ユカラさんブログ「ヤンくん亭」

竜門寺ユカラと申します。同人作家です☆お絵描きについて考えたことをまとめる場所にしたいと思ってます~よろしくお願いいたします

18-07-12

【ご注意】

この考察は何のデータ的根拠もありません
単なる妄想であり、個人的な推察に過ぎません


何故officeなしが一般販売されないか

それは

教育市場向けは赤字だから、では?

という推察です

結論的にわかりやすく言うと
シェアのため原価割れで売ってる
ゲーム専用ハードと同じ理由
(教育市場に限る)
ということです

【理由1】
教育市場は今非常にホット
→赤字覚悟でもシェアが欲しい
 
『2020年から小学校で始まるプログラミング教育も見据えている』
『Surface Goは小学校の小さな机にも適したサイズ』
お披露目会のプレゼンでも触れていました
KIMG0835 
 ↑左下のシーンは明らかに教育向けをアピールしている

なぜ教育市場のシェアに拘るか

もちろん市場規模もあるんでしょうけども


【理由2】
教育市場はOS同士の戦場

iPadはもちろん
ClomeBookも教育市場を虎視眈々と狙っています

学校で慣れ親しんだOSこそ、将来の覇権を握る可能性大!

ただでさえWindowsはスマホ分野で敗れ去っています

つまり
教育市場のシェアを他OSに取られる
≒将来PCなどでもシェアを奪われる

と考えると
マイクロソフトがここで手をこまねいているわけにはいかない
ワケですよ( ;´Д`)

「任天堂」「PS」「セガサターン」の
覇権争いを思い出すとわかりやすいでしょう?!




【理由3】
一般市場での覇権はそれほど狙っていない

PCメーカーとしてのマイクロソフトの立場は他のメーカーと少し異なります

appleのように
「この世のパソコンを全て自社製品にしたい」
訳ではなく

「WindowsPCの牽引役」を自認していると考えます
それは2-in-1というコンセプトを広めたSurfaceの役割からみて多分間違いないでしょう

【理由1】【理由2】もここから推察しました


【理由4】
Officeつきの価格が『適正価格』なのでは?
IMG_160d26

どちらかというと
Surface Goは全く新しいコンセプトというわけではなく
Surface proを突き詰めた形です
→つまりコンセプトモデルとして広める必要性はあまりないということです

その上質感や性能に妥協がありません

本当にこれで五万円切れるのでしょうか?

つまりここなんですね

64800円というのが
(極端にいうとofficeなしでも)
『適正価格』なのかもしれません

というのも

たとえ中華製2-in-1でも
この性能と質感を備えて
かつ五万円しない製品は
(多分)ありません


ここに【理由1】のもう一つの間接的な根拠があります

極端にいうと
「一般市場で爆売れしなくてもよい」
という割り切りです

もし、教育市場向け価格が赤字だとするなら

一般市場に赤字価格で投入するメリットがないんです

という邪推でした
冗談半分でお聞き流しくだされば幸いです( ;´Д`)

18-06-11

Surfaceアンバサダープログラム
Surfece Go
の発表イベントです!(^▽^)/

お呼びいただきまして、Microsoftさんに感謝申し上げます
何はともあれ

☆お絵描き性能は?
さて、自分的に一番気になる
Surface penの挙動ですが
正直言うと
「筆圧対応のまともなアプリが標準でWindowsINKしかない」状況でして
一応「筆圧感知はしていた」という程度にとどまります
当然、追従性で極端な遅延は感じられませんでした
写りはよくないですが、動画を撮りましたので見てみてくださいね



さて!やってきました会場に!渋谷のカジュアルデザインホテル
IMG_deur6j

会場ではドリンクやスイーツの提供もあり
かなりオシャンティー空間((((;゚Д゚))))
KIMG0832

まずはマイクロソフトの方などからSurface Goのコンセプトなどについて説明会 
KIMG0833

↓手に持ったサイズ感はこんな感じですKIMG0834


↓気になる価格は・・・・・
IMG_160d26

細かいスペックはスライドが見つからなかったらしく
あまり説明されなかったです
また、上位機種があるのですがそちらの価格とかも・・・出てないですね
その辺は各種メディアの記事を見てくださいね!(僕では正確でないかもしれないので)


☆サイズ感など
KIMG0840
IMG_rlwcbj
IMG_-44x9kr
IMG_-ndnbjd

↑赤いタイプカバーがSurface pro、青っぽいほうがSurface Goです
概ね3分の2くらいの感じでしょうか

10インチサイズはほんと大きすぎず小さすぎないですね

お絵描き用途中心に考えた場合

8インチのraytrektabはやはり「画面の手狭感」が強かったです

Surface proは1台でなんでもこなせるパワーはありますが
持ち運びを考えると「重さ大きさが気になるレベル」です
(可搬ではあるが楽々とまではいかない感じ)

その点、Surface Goは説明会で

重さは500mmペットボトル飲料1本分(本体のみ)

とスタッフさんも強調していたとおり、Surface proに慣れた身からすると

軽ッッ!!!!

という感じ。
対抗馬のiPadが469gとのことなのでそれより約50g重いですが、
それは次の点で納得できます


☆キックスタンドが装備されている


iPadとの対比でスタッフさんも強く触れていた部分です。
キックスタンドの利点として
  • 寝ころんだ姿勢での動画視聴が楽
  • 台の上に置いて写真が撮れる
  • ものを書く(描く)時に自由に角度をつけられる(最大165度)
キックスタンドの利便性はSurface proで強く感じているだけに
重さでの追従を切り捨ててでも装備してくれたことに賛辞を送ります!



