ひゅーまんぷらざ

★★★自律協働型人材®を育成する 『株式会社ヒューマンラボ』★★★    講師&スタッフblog

凡夫のこころ

以前、鳥取県にある三徳山三佛寺にいったことがあり、そこで「凡夫のこころ」を拝見する機会があった。その内容を初めて読んだとき、私は、その文章に釘付けになってしました。今、自宅の目につくところにいつも置いている。特に、仕事が順調なとき、その文章を読んで自分のこころを整えるようにしている。毎日、仕事をしているといろいろな出来事があり、また、様々な感情が渦巻き、知らず知らずのうちにこころが乱されてしまうからである。ここに皆様にもご紹介いたします。

 

気づいてみれば恥ずかしい 智慧も力もないくせに
己が力で何もかも 出来るやれると思い込み
生きているのも我が力 食うているのも我が力
誰の世話にもならんぞと 力む我が身の身体さえ
生まれた時から死ぬるまで 人のお世話になりどうし
吐く息、吸う息、みな空気 水一滴もみほとけの
恵みなければ、得られない お陰を知らず、愚痴小言
我が身勝手を棚に上げ 人の落度のあらさがし
よその秘密を聞きたがり 言うなと言えば言いたがる
人が困れば、うれしがり 友の成功、ねたましい
少しのことを恩にきせ 受けた御恩は、忘れがち
見よと言われりゃ見たがらず 見るなといえば、尚見たい
するなと言えばしたくなり せよと言われりゃいやになる
天の邪鬼ではないけれど 素直になれば敗けたよに
思う心のひねくれを どうすることも出来ぬ我
あアはずかしや、我が心 地獄行きとは我がことよ
それを地獄にやるまいと 四十八願 手をひろげ
救わにゃおかぬご誓願 弥陀の御恩の尊さを
知らせたまえる祖師知識 ああ、有りがたや南無阿弥陀仏

 

怒涛逆巻く世の営みに、前より強く正しく生きていくために、時々、読み返したい文章である。

                                             

ソラ

ともに学ぶ仲間に感謝!

偶数月、第3土曜日の17:0019:00は私にとってとても大切な時間です。「船越組勉強会」と称し、関西学院大学丸の内講座で受講してくださった方を中心に続けている勉強会で、5年以上続いている異業種交流・勉強会です。毎回、メンバーの持ち回り制で各人が講師を務めメンバーは学ぶという場ですが、私も「一組員」として参加させていただき、ともに勉強させていただいている次第です。もちろん(?)、その後は飲み会付きで2次会から参加する人もおり、さらに熱い議論少々、近況や悩みを語り合います。このように、立場や年齢などを超えて心を開いて話せる仲間がいるというのは、本当に幸せなことだと年々感じています。それとともに、長年続けていけるのはお世話係の方のご尽力であり、感謝の気持ちでいっぱいです。

8月は小売業で人事教育を担当されている方が講師を務める「人材育成部門設立に向けて」というセミナーでした。ここで紹介されたのが、『企業内学習入門』という書籍ですが、恥ずかしながら初めてこの本の存在を知り、さっそく購入して読んでいるところです。過去には、企画の立て方、部下指導、キャリアの作り方、女性の活躍推進法、ワークショップの進め方、創発思考法、業界事情などなど、本当に多彩です。その都度書籍や講座の紹介をいただき、さらに興味を広げられます。実際、各地で行われているワークショップに参加したこともあり、またそれを仕事や職場の仲間に還元していくという状況です。

また、こうした勉強会の良さは、単に学びだけではなく、メンバーとの心のつながりにあります。ちょっとくたびれているとき、嫌なことがあったときでも、それらを忘れさせてくれます。モチベーションが高いときには、さらにノリノリになれるエネルギーをいただけます。

