December 29, 2012

「Fate/Apocrypha」1巻

まずはネタバレ無しの感想を。



おもしろかったです(小学生並みの感想)



で、まずは一読して自分なりにどこが一番良かったのか考えてみたんですが、
「とにかくキャラが魅力的」ということに落ち着きました。

1巻でこんなに多くの登場人物が要るのに、男女問わずキャラが立ちすぎ!
出てくる女性キャラは全員可愛いし、男性キャラもひと癖もふた癖もありそうな。
赤のバーサーカーとかマジにスピンアウトでギャグ漫画とか読んでみたいですw


次巻は夏になるようですが、この聖杯大戦という舞台でたくさんの魅力的なキャラクターが
どういう風に物語を紡いでいくのか非常に楽しみです。







では、以下よりネタバレありの感想です。













  続きを読む

Posted by humanity6 at 22:08Comments(886)

December 15, 2012

ファイヤーガール TYPE-MOONエース Edition

感想の前にこの作品の読み方についてアドバイスを。







作者の星空めておさんのツイートの通り、TYPE-MOONエース付録のこのver.は
物語の途中からの収録のため、序盤にあるべき説明などはすっ飛ばされています。

「ファイヤーガール本編を買おうかどうか迷っているので、このプレ版で雰囲気を掴みたい」
という方にとってはとても良いのですが、私のように既に本編購入が確定していて
その上、お話は最初から順に読んでいきたい主義の方はスルーするのも手かと思います。

結局「先に読むも読まぬもお好み次第でどうぞ」ということですね。




あと、「魔法使い」などという単語が出てきていますし、気になっている方が多いと思うのが、
この作品が「月姫・Fate世界」と関連があるのかどうかというところだと思います。

これから話が進むにしたがって「実はこんなところでリンクしてた」という可能性があることは
誰にも否定できないと思いますが、このプレ版では世界観や設定などのリンクを
感じさせる要素は全くありませんでした。
個人的には、完全に独立した物語と考えて差し支えないと判断しています。


ちなみにこのファイヤーガール、全3話6巻構成(上下巻×3)という予定とのこと。
冬コミで販売される上下巻は1話にあたるようです。










では続いてネタバレありで少し感想を。


















  続きを読む
Posted by humanity6 at 10:14Comments(7026)

December 14, 2012

「Fate/hollow ataraxia」コミカライズ決定!

TYPE-MOONエースVOL.8にて告知漫画が掲載されていたというのに
「Fate/Zero黒」の宣伝漫画と勘違いして見逃しておりました。すみません。

121214_2332~01


作者は「Fate/Zero黒」を書かれている雌鳥さん。


121214_2334~01



2013年春、月刊少年エースにて連載開始とのことです。

  
Posted by humanity6 at 23:41Comments(2010)

Fate/Apocrypha TYPE-MOONエース Edition

まずは情報系のネタなど。

「Fate/Apocrypha」は1巻がコミックマーケット83にて販売されますが
今のところ全4巻構成で、2巻は2013年の夏に発売予定とのことです。


そしてネタバレ無しの抽象的な感想ですが、間違いなく面白く、
そしてFateシリーズが好きな人ほどハマるんじゃないのかなー、と。
端々に出てくる単語や人物に脳を刺激されて止まりません。

あと、Zeroから入った勢にも是非お勧めしたいところです。
いきなり1巻を買うのを躊躇してる方は、このTYPE-MOONエース付録の
プレ版だけでも読んで戴きたいと思いました。






以下、ネタバレありの感想のような紹介のようなよく分からない文章です。






















  続きを読む
Posted by humanity6 at 03:21Comments(1403)

August 07, 2012

Fate/Prototype Tribute Phantasm

Fate/Prototype Tribute Phantasm


というわけで、「Fate/Prototype Tribute Phantasm」のレビューです。


まず、自分を含め、皆さんが一番気になっているであろう今後の展開について。
奈須さんと武内さんのインタビュー記事のなかで、



>――一度きりということですが、今後の展開の可能性についてファンの期待が
>高まっていますね。

>奈須 今、頭のなかが豆腐になりました。まっしろ(笑)。

>武内 やはり、今後の展開は無いと思います。少なくとも今は、他にやることが
>山ほどあるので。個人的にはチャンスがあったら……とは思います。
>それで、今回はトリビュートという形でお楽しみいただければと思います。


と言及されており、残念ながらさらなる展開は厳しいようです。




では気を取り直して、ページ数は約160ページほどで、内容は

・イントロダクション
・マスター&サーヴァント設定
・令呪設定
・奈須きのこ&武内崇インタビュー
・イラスト
・コミック

となっています。


イラストは

・広江礼威さん
・雌鳥さん
・すみ兵さん
・近衛乙嗣さん


コミックは

・逃さん 「何でもない日、夏祭り」
・はずみなりゆきさん 「やさしい?綾香さん」
・一色さん 「矜持と吠える」
・たぽさん 「ヘッドハンター美沙夜」
・波野涼さん 「星空の英雄」
・またさん 「ペルセウスのおいしいごはん」
・たけのこ星人さん 「恋する乙女」
・居城スイカさん 「present」
・磨伸映一郎さん 「夢の続きは夢」

