メリー・ポピンズ ディズニーについてのディズニー映画情報をご覧下さい

メリー・ポピンズ ディズニー

ディズニー映画 メリー・ポピンズ

メリーポピンズ スタッフ
製作・・1964年
監督・・ロバート・スティーヴンソン
製作・・ウォルト・ディズニー
脚本・・ビル・ウォルシュ とドン・ダグラディ
音楽・・リチャード・M・シャーマン とロバート・B・シャーマン





ディズニー映画
メリー・ポピンズ あらすじ

ロンドンのある桜通り17番地に住むバンクス家族。
父のジョージは、銀行で働くとても気難しくきっちり屋。
母のウィニフレッドは、女性の選挙権運動に夢中。その為子供の面倒を見ないで乳母を雇うが、いたずら(?)好きなのか乳母は直ぐに辞めてしまう。
子供達は、理想の乳母を紙に書いて両親にお願いしたが父に却下され暖炉に捨てられてしまった。


乳母の面接の日、子供達が窓あら外を覗いてると空からフワフワと女性が降りてきて面接を受けに来た。


子供達の理想の乳母。メリー・ポピンズです。
ここから、いろんな事が起こります。

では、タッタカタ〜 ←メリー・ポピンズが子供達に急がせる時に使う言葉です。


まず、メリー・ポピンズのボストンバックの中からカバンより大きなものが出てくる出てくる。
お掃除は、指をパチンとならせば片付いていく。
散歩では、友達のバーとに会いアニメーションと合成の世界へ〜
犬と話したり〜 宙を浮いたり


ある日、父の銀行で子供達の一言で銀行中が大混乱になってしまい逃げ出した子供達は、煙突掃除の格好をしたバートに出会う。


バートやメリーポピンズ、煙突掃除の仲間達が屋根の上で歌ったり踊ったり楽しい時間を過ごす。


家に帰ると父が銀行の重役に呼び出され責任を取る事に、最後に何か言う事はと言われジョージは、メリーポピンズが言っていたおまじない を言った。
すると、何でもない事のように思えた。


そして最後は、家族で凧揚げに出掛けた。
それを、見たメリー・ポピンズはまたどこかに飛んで行った〜


じつは、
バート(ディック・ヴァン・ダイク)は、二役を演じているんですよ〜



ディズニー映画
メリー・ポピンズ収容曲の紹介は続きから〜〜〜




チム・チム・チェリー 
 ディズニーランド、ファンタジーランドで聞こえてきますね
 
お砂糖ひとさじで
 一さじの砂糖があるだけで苦い薬ものねるのさ〜
 ちょっぴりの砂糖があるだけで〜この世は素敵〜
 っと、家で歌っています

スーパーカリフラジリステックエクスピアリドゥーシャス
 これは、練習しました。
 「スーパーカリフラジリステックエクスピアリドゥーシャス
 とても長すぎることばだけど
 大きな声で言えたらすっきり
 スーパーカリフラジリステックエクスピアリドゥーシャス」

踊ろう、調子よく
 この曲は、とにかく楽しい気分になります。

凧をあげよう
 この曲は、ディズニーランドの外側、入園前、入園後に聞こえてくる曲です。
歌詞は、
たこをあげましょう あの空高く 
たこをあげましょう 糸をくりだせ
風をきって     あのすんだ空
さぁ行こう     みんなで〜


他に、楽しい休日 や2ペンスを鳩に や笑うことが好きなどがあります。


ディズニーキャラクターがいっぱいです!!


メリー・ポピンズ ディズニーへのトラックバックURL

メリー・ポピンズ ディズニーの記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ディズニー
ランキング
ディズニーの楽しい情報ブログは、 ランキングに参加しております。 どうぞ、宜しくお願い致します。 ranking

ディズニーの楽しい情報ブログ
My Yahoo!に追加
ディズニー・Categories
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブログランキング・にほんブログ村へ