今、働き方改革やワークライフバランスなどの国や企業の施策が徐々に浸透しており、個人差はあるものの、仕事だけの生活からプライベートの時間も、男女や既婚未婚者、子どもの有無に関係なく、持てる風潮になりました。この時間をどう有効に使うかは人それぞれですが、会社や職場、仲良しの友人、家族との時間も大切ですが、それ以外の人との時間を持つことは、これまでの自身の常識を超える気づきや学びを与えてくれ、成長の機会を与えてくれるすばらしい機会だと思います。人のつながりの大切さを年々感じるようになりますが、特に、こうした人とのつながりの時間を持つことの大切さをつくづく感じる今日この頃です。                 (Funa)

金魚鉢の法則

先日、年に一度の健康診断を受け、早々に結果が送付されてきた。その一か月ほど前に膝の半月板損傷の手術をしたのもあり、体調も今一つ思わしくなかったが、結果は特に問題なくホッとしている。ただ、昨年と変わらず「太り過ぎ」の結果が数字にも医師のコメントにもあり、大きな悩みなのだ。

この8年くらいの間に、“見る見る間に、ムクムクと(家族の弁)”太り、ちょっとやそっとのダイエットでは手におえない状況になってしまった。要因は色々、ホントに色々あるのだが
(自分的には)、要するに「摂取カロリー>消費カロリー」というのは、言い逃れできない理由なのだろう(という事は自覚している)。若い頃とは違うのだ。

昨年、健診結果が送られた後、保険組合から健康指導の案内があった(指導を受けた方がいいですよ、ということらしい)。プロのアドバイスを受けるチャンスだと思い、とにかく参考になる話は何でも聞いてみようと、保健師さんの個別面談をお願いした。親身に生活習慣の見直しアドバイスをもらい、最後に一年後に5キロ減量する事を「目標シート」に記録して、頑張りましょうということで、面談は終わった。

私と同年代の女性の(ホッソリとした)保健師さんは、あくまで「健康の為に減量しましょう」という観点での話なので、私の減量に対するニーズ(=着たい服が着れる)とはズレがあり、当然ながら目標に対する統合はいま一つしっくりとはいかなかったのだが、別れ際にひと言、「痩せてスキッとおしゃれしましょう!」という励ましの言葉をもらい、ようやく
100%の合意となったのだった。

そしてあれから一年。自分なりには頑張って、なんとかかんとか1年間の目標の
80%位までには到達した。(恐ろしいことに、この達成率は2~3日の不摂生でたちまち白紙になるのだが)
ところが、今年の健診時に医師からは「少し痩せましたね。引き続き痩せるよう頑張りましょう」という、コメントを“さらり”ともらい、(わかっているけど、もうちょっと、「1年間よく」頑張りましたね、とか、「難しいと思うけど」頑張りましょう、とか、モチベーション上る言い方してよ~)と、思わず口から出そうになった。かくして、引き続きの目標、おそらく永遠に続くであろう目標達成のための日々がまた始まったのである。

自分の肥満の経緯を「金魚鉢の法則」に例えて自虐的によく話すのだが、その法則とは、金魚は鉢の大きさに合わせて体型が変わる、という話なのだ。小さな金魚鉢では小さなままだが、大きな鉢に入れると大きな金魚に成長するそうだ。(お祭りの金魚すくいの金魚が45センチくらいにまでなるらしい!)

私の場合は、「入社以来、3回変わって都度広くなった事務所の大きさに合わせて、自分も大きくなったから、金魚と一緒なのだ」「事務所が広くなったから太った」というのが話のネタなのだが、本来、朝礼ネタなどに使われるときの、金魚鉢の法則の話は、金魚鉢を「目標」に例えて「目標が大きいほど大きく成長できるのですよ」的なとてもいい話なのだ。だから私の場合は「小さくなるという大きな目標」という、ややこしい目標を掲げ、引き続きの達成に向け、また頑張なくてはならない今日この頃なのだった。
                                   
Nao

誕生日

実は今日、38回目の誕生日である。
誰もが感じていることだと思うが、20代の後半ぐらいから1年がすぎるのがあっという間で、
時間の経ち方、感じ方が全然ちがってきた。

ある人に言われてなるほど~と思ったのが、「人生は蚊取り線香のようだ」と。
一回りが1年で、外側が若い子供の時、
段々、年を重ねるほど内側になり、1年がすぐに終わってしまう。