ラストにイラスト&コミックの作者のみなさんの一言コメントが掲載されていました。





まず「マスター&サーヴァント設定」ですが、基本的にはプロトマテリアルに
掲載されていた内容ですが、ちょいちょい初耳なお話もあったり。

玲瓏館美沙夜さんの呪いについて、

>「マスターになって聖杯を手に入れないと死ぬ」という呪いを父親にかけられているが、
>実はその呪いは愛歌がかけたもの。

とか。あとライダーのマスターに呪いをかけたのも愛歌とか。愛歌ェ……。



あと、プロトマテリアルが手元にないのでちょっと怪しいのですが

120807_1723~01



この辺のライダーさんの鎧姿とか初出な気が。



「令呪設定」はその名の通り、令呪について。

位置についてラフイラストもあったりして

たとえば綾香は胸元で

120807_1635~01



美沙夜さんは頸部とか。

120807_1635~02





奈須さんと武内さんのインタビューでは、プロトまわりについて8ページみっちりと
語られています。

個人的に気になったのが

>――「Fate」というタイトルは、原作執筆当時からのものなのでしょうか?

>奈須 本当は後ろに「stay night」ではない、恥ずかしい単語がつくんですけど、
>「Fate」の文字は一番はじめからありました。

>武内 最初のタイトルを復活させたいんだけどね。
>今だったら逆にかっこいいかなって。

>奈須 やだ恥ずかしい!

この辺りとか。



あと、プロトセイバーのエクスカリバーは2つの封印が施されていて、一つは
おなじみの風王結界。もうひとつが例の「円卓拘束」なのですが

・この戦いが誉れ高き戦いであること
・敵が自分より強大であること

などの13の条件が半分以上クリアされると可決されて拘束が解けるとか。
残りの条件も気になるところです。


もろもろ含めて読み応えのあるインタビューでした。



イラストですが、広江さんのセイバー&綾香の見開きでドーンと出てきて
マジかっこいいです。これぞ王道、といった感じのイラスト。

雌鳥さんはランサー&美沙夜さん、すみ兵さんはライダー、
近衛さんは愛歌のイラストでした。



コミックの方ですが、個人的に一番気に入ったのが、たけのこ星人さんの「恋する乙女」

120807_1637~01_Ed

120807_1638~01


このノリの綾香さんが大好きですw


コミックのトリは磨伸さんの「夢の続きは夢」ですが、こちらに登場する綾香は
「氷室の天地」仕様ではなく、きちんとプロト仕様の綾香です。
アーネンエルベが舞台の話なのですが、ひびちかとかまほよ橙子さんも出てきたり。
あと安定のアームロック。
そして真のオチは巻末の作者コメントではないのかと思っています。



全体的にみると、CP3巻のプロトアニメ本編とプロトマテリアルを見ないでもこれ1冊でOKとまで
言える本ではありませんが、本編を見た後に補完として見る分には充分楽しめました。

今後の展開が望み薄なのがやはりちょっぴり残念なところです。


  
Posted by humanity6 at 17:56Comments(204)

March 26, 2012

Fate/Zero アニメビジュアルガイド I

というわけでいつものレビューです。


細かい解説に行く前に全体的な感想を書きますと、
2000円というお値段ながらZeroファンには充分元が取れる内容だと思います。

Zeroから入って、まだstay nightなどをプレイされていない方や
アニメのみで原作小説は読んでいないような新規のファンに
特にオススメできると思います。




というわけで、以下軽い解説など。


最初は各キャラの紹介ページで

120326_2104~01


こんな風に設定画なども掲載されています。
そして各キャラの声優さんのコメント(担当キャラの印象や魅力、1st seasonの見どころや
印象に残ったシーン)も掲載されていました。


続いて、13話までのストーリーガイドなのですが、このパートの掘り下げっぷりが
かなりのものでした。


欄外の「Explanatory Notes」というコーナーでは

120326_2149~01


このようにstay nightの設定も絡めて、ストーリーの解説があったり、

「key word」というコーナーでも

120326_2150~01


このように重箱の隅まで網羅するようなネタが。

切嗣VSケイネスの、
キャレコ掃射→コンテンダー(通常弾)→キャレコ掃射→コンテンダー(起源弾)
の戦略など、アニメのみの方にはちょっと分かりづらく感じる部分も
丁寧に解説されていました。


また、各話ごとにあおき監督のコメントも掲載されており、例えば1話の脚本は
元々3パターンあった、など色んな裏話を知ることが出来て興味深かったです。



その後、版権イラストのまとめなどの記事の後に
関係者による誌上コメンタリーが掲載されていました。

1話から6話は虚淵さん、鋼屋ジンさん、東出祐一郎さん
7話から13話までは奈須さん、三田誠さん、成田良悟さん、鋼屋ジンさん、東出祐一郎さん
という豪華メンバーです。

内容の方も「スタイリッシュアサシン」や「レベルを上げて物理で殴れ」などの単語が
飛び交う、ざっくばらんな感じのコメンタリーでした。

そんな中でも、「王の軍勢の中には征服王本人よりも強い英霊がちらほらいる」
「でも征服王の能力に限界があるので宝具までは具現化できない」など
小ネタもでてきたりで、楽しんで読めました。

コメンタリの後は、虚淵さんとあおき監督、キャラデの須藤さんと碇谷さん、
ufotableの近藤さんとアニプレの岩上Pのインタビューが掲載されています。


続いて「副読資料編」ということで

120326_2155~01


このように各英霊の伝承などのまとめのページがあったり、


120326_2156~01


用語集もあったりと、かなり充実した内容になっています。


個人的にはとても満足できる内容になっていまして、2nd season後に発売されるであろう
「2」もこのクオリティでお願いしたいと思いました。  続きを読む
Posted by humanity6 at 22:34Comments(79)

