参加が決定しました。
>みなさん会場でお会いしましょう。


とか。



RONDO ROBE 2007

会社と出演者の顔ぶれを見て「Fate絡みの何かがあるかも」と、念のため
チケットを買っておいたので後ほどレポートする予定です。  
Posted by humanity6 at 15:21Comments(1)TrackBack(0) その他web 

May 16, 2007

アニメFate公式ページ更新

Posted by humanity6 at 17:00Comments(0)TrackBack(0) アニメ情報 

May 12, 2007

Fate/stay night [Realta Nua]公式攻略ガイド

Fate/stay night [Realta Nua]公式攻略ガイド


何か発売日が微妙にずれてたっぽい気がするんですが
本日やっと購入できました。


>【Characters】
>○登場人物・サーヴァント相関図
>○衛宮士郎/セイバー/遠坂凛/アーチャー/他
>【Visual Story】
>○Prologue
>○セイバールート攻略チャート
>○遠坂凛ルート攻略チャート
>○間桐桜ルート攻略チャート
>○タイガー道場入門編
>○虎でもわかる!「とびだせ!トラぶる花札道中記」
>【Material Collection】
>○オフィシャルイラストギャラリー
>○ショップ購入特典テレカイラストギャラリー
>○ラフ設定イラストギャラリー
>○用語辞典




「攻略ガイド」とは銘打っていますが、ゲーム的にアレなんで
本編をCGとシナリオのまとめでなぞった【Visual Story】がメインですね。
(全体の約6割ほど)


目新しい点といえば、その【Visual Story】の合間合間に
「Creator's Commentary」というコーナーで、武内さん、こやまさん、
つくりものじさん、BLACKさん、蒼月さんがミニコメントがあったことでしょうか。
(奈須さんのコメントはありませんでした)

主に製作の裏話的なコメントだったんですが、中でも蒼月さんのコメントが
はっちゃけられていて面白かったです。



>大河の複雑な思い

>お姉ちゃんはまだお姉ちゃんでいたい年頃なのです。だが、SSF。
>士郎を大切に思っても“行かず後家”にならぬようにがんばれタイガ。
>でもタイガの花嫁姿は想像できません。藤ねえルート?SSF。

>蒼月タカオ(グラフィック)





>電話の向こうに慎二の愛

>もしもーし。に慎二の愛が含まれています。慎二って何気に衛宮衛宮って
>連呼しまくりじゃね?なあ、衛宮。さあ、衛宮。よう、衛宮。
>衛宮大好き慎二君。ツンはいい、デレはまだですか?
>慎二大嫌いな人も大好きな人も花札やってみましょう。

>蒼月タカオ(グラフィック)





そして蒼月さんはSSF連呼しまくりw


他にもBLACKさんのコメントでは、セイバー召喚秘話ということで、
「アニメでは下から生えてきたけれど本当は横からしゅぱーっと登場」とか、
こやまさんはキャスターのCG追加を具申したが却下されたとか。
凛にぼこられれてるCGとか欲しかったとのこと。





他に、「オフィシャルイラストギャラリー」では雑誌への描き下ろしや、
パッケージイラストなどが掲載されています。

「ラフ設定イラストギャラリー」はサイドマテリアルに載っているものや
コンプティークなどに掲載されていた[Realta Nua]での没イラストなどです。

「用語辞典」はサイドマテリアルに載っていたアレです。




内容のまとめはこんな感じで。

読んでいて面白かったですが(特に「Creator's Commentary」)、
攻略ガイドというわけで当然新規CGもちらほら掲載されいたので
殆ど未プレイな身では少々勿体無かったかなと。

読むのはプレイし終わってからを推奨いたします。





6月中には何とか終わらせたいところなんですが……。  
Posted by humanity6 at 17:54Comments(425)TrackBack(0) ムック&コミックス 

May 11, 2007

なりたの個人的な雑記更新

第240回 5月の旅機複娃沓娃毅隠院


PC版MBAC Ver.Bについてちょこちょこと。

サントラに関してはちょっと残念です。
無印版の曲については「PROMISED DAWN」があるので、ReACT版の曲が
宙に浮いてしまったという形でしょうか。  
Posted by humanity6 at 23:31Comments(1)TrackBack(0) アーケード(メルブラ)情報 