バームクーヘンのようにある一部を切り取ったとき、同じ期間でも若い時は長いのに、
年を重ねるとどんどん短くなる。
まさしくそんな感覚だ。


誕生日と言えば、お誕生日会などのお祝いだが、子供のころはよく損した気持ちになった。
というのも、まずは夏休み期間なので、学校の友達に会えず、直接祝ってもらえないこと。
そして、私が84日、姉が86日、兄が89日と兄弟姉妹との誕生日が近く、
いつも3人まとめてお祝いだったこと。
1つのケーキで3人分だと損した気持ちになった。

大人になってそんな気持ちはなくなり、毎年、家族からのメールや電話、友人からのお祝いメッセージは、
やはり何歳になっても嬉しいものだと感じる。
この1年、仕事と勉強も頑張ろうと思うが、プライベートをもっと充実させて思いっきり楽しんで、
38歳もあっという間やったわ~」という1年にしたいと思う。


クララ

加熱式タバコ

加熱式タバコの話をしたいと思う。もちろん加熱式タバコを推奨しようという類の話ではない。
非喫煙者の方にはあまり馴染みがない話なのかもしれないが、今国内のタバコ市場では、ビジネスの教材として非常に興味深いことが起こっている。

それは、破壊的イノベーションとそこでのマーケットリーダーを目指した戦いである。

前者では、加熱式のタバコは、その誕生からわずか2年たらずで、従来の火を使うタイプのタバコのおよそ10%のシェアを奪いとったという。日に日に増えていく喫煙所での加熱式タバコ率を見れば、その破壊性を体感することができるだろう。
ちなみに「あんなものを吸うくらいなら禁煙する」と言っていた人が、ころっと加熱式タバコに切り替えた事例を、私は何件も知っている。

後者においては、マーケットリーダーを争ううちの1社が「10年戦争」と表現したように、まさに今長く激しい戦いの火蓋がきって落とされたところだ。現状では、シェアの90%以上を獲得している先行の1社を、ようやく商品を投入し始めた2社が追従する構図である。

その中で各社がどのような戦略を取り、それがどのようにマーケットに影響していくか、おそらく将来のマーケティングのケーススタディに使われるだろう事例を、学ぶことができる絶好の機会がそこにあるのだ。

私はもう腹を括っている。
それをリアルタイムで観察するために、今日も明日も明後日も喫煙所に通い続けなければならないと。
そう、少なくとも後10年は。

キチ

やんちゃな猫

 我が家にへんてこりんな子猫がやって来て2年と2カ月が経ちました。

お陰様ですくすくと育ち、気ままに暮らしています。

 前にも書きましたが、この猫一風変わったところがあって、尻尾がありません。

尻尾がないことは、バランスが悪いのだと思います。細いモノの上を歩いていると、時々足を滑らせて落ちそうになることがあります。つい先日もテレビの上を歩いていて落ちそうになりました。必死で縁につかまり足をバタバタさせて這い上がっていました。テレビの側面には爪の後、でもその光景は愛嬌があってかわいいのです。

 また、へんな所と言えば、犬のように「ウ~~」と言って時々威嚇しています。

どんな時に威嚇するかと言えば、車のエンジン音が聞こえて来た時や、外で遊ぶ子供の声が聞こえて来た時です。何故、威嚇するのかよく分からないのですが、どうも音や声が怖いようです。掃除機の音はやたら怖いらしく、掃除を始めるといつのまにかどこかへ隠れてしまい、終わるとほっとするのか、どこからか出て来ます。

 主食はキャットフードですが、ブロッコリーやスイカ、カステラに小豆(餡子)が大好きです。

大福等食べていようものなら、いつの間にか足元にスリスリしてきて膝の上に飛び乗りねだってきます。そのしぐさがかわいくてついつい食べさせてしまいます。近頃では、紙袋やスーパーの袋の音が聞こえたら、どこからともなく、何か頂けそうだと思って現れます。色々と学習をしているようです。