February 24, 2012

Carnival Phantasm オフィシャルガイドブック

CPオフィシャルガイドブックのレビューです。

アニメ作品のオフィシャルガイドブックということで、版権絵、キャラ紹介、各話解説、
関係者インタビューと鉄板の内容はしっかり押さえつつ、ガチファンが気になっていた
細かいポイントも網羅されていて、かゆい所に手が届く内容になっていました。



例えば、ストーリーガイドにて


120224_2124~01

1st season 4話「魔法使いはメカが嫌い」で衛宮邸の居間に置かれていた新聞の
内容が掲載されていたり、


120224_2125~01

3rd season 12話「ドキドキデート大作戦 解答編」で志貴が持っていた映画のチケットの
設定が掲載されていたりと、「そうそうその辺気になっていたんだよね」というポイントや
「そんなに細かい所まで設定されてたの?」というポイントが詳細に解説されていました。

個人的には1話のチキチキ聖杯戦争のカルタの絵柄にバルトメロイさんが登場してたのに
初めて気がつきました。


キャラ紹介の項もかなり詳しく解説されており、メインキャラ以外にも聖杯くんやきのこ怪人、
「SEIHAI GRANDPRIX」に出てきたマシンのイラストなども掲載されていました。

また各キャラにキャラクターデザインの森田さんと廣瀬さんのコメントもそれぞれ
つけられています。
凛の作画については、武内さんから「絶対領域の部分で、ストッキングが太ももに
食い込む表現はしないように」という指示があった、という小ネタなども。

あとセラの裸の設定画を載せていただいてありがとうございます。ありがとうございます。



その他、武内さんが作画監督をされたエンディングのイラストを一望できるページがあったのと、
ワイプイラストをまとめたページがあったのが個人的にありがたかったです。

ワイプイラストまとめはコマ送りの手間が省けるというのもありますし、こんな風に

120224_2122~01_Ed


吸血鬼シオンとオシリスの砂のイラストが対称になっているというのも
初めて気づきました。



関係者インタビューは、メインキャスト座談会ということで、士郎役の杉山さん、
セイバー役の川澄さん、アルクェイド役の柚木さん、志貴役の野島さんによる座談会、
武内さん、奈須さん、CPのプロデューサーによる福良さんによる座談会、
「TAKEMOON」原作者の武梨さんへのインタビュー、
CP監督の岸さんと脚本の上江洲さんのインタビュー、
キャラクターデザインの森田さんと廣瀬さんのインタビューと盛りだくさんな内容に
なっています。

いずれも舞台裏を垣間見ることができる内容で非常に読み応えがありました。

メインキャストに皆さんの座談会ですが、皆さん担当のキャラを演じられて長いので
読んでいて安心感がありました。

また、キャストの皆さんによる「ドキドキデート大作戦 解答編」鑑賞会にて、杉山さんが

>杉山 お蔵入りになった「メインヒロインとのデート」も面白かった。
>そっちの方でも桜の怖さは健在だから(笑)。

とコメントされてたり。
こちらの方もいつの日が見てみたいものです。


上江洲さんもインタビュー記事にて

>上江洲 『CP』は全3巻となっていますが、もし多くの要望が集まれば続きが
>作られる可能性は十分にあります。

とコメントされていましたし、続編にも期待したいところです。



というわけで、全体的にとても丁寧に作られたガイドブックという印象で
CPファンにはかなり嬉しい内容になっていると思います。

ただ、1点だけ残念だったのが「Fate/Prototype」の情報が一切載っていなかったことでしょうか。
作品の紹介はおろか、インタビュー系の記事でも名前すら登場しませんでした。

FPT自体はすでにアニメ雑誌などで記事になっていますし、ネタバレ対策として
存在そのものを隠している、というのもちょっと考えにくいですし……。

何か不自然すぎるレベルで触れられていなかったので、FPTはまた別件で何か
本が出てくれたら嬉しいなー、と思っています。
  
Posted by humanity6 at 22:16Comments(438)

February 23, 2012

Fate/complete material Hollow material

というわけでホロマテのレビューです。

始めに書いておきますと、Extra material.のApocryphaのような大きい隠し球は
ありませんでした。


作りとしては1冊丸ごとhollow仕様といった感じで、hollowでのイベントCG、新規立ち絵、
背景CG、ラフ画、ゲストイラスト、版権イラスト、果ては花札のイラストまで余すところ無く収録されています。

ちなみに事前の情報どおり、HシーンのCGは掲載されていませんでした。
ライダーのお風呂イベントCGはありました。よかった。

また、メインのシナリオのストーリーのダイジェスト的なものが結構紙幅をとって
収録されていまして、これを読めばhollowの大体の話の流れが把握できるようになっています。
ソフトの方を購入できない年齢の方には嬉しい仕様ですね。



収録されているイラスト類は大体見たことがあるんですが、一部初登場のものも
あると思い……ます。多分。
昔過ぎて覚えてないのもありそうですが、とりあえずアルゴンコインのビジュアルは
この本が初登場ではないでしょうか?



120223_1700~01


そして一部の皆様待望のアンリの肌の模様のテクスチャ(右上)とか。
アンリの背面のイラストはありませんでしたが、これがあるとアンリのイラストを
描くときは随分参考になるような気が。



そして各キャラごとと、巻末に2ページまとめて武内さんと奈須さんのコメントが
掲載されていたのですが、またちょいちょい爆弾的なものが落ちてました!


