2005年10月26日

え〜〜〜〜〜〜〜い

ライブドアはもうやめだ〜〜〜〜!!

MIXIに移行します!

 

よっしーさんは連絡用としてコメント使ってね!!チェックするから!

MIXIでニックネーム検索「はまZ」で探せます!

  
Posted by hummer_z at 19:01Comments(5)TrackBack(0)

2005年10月11日

だめだイラン・・・

738f8d63.JPG

今はイランの『ヤズド』

 

ここはかつて『ゾロアスター教』という宗教(まだ少数だけど信者もいる)の聖地らしい。

ゾロアスター教は『拝火教』と日本語では書くように火を拝んできた宗教。

ここヤズドにはその聖なる火が残されているのだ〜!

オリンピックの聖火や比叡山の火と同じ感じ?

 

ちなみにこの聖火が祭られている寺院・・・

 

イラン3大ガッカリの一つだそうです。

 

まぁそんな感じではあったんだけど・・・僕は覚悟もあったためかそこまでガッカリしなかったよ。

 

なんかこのゾロアスター教のシンボルは宮崎ハヤオっぽい。

 

っていうか名前かっこいい!

 

 

ちなみに死んだら鳥葬といって、死体を鳥に食べさせてたそうだ・・・今は土葬。

 

そしてラマザーン。

隠れて営業しているお店でガッツいているムスリムたち・・・

おいおい・・・

 

男は半袖、Tシャツ当たり前。

女性も街中にゾロゾロいるし・・・

首都テヘランではもっと女性はオープンだとか・・・?

 

やっぱり宗教を法律にするのは厳しいかと・・・

 

  

2005年09月29日

もうすぐラマザーン

現在パキスタンはラホール。 インドに程よく近い街でございます。 明日からイランへ向けて動き出すわけですが・・・ 来月3日からラマザーン(断食する月)に入るらしい・・・ ってことはスーパーイスラム国家のイランにいる間はずっとラマザーン。 夜しかご飯食べられないなんてあたしどうしたらいいの? とにかく体を引き締めて帰ってきます。 ちなみにイランには、ズールハーネというジムもあるらしいので出来れば体験してこよう!  

2005年09月13日

イスラムの国へ・・・

イランのビザ取れた!

取るのに8日(最初行った日が休みだったので実質11日か?)もかかった大事なビザ。

これで前に進むことができるよ〜。

 

今夜、ターバン軍団の聖地アムリトサルへ発つ。

一日ターバン見学したら次の日の朝一でパキスタンへ入国予定。

パキ、イラン、トルコとイスラム色の強い(トルコはそれほどでもないのか?)国についに突入!

アフガニスタンでの日本人殺害のニュースもございますが、まぁなんとか行ってまいります。

 

インドは昨日で4週間目だったがなんだかんだで疲れるな〜・・・

楽しい国だけど長く居るのはしんどいもんだ。最初のころは楽しかったけれど毎日こうもしつこいとマジうざいっ!

イスラムはどうなんだろう。パキスタンのフンザは人も景色もいいところと聞いているけれど、インドの疲れを取ってくれるだろうか?

 

ホント人の少ないところへ行きたい・・・

 

 

 

 

しかし、また帰ってくるよインド・・・

 

  

2005年09月06日

祝!!100日目

いやいや日本を出て100日経ってしまいました。

今日、インド名物タージマハルのあるアーグラへ来ました。

 

ここは、さすがの観光地でデリー、ジャイプル(だっけ?)とあわせてインドブラックトライアングルと呼ばれています。(と知り合ったおじさんが言っていた。)

ついた時からリキシャーワーラー(タクシードライバー)が言ってる所と違うホテルへ連れて行こうとしたり、変な店へ連れて行こうとしたり・・・

「次に俺の言ったホテル以外のところへ連れて行ったらお金は払わないぞ!」と言ってみたらやっと目的のホテルまで行くことができたんだけど、今度は「明日1日250ルピー(750円位)でチャーターしてくれればどこへでも行くぞ!」とまた商談。

はっきり言ってタージマハル以外に興味が無いし、言ってしまえばタージマハルも今まで会った人達が良かったというので行こうかな?って考えてたくらいだし・・・もちろん断ったがなかなか折れない。