MBAC Ver.B Win版 公式サイト更新

Posted by humanity6 at 23:20Comments(1)TrackBack(0) アーケード(メルブラ)情報 

OHP更新

Posted by humanity6 at 21:03Comments(1)TrackBack(0) Official Home Page 

竹箒日記更新

2007/5/11 : まったく治りません。(きのこ)


PSP版とらブルの裏話とか。

ギルくんとかはわざとやってたと思っていました。





「大江戸ロケット」は1話を読んで、「やべえコレは面白いかも」と
思ったんですが以降読んだ記憶が……あれ?  
Posted by humanity6 at 19:31Comments(1)TrackBack(0) 竹箒 

ufotable diary 更新

『空の境界』制作状況春が大好きっさん 経由)


劇場版・空の境界の製作状況とか。



余談ですが、連休中にufotable cafeに行ってきました。

カレーが絶品でした。  
Posted by humanity6 at 19:27Comments(2)TrackBack(0) その他web 

May 10, 2007

Fate/stay tune更新

[第12回]「衛宮より先にゲストに呼ばれたって? ハッ!当然だろ」


第12回が更新されています。

ゲストに慎二役の神谷浩史さんが来ているとのこと。  
Posted by humanity6 at 20:19Comments(1)TrackBack(0) その他web 

MBAC Ver.B Win版 公式サイト公開

MBAC Ver.B Win版 公式サイト



「OUTLINE」ページによると

>初回版特典 オリジナルサウンドトラック(2枚組)

とのこと。



公式通販の有無については言及されていませんが、あるんでしょうか?




あと、「SYSTEM」ページによると4P対戦モードが新たに実装されているとか。
ウチのPCじゃ処理落ちしそうです……。  
Posted by humanity6 at 07:28Comments(13) アーケード(メルブラ)情報 

OHPユーザーページ更新

Posted by humanity6 at 00:40Comments(0)TrackBack(0) Official Home Page 

May 09, 2007

鮮血のヴァンパイヤー<九鬼鴻三郎の冒険1> 表紙イラスト公開

鮮血のヴァンパイヤー<九鬼鴻三郎の冒険1> 表紙イラスト



2004年6月から2005年5月にかけてシリーズ11冊が講談社文庫より刊行された
笠井潔さんの「ヴァンパイヤー戦争」のイラストを武内さんが担当されていました。

今回、2年ぶりにヴァンパイヤー戦争シリーズの外伝と呼べる作品が
同様に講談社文庫から発刊されることになり、再び武内さんがイラストを
描かれている模様です。

この外伝シリーズは「鮮血のヴァンパイヤー」を含めて3巻あるようなので
残りも武内さんがイラストを担当されるのではないかと。


ちなみに発売日は5月15日、価格は660円のようです。





<追記> 10日 20:20

疾風のヴァンパイヤー<九鬼鴻三郎の冒険2>


次巻も来月に発売されるようです。  
Posted by humanity6 at 19:47Comments(20)TrackBack(0) ムック&コミックス 

アニメFate公式ページ更新 他

2007.5.9[Item:CD]キャラクターイメージソング ジャケット

第六弾であるライダーのCDのジャケットが公開されています。



「Fate/stay night 」キャラクターイメージソングVI:ライダー
Blog AnimePress

こちらでも同様のイラストが少し大きいサイズで。

また、

>7月末、衛宮士郎 8月末 アーチャー が発売になります。

とのことですが、士郎のCDは6月27日アーチャーのCDは7月25日予定のようです。




  
Posted by humanity6 at 19:35Comments(1)TrackBack(0) Official Home Page 

May 08, 2007

コンプティーク 2007-06

TYPE-MOON関連の記事が10ページありました。

最初の4ページは[Realta Nua]の紹介で特に新規情報は無し。

続いてタイガーころしあむの記事が2ページです。
以前紹介したライオンの着ぐるみ?を着たセイバーですが
名称は“セイバーライオン”という模様です。
そのまますぎる……。

さらに、Zeroの紹介が1ページ、PC版MBAC Ver.Bについて1ページ。
共に新規情報は無しです。





最後に恒例のFate道場。今回は2題。


>Q.アインツベルンはなぜヘラクレスをバーサーカーとして召喚したの
>でしょうか?ほかのクラスのほうが本来の彼がもつ多数のスキルや
>宝具を有効に使えると思うんですが……。

>(東京都/ヒゲール)