カレンとバゼットが元々「月姫2」で登場が予定されていたキャラというのは
すでに明らかになっていた設定ですが、カレンのその後については

>『hollow』後はその終生まで暗黒の聖者を追いかけ続け、最期の悪魔祓いが成った時、
>望みが叶ったとかなんとか。

とコメントされてたり。
「月姫2」の際の話なのか、さらにその後の話なのかは不明ですがそういう顛末のようです。


さらにさらにバゼットについて

>元々『月姫2』用のキャラでしたが、『hollow』に投入しました。
>『月姫2』では鮮烈な登場シーンを予定していますので、もう気長に待っちゃってください。


とか!
予想外の方向から予想外の情報が。
近年『月姫2』について公式サイドから言及されたのはこれが初めてではないでしょうか?

もちろん月姫リメイク後の話だとは思いますが、待っていればいつかプレイできる?んでしょうか?


僕は、バルトメロイちゃん!(ぴょん




他にもhollowではキャスターのストーキング話、イモキング、セイバーのサッカー話などは
星空めておさんがライティングを担当されたとか、葛木宗一郎と静希草十郎の関係とか
久々に名前を聞いた高田君などなど、細かいネタがたくさんありました。




このマテリアルシリーズはこれで打ち止めとのことで少し残念ですが、最後を締めくくるに
相応しい良い本になっていると思います。

  
Posted by humanity6 at 17:37Comments(61)

November 24, 2011

TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版

TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版



というわけで、TAKEMOON特別版のレビューです……と言いたいところなのですが、
コミックの方は巻末のあとがき以外は、以前のTAKEMOONに掲載されていたものと
同様ですので、以降は主に付録の「カーニバル・ファンタズム EX Season」についてです。



CPEXについてネタバレなしの感想ですが、CP1st、CP2ndを面白いと思った方は
もう間違いなく楽しめると思います。

1st、2ndでは出番やセリフの無かったキャラが初めてしゃべっているシーンが
結構ありますので、各キャラのファンの方は特に要チェックですね。



では以下より、CPEXのネタバレありです。









  続きを読む
Posted by humanity6 at 21:08Comments(89)

September 25, 2011

Fate/Zero starter guide

2011/09/25 19:25:43
スターターガイドとかいう小冊子貰いました
http://t.co/68L9Qbsv



というわけで、Fate/Zeroの試写会で貰った小冊子について。

特に新規の情報はありませんでした。一点を除いて。


110925_2219~01



>虚淵玄
>脚本


というわけで脚本に虚淵さんのお名前があったということで、巷では盛り上がっているようですが
別のソースもあったり。


コンプティーク2011-09」より

110925_2218~01




>――なるほど。虚淵さんはシナリオ会議に参加されているんですよね。

>あおき:そうです時間が許す限り参加していただいて、意見を直接
>いただいている感じです。といっても、虚淵さんが直接脚本を書かれている
>わけではないので、シナリオの率直なご感想を聞いたり、アイデア出しに
>参加していただいたりですね。
>あとは設定を質問させてもらったりしています。
>「Fate」の世界観は複雑なので、疑問点は素直に原作者の方に
>聞いたほうがいいかな、と。



というわけで、こちらではあおき監督がはっきりと

「虚淵さんが直接脚本を書かれているわけではない」

とおっしゃっています。


どっちが正しいか、という話になってくると思うのですがあおき監督がインタビューで
はっきり言われているところを見ると……。


またどこかではっきりと言及される場面があると思います。






<追記> 25日 22:45

とか何とか言ってる隙に公式サイトで訂正がきました。

2011.09.25「Fate/Zero」STARTER GUIDE 誤植に関するお詫び


先程無事に終了致しました 『星海社×角川書店「Fate/Zero 第1話 連合試写会」』 にてお配りさせて頂いた

販促用小冊子『STARTER GUIDE』にて、誤植がございました。



誤) 虚淵玄(脚本)

正) 虚淵玄(原作)



誤) 言峰綺礼(CV:関智一)

正) 言峰綺礼(CV:中田譲治)



関係各位にご迷惑お掛けし大変申し訳ありません。


ということのようです。  
Posted by humanity6 at 22:35Comments(25)TrackBack(0)

September 22, 2011

星海社文庫「未来福音」&星海社COMICS「空の境界」1巻 発売予定

以前告知のあった、星海社文庫「未来福音」と星海社COMICS「空の境界」1巻の
発売日が掲載されていました。



miraifukuin


BOOK倶楽部 書籍発売予定表

>書  名 空の境界 未来福音 the Garden of sinners recalled out summer
>著者名 奈須きのこ:著/武内崇:絵
>定価(税込) 未定
>発売日 11/10





rakkyocomic


BOOK倶楽部 コミックス発売予定表

>作品名 空の境界 the Garden of sinners(1)
>著者名 天空すふぃあ:漫画/奈須きのこ:原作
>定価(税込) 630
>発売日 11/10




当然BUYで。  
Posted by humanity6 at 19:14Comments(291)

September 17, 2011

「Fate/world guide」&コミック版「Fate/EXTRA」1巻

レビュー記事ですが、同日に入手できたので横着して2つを1つにまとめました。










以下より、いきなりネタバレありです。
















  続きを読む
Posted by humanity6 at 21:46Comments(148)

September 15, 2011

「未来福音」文庫化決定

2011/09/15 20:15:18
星海社は『空の境界』フェアを11月に開催いたします。あの『空の境界』の未来を奈須きのこ自らが描いた傑作小説『未来福音』を星海社文庫化!&本日一周年を迎えた星海社ウェブサイト『最前線』にて天空すふぃあが好評連載中の漫画版『空の境界』を新レーベル星海社COMICSより刊行決定!



