ひゅーまんぷらざ

★★★自律協働型人材®を育成する 『株式会社ヒューマンラボ』★★★    講師&スタッフblog

kuma

東京オリンピックの楽しみ

2013年のブログで「セッターに期待」というタイトルで、元女子バレーボール選手の中田久美が久光製薬の監督として大活躍された話と、大型セッターとしてスパイカーから転向した狩野選手へ期待している話を書いました。

あれから約3年、狩野選手はリオ・オリンピックでの活躍を前に残念ながら怪我や故障もあり、2015年に引退してしまいました。しかし、去年PFUブルーキャッツというチームに入団し現役復帰をして、今はセッターではなくウイングスパイカーとして活躍中です。

一方、中田久美は今年の5月に全日本の獲得に就任!初の女性監督と思っていましたが、調べてみると1982年生沼スミエという方が監督をされていたので、2人目の女性監督誕生でした。就任時に「2020年東京オリンピックで歴史に残るチームを作りあげたい」と語っていました。今年の3月に絶対的エースであった木村沙織が引退し、次のエース候補を育てていかなければならいないという厳しい状況のスタートだったと思います。
そんな中、監督就任の第一歩として結果を残したのが、8月フィリピンで行われた初めての“アジア選手権大会”で10年振りの優勝を果たしました。翌月の9月に行われた「ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンバレー2017)」もランク上位のチームにも喰らい付くようないい試合をしていましたが、残念ながら6位に終わってしまいました。アジア選手権で絶対的エースに名乗りを挙げ、大活躍した古賀選手が故障でメンバーから外れていた影響もあったのだろうと思います。やはり、木村沙織の抜けた穴は大きいのだと感じさせられました。エースとして期待されている選手は数名いるようですが、怪我や故障が多くベストメンバーでの戦いが見られないのは寂しいものです。

さて、新獲得の監督振りで気になったのが、試合のタイム中の行動です。一般的にタイム中は、監督が中心となって選手に色々アドバイスや声を掛けますが、中田はチームの輪から少し離れ、黙って選手の背中を見つめ見守っている感じです。なぜこのような行動を取るかの質問に対し、中田は選手時代時、タイム中に監督からアレコレ言われるのが一番嫌だったそうです。当たり前ですが、コートの中は自分達選手で何とかしなくてはならないので、「とにかく、とやかく言わないで!」と思っていたそうです。なので、監督として日頃の練習でも自分達で考えてプレーさせるようにしており、試合中も輪の中に入らず見守るスタイルを取ることにしたそうです。この監督の想いがどのような形で結果として表れるかは少し先になるでしょうね。
まだまだ新しいチーム・若いチームなので、試合を見ていても、特徴のある個性的な選手がおらず、大人しい・目立たないチームだなと感じました。中田もあるインタビューで「アスリートは心が折れるものだと思うし、それを跳ね返す力が必要だと思う。内に秘めているものはいっぱい持っていると思うので、それをもっと表に出してもらいたい」と話しており、各選手がメンタルを強く持ってもらいたいのもさることながら、ガッツのある自信を持ったプレーをして欲しいのだと思いました。

ちなみに、気になるセッター候補は現在4名おり、身長173~177cmの選手で竹下の頃から見ると10cmほど高くなり、この4名がそれぞれ持ち味をどのように発揮してレギュラーを獲得していくか楽しみです。
そして私が今注目している選手は、身長173cmのウイングスパイカーとしては小柄な新鍋選手です。ミスが少なく安定感のある選手で、サーブもレシーブも上手く、チームで貴重なオールランドプレヤーで、監督からの信頼も厚い選手なんです。

まだまだ先ですが、中田監督がどんな選手を起用し、どんなチームに仕上げて東京オリンピックを迎えるのか、そしてメダル獲得を期待しつつ、今後の監督の手腕から目が離せません!!
                                                        kuma

バロメーター

このブログにも何回か登場した母が去年の10月末に亡くなった。亡くなった数ヶ月は手続きなどでバタバタしていて寂しさとかを感じる間もなかった。暖かくなった頃、姉と遺品などの整理をしながら想い出話しをすることで、寂しさと懐かしさを感じつつ、少しずつ心の整理ができた。
普段はそんなに想い出に浸ることや懐かしんだりすることはないが、無性に“母に会いたい”と思う時があった。
母とは週2回一緒にお風呂に入っていたからか、お風呂で身体を洗っている時に、思い出すことはあるが“会いたい”とまでの感情にはならない。
振り返ってみると、こういう気持ちになるのは、少し心が弱っている時のような気がする。
「元気を出しなさい!!」と言ってくれているようで、これからも私の心のバロメーターとして見守ってもらおうと思う。                                              kuma                                                   