「どこでもいいんだぞー!」ってしつこいので「それならレー(インド最北に近い街)まで行ってくれ。」

と頼むと怒りながらあきらめてくれた。

はぁー。100日目はハードだ・・・

これも、イランのビザが1週間(正確には8日間)もかかるせいだ!しかもビザ代2900ルピー(8700円位)もするし。

早いとこデリーへ戻りたい・・・

アーグラー本当に疲れるよ・・・

 

何はともあれ

 

100日目

 

 

  

2005年09月04日

これは泣きました。

やること無いんすよっ

観光とかもうどうでもいいんすよっ

 

これが長期旅行者なんだと自分に言い訳して旅行ではなく生活している今日この頃・・・

現地の人と仲良くなるのは楽しい。これが今の仕事

深い中ではなくて、ふと入った(といっても外)チャイ屋の親父と仲良くなったり、宿の近くの仕立て屋さんと仲良くなったり(これはそのうち安くジャンベケースを作ってもらおうという目論見・・・これは深いな)家族連れや子供なんかは比較的に安心して付き合えたりする。

 

まぁ、そんな感じで生活して日本でTVを見ていた時間が読書タイムなんですが、

先日パキビザを取りに行った時に知り合った一人の大学生が交換してくれた1冊の本がメチャ(関西弁?)感動したのでここでご紹介。

兎の眼
この本は児童書でそんなに長くも無く、ひらがなも多く漢字が苦手な人にも読みやすいから呼んでみてください。

古本屋で十分手に入れれるはずです。

 

小谷先生」という最初は本当に情けない新任女教師が問題の多いクラスで頑張り、自分を鍛え上げ、他にいる熱血系や人情的な教師達と一緒に子供達の為に一肌脱いで努力している様がとてもかっこいいです。

話自体も昔の話なので現在とは少し問題も違っていますが、今の教師や親馬鹿な人達に読んでもらいたい。自分が、うちの子が良ければいいという考えはやはり良くないと思うので、この本に出てくる「バクじいさん」の話に耳を傾けてもらいたいな。

 

初めて海外に出て、本当に日本は冷たい人が多いと思った。もちろん温かい人もたくさん知っているし、多くいるとは思う。

けれども旅していると、困っている人がいたらワサワサ人が集まってきたり、近所の人や、知らない人でも親切にできる人がホントたくさんいた。

昔の日本もこうだったんだろうし、今も田舎などの一部地域はまだ残っていると思う。お金持ちになるのもいいだろうけれど、それでつけあがる人間にはなりたくない。

 

この本を読んで少しだけ人間味のある人間になれそうな気がした。

  
Posted by hummer_z at 14:37Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月02日

デリーで足止め

なかなかデリーは楽しい街です。

「何が?」と聞かれたら答えられないんだけど・・・客引きとかマジウザイし。

そして、計らずもここに少々長居をしないといけなくなってしまった・・・orz

今日は金曜日でギリギリイランビザの申請ができると思っていたのに大使館行ったら「今日は休みだよバーカ!(こんなひどくは言われておりません)」と門前払いを受け月曜日まで待たなくてはならない。

受領までに1週間かかるので申請をしたらアーグラー(タージマハルがあるところ)にでも行こうと思っていたんだけれど来週まで出発も延ばすことになってしまった。

 

土日でデリーマスター『ヨーダZ』となるべく街を探検し続けよう。

早くSWエピーソード3見たいな〜・・・

ちなみにインドの飲むヨーグルト『ラッシィー』は最高!!これは、レストランではなくラッシィー屋さんで飲むことをお奨めします。

レストランより安く美味く多く、そして冷たい

インドでのこの冷たいはかなりポイント高いのです!!

 

あと、デリーのメインバザール中心の三叉路を郵便局がある道へ行き右手にあるマンゴージュース屋(2件あってメインバザールより遠いほう赤い屋台)

ここのは頭がキーーンってなるぐらい冷えていて美味い!

しかも、たったの5ルピー!!(ちなみに、ラッシィーは10ルピー)

 

 

デリーローカルネタですがいつかの旅の参考に・・・

  
Posted by hummer_z at 18:31Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月29日

デリー着

うひーっ!

