2007年03月

2007年03月31日

やっぱり楽しいパーティプレイ

強敵も楽に倒せる、とか、助け合って戦える、といったメリットを抜きにしても、やっぱりパーティプレイは楽しい。


今日は午後からずっとパーティプレイに没頭していたため、実に色々なことがあった。




…色々ありすぎて……ええと、何から話そうか…




続きを読む

huntdiary at 00:24|PermalinkComments(9)TrackBack(0) パーティプレイ 

2007年03月28日

げに恐ろしきは己の物欲





紅玉が出ない。





いやそんなことは当然だろ、みたいな顔しないでください。
当然かもしれないけど、当然すぎてやっぱり悲しいんです。



ああ、あとあれ。




塵粉も出ません。


あるにはあるんです。
あるにはあるのだけど、この『炎龍の塵粉』というやつは大抵において二個以上ないと使えない。あるにはあるのだけどたった一個では何も作れないのである。


あとそれから、グラン=ダオラが欲しいのに宝玉が出ないから作れない。
アカム防具はどちらかといえばアカム素材以外の素材、例えば鎧竜の延髄とかが足りなくて、いやむしろ全然出なくて作れない。



他にもシルバーソル一式とか龍壊棍とか欲しい装備を挙げればキリがない。それ故欲しい素材を挙げればキリがない。




そりゃあまあそんなにホイホイ欲しい素材が手に入ったら面白くないかもしれないけど、それにしたってたまにはいい思いさせてくれてもいいんじゃないかと思う。




…おのれ物欲センサーめ…


物欲センサーを騙そうと、必死で「ああ上鱗欲しいなあ」なんて言いながらはぎ取ってるのは内緒ですよ?


「紅玉なんか全然いらないから」なんて言いながら物欲を押し隠してはぎ取ったにも関わらず、物欲センサー様は見事にこちらの言ったとおりにしてくれたのは………内緒ですよ…(涙)



続きを読む

huntdiary at 21:49|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 装備作成 | 方針

2007年03月27日

起き攻めがくるぞ!!

※起き攻め【おきぜめ】
相手キャラクターがダウンした後、起き上がりモーションに合わせて技を出すことを言う。
もともとは格ゲー用語。




格ゲー用語だけど、MHにも起き攻めはある。

もっとも、起き攻めされるのは一方的にこちら側だけど。



起き攻めについて更に詳しく説明すると、
キャラクターの起き上がりタイミングは一定だから、
起き上がり直後に攻撃を当てることによって
回避を困難にしたり攻めを継続することができるテクニックである。
繰り返すけど元は格ゲーの話である。



それでMHのモンスターどもときたら、
よっぽど格ゲーが上手いのか起き攻めが物凄く巧みなのである。



例えば、尻尾振り回しで吹っ飛ばされて、
起き上がったところにちょうど突進がきて、
回避もガードも間に合わない、という経験くらい、
皆さんにもあるんじゃないでしょうか?


まあ奴らからすれば、
ダウンしたにも関わらず繰り出していた攻撃が、
『たまたま』起き上がりに重なったというだけかもしれないが、
そんなことはどうでもいい。
起き攻めは結構ヒドい。



起き上がって無敵時間の切れたまさにその瞬間に、
ブレスや熱線が飛んでくる。

毒ガスやサマーソルトを重ねてくるやつは、
性格がねじ曲がっているに違いない。

たとえただの突進だとしても、
回避不可能だと精神へのダメージが半端じゃない。
率直に言うと、そこら辺にある枕でも壁でもぶん殴りたくなる(ヤメロ



ガードのできない武器の時なんかはもう完全にどうしようもなく、
覚悟と諦めの入り交じった感情になることも珍しくない。



特にグラビの熱線なんかは、
本当に毎回死を覚悟したりする。
あ、熱線といえば、
今回上位のグラビは熱線をなぎ払うからとんでもないですよね。
あれのおかげでガンナーで行く気がさっぱり失せましたよ。
あはははは(ノ∀;)




起き攻めは怖いです。
回避不可能っていうのは本当に怖いです。
皆さんもダウンを奪われないようにお気をつけ下さい。






まあ、理不尽な攻撃といえば起き攻めだけじゃないですけどね。

機会があれば壁ハメとか雑魚ハメについて存分に語りましょうかねえ…
ウフフフフフ(危


huntdiary at 17:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 戯言 

2007年03月26日

色々ありました

ブログを書こうと思ったら、
そういう時に限ってサーバーが重かったり
携帯の調子が悪いのかなかなかウェブに繋がらなかったりで、
アカムを倒してから色々あったのにさっぱり書けませんでした。