2011/09/15 20:22:37
星海社文庫版『未来福音』(著/奈須きのこ)のカバーイラストは、御大・武内崇が描き下ろしたヒロイン・両儀式。この式、僕が今までに目にした式のなかで最もすばらしい式です。熱いぜ武内さん!!




というわけで11月に星海社文庫より「未来福音」が出版されるとのこと。
またコミック版「空の境界」も11月発売とのことです。


みなぎってきたー!!  
Posted by humanity6 at 20:39Comments(190)

June 23, 2011

Fate/complete material IV Extra material.

「Fate/complete material IV Extra material.」特設ページ



まずはネタバレ無しで収録内容の解説など。


> 『Fate/complete material』シリーズ第4弾は、『Fate/unlimited codes』、『Fate/tiger colosseum』、
>『Fate/tiger colosseum UPPER』、『Fate/EXTRA』、『Fate/Zero』など『Fate』世界を彩る
>スピンオフ作のビジュアルを一挙収録!


ということで、基本的にはFate本編以外の作品のイラストなどが中心に収録されています。
(「Fate/hollow ataraxia」関係のイラストは含まれていません)


そしてその一環として隠し玉の「Fate/Apocrypha」(フェイト/アポクリファ)が!


110623_1314~01_Ed




これはFateのオンラインゲームとして開発されて“いた”タイトルで、現在企画は
頓座しているとのこと。

詳しい内容については下の方のネタバレ部分でレポートしています。





さらに、

>そのほか初版特典として、TYPE-MOONが自社通販特典として作成してきた
>小冊子『アレ本』全3冊のすべてと、さらに新規描き下ろしを追加した
>『アレ本-Fate/side side materialecomplete-』付き!!

ということで特典小冊子がついてきています。



こちらの新規描き下ろし部分についてですが、星空めておさんによる凛を主人公とした
ショートストーリー「某月某日。幸せな空の上で。」、「茸堂の復活/リバイブ」、
Blackさんによるフルカラーコミック「Fate/saber world」などなど、初版特典にしておくには
勿体無いくらいのコンテンツになっております。





とりあえずさらっと読んでみての感想ですが、「Fate/Apocrypha」やら凛の
ショートストーリーやら予想外の方向からのネタがあって非常に楽しめました。

多分企画がぽしゃった以上Apocryphaの話が出る機会はそうそう無いと思うので
その辺りが気になる方はマストバイかと思われます。

あと当然のことながら買うのであらば初版をおすすめしておきます。



それではネタバレありの感想……の前にコンマテ1の初版についてきたボックスについて。




>武内
>(略)
>実は結構早い段階から、予定のシリーズ3冊を作っても、ボックスに幅が余ることが
>若っていたんだよね。それで『complete material』の4冊目を作ることになったんですが、
>今度はその本が厚くなりすぎて、ボックスの余り部分に入らないとか言い出す始末。
>そこで初心に戻り、ボックスの残りの幅から入る本のページ数を逆算。
>緻密な再計算の結果、ボックスの隙間を埋めるため最適なものとしてこの総集編を
>作ることを思いついたわけさ。どう?

>奈須 どうも こうも ない。



110623_1942~01



というわけでアレ本コンプリートを収納するときっちり収まりました。




それでは以下より改めてネタバレ感想へ。

















  続きを読む
Posted by humanity6 at 19:46Comments(336)

January 24, 2011

「3/16事件」 刊行予定

講談社BOOK倶楽部 文庫・新書発売予定

316



>2011年 3月期

>講談社BOX

>書名 3/16事件

>著者 榎本俊二:著・絵/奈須きのこ:著/プライマリー:装丁

>定価(税込) 未定

>発売日 03/01




「3/16事件」が何かを説明しますと、「AMASIA」に掲載されていたアレで、



>『3/16事件』は、榎本俊二、奈須きのこ両氏による漫画と小説のコラボレーションである。

>両氏はそれぞれ自由な発想のものに、漫画と小説を書き、それを交換して、ノベライズと
>コミカライズをおこなった。


>榎本氏は、オリジナル漫画『MAGNITUNING』を描き、奈須氏の小説の第1稿をもとに、
>漫画『宙の外』を描いた。
>奈須氏は、完全新作小説『宙の外』を書き、榎本氏のネームをもとに、
>小説『MAGNITUNING』を書いた。

>3月16日夜におこなわれた、二人のこの対談は、漫画のネームと小説第1稿を、おたがい
>読んだ段階でおこなわれた。

>対談が、その後の漫画の完成、小説の完成に影響を与えたか否かは不明である。


という風になっております。

「宙の外」は「DDDの外伝」とも言える内容になっていますし、
奈須さんファンは要チェックですね。



参考リンク:「3/16事件」 感想記事  
Posted by humanity6 at 15:49Comments(1661)

November 05, 2010

真月譚月姫10巻 発売予定

comiclist.jp - 最新のコミックリストから発売予定を検索

tsukihime10





>12/18
>アスキー・メディアワークス発行/角川グループパブリッシング発売
>DC 真月譚 月姫 10
>佐々木少年
>598


というわけで、佐々木少年さんによる「真月譚月姫」の最終巻である10巻は
12月18日発売予定とのこと。


他に12月にはTYPE-MOON関係では、
24日に「マジキュー4コマ Fate/EXTRA 2」、
25日に「Fate/stay night 14」が発売されるようです。  
Posted by humanity6 at 14:22Comments(2974)

October 27, 2010

Fate/complete material III World material.

