June 22, 2007

キャラ☆メル Vol.1

キャラ☆メル Vol.1

charalMel1_1












表紙と付録の手乗りポップです。




かねてからの告知通り、「藤島康介・奈須きのこ・武内崇鼎談」が10ページ、
「TYPE-MOON/奈須きのこの世界」が10ページ掲載されていました。



まずは、「藤島康介・奈須きのこ・武内崇鼎談」について。

10ページという長丁場のインタビューですが、内容は今まであったインタビューと
かぶっている部分が多いです。

とりあえず、新規ネタを中心に簡単なまとめを。




第1部 魔術回路的ゲーム創作術


・『Fate』―ドキドキさせるゲーム性

藤島さんのFateをプレイした感想。
ビジュアルノベルのゲーム性についてなど。


・『Fate』のルーツ

高校のときのお話から、空の境界、月姫、Fate制作への流れ。


・武内キャラクターの魅力

特に表情について。

武内さんのラフから奈須さんがキャラの性格の修正やシーン追加を行うことも
多いとのこと。藤ねえとか。


・キャラクターに感情移入できる理由

キャラクターが立っているから、など。藤島さんは藤ねえが好きとのこと。

なお、藤ねえについて

>奈 もともとヒロイン候補だったんですけど信じられないですよね。

とか。

また

>武 藤ねえのいない『Fate』が『Fate/ZERO』なのかもしれないですね。

という武内さんのコメントを読んで、なるほどと思いました。


・ゲーム制作習作時代

世界観の設定やTRPGについて。
奈須さんがTRPGのマスターをやっていたというのは有名なお話ですが、

>奈
>(中略)
>当時は一回のシナリオに原稿用紙100〜200枚くらい書きました。
>一週間月曜日から毎夜三時間書いていてアップは土曜日ぎりぎり夜半ですよ。

高校時代にこれを毎週こなしていたとのこと。
その熱量に驚きました。



・制約の中で考え抜くゲーム演出

武内さんの漫画の話、月姫の恋愛1ヶ月理論、Fateの演出などについて。




第2部 キャラクターここだけの話

・セイバー

セイバーについて。
武内さんのセイバー好きはお変わり無いようで。

>奈 この男、本当にセイバーが好きで(笑)。
>小説の『Fate/ZERO』はFate本編と乖離している部分があって、
>「……むう。『ZERO』は面白いけど、『Fate』としてこれでいいの?」
>と彼に確認したら、「セイバーが出ているだけで十分だよ!」って。
>おいおい!


・遠坂凛

凛について。


・アーチャー

アーチャーについて。


・ライダー

ライダーについて。
旧Fateでライダーが男だったのは知られていましたが、もう少し突っ込んだ話が。

>武 元のライダーはどこにも見られないですよね。

>奈 消えましたね。元々はマスターが死んでいるっていう設定でした。

>武 元々はマスターが女の子で、病気で死ぬというありがちな話だったんです。
>その娘の最後の願いが、ライダーに勝ち抜いてほしいという…

>奈 やめて恥ずかしい! それ以上言ったら殺す(笑)!


英霊テセウスと病弱少女。見てみたいです。


・イリヤスフィール

>―藤島さん、イリヤはいかがですか?

>藤 イリヤですか、恐ろしい子。

そんな感じです。


・間桐桜

藤島さんが桜ルートにはまで入っていないそうで話らしい話は無しでした。


・衛宮士郎

士郎について。
「自分をかわいそうということを自覚していない人間が一番かわいそうなんだよ」
とか。
月姫でもありましたよね。


・ランサー

ランサーについて。

奈須さんから、「ボディスーツっぽいSFチックな服装」、「敏捷性を
出してほしい」というリクエストがあり、武内さんがイメージしたのは
『バンパイヤハンターD』のような線が細くて引き締まった感じ、とか。


・藤村大河(藤ねえ)

>武 美少女ゲームですから藤ねえのサービスシーンがあってもいいんじゃないか
>という意見もあったんですけど、何よりも描く俺が恥ずかしいので没になりました。
>藤ねえはスタッフ皆のおねえちゃんですから。

この差配があっての今のキャラ人気のように思えます。
タイガーころしあむも楽しみです。


・キャスター

キャスターについて。
モデルはTRPG時代の「口元しか見えないすごい美人」という設定のキャラとのこと。


・タイプムーンの未来

ZEROとか。新作などについての言及はありませんでした。

>藤 みんなに驚いてもらいたいですからね。
>それが我々の仕事ですからお互い今後もがんばりましょう。
>私はタイプムーンさんとは一緒に仕事をしたいくらいに思っていますからね。
>本当ですよ。

実現したらそれはもう凄いことになりそうです。




またインタビューの誌面の途中には、藤島さん描き下ろしの凛と
武内さん描き下ろしのメル(雑誌のマスコットキャラ)のイラストが
掲載されていました。


charalMel1_2















続いて、「TYPE-MOON/奈須きのこの世界」です。


が、新規情報は特に無し。

主要作品関連要素相関図、空の境界のまとめ、月姫のまとめ、
Fateのまとめ、その他の作品についてなどのページがありましたが
奈須さんのコメントなどは無し。

読んだ感じ、TYPE-MOON作品を知悉している方が記事を担当されたようで
TYPE-MOON作品初心者にとっては良いガイドになると思います。

また、スピンアウトものについて武梨えりさんのコメントも
掲載されていました。




記事についてはこの辺で。


なお、プレゼントということで武内さん&奈須さんのサイン色紙が1名に。

charalMel1_3













さらに表紙の藤島さんによるセイバーのイラストのテレカを100名に
プレゼントとのこと。

締め切りは8月31日消印有効です。

Posted by humanity6 at 18:19│TrackBack(0) その他雑誌 | インタビュー&コメント

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/humanity6/50737945
この記事へのコメント
おつかれさまです。

とゆーことは「Fate/Zero」にはヤング大河の登場は無しで確定でしょうか。2巻冒頭までに出なかったので覚悟はしていましたが、正直残念ですね。
Posted by まる at June 22, 2007 22:51
やっぱりあの作中の空気には馴染まないキャラですからでしょうか。

しかし、タイガーころしあむでははっちゃけまくってますね。
PVでも、それにしてもこの虎、ノリノリであるって感じでした。
Posted by Humanity at June 23, 2007 00:37