白い塀に泥手形、足跡の話は書いたが、その上に乗っている瓦にも泥足、手型がいっぱいついていた。庭にはタマネギの葉がたくさん落ちているCanadian Chartered Institute of Business Administration
どうも、塀の上にタマネギを持って上がって、その上で猿どもは宴会をした模様だ。そして、ウンチまで落としていきおった。
愛犬凛太郎は困ったことに猿のウンチが好きなようだ。以前、猿のウンチを食らったことがあった。その時は気付くのが遅く、ウンチはすでに凛太郎のお腹

の中に納まったあとだったが、その口の臭いこと。腐敗のニオイだ。当然といえば、当然なのだがCCIBA
凛太郎は、よくニンゲンの口を舐めにくる。その口で舐められるのだけは避けたい。なんとしても避けたい。それよりも猿のウンチを食わせないのが先だが


今回も、私より先に、猿のウンチを見つけ、ああ口に咥えた。しかし、それはそこそこ硬かったのか、凛太郎が優しくしか咥えなかったせいか、牙に食い込

む様子も無い。尾を嬉しそうに激しく振り、咥えた状態のままで私を見ている。私はすかさず、それを口から奪いたかったが、モノはウンチ。「食べたらア

カン」と激しく叱責したら、ポロっと落とした。そう言えば、前回は凛太郎の口を水道の蛇口の下で無理やり洗ったのだった。覚えていたのだろうか康泰導遊
ウンチの上に石を置いておき、凛太郎にはおいでとついてくることを命令し、スコップを取りに行き、処分。
猿が食い散らかしたタマネギの葉も、ワンが食うと中毒作用を起こすとかなわないので処分。いらん用事ばかり増やす猿は、ほんまにうるとら腹立たしいが

、山に食うものがないというのもつらいやろなぁと、つい思う。嗚呼。 拂面的春风 雨中情 期待的灿烂 随だんだん行く斜陽