まずは全体的な感想を。
内容に踏み込んだ感想はネタバレ避けのため、一番下に持っていっています。




3冊のシリーズのうち設定オタ的に最も期待していた3冊目ですが、
脳汁が出る新設定あったり、ずっと昔から疑問だった謎に回答がされていたりと
かなり満足できる内容でした。

とりあえず「UBWルートのギルガメッシュ戦でアイアスを展開したのは誰か?」と
「プロローグで遠坂邸の時計を1時間遅らせていたのは誰か?」という無印Fate
発売当初からの疑問には答えが出ています!



ページ数はシリーズで最も多い300ページ超えで、内容をアバウトに分けますと
Fate本編の背景画などが2割強、レアルタヌアの新規CG、立ち絵で6割、
設定系が2割弱といったところでしょうか。



設定系のページは「聖杯戦争」、「サーヴァント」、「魔術」などFateのキーとなる
設定纏められているのですが、図解なども用いて分かりやすくかつ詳細に記述されており
まるで良く出来た参考書を読んでいるような感じでしたw

あとはサンプルページにもあったように「奈須きのこ 一問一答」ページが。
設定関係の質問に奈須さんが逐一答えられており、読み応えのある内容になっています。



全体的な感想はこのあたりで。


ネタバレ有りの感想に行くまえに情報関係のまとめを。



途中に挟まっていたフライヤーによりますと

101027_1258~01



>Fate/comlpete material IV
>Extra material.(仮)

>制作決定!
>2011年春発売予定


とか。



1巻付録のBOXに3冊収録してみたら、

101027_1328~01



こんな状態だったので、まあここにきっちり収まる事になるのかと。

内容については全く不明ですが、個人的にはサブタイにちなんで「Fate/EXTRA」の
新規サーヴァントの設定などを載せてくれたら嬉しいですね。
あまり情報が出ていませんので。


フライヤーを見ると百合の花がバックに描かれていたので、表紙イラストは
セイバー・リリィかも知れません。







話は変わって店舗特典について。
以下の3店舗で買うと、特典として特大ポスターが付いてくるようです。



エビテン
アニメイト
とらのあな





では、以下ネタバレ感想です。










  続きを読む
Posted by humanity6 at 16:05Comments(306)

October 14, 2010

TYPE-MOONエース VOL.6 発売予定

TYPE-MOONエース Vol.6 コンプティーク 2010年12月号増刊<雑誌>
(Getch.com)





>発売予定:2010/11/24




というわけでTMA6の発売が決定したようです。
まほよ発売直前大特集ってところでしょうか。




<追記>15日 21:00

フライングだったのかガセだったのか、はたまた単にページの不具合なのか
不明ですが、現在げっちゅ屋のサイトからTYPE-MOONエースvol.6の
商品ページが参照できなくなっているようです。


下のはスクリーンショットです。

TMA6






<追記>22日 0:50

公式サイトで12月24日発売との告知がありました。  
Posted by humanity6 at 23:31Comments(5)

October 04, 2010

「Fate/complete material III World material.」 特設ページ公開

『Fate/complete material』シリーズ(TECHGIAN)



武内さんの描き下ろし表紙イラストと中身のサンプルがいくつか公開されています。

表紙はやはり桜&ライダーでした。


サンプルページですが、「一問一答」のページなどが完全新規っぽくて
今から期待しております。  
Posted by humanity6 at 23:58Comments(27)TrackBack(0)

September 25, 2010

Fate/complete material III World material.  発売予定

Fate/complete material III World material. (まんが王倶楽部)


>発売日 2010-10-29
>予価 2,940円(本体2,800円)



というわけで、意外なほど早く3巻の発売が決定しました。
3巻は設定系の話が多いということで非常に期待しています。






<追記> 26日13:15

コンマテ第3弾『Fate/complete material ? World material.』
(ときわ書房 本店blog)


画像はまだアップされていませんが、表紙の武内さん描き下ろしイラストは
桜&ライダーのようです。  
Posted by humanity6 at 22:00Comments(3)TrackBack(0)

September 24, 2010

真月譚月姫9巻 他

「望郷」(「月姫」のBGMのひとつ)を聴きながら読んだら……(´;ω;`)ウッ

あと志貴△。名セリフ連発でした。



と、個人的感想は置いといて、情報です。



100924_2051~01





>調子にのって書き足しまくっていたら一冊におさまらなくて
>分冊ということになってしまいました
>申し訳ありませんがあと一巻お付きあいいただければ幸です。

>佐々木少年

>あとはどとうのお蔵出しおまけコーナーです



ということで、既に10巻が最終巻になるという話は出ていましたが
佐々木少年さんのコメントはこちら。


100924_2052~01


>――告――
>次巻最終第10巻――
>今冬発売

10巻は今冬発売ということで、具体的な月は明らかになっていませんでした。




「お蔵出しおまけコーナー」ですが、こちらは各店舗の特典ペーパーの
イラストや、電撃大王の付録に掲載された4コママンガなどが収録されて
いました。


最後に

>アレはきっと次巻に……!?

