フミッパーで痩せた!?踏み台昇降の台にするなら

フミッパーで痩せた!?踏み台昇降の台にするなら


    

 

フミッパーという踏み台昇降の台が話題に 
なっています。
というよりこれはもう定番商品の一つですね。

 

 

見ての通り、踏み台昇降の運動に使用する台が
販売されているんですね。

 

 

店頭でも、よく踏み台昇降用の台は販売されていたり
しますが、このフミッパーと違って、もっとスポーツ用な
感じだったりします。

 

 

この持ち運べる感じ、完全に家庭用で運動のため、
踏み台昇降を行うためだけに作られた台というのは
少ないんじゃないでしょうか?

 

 

踏み台昇降で痩せるって本当?


踏み台昇降で痩せた!なんて声はよく聞きますが
本当なんでしょうか?

 

踏み台昇降の消費カロリーはジョギングより
すくないくらいです。
ただ、台の上り下りを繰り返すのでウォーキングより
高いというところです。
ざっくりと1時間300〜400kcalの消費というところでしょうか。

 

決してそこまで高い消費カロリーなんてものでは
ありません。
だからといってこれじゃ痩せない?というと
それは間違いです。

 

この踏み台昇降をしない時間、別の運動をするような
人であれば要らないと思いますが、大抵の人は
そうじゃないですよね?

 

踏み台昇降であれば、テレビを見ながらでも音楽を
聞きながらでも行うことができます。
つまり、日常の何気ない時間に組み合わせることが
可能なんです。

 

 

今まで運動していなかった時間にプラスにして
運動することができる。
そしてジョギングのように挫折する可能性が低く、
続けやすいというところがあります。

 

 

走りにいくようにわざわざ着替える必要もありませんし
人の目を気にすることもありません。
天気を気にすることもありません。

 

 

家の中に置く他の効果なダイエットマシーンのように
意外ときつくて続かなかった、なんてこともありません。
台を登り降りするだけなんですから。

 

 

でも、ただの足踏みと違って、続けると汗ばんできますし
筋肉もついてきて基礎代謝も上がってくるでしょう。
この絶妙なバランスがよくて、長い間踏み台昇降運動は
ダイエットの方法として支持されているんです。

 

 

フミッパーを本当に買う必要はある?


踏み台昇降は簡単なので、自分で台を作ることも
できます。
別に雑誌でもそこそこの高さのものは作れます。

 

 

でも、やっぱり自分で作った台は安定しなくて
ちょっと危ないですし、続きませんでした・・。

 

 

フミッパーは傾斜が内側に微妙についていて
負荷がかかり骨盤のゆがみも取れるように
なっているというところもありますし、
滑り止めもついています。

 

 

簡単に自分でも作れそうで作れないのが
この台なんですよね。
そこまで高いような台でもありませんし、
専門の品ということでフミッパーを試してみる方が
安全かつ効果が見込めるのではないでしょうか。

 

 

スキマ時間に踏み台昇降運動を、
是非検討してみてください。

 

運動不足・筋力の低下に踏台昇降ボックス「フミッパー」