デリーに来ちゃいました。インド有数の極悪都市とよばれるデリー

確かにリキシャーやら客引きやらが超うるさい!けど、それさえ避ければ今のところいやすい感じ。

しかも、地下鉄できてるなんて知らなかったよ〜!

地下鉄の駅はインドっぽさが薄れてちょっときれいな感じ。一回乗っておこう『デリーメトロ』

 

さて、私。バラナシで『ジャンベ』なる楽器を始めまして・・・

これはアフリカ系の民族楽器なんですが、アフリカンスタイルやらインディアンスタイルってのがありましてそのインディアンスタイルのベーシックを教えてもらい帰りにバラナシに寄る時まではその基本をひたすら練習しようとしております。

バラナシには他にもインド系楽器の『シタール』や『タブラー』などの楽器を安く手に入れられるし元有名プレーヤーなんかに教えてもらえることもできるみたいです。

『ジャンベ』は演奏人口が多いのでNO.1は遠いけど『シタール』や『タブラー』ならもしかすると・・・!?ってこともあったりして。w

では、パキスタンのビザを取り次第次の都市『アムリトサル』へ行きます。

 

体調悪かったので沐浴は足だけにしておいた・・・

  

2005年08月22日

投稿ページが変わってる!(ライブドアネタ)

バラナシ着いてクミコハウスにも潜入成功!!

なんか、ネットの環境が微妙なので長文はやめておこう。

 

とにかく元気です!!さようなら!!

  

2005年08月10日

インド行きボンバーイェー!インド行きボンバーイェー!

インド行く日が決定しますた。
16日の朝6時50分発
ロイヤル ブータン』(空飛ぶブータン?)で行きます。なんと、あのビーマンバングラディッシュよりも安いし直通便です。(バンコク−カルカッタ)
カルカッタインでございます。
緊張と興奮で少々壊れかけておりますが、まあこれぐらいでいいよね。
 
そうそう、ミャンマーのメッティーラという街に行ったときに藤川チンナ・・・チンナ・・・なんだっけ
藤川ナントカ清弘さんというお坊さん(だと思った)が日本語学校を作っていてそこの生徒さんに大変よくされました。
とても素晴らしいお坊さんなのだろうと思って本を少し読ませてもらいましたが・・・
面白い人なんだなぁーこのお方はw
タイトルに「おもろい坊主」って入っている本が2冊あったと思います。自分で探して買ってくれ!
 
それでは次の更新はいつだろう・・・?
 
  

2005年08月09日

タイトルも新たに!!

約1ヶ月ぶりの更新だわー。
 
これまでの1月を簡単に説明すると・・・
アユタヤへ行った僕は、隣町(?)のアントンにある「ワットサーケウ」というお寺の学校に行って来ました。孤児が多いというその学校でプチボランティアで汗を流そうと思い学校の先生と話をすると、宿を決めずに来た馬鹿な日本人のために宿探しが始まった。
先生のうちの一人のお宅にホームステイさせてもらえることになり、ボランティアされる側になってしまった・・・
一日幼稚園の先生をしたり、ホームステイ先のかわいい娘さん(4才くらい?)に好かれいちゃいちゃしたりして2泊3日のホームステイを楽しく過ごしました。
最後の日に帰ろうとするときは娘さんがドアの前に立ちはだかり「パイマイ?パイマイ?(行くの?行くの?)」と悲しそうな目を向けてたずねてくるので思わず誘拐してしまいそうになったりして・・・涙、涙のお別れにはならなかったけれど、「またここに帰ってこよう!」と決意を固めるのだった。
 
そして鉄道を使って空港へ行き、海外旅行第3国目となる『ミャンマー』へ。
戦没者慰霊碑を探してあっちこっち走り回り、日本語学校で先生をしたり、グァバで作ったビールを飲んだり、世界的な賞を取ったこともあるらしいミャンマービールを飲んだり・・・ちなみにミャンマービール生中1杯約33円!!しかもめちゃ美味!!
戦没者慰霊碑にはたくさんの名前があったけれど家のお爺さんの名前は見つけることができなかった・・・家の両親の名前は記帳してあるのを見つけたけど。
でも、これは「もう一度この国に来い!」とお爺さんが言っているのだと勝手に解釈して「またこの国に来よう!」と心に決めるのであった。
ちなみに、ミャンマーの国技『ラ・ウェイ』も見ることに成功!なんと年に2、3回しかやっていないらしい・・・
そして、このデンジャラスな打撃系格闘技はダウンしてもすぐ立ち上がり手にグローブはなくパンチを出す力が無くなれば頭突きで攻撃だってする
勝敗はKO・TKOのみで本人にその気があればすぐに続行し、負けた選手は皆一人では歩けないという完全決着。
見ている方としても、判定までズルズル戦う「K−○」よりも興奮するわけで・・・
格闘ファンには是非一度見てもらいたいなー。
 
