December 21, 2010

TYPE-MOONエース VOL.6

今回も1冊ぎっしりTYPE-MOONな雑誌でした。

が、それだけに全部ピックアップしきれるものでもないので新規情報を中心に
纏めてみます。




まずは、「Fate/Zero」アニメ化について。

すでに公式サイトが出来ていますが、


101222_0033~01


>アニメ化企画進行中

とありました。



キャストはドラマCDのままで、制作会社はufotable。
監督が劇場版「空の境界」1章でも監督をされた、あおきえいさんということで
個人的に非常に期待しております。

キャラクターデザインは須藤友徳さんと碇谷敦さん。
須藤さんはあのエピソードを聞いていたので、Zeroアニメ化とくればもう
この方しかいないんじゃ、と思っていました。



製作会社については、プロデューサーとしてアニプレックスの岩上さん
(劇場版「空の境界」のプロデューサーもされています)のインタビュー記事が
掲載されていましたので、アニプレックスかと思われます。



アニメ化の媒体については記述が無く、またいつ公開されるのかも
言及されていませんでした。



その他、虚淵さんへのインタビューでは


>――アニメの尺の都合などで、泣く泣く削ってしまった部分などはあるのでしょうか?

>虚淵:映像化に際しては余計な部分は削ぎ落としましたが、拾い残したエピソードは
>ありません。むしろ膨らませるべき部分はさらに膨らませ、新エピソードの追加まで
>しています。長編小説が原作のアニメは、尺に合わせて断腸の思いでエピソードを削り、
>ファンから「あのシーンは削られたのか……」と嘆かれることがよくあります。
>でも、「Fate/Zero」の場合はさらに充実した内容になるので、ファンの方々にも
>納得していただけるはずですよ。


とのことなので、構成についても期待しております。

ちなみに追加シーンのひとつが幼少時の凛の新エピソードとか。


虚淵さんへのインタビューは6ページ、岩上さんへのインタビューも2ページありました。



ちなみに、次号のNewtypeの表紙はこんな感じとか。

101221_2358~01




またZeroについては、12月29日発売のヤングエース2月号より、真じろうさんによる
コミカライズもスタートするとのことです。

101221_2356~01



このTYPE-MOONエースvol.6でもコミックのプレ公開がされています。





続いて「ガールズワーク」について。

066cf683.jpg


101222_0000~01


こちらもアニメ企画進行中ということで、キャラクター原案は武梨えりさん、
脚本は星空めておさん、アニメーション制作はufotableです。

製作会社はこちらも岩上プロデューサーのコメントがあり、
アニプレックスだと思われます。

媒体、時期については言及されていませんでした。



当初、ビジュアルノベルとして発表されていた本作ですが、そのあたり
どうなったのかというと、


>――そうして進んでいった企画が、当初発表されたゲーム形式ではなく
>アニメとして発表されるということが今回明らかになりました。
>そこにはどのような経緯があったのでしょうか。

>武内:企画を詰めていくうちに、この作品はアニメーションの方が向いている
>のではないかと考え始めたんです。それはもちろん、アニメを簡単なものと
>考えていたわけではなくて――むしろ、ものすごくハードルの高い企画だと思います
>――、作品がもっている魅力を100%引き出そうとしたときに浮かぶ形態が
>アニメーションだったんです。そのときの選択肢として、TYPE-MOONが社内でアニメの
>ようなゲームを作るか、それとも媒体をアニメにするか、という二択があったのですが、
>本当に作品に対して正面から向き合うのであれば、アニメーションとして作るのが
>理想なのではないかと考えるようになったんです。


ということで、「ゲームと同時進行でアニメ化が進んでいる」という話ではなく
「ガールズワーク=アニメ作品」ということのようです。

記事は星空めておさんと武内さんの対談のほか、ガールズワークで登場するキャラ
遊日部しるべ、 暗闇坂じぜる、宮本ありその3人について、ビジュアルと簡単な
設定などが掲載されていました。





続いて「カーニバル・ファンタズム」について。

こちらは2011年夏にOVAでリリースという他、とくに新規情報はありませんでしたが
声優さんについて少し情報が。


101222_0017~01_Ed


基本的にFate勢はアニメ版Fate、月姫勢はメルブラ準拠の声優さんを起用していますが
今回初めて声が当たる、セブンの声優さんは戸松遥さんとのこと。

登場キャラについては

>――武内さんや奈須さんは「CP」の制作にどういった形で関わっておられるので
>しょうか?

>武内:奈須はシナリオの監修や一部のネタ出しにも協力していますし、僕は主に
>キャラデザインの監修をしています。TYPE-MOONキャラほぼ総出演なので、チェック
>するキャラ数だけでもかなりの数で……。なにしろセブンやパンダ師匠といった、
>TYPE-MOONファンのなかでもコアな層しか知らないキャラまで出てきますからね。

ということで、かなり登場キャラ数は多いようです。




そして「魔法使いの夜」については、発売日の発表を期待していたのですが

101222_0018~01_Ed


「今冬予定」のまま変化はありませんでした。

記事としては、「魔法使いの夜 Art Gallery」ということでイラストの紹介に加えて
こやまさんのコメントが掲載されていました。




「Fate/EXTRA」の新規情報として、2011年春よりろび〜なさんによるEXTRAの
コミカライズがスタート、と2011年2月25日に角川書店より
「Fate/EXTRA ビジュアルファンブック」という冊子が発売されるようです。



その他記事も、劇場版「空の境界」誌上オーディオコメンタリーや、EXTRAについての
奈須さんへのインタビュー、恒例のコミックコーナー、コラムコーナーなど
ボリューム満点の内容になっています。


個人的にオススメは『劇場版「空の境界」誌上オーディオコメンタリー』
奈須さんと武内さんが1章についてオーディオコメンタリーをつけているのですが
ノリがDVDのブックレットの一問一答で非常に楽しめました。





付録として、奈須さんが脚本を書かれた「Fate/EXTRA」劇場というドラマCDが
ついていますがこちらはまだ聴けていません。

Posted by humanity6 at 18:09│Comments(4)TrackBack(1)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/humanity6/51635152
この記事へのトラックバック
2008年4月に発表した『魔法使いの夜』『Girls'Work(ガールズワーク)』『月姫(リメイク)』の内の1作『Girls'Work(ガールズワーク)』のアニメ化企画が進行中であることが分かった。 シナリオは星空めておさん。キャラクター原案は『かんなぎ』の漫画家であるい武梨えりさん。...
TYPE-MOON『Girls'Work ガールズワーク』アニメ化企画進行中【テンプルナイツ 宮殿騎士団】at December 21, 2010 19:39
この記事へのコメント
zeroがアニメ化らしいね
凄く楽しみだ
ガールズワークもufoなら期待が持てそう

しかし、まほよはいつ出るんだ
きのこ成分がエクストラで補充された分生殺しに近いw
Posted by a at December 21, 2010 23:19
うおおおおお
なんたる怒涛の攻勢、楽しみっす!
Posted by tatari at December 22, 2010 01:05
ガールワ、アニメ化なんですね……。
個人的に背景ビジュアルに一目惚れしてたので是非ともPCでじっくりと見たかったですな。
Posted by にゃんた at December 22, 2010 10:55
3
Verseau horoscope du jour mon avenir tarot
runes
Posted by voyance gratuite en ligne at February 24, 2014 08:56

コメントする

名前
URL
 
  絵文字