頭のストレッチ

前回の“身体のストレッチ”に続き、今回は“頭のストレッチ”です。
私も含め家族や友達も高齢になってきているので、最近とても気になっているのが“認知症”です。認知症は自分ではなかなか気づき難いことなので、周りの人たちの変化を期に掛け、見逃さないことが大切だそうです。
そこで、テレビ番組「ゲンキの時間」でやっていた、分かりやすく「認知症を見極めるポイント」が紹介されており、日常にありそうな出来事での判断なので役に立つと思います。  

-記憶によるもの-
知っているはずの漢字や人の名前が思い出せない見極めポイント→「覚えていない部分」です。
その人に会ったことや話したことは覚えていて、名前だけ出てこないというのはセーフ。
その人の存在自体を忘れている場合は要注意。
これは日々起こり得ることなので、ぜひ覚えておきたいですね。
【同じものを買ってしまう】見極めポイント→「回数」です。
調味料や、表紙などが似ているシリーズ物の本をだぶって買ってしまうのはセーフ。
ただし同じ物を3回以上買ったら注意。
私も経験ありますが、本のタイトルが気に入って買いましたが、以前にも同じ本を買っていましたが、まだ1回だけだったのでホッとしました。
【時間が経ってから読んだことや観たことに気付く】見極めポイント→「気付くタイミング」です。
例えば映画を観たことにはすぐ気付くが、結末が思い出せないというケースはセーフ。
しかし本を途中まで読み進めないと思い出せないなどは、本を読んだ経験の記憶がなくなっている証拠。最後まで気付けない人は、認知症のサインの可能性が大。
記憶に関するサインが本格的に現れてくると「軽度認知障害」の可能性があるそうです。

-行動によるもの-
【性格が変わったような気がする】
見極めポイント→「自覚の有無」です。
年と共に性格が丸くなったり、くどくなったりするのはよく聞きます。しかし性格が丸くなるというのは悪いことではないので見逃しやすいのは、辛い場面や大変な場面でも楽観的すぎる場合で、多幸症という認知症のサインかもしれません。自覚している場合はまだセーフ。
自覚が無い場合は注意。
感情表現が今までと違ってきたなと感じたら気をつけたいですね。
【料理の味が変わった。献立の数が減った。時間がかかる】見極めポイント→「配慮」です。
品数が減ってきたなどはセーフ。
家族の好みを忘れてしまったり、毎日同じ献立を作ったり、料理の味が変化している場合は注意が必要。他にも日常会話の中で言葉に詰まったり、「アレ」という言葉が増えてきたら注意が必要になります。

-予防法-
手軽にできる予防は“早足ウォーキング”です。会話ができないくらいの早足で歩くことです。早歩きは段差や障害物などを察知し、素早い対処が必要になるので脳への刺激になり予防につながるそうです。                                  ※TV番組「ゲンキの時間」HPより抜粋

-私の自己流ストレッチ-

クイズ番組が大好きで、番組を観ながら一緒になってクイズの回答をすることです。クロスワード・連想・言葉の並び替えなど、いろんなジャンルの問題があり苦手な分野もありますが、自分の記憶の引き出しが活性化されているようで、いい刺激になっている気がしています。
そして、この番組を観てからは、我が家では「アレ取って!」「アレは?」は禁止にし、必ず物の名前ややって欲しい事をきちんと言葉にするようにしています。度忘れした事も諦めずに思い出すようにし、どうしても思い出せない時は、ネットで調べてでもハッキリさせて記憶(アッそうだったと思う事も刺激になる)するようにしています。

自分自身の予防と、周りの人の行動を気に掛け、変化を見逃さないようにしていきたいものです。
                                                      kuma

株式会社ヒューマンラボ
http://www.humanlabo.co.jp/

私たちは、Human to Humanで「人材開発」をプロデュースする
プロフェッショナル集団です。
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