>A.シンプルイズパワー。イロイロと裏切られつづけてきたアインツベルンの
>みなさんは結局“自分の言うことだけをきく忠犬”のほうが安心できる、と
>思ったのでは。まっとうな英霊としてのヘラクレスは、それはそれで利点が
>多いと思うのですが、逆に英雄としての相が強すぎてマスターと不協和音を
>起こす可能性がありますし。奇しくも「Fate/Zero」ではそういった
>マスターとサーヴァントのコンビが多いこと多いこと……。



前々から言われてはいましたが、射殺す百頭の詳細などが明らかになって
さらに言及されるようになった「バサカはバサカじゃ無い方が強いんじゃね?」説
についてです。

バーサーカーにしなかった場合ゴッドハンドが付くのかどうかでまた
変わってくる話だとは思うんですが、狂化によるランクの底上げを考慮しても
他のクラスの方が攻撃力は高い気はします。

回答としてはマスターとの不和がその理由とのことですが、それに加えて
よく目にするのが、サーヴァントに理性を持たせる、つまり会話が出来る状態に
しておくことで、マスター(=イリヤ)によけいな知恵が付くことを
恐れたんじゃないのか?という話ですね。

しかし改めて考えてみると、Zeroのマスターとサーヴァントの仲の悪さは
かなりのレベルですね。
一番ウマがあってるっぽいのがキャスター&龍之介ペアな気がするところが
何かもう致命的にダメっぽい気が。





>Q.同じランサーであるクーフーリンとディルムッドがガチンコで戦ったら、
>どっちが勝ちますか?初登場時のクーフーリンはセイバーに押しまくられ
>ましたが、ディルムッドは逆に押してましたよね?ということは
>ディルムッドのほうが強い……?

>(三重県/高原の清水)


>A.ディルムッドはマスターからのバックアップ(魔力供給量)が
>優れているので、単純な火力勝負ならディルムッドに軍配が上がるかと。
>日本ではどちらも地形効果はゼロですが、舞台がアイルランドなら
>―――クーフーリンに一本かと。



この場合の“地形効果”は知名度と言い換えてもいいと思うんですが
日本レベルの知名度じゃ彼らにとってはゼロに等しいっぽいですね。

アイルランドでは勝敗が入れ替わるということは、知名度はやはり
重要なファクターのようです。
本編のシーンによっていろいろ評価は異なっていますが。


あとセイバーVSクーフーリンについてですが、あの時はクーフーリンに
令呪による制限が掛かっていたはずなので単純にVSディルムッドと
比較するのも問題があるかなーとも思います。

セイバーはセイバーでマスターが異なっていたので当然戦闘力に
差は出ていたはずですし、そのまま比べるには無視できないレベルの
要因が色々とあるような。




今回はこんなところで。

[Realta Nua]の発売日も過ぎ、各雑誌の特集も大人しくなってきたようです。  
Posted by humanity6 at 20:32Comments(1776) コンプティーク | インタビュー&コメント

May 02, 2007

Fate/stay tune更新

Posted by humanity6 at 22:38Comments(10)TrackBack(0) その他web 

May 01, 2007

ダ・ヴィンチ 2007-06

「奈須きのこ その驚異的な人気の背景」というタイトルで、奈須さんへの
ロングインタビューを中心として7ページの記事が掲載されていました。


かなり長いインタビューなので、とりあえず小見出しをピックアップします。


・始まりは98年 HP上の連載だった
・その出会いが運命を変えた
・受け入れられる喜びを知る
・ペンネームの由来
・映画はお祭り騒ぎです
・今だから明かせる 創作苦労話





続いて内容のまとめを。


・始まりは98年 HP上の連載だった

竹箒のHP上で空の境界を連載→月姫製作→同人版らっきょ出版の
流れの説明でした。
最後は講談社の太田克史さんから連絡が来るところまで。

大体聞いたことのあるお話だったんですが、月姫について

>結果、それは10万本を超える爆発的なヒットになる。

との一文が。

月姫の販売本数について公の媒体で話題になったのは自分が知る限り
初めてかと思われます。
無印月姫のみなのか、月箱を入れての本数なのかははっきりしませんが。




・その出会いが運命を変えた

太田さんとの出会いから商業版らっきょ出版までの経緯について。
何度も固辞したり、と紆余曲折あったそうです。
同じページには太田さんのコメントも掲載されていました。