 遊びも大好きで夜中になると一人で大運動会です。狭い部屋の中を全速力で走り回り、時々ブレーキが利かないのか、物にぶち当たっています。朝起きると陳列してあったものが散乱しています。また、洗濯籠やスーパーの袋に入るのが大好きで、籠や箱があるといつの間にか入り込み、喉をグルグルと鳴らして悦にいっています。


 この猫不思議と普段は滅多に鳴き声を発しません。小さいころは鳴かないのでどこかに異常でもあるのかと心配した位です。でも立派に鳴きました。しかし、かわいいニャーオというよう鳴き声ではありません。ドスの効いた「ニャーゴオー」「ニャーゴオー」と言う声、そう発情した時にオス猫を呼んでいる声です。春先は一晩中鳴いていて、困ったものでした。
それでも鳴くことができること、大人になったことに安心しました。

毎日こうやって愛嬌を振りまいてくれる我が家の「モモカ」。今朝も寝ている私の鼻を舐めて起こしてくれました。家族みんなが帰ってくると「モモカは?」と第一声を発し、みんなから愛され大切にされています。

日々、やんちゃで愛くるしい猫です。次回は、写真付きで紹介したいと思います。 dai

 

「断捨離」と「もったいない」

暑くなってきたところで、洋服の入れ替えをしようとした。
狭い家なのであまり多くストックすることができない。それなのに、なかなか洋服や靴が捨てられないため、もう保管場所がなく限界のようになっている。引っ越しの際にだいぶ処分したはずなのにまたいっぱいになっている。

しかし毎日、着るものがなくて困っているのが現状だ。
大きな原因は、ここ数年毎年かなり体形が変わってしまったことにある。また買ったものの、着心地がよくなかったり、何かしっくりこなかったり・・・。小さくて着られなくなったものはすぐに捨てればいいものを「少し痩せればまた着られる」とか「これ高かったな」「これはお気に入りだった」とか、理由をつけては捨てないで置いていた。

「断捨離」ができないのだ。
けれど小さくなったものはもう着られるはずがない。お気に入りでもなんでも仕方がないとあきらめるほかない。と決心し、多くの物を捨てることにした。

増えた分だけ捨てればいいと言われるが、「もったいない」精神がはたらきなかなか捨てられないでいた。それほど物に執着があるわけではないが、小さなときからの「もったいない」精神がぬけない。
友人と話していてもよく似たことを言っている。
洋服だけでなく、家の中には、紙袋や箱、買ったけれどほとんど使用しない健康グッズもたくさんある。このように物が増えていくのと同じように自分自身にも無駄な贅肉が増えているようだ。

「もったいない」という気持ちは決して悪いことではないと思う。物を大切に使う、食べ物を無駄にしないということは大事なことである。
「断捨離」と「もったいない」のバランスがうまく保てればいい。
ただ、今の私には「断捨離」の方が必要なようである。まずは洋服からすっきりさせよう。
そして一年を目標に、少しづつ無駄なものを捨ててすっきりしようと思う。  chiz

バロメーター

このブログにも何回か登場した母が去年の10月末に亡くなった。亡くなった数ヶ月は手続きなどでバタバタしていて寂しさとかを感じる間もなかった。暖かくなった頃、姉と遺品などの整理をしながら想い出話しをすることで、寂しさと懐かしさを感じつつ、少しずつ心の整理ができた。
普段はそんなに想い出に浸ることや懐かしんだりすることはないが、無性に“母に会いたい”と思う時があった。
母とは週2回一緒にお風呂に入っていたからか、お風呂で身体を洗っている時に、思い出すことはあるが“会いたい”とまでの感情にはならない。
振り返ってみると、こういう気持ちになるのは、少し心が弱っている時のような気がする。
「元気を出しなさい!!」と言ってくれているようで、これからも私の心のバロメーターとして見守ってもらおうと思う。                                              kuma                                                   
株式会社ヒューマンラボ
http://www.humanlabo.co.jp/

私たちは、Human to Humanで「人材開発」をプロデュースする
プロフェッショナル集団です。
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