ミャンマーには3週間いて、その内1週間は宿のリビングで過ごしてしまったがとても楽しかった!
ミャンマー最高!!!絶対お勧め!!!長期がお勧め!!!初心者安心!!!音楽いい感じ!!!ウタダもパクられてる!!!バスは地獄!!!バガン最高!!!と誉めまくって(?)しまうくらいいい国でした。
 
今は、バンコクに戻りビーマンバングラディッシュ航空へのサービスに不満を覚えつつも安さでインド行きの便の予約をしたけれど満席だったので、さらに安い『ロイヤルブータン』に乗って16日にインドはカルカッタへ向けて飛んでいきます。ビザも窓口のおばさんに怒られながら申請してきたので12日は取ってこれるでしょう。
 
そんな感じです・・・
近いうちにもう一回更新する予定
 
 
 
  

2005年07月09日

バンコクは凄いことに・・・

バンコクに帰ってまいりました。
チェンマイから鉄道の3等席(垂直椅子)に15時間座り帰ってまいりました。
この鉄道、途中で長時間停車したり、新たな車両をくっつけたり、なかなかワイルドな乗り物で、乗り降り口から連結したときの通路までみんな開けっ放し。
だから後ろを見るとドアも何もなく後ろの景色を見ることが出来ます。
 
今、カオサンはものすごい人です。
たくさんの旅行者でちょっと恐い・・・
日本人もあちこちでたむろしていてなんか渋谷や池袋の一角に居る感じでどうしても嫌になり、一日で『元祖安宿街』のルンピニー公園の近くへ引越ししました。
 
バンコク中心部のワールドトレードセンターやタニヤ通りはお金の有りそうなパッケージツアータイプの日本人やサラリーマン(もしかしたらどこかの役所かも)がいっぱいです。
僕は宿の位置からして行きやすいのでちょくちょく出ますが、この辺の方がカオサンよりも治安はよさそう。
人はいい人ばかりだし、近代交通(地下鉄、BTSなど)を使えばぼられる事もないし。(ぼられた方が安いかもしれない運賃だけど・・・)
 
昨日は初めて一人でミャンマーのビザを取りに行きました。
申請用紙も読めない単語ばかりで近くにいたインド人のおじさんに聞いたりして何とか申請完了。
旅行会社だと1450Bかかるけれど、810Bで出来ました。
受け取るときにお金かかるのかなー?かからなければ全然安いでしょ!?
自分でやれば学習できるし、ドキドキするし。これ、やっぱりお勧め!!
 
今日は念願の『ムエタイ』見てきます!
ビザが取れるまではバンコク周辺でフラフラしていることでしょう。またムエタイジム行きたいし。
航空券も取ったので17日からミャンマーへ入ります。
 
行く前にもう一回更新したいなー。
 
 
  

2005年07月04日

バンコクへ戻ります。

ただいま。チェンマイという街です。
タイでは有名な古都ですね。
 
チェンマイには今日で4日目。
お寺巡りや、ハンドンという町にある
『バーンロムサイ』と言う日本人がやっている孤児施設(と言うよりもホームステイ的なアットホームなところでした。)
を突然訪問させていただいたりして濃い生活が出来たと思います。
 
ラオスからタイに戻ってすでに13日目そろそろ次に国へ向けての準備が必要なので明日の『深夜快速』でバンコクへ戻ります。
 
ミャンマーのビザと航空券を取ったらインドのビザも取って飛行機が出る日まで『アユタヤ』へ行ってきます。
 
バーンロムサイでは突然の訪問だったこともあり子供たちとふれあう時間がもてて楽しい時間を過ごせました。もし、機会があるのでしたら是非訪問してみてください。(見学は前もって連絡してから行ってください)
 