・受け入れられる喜びを知る

作品における奈須さんと武内さんとの関わり、作品へのスタンスなど。
月姫製作時に、奈須さんがシナリオ執筆に没頭できるように、武内さんが資金の
援助をしていたというのはファンの間では有名なお話ですが、

> 武内さんはなけなしの貯金から毎月15万円を捻出。
>丸6ヶ月かけて奈須さんが書いたのがゲーム『月姫』のシナリオだった。

と金額がぶっちゃけられていました。

やもすると生々しい話になってしまうところですが、それだけに武内さんの
真剣さと奈須さんの才能への確信が垣間見れるエピソードだと思いました。





・ペンネームの由来

> ちなみにこのペンネーム、TRPGのゲームマスター時代、キノッピーという
>キャラクターの名前と姿をまちがって覚えていたことを仲間内でネタにされ、
>ノリで使っていたものだとか。

件のキノッピ(おそらく)


同人版らっきょを出して区切りをつけ、ゲームに専念しようと決心するも
武内さんの説得により再び小説を書くことに。そして『DDD』へ。




また武内さんのコメントも掲載されています。
大体はまんだらけHP上であった「漢話月姫」に含まれる内容ですが
コメントの最後に

> 最後にこんな思いを告白。
>「もしも今、ひとつだけ奈須になにかお願いできるとしたら、未完の小説
>『魔法使いの夜』を書いてほしい。昔のことばっかり言うって
>思われそうだけど、いつか書いてくれると信じています」

という言葉が。

これはもう本当に期待しています。

何でも『魔法使いの夜』は3部作らしく、完成しているのは1部のみだという話を
聞いたことはありますが、いつの日か出版されることを楽しみにしています。





・映画はお祭り騒ぎです

劇場版・空の境界について。

> 7回劇場に足を運んでもらうための仕掛け作りもいろいろなアイディアが
>でているらしい。果たしてどんなお祭り騒ぎになるのだろうか。

以前から雑誌のインタビューなどで示唆されている企画。楽しみです。


また、ufotable代表の近藤光さん、アニプレックスプロデューサーの
岩上敦宏さんのインタビューもありました。

インタビューの中で近藤さんは

> 心がけているのは、我を出さないこと。
>「きっと、この作品ってものすごく高い技術が必要だけど、クリエイター根性
>丸出しの映像は絶対に作っちゃいけない。あくまでもファンのために、
>なにより奈須さん、武内さんのために作りたい。もともと彼らは
>『空の境界』で商売しようとしたわけではないし。同人とか商業とか
>関係ないところで大きく支持されている。すごく夢がある話だと思うんです。
> だからこそ彼らを見守ってきた仲間が劇場というひとつの空間で一緒に
>楽しめる、そんな映画を作ります。

とのコメントがありました。

読んでいて安心でき、また映画への期待も増しました。
岩上さんも同じスタンスと思われるコメントをされています。

また岩上さんのプロフィールの中に

>「最初に『月姫』をアニメにすることができなかった」という
>積年の悔やみがある。

との一文が。

……いや、本当に。





・今だから明かせる 創作苦労話

『DDD』執筆、それ以降の流れ、今後の予定など。

>『DDD』は全3巻予定(2巻以降は書き下ろし)で、
>年内には完結させたいですね。

との奈須さんコメントが。全3巻のようです。
誌面では2巻は夏予定とのことですが、講談社BOXによると7月予定とか。

また完結後はTYPE-MOONとしての新作にかかりたいとのこと。


最後に、インタビューのラストの一文を。

> 密かにこんな思いを抱く。
>「だんだんとステージアップして、いつかTYPE-MOONがぼくの名前を
>必要としなくなったら、そのときは書きたいだけ自由に小説を
>書こうと思います。でも、それまでは両方大事にしていきたい。
> ぼくらの歩んできた道はとてもラッキーな道だと思っているので、
>ないがしろにしたくないんです。でも、ぼくにとって最大のラッキーは
>武内崇と出会えたことです」  
Posted by humanity6 at 22:21Comments(1269) その他雑誌 | インタビュー&コメント

まんたんウェブ 更新

開発陣に質問状:「フェイト/ステイナイト」
「最大のセールスポイントは『物語』」



原画家ではなく、TYPE-MOONのプロデューサーとして竹内さんが
質問に回答されている模様。

コメント自体はほぼ既出の内容です。  
Posted by humanity6 at 01:45Comments(2)TrackBack(0) その他web | インタビュー&コメント