ヒューマノイドは水底の夢を見るか

絵とかPTCとか、もそもそ活動中。

◆ はじめに ◆

***

ご訪問ありがとうございます。
当ブログでは、主にイラストやPTCでの創作について取り扱っております。
内容はかなり個人的なものになりますので、
ご理解の上お付き合い頂けたらと思います。

【リンクについて】
あまり頻繁には更新しないブログですが、一応リンクフリーです。
TITLE・・・ヒューマノイドは水底の夢を見るか
URL・・・・http://blog.livedoor.jp/humayume/

minifal2OWNER・・・いりこ
関東地方の一隅にひっそりと暮らす、
自称・創作マイスター。
趣向はいたってヲタだが、流行り物に拒否反応を起こすため日々マイナー街道を突っ走っている。
夢は狼作家になること。

Banner・・・宜しければお使い下さい。
bana3
bana2bana4


【アイテム・テクスチャについて】
PTC公式にて2010年3~8月にわたり出品していた当方の作品、
及び2010年9月~2014年3月31日までに配布していた
アイテムテクスチャ・モーションデータ・その他素材等は、
《テクスチャ加工・未加工に関わらず再配布》を行わない限り
個人的に楽しむ範囲内でご自由にお使い頂けます。


***

頂きものとBGM語り


PhotoFunia-01


どうも、いりこです。
土曜が珍しく仕事だったので、日曜をまったり満喫してます。
束の間の現実逃避だぜ!(ひゃっはー!

今日は前回予告していたキャラ紹介ページを1つ仕上げました。
無駄に語っている節はありますが、お暇なら見てやってくださいっ。
◆profile:ハイマ

んで、こちらでは休憩がてら色々紹介しようかと。
画像多めで動画なんかも貼ってあります。
長くなると思いますが、宜しければお付き合いください・∀・)

***

まずは、最近遊んだPhotoFuniaさんから数枚。

PhotoFunia-02

PhotoFunia-04

PhotoFunia-03

ルナの写真はバレンタインデーの名残です(笑
因みに前から一番気に入っているのは、
上にある古書の挿絵になるやつだったりします。

***

お次は、ノイさん宅から派生したBGM語りに便乗!
いりこの普段聴いている音楽から厳選してリストアップしました。
多分に好き嫌いが分かれるジャンルだらけなのでご注意w


創作について構想したり制作をするときは、必ず音楽をかけます。
その方が周りの音を気にせずに済んで集中できるからなのですが、
曲の世界観に作業が後押しされることも多々あります。
歌あり・歌なしどちらでもOKな雑食です。
※ギターボーカルがガンガンかかっている環境で育ったせいか、
 歌ありでも普通に聞き流せてしまう…
まあでも聴くものには割とこだわっているつもりです。

という訳で、いくつか挙げてみます。


実はここ数年で特にはまっているのが、平沢進
ベルセルクや今監督作品での楽曲がよく知られていますが、
いりこはいまいちどんな曲があるのか分からず、
試しに無料配信版を聴いたりいていたら他のものも気になって
今やすっかり一ファンになりました。
で、しょっちゅうかけているのはこの辺↓

点呼する惑星点呼する惑星
アーティスト:平沢進
(2009-02-18)




ビストロンビストロン
アーティスト:核P-MODEL
(2004-10-07)




どっちも、歌詞の意味を読み取ると怖いのが揃ってるな…
ビストロンは全体として攻撃的でその分ノリもよく、
平沢さんの作品では一番好きなアルバムかも知れない。
映像とかを観るとすごく可愛いオジサマなんですが、
この方の精神世界は一体どういう構造なのかと
時折まじめに考えてしまういりこです。


以下はバンド系をちょろっと。

持っている音源が最多なのはSTRAIGHTENER
ファンになって10年くらい経ってそうだなぁ。
特に気に入っているアルバムはこれ↓

STRAIGHTENERSTRAIGHTENER
アーティスト:ストレイテナー
(2011-08-03)




LOST WORLD’S ANTHOLOGYLOST WORLD’S ANTHOLOGY
アーティスト:ストレイテナー
(2004-01-21)



現在は立派な4ピースバンドですが、
LOST WORLD'S~が出た当時はまだ2人編成(ベースがサポート)で、
それでもしっかり確立された世界観がすごく好きだったりします。
最近の曲は某ドラマに提供されたので知っている人は多いかも。


次は3ピースバンドのACIDMANから、
よく聴いているものふたつ↓

創
アーティスト:ACIDMAN
(2008-04-16)




酸化空酸化空
アーティスト:ACIDMAN
(2002-03-06)



創が発売されたのは2002年ですが、
当時はCCCDだったので2008年に再販されました。
どちらも初期の名盤。
粗削りながら勢いがあって異常にカッコいい曲が詰まってます。
お気に入りは、酸化空にも収録されている「今、透明か」。



(↑公式)
もうね、この頃のうねるようなベースラインには常に聞き惚れます。
曲の内容は科学賛美と否定、どちらとも言える気がするけど、
楽しそうな演奏場面とギャップがあって可愛いです`・ω・´)
ついでにこの曲とPVも大好きなのでご紹介↓



…って気付いたらどっちも白黒メインの映像だったΣ(・・


あとはクラシック寄り。

言わずと知れた名作曲家の冨田勲さん。↓

惑星(プラネッツ) Ultimate Edition惑星(プラネッツ) Ultimate Edition
アーティスト:冨田勲
(2011-06-01)




小惑星探査機はやぶさの帰還に合わせて作られた
「イトカワとはやぶさ」も加わって、かなりドラマ性のある一枚です。
というか元々の70年代版が凄すぎてもう何も言えないw


でもって、アレンジされた側の組曲・惑星。
クラシックは趣味で色々集めてますが、
ホルストの惑星は全曲聴いた時の充実感が段違いです。

ホルスト:組曲「惑星」、エルガー:エニグマ変奏曲ホルスト:組曲「惑星」、
エルガー:エニグマ変奏曲

アーティスト:エイドリアン・ボールト
(2008-06-25)



エニグマ変奏曲もエルガーさんの遊び心が出ていて面白かったり。
惑星だけを収録した最新のものも販売されていますが、
こっちの抱き合わせた方が見事にいりこ得だった件…。

あとはやっぱりサン=サーンスだな!

サン=サーンス:交響曲第3番<オルガン>/動物の謝肉祭、他サン=サーンス:交響曲第3番/
動物の謝肉祭、他

アーティスト:シャルル・デュトワ
(2009-05-20)



第3番(オルガン付)と動物の謝肉祭もいつか生で聴くのが夢です。
傾向を見ると自分は割と小曲集が好きなのかも。





こんな感じで紹介してきましたが…うーん。
改まって趣味をばらすのは恥ずかしいと言うか何と言うか。
でも滅多にない機会なので書けて良かったかなと思います。
話題を提供してくださったノイさん、有難うございました!・∀・´)


続きでは頂きもののイラストをお披露目します~
興味のある方はぜひぜひ!

◆◇◆◇◆
続きを読む