では、次の更新はバンコクから
 
 
 
  

2005年06月25日

プチタイタニックでした。

こんにちは。
今、タイのチェンライという街に居ります。
 
さて、楽しみにしていた『スピードボート』ですが・・・
乗る前から不吉な経験談を聞かせてもらいながらも無事(?)プチ沈没しましたw
 
ボートは途中乗り換えるために合計2そう乗ったのですが、
1号機;船長Mr.オクレ
途中までほぼ順調。狭いながらも好きで乗ったので他の人たち(経験談をくれた方々)よりは苦しみも少なく、爆音と単調な景色の中突っ走っていました。
途中岩場ポイントをスルスル抜けていくと何とスクリューと舵が折れてしまい一時近くの適当な岸へ着岸し25分くらい修理作業。
面白く眺めていましたが、このタイムロスのせいで乗り換え休憩ポイントまであと5分といったところでスコール。
びしゃびしゃになりながら何とか休憩ポイントにたどり着きました。
 
2号機;船長エスパー伊藤
出発したときからエンジンの調子がいまいち。
何度か止まりながら、時には現地のお客さんを降ろしたりしながらの航行。
出発してもう大分たった頃、足元に水が・・・
普通に浸水!近くの村の水浴び場でみんなで水を掻き出し船底に空いた穴をエスパーのサンダルで埋める。
しかし、再出発して5分も経たないうちに浸水。
もう、エンジンルームは池状態。乗客がかぶるヘルメットで水を掻き出す。
もう一度トライしたがやっぱり浸水。しかも後ろの1/3は沈んでいた。w
結局別の船を携帯電話で呼んでそれに乗って目的のフェイサイまでたどり着いたのだが、所用時間10時間半。普通なら6〜7時間で着くのに・・・
 
朝9時に出て着いたのは19時半。真っ暗な街へ行き取り合えずの宿にはいrり、
次の日は疲れで動けず、膝は日焼けで真っ赤になり。
 
いや〜、楽しかったな〜。(TT)
 
これからラオスへ行こうという方
是非スピードボートに御乗りください!!是非っ!!
  

2005年06月17日

近況報告ルアンパバーン

サバイディー!(ラオ語でこんにちわ)
 
現在ラオスのルアンパバーンという町にいます。
 
ちなみに今日で8日目…
特にやることもなく川を見たりたまにツアーなんかも行ってみたり…
『クアンシーの滝』は面白いよ。虎とか居るし(これから行く方は「かんぱ」してあげてね)。
 
ちなみに、昨日は下痢で一日中寝込んでましたw
一昨日の夜から便秘による腹痛に悩まされ、昨日の早朝思い切って中身を出すと今度は水のようなモノに変わり止らなくなりましたw
おかげで昨日はパイナップルくらいしか食べられず(丸一個)つらい思いをしました…
しかし、日ごろから下痢ピー野郎のオレからすればそんなの大した事ではないぜっ!!
全部出したら今日はピンピン!!(お食事中の方ゴメンネ)
 
明日はラオスで一番危険(?)な交通機関『スピードボート』に乗ってタイとのボーダー、フェイサイへ向かいます。
その後またタイへ戻ることになりそうですが、理由は聞かないでくださいね。
 
今日はルアンパバーン名物(?)5000K(約500円)のビュッフェへ最後のディナーに行ってきます。
 
では次回お楽しみに。
  

2005年06月09日

更新できたー!近況報告

今、ラオスのバンビエンという街にいます。
 
タイではギャングに押し売りされる未遂事件があったり
同じやどの青年がタイ人にリンチされる事件などがありなかなかネタに困らない生活が出来たと思う。
 
現在ラオスの1日の生活費は50000Kくらい。日本円で500円くらい。
アジアって飛行機代さえ払う事が出来れば後はほんとに安く済ませる事が出来る。
 
ラオスはやる事がない国。頼みの夕日も雨季の為天気が悪くていい夕焼けが見られない。
でも、不思議と長くいれる国。
もちろん、クスリとかに頼らなくてもね!
 