とありましたので、想像ですが「教えて知得留先生」系は10巻に収録
されそうな気がします。




最後に9巻の店舗特典を目に付いた分だけ纏めておきます。



とらのあな:特製イラストシート
アニメイト:複製ミニ色紙
ゲーマーズ:オリジナルブロマイド
WonderGoo:ポストカード  
Posted by humanity6 at 23:44Comments(10)TrackBack(0)

September 07, 2010

「空の境界」コミカライズ決定

http://twitter.com/FAUST_editor_J/status/23236850038



>@someru なにしろ、あの奈須きのこさんの伝説的作品『空の境界』の
>漫画化ですからねー→天空すふぃあ(@sphere_tk)さん。 #TwiTaidan



というわけで、星海社のHPコンテンツである「最前線」にて天空すふぃあさん
による「空の境界」のコミカライズが掲載されることが発表されました。





「Seasons Of Change」は「空の境界」のコミカライズ、天空すふぃあさんを
全力で応援します。  
Posted by humanity6 at 22:36Comments(720)

August 31, 2010

「真月譚月姫」10巻 発売予定

Web拍手のコメントにて情報をいただきました。




『真月譚 月姫』コミックス告知のお詫びと訂正(電撃大王公式サイト)




>『真月譚 月姫』第9巻を最終巻として一部告知しておりましたが、
>正しくは今冬発売予定の第10巻が最終巻となります。
>誤った告知をいたしましたことをお詫びさせていただくとともに、
>ここに訂正させていただきます。
>なお、第9巻は9月27日発売予定となっております。


>電撃大王編集部




というわけで、実は9巻で終わりではなかったとのこと!
予想外の嬉しいニュースです。

連載の方は綺麗に終了していますので、10巻では描き下ろしなどがある
かも知れませんね。

色々と夢が広がるところです。  
Posted by humanity6 at 23:48Comments(4)TrackBack(0)

August 24, 2010

劇場版 空の境界 第7章「殺人考察(後)」画コンテ集 発売予定

劇場版 空の境界 第7章 「殺人考察(後)」画コンテ集 講談社BOX
(bk1)



というわけで、6章に引き続き7章の画コンテ集も発売されるようです。

値段を見てみると5章画コンテ集と同じなんですが、やはり厚さも5章と
同じかそれ以上になりそうですね。  
Posted by humanity6 at 08:14Comments(12)TrackBack(0)

August 06, 2010

「フェイト/エクストラ パーフェクトガイド」発売予定

フェイト/エクストラ パーフェクトガイド(enterbrain)



>発売日 2010-09-13

>価格 1680円(本体1600+税)




>一般エネミーのコマンドパネルを完全公開


これで勝つる!

1周目からこれを見てしまうとこの作品の戦闘の醍醐味が大幅に損なわれて
しまうと思うんですが、2周目以降でイベントや会話などの回収目的の
プレイ時には重宝すると思われます。


  
Posted by humanity6 at 06:29Comments(16)

July 13, 2010

AMASIA Book2 「3/16事件」

AMASIA



色々考えたんですが、このAMASIAがひとつ4800円もするというのと、BOXという仕様上
店頭で少し読んで内容を確認ということも難しそうなので、AMASIAの購入を迷っている方
向けに、まずは「Book2にどういう話が収録されているのか」ということを説明し、
その後少し感想を書いて見ようと思います。


というわけで全くまっさらな状態で読みたいという方はここでお引取りを。










では以下、まずは内容の解説を。










  続きを読む
Posted by humanity6 at 21:32Comments(1892)

July 07, 2010

劇場版 空の境界 第6章「忘却録音」画コンテ集 発売予定

以前、bk1にて7月発売との情報がアップされていまして期待していたんですが
講談社BOXの公式サイトの7月の刊行はおろか8月の刊行予定にも名前が挙がらず
いやな予感がしていたら、やはり延期のようで。




劇場版 空の境界 第6章「忘却録音」画コンテ集 講談社BOX (bk1)



>発行年月 : 2010.9


というわけで、現状では9月発売予定のようです。  
Posted by humanity6 at 00:46Comments(0)TrackBack(0)

June 29, 2010

Fate/complete material II Character material.

巻末の武内さんのコメントに


>2冊目にあたる本書は、その名の通り「キャラクター画集」です。
>立ち絵をメインにして一冊の本を作ってしまった訳ですから、なんとも贅沢で
>ありがたい話です。


とありましたが、この通りの本です。



本の全体的な構成としましては、キャラ別に立ち絵、表情差分を纏めた後、
各キャラについて奈須さんと武内さんの対談が掲載されています。

その後、宝具、武器などのギャラリー。

最後にラフ画が大量に収録されており、要所要所で武内さんのコメントが。
こやまさんが描かれたラフにはこやまさんのコメントがあり、サーヴァントの
タロットカードのラフについては逢倉千尋さんがコメントされていました。



キャラクター別対談は結構な量があり、かつ突っ込んだ話がされていたので
裏話好きとしては興味をそそられる点が多くありましたし、ラフも初出っぽいものが
結構含まれていて非常に見ごたえがありました。

個人的には全体としてとても満足できる内容であったと思います。






では少し個別に感想を。


まずラフイラストの方ですが、未出イラスト美味しいです、といった感じで。



とりあえず武内さんによる若臓硯と綺礼の奥さんは私が知る限り、初めて
表に出てきたのではないでしょうか?


