September 08, 2008

 先日、レイヤーさんとロケの話がまとまり、その施設で撮影させていただくために担当者さんに連絡を入れました。

 そこは過去に2度ほどお世話になっている場所で、約一年ぶりにお邪魔することにしたわけですが、管理区域内での更衣を断られたり、驚くほどガードが固くなっていました。ことです。自分はロケの際には更衣用のテントを持参していますが、その使用すら許可されませんでした。(過去の撮影の際に管理区域内での更衣を行いましたが、管理者の許可を得て行えていました。)



 それでも、撮影自体は構わないとのことでしたので、当日の予定衣装の写真を送付するなどして、了承は取り付けたわけですが、担当者さんが「○○さん(自分の本名)はきちんとご理解頂いているので、なんとか協力したいが『そうでない人』もいて、区別して取り扱えないので、勘弁してください」と謝られてたのが気になっていました。

 当日、書面で撮影申請を提出するわけですが、受け付けの際にいままでなかった「△△(施設名)で発生した問題行為」と題した注意書きを手渡されました。

内容を原文のままあげると…

【業務撮影】
・展示棟の部屋をスタジオのように独占使用し、他の来館者の入室を断る。
・大きな機材やたくさんの機材を持ち込む。
・下着、ネグリジェでのモデル撮影。
・ミニスカートの児童モデルのローアングル撮影。
・屋内外を問わず機材、撮影対象物、着替え、台車などを放置。
・家具や花鉢、展示物を移動させる、そのまま放置する。
・テーブルの上の生け花を移動させ床に置く。
・生け花の花を引き抜いてモデルに持たせる。
・展示してある花の花びらをちぎってテーブルに散らし演出に使う。
・庭園の通路の途中を占有して、他の来館者の通行を妨げ、追い返す。
・立入禁止区域のロープを外し、立ち入る。


…唖然とする内容です。 上記の例に「無許可撮影」が入っていないのは、許可した撮影だけでもこれだけの問題が起こったということです。少し考えれば一般の方が出入りする場所を背景として借用しているだけの場合では、絶対にやってはいけないことばかりです。

 聞いたところによると、上記に該当するプロカメラマン(撮影許可申請には職業を書く欄があるので、施設側で把握できます)もいらっしゃったとか。また、特にコスプレに関しては無許可の撮影は特に厳しく対処しているとも聞きました。雰囲気を壊すような衣装を着用する方に限って無許可の例が多いそうです。

 管理者が明確になっている施設での無許可撮影は論外です。 

 今一度考えなおさなれば撮影できないところが増えるばかりです。明日の自分のため、次の世代のカメラマンやレイヤーさんのため、自分だけではなくて周囲にそういう行為をする人がいたら声を掛けていきます。


※この記事を読んで場所を思い当たったとしても、コメントには特定できる情報を書かないでください。
※上記内容は(コスプレを含む)モデル撮影だけではなく、すべて撮影行為を含む内容です。

(02:00)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