☆高い質感と妥協しない性能
中身のスペックの良し悪しは、この短時間で正直わかりません。
でも、見た目でわかることがあります
  •  Surface proなどと同じPixelSenseディスプレイ
  • 筆圧感知4096段階のSurface penが使える
ディスプレイのきれいさは明らかですね!
黒の締まりがとてもよく、Surface proとの差は感じません
筐体の材質も同じ(だと思います)
Surface penも1024段階で妥協しなかった点を高く評価します


☆太いベゼルは悪なのか?
実際Surface Goを触れる時間のときに、他の参加者さんから
「狭ベゼルのタブだと指をかける場所がなくてツライ」
「薄すぎてもつかむのに力がいる」

という話が出ました
正直いって「Surface Goのベゼルは太い」ですよね

「しかし、そこがいい」と思うんです。

片手に収まるスマホサイズなら、ベゼルレスも画面が広く使えるのでいいところがある
(それでも個人的にはベゼルレスは・・・・)
実際タッチパネルの画面ですから、保持のために指がかかったら誤作動しやすいですし
お絵描きでもどうせ手で隠れる部分はできてしまう上にベゼルレスだとペンを端っこにやりにくくなります
そこまで考えてのベゼル幅だったらすごいと思いますよ!


【結論】Surface Go
 ・お絵描きタブレットマシンとして非常に期待大!
 ・素晴らしいサイズ感!
 ・これ一台でブラウジングや文書作成等こなせるスゴイ!
 ・Officeなし版も一般販売してほしい!!!!!!!!





【注意】ここより下は説明会を受けての主観的感想です
 ※スタッフの発言などは記憶に基づくもので
正確さに欠ける可能性があること
 ※あくまでも個人の感想であること
これらを踏まえたうえでお読みください

☆Surface GoのコンセプトとOffice
IMG_-fgcg09
KIMG0835
 ↑の画像はプレゼンのものです

このプレゼンでも
「これまでのSurfaceシリーズはいいものですが高価でした」
「今までSurfaceを手にしたことがない人たちにも使ってほしい」
「街中やキャンプ先で使える気軽さ」

といったSurface Goのコンセプト説明がありました
これだけの性能と質感を込めて低価格帯に挑戦したのは素晴らしいです!

ですが
Office、いりますか?キャンプに?

これはどのレビューでも必ず出てくるでしょう
IMG_160d26

Officeなし(教育機関向け)は一般販売しないの?
あれだけ「iPad」「appleさん」とやり玉に挙げておきながら
価格2倍近いのでは対抗馬たりえません(ペン等入れて8万越え)

Officeについての触れ方は歯切れが悪い印象だったので
Microsoftさんでも迷いがあるのでしょうか・・・・
実機として非常に魅力的です!Surface Go!
ですが「Office使うならお得」という冠を付けないとならない・・・
自分的に言うと「お絵描きタブレット」としては
必ずしもオススメしにくい・・・です・・・
(もちろんレポートなどもこなせる万能性がある点は素晴らしいです)

☆お披露目会として
今回、1回あたりの参加者が20名程度と大変少人数のお披露目会にお呼びいただけて幸栄でした
場所もフランクな感じのセッティングで参加者の皆さんもくつろいでおられました(^▽^)/
ただ、少々気になった点もありました
  • Surface proとの大きさ対比などができる固定の場所が欲しかった
  • 上記に加え「撮影専用の1台」と「実際触れる複数台」と分けてほしかった
  • 人数に比して実機数が5台程度で、撮影する方も多いため、触りにくかった
ご参考までに併記しておきます

重ね重ねとなりますが、今回楽しかったです。ありがとうございました!

18-05-21

400ドル程度の廉価版Surfaceが今年中に発売か?
という噂


ここまで断定的に書くのですから
相当確たる筋の情報なのでしょう

が、しかしいくつか気になります

  1. Windows10Sではなくproだと?
  2. 教育市場向けぽい?
  3. ペン対応は?

proほんとかなあ?

Windows10proを導入するということは基本的にビジネス向け

たしかにタブレットはビジネス向けラインも多く、そのためpro搭載機も多いです
(デジタイザ対応タブレットはビジネス向けの方が多いくらい)

しかしWindows10proは通常版より高価に設定されています
400ドルの廉価機に乗せるでしょうか?
次の点からも矛盾を感じます

教育市場向け?

Surface Laptop も教育市場向けと言われています
お値段が高価なのネックだと思うんですけどね(;´Д`)
しかしこの「教育市場向け」とされたLaptopに搭載されたのは

Windows10S

でした
(しかし期間限定で通常版にアップグレード可)

先述の記事は記者の見方が多分に含まれてるとはいえ
教育市場にSurfaceRTを配布した話を入れた以上
この廉価版も教育市場を狙っている
という読みでしょう
そこは昨今の流れからしても正しいと思います

するとなおさら10Sなんですよね

それとも
やはり10Sが不評?なので
開発やめる布石とか?
pro機能で制御する方向にシフト?
謎が深まります

ペン対応は?

apple pencil 対応になった新iPadに対抗する気なら
ペン非対応は有り得ない…と
思いたい所(;´Д`)

実のところ
Surface penの値段
がネックになるでしょう

apple pencilが価格据え置きだからいいじゃん
なんて胡座かいたら勝てないでしょう

さらに
「やっぱり筆圧1024段階ね」
なんて単純劣化版にした日には…

最低でも2048段階にはしてほしい!

ついでにいうとプラスチックでいいから5000円のペン出して!

(´Д`)ハァハァ

とはいえ、やっとこのブログの趣旨

「五万円以下の実用的お絵かきタブレット時代到来して!」

という流れが西のiPadと共に実現化してきました
東のSurfaceがこれに追いつけば
一気に広まるはず!
やはり今年の動向は目が離せませんね\(^o^)/

↑このページのトップヘ