綺礼の奥さんがどこかの教会のシスターの面影ありまくりでやはりといった感じ。
眼帯と包帯巻いてますがかのシスターさんと同じ体質だったんでしょうか?



キャラのデザインは現在表に出ているまでに二転三転しているものもあって
そういうキャラの初期型ラフも結構掲載されているんですが、初期型かっけー、
というのがハサンさんでした。後頭部の肉体改造っぷりとか素敵です。


そして色んな人を敵に回してしまうかもなんですが、あえて言うと
初期型藤ねえ可愛いすぎ!

もしこっちの藤ねえだったら、hollowで水着イベントが無かったことを
心底残念に思っていたに違いないです。


あと、死徒二十七祖好きとしては50歳設定(絵本の時)のゼルレッチの
設定画にテンションが上がりました。




そしてイベント画の方のラフなんですが、EVENT48(未使用ラフ)というラフ画が
掲載されていたんですが、これは確か以前雑誌で掲載されていたものなんですね。

固有結界展開中のアーチャーのラフなんですが、アーチャーらしき人影が3人も
描かれているというイラストです。
当時はこの没ラフを見て「守護者ってことでアーチャーが複数召喚されるシーンが
入る予定もあったのかな?」と妄想を膨らませていたりもしたんですが、武内さんの
コメントによりますと

>アンリミ発動後の決めポーズ案、色々です。

ということで、ポーズの模索をするために複数のアーチャーを描かれていたようです。
数年越しの疑問がここで氷解しました。



そして最後に個人的ベストラフ画ですが、ベロ出しライダー一択でした。
ライダー!おr(ry










キャラ別対談についてはそれぞれキャラクターを掘り下げるネタが随所に見られ
読んでいて非常に楽しかったです。




凛の項目では

>奈須:人間サイドの登場人物のなかではわりと完成された人間像かもしれません。
>だから士郎も凛と一緒にいるかぎり、彼女と一緒に生きているかぎりアーチャー化はしない。

「アーチャーになる士郎はどのルートを辿ったのか?」という話は以前はよく話題に
挙がっていましたが、凛と一緒にいる限りは大丈夫とのこと。

UBWのアーチャーと凛の別れのシーンで、アーチャーが


>私を頼む。知っての通り頼りないヤツだからな。―――君が、支えてやってくれ


と言っていましたが、凛ならばちゃんと支えることができるという事がわかって
なかなかな感慨深いです。


他にもそのキャラが好きな人にとってはたまらないネタが沢山ありました。




あと、対談ではわりと「旧Fate(奈須さんが高校時代に書かれた小説版Fate)では
確かこうだったよね」というネタがあり、旧Fateの物語を垣間見ることができるんですが
それがいちいち心の琴線に触ってもう!


>それとバーサーカーの宝具である“十二の試練”は旧『Fate』だと“11回分の戦闘まで
>絶対に負けない”という概念宝具でした。聖杯戦争だと自分以外には6人しか
>サーヴァントがいませんから、真っ当に戦えば絶対に聖杯戦争に勝てるという存在。
>でもそれを旧『Fate』ではアーチャーであるギルが破ります。その時のギルは
>“絶対に生き延びる”という効力の宝具を持っていて、これでバーサーカーの
>“十二の試練”の効果を相殺。“絶対に負けない”と“絶対に生き残る”の矛盾に
>よって、負けはしなかったけど命を落とす事になりました。


こんなん脳汁出すぎてやばいです。
こんな感じで色々旧Fateネタが出てるんですが、そりゃ旧Fate読みたくなるに
決まってます。


あとは葛木先生へのコメントでショーシャンクネタが出ててくすりとしたり。







とまあこんな感じで、非常に楽しく読むことができました。



そして気になる3巻についてですが、刊行予定の記述などは見当たりませんでした。
次は何年後になるでしょうか?  
Posted by humanity6 at 03:26Comments(31)TrackBack(0)

June 17, 2010

藤島康介のキャラクター探求室〜フジキャラたん〜 発売予定

[本/雑誌] 藤島康介のキャラクター探求室〜フジキャラたん〜 (単行本・ムック)
(Neowing)



>藤島康介が描く珠玉のキャライラスト+対談集! 「ああっ女神さまっ」の藤島康介が、
>アニメ、ゲーム、ノベルの人気クリエーターと対談してキャラクターを描き下ろす!

>【対談ゲスト】
>奈須きのこ・武内崇、いとうのいぢ、錦織敦史、支倉凍砂、武梨えり、西尾維新+α



ということで、奈須さんと武内さんのお名前があがっているんですが、おそらく
この雑誌記事の再録の可能性が高いんじゃないかなー、と考えています。



なお、Getch.comの商品情報によりますと、発売日は7月26日とのこと。  
Posted by humanity6 at 23:46Comments(11)TrackBack(0)

June 02, 2010

Fate/complete material II Character material. 表紙公開

Fate/complete material II Character material.(TECH GIAN OFFICIAL WEBSITE)


エンブレの商品ページができたり消えたりまたできたりと色々ありましたが
やはり6月30日に発売されるようです。

こちらのページでは武内さん描き下ろし凛&アーチャーの表紙イラストが
公開されています。  
Posted by humanity6 at 17:55Comments(15)TrackBack(0)