明日はここバンビエンからさらに北上しルアンパバーンへ
ではまた。
  

2005年05月30日

やっぱりまだ行けんじゃん・・・

んじゃ、行ってきます〜。
 
東京で青いでかいバック背負ってフラフラしていたらおいらでしょう。w
  

2005年05月29日

出発前最後の投稿

今日でプロバイダーも休止になる(間に合うかな12時でピタッと切れるって言われたけど)ので日が変わる前に最後の投稿
 
小言は昨日話しているのでもうないな〜。
 
K-1面白くてよかった。
 
エコパのオールドカーショー面白かった。
 
荷物バックに詰めたらもうパンパン(パッキング下手な俺orz)
 
マイルも申し込んだ。
 
メールがきたら英語でなんだか分からない・・・(番号を言えば良いみたいだけど)
 
親に会わなかった。(行きの車の中で言おう)
 
 
 
人間やれば出来るもんだ。
 
 
それでは乗ってきます初の飛行機へ・・・
 
それでは行ってきます初の世界へ・・・
 
 
まずは夢の中へ行かないと・・・興奮して寝れないかも(肝っ玉がちいさいな〜)
 
更新は出来たらします
 
  

明日か・・・

荷物まだ詰めてない・・・
 
今日は夜まで遊ぶ予定。
 
何か足りなかったら現地で調達するればいいか。
 
朝起きれなかったら勿体ないけれど新幹線を使おう。
 
 
っていうか、まだ親に言ってない。
 
駅まで送ってもらうけれど、何も言わなければ仕事と思うのかな?
 
今日言っておけばいいか。
 
結局、車も売らなかったな〜。
 
帰ってきたら新しい車に乗り換えようと思っていたけれど、まぁいいか。
 
バイクもメンテナンスしておいたから帰ってきたらちょっと遠くまで走ろう。
 
でも帰るころは冬だから林道を走ることは出来ないかな。
 
 
漫画気になるな〜。毎週読んでいた物とか、月マガ物とか・・・
 
プライドとかK-1もビデオ頼んでおいたけれどリアルタイムで見れないかな?
世界生中継みたいな感じでやって欲しい。特に年末!
多分ネットで結果を知ってしまってどちらが勝つか分かっていながらビデオを見るんだろうな。
 
 
日本にいない間に知らないアーティストがオリコンで上位になり人気が出て、
 
不思議系アイドルが増えて、おもしろ動物も増えて、
 
新しい健康器具や、サプリメントが出て、いい映画が話題になって・・・
 
ちょっとした浦島状態になるのか?
 
 
 
3年地元を離れることより半年日本を離れるほうが緊張するんだな〜。
 
 
  

2005年05月27日

ちょっとした裏話ですが・・・

実はこの旅も本当は
タイ
 
ベトナム
 
カンボジア
 
ラオス
 
ミャンマー
 
の5ヶ国を2ヶ月ぐらいで回るたびの予定だったんですぅ〜!
それがなぜか半年以上かけての大掛かりなプロジェクトに・・・なろうとしている!?
 
理由は、前のバイト先にいたバックパッカー志願者(経験者だったっけ?)の子に
「イケるならもっと行けばいいじゃん!」
って言われたから。
行ける時に行かないと次のチャンスはいつか分からない。
もともとそういう気も少しあったから予定をBIGにしてみました。w
 
その言葉をもらったことも偶然のきっかけであったし、
言ってしまえばそこにバイトに行ったのも偶然(もともと違うとこの募集で行ったし)
 
そういえば、とあるB・P漫画で
「俺たちがインドへ来たんじゃなくて、インドが俺たちを呼んだんだ。」
「インドは人を選ぶんだよ。」
と言っていた。
インドへの入り口があっても行こうとしていなかった僕にインドは
「来る気あるならコォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!! 」
と言ってきたんだと思う。
他の物事についてもやはり選ばれた人へ入り口をひろげて奥から呼びかけているんだと思う。それに気づきそこに入るかは自分次第。もちろんどちらが良いかなんて分からない。
でも、きっと何かが見つかるんだと思う。きっと・・・多分・・・?
 
 
う〜ん
いい事言っているようでちぐはぐだけど少しはポイント上がったかな〜?
もうちょっと整頓してから書かないとな〜・・・orz
 
各自、自分の都合のいい解釈をしてください。あぁ、三枚目なオレ・・・