仕方ないから不貞寝とかしているうちに、
その色々を綴るのがめんどくさくなってきたり。





いやいや、書きますよ。
ちゃんと何があったかは書きますよ。

ただ、かなり『簡潔』になりますよ、ということです。



24日夜。
倒したアカムに呪いでももらったのか、
体調を崩して寝てました。


25日。
黒龍を出すために、訓練所の特別訓練と集団演習を進める。
ところが特別訓練にラージャンが出てない。
もしかしたらドスガレ〜レウスを全武器クリアすれば出るのかと思い、
全武器でクリアしてみるが出ない。

…確認してみたら、まだラージャン未狩猟でした。


orz



その後ラージャンを狩って、ラージャン訓練もクリア(片手剣)

そしたらちゃんと黒龍さまは降臨なされました。
山崩で撃退しました。セルフ部位破壊はなかなか大変です。




その後アカムと再戦。ようやく二体目に挑みました。





覇弓レラカムトルム完成!!



運がいいのか二体目で作れました。
これでボレアス様も怖くはない……リオソウルUに珠つければ会心率70%になる代物。





……こぉんな素敵なオモチャを
私にくれちゃっていいのかな?アカム君?
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ



以上。経過報告でした。
またもやオチ無し。

huntdiary at 11:34|PermalinkComments(11)TrackBack(0) モンスター討伐 | 装備作成

2007年03月24日

やってやりました

289aee0b.JPG



どうですか。
このタロスレジストとクロムメタルの組み合わせ。
一見いびつでファッション性が無いように見えるけど、
実は装填数+1と高級耳栓が発動して……



ってそっちじゃねえよコラー。後ろ、後ろ!!




見てのとおりです。



アカム倒しました。



いやああ、やったやった。頑張ったよ自分。
マグマが見切れなくて二死してようが、
牙が片方しか破壊できてなかろうが、
とにかく討伐は討伐。おめでとう自分。


昨日の記事に書いたように山崩で行ったところ、
強撃ビン調合ありで47分かかって討伐。
時間がかかったのは、
怒り時はほとんど逃げ回っていたからだと思う。




ガンナーだと怒り時のマグマでほぼ即死がわかったので、
次回からはできれば剣士で行こう。
その方が多分心臓に悪くない。
突然のマグマでいきなり死ぬのはもうゴメンです…
(ノ_;)


huntdiary at 15:22|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2007年03月23日

ダオス流生産計画

以前ちらりと書いたかもしれないが、
私のプレイはあまり計画性というものがない。
あっちを狩ってはこっちを狩って…
といった感じになかなか落ち着かない。


だけど、実はそれなりに計画もたてたりするのだ。


例えば、どこかで何かのモンスターにつまずいたとする。
すると当然、そいつを倒すための装備を作り始める。
それは弱点属性を突ける武器だったり、
有効なスキルが付く防具だったりする。

で、その際できるだけ素材元のモンスターを倒しやすいように、
素材元のモンスターに有効な装備を作る。

で、またまたその素材元のモンスターを倒しやすいように……
キリがないので割愛。



わかりやすく例えるなら、例えばクシャルを倒すとする。


クシャルの弱点は雷属性だから、鬼斬破を作る。
鬼斬破にはフルフルの電気袋が必要だから、
フルフルを狩りやすいように火属性のバーンエッジを作る。
バーンエッジにはレウスの素材が必要で、
レウスなら今持ってるアッパータバルジンで楽にいける。



このように現存戦力に突き当たるまで掘り下げ、
気がつけば「クシャルのためにレウスを狩る」という
なんとも奇妙な狩猟プランができあがる。


もちろん装備ができあがってくれば逆行し、
最終的には鬼斬破でクシャルを倒したりする。



全部が全部こうではないけれど、
概ね私はこうやって遠回りな計画をたてて獲物を決める。
我ながらなんとアホらしい計画であろうか。
こんなんじゃ計画性なんてあって無いようなものじゃないのか。




というわけで今日も
アカム用に山崩を作ろう

ナズチ素材が要る

ナズチを狩りやすいように
火属性のゲキリュウノツガイを作ろう

銀レウスへ

と計画をたてて銀レウスを狩り、
思った以上に上鱗が出ないのでリュウノツガイで止め、
結局リュウノツガイでナズチを狩って
見事山崩を完成させた。





……ええ。わかってます。
こんなんだから進行が遅いんです。


ともあれ、対アカム弓を手にした私のモチベーションは
間違いなく上がってきている。
下手をすれば今晩中には討伐できるかもしれない。


待ってろよアカム!!

オチ無し。

huntdiary at 21:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 装備作成 

2007年03月22日

救い料一億万円ローンも可

いつもパーティプレイをやっている仲間の間では、
私(とS.T)は強い方に位置付けされるらしい。

といってもそれは技量の話なのか、
先に進んでいる分装備が充実しているからなのかはわからない。

どちらかが真実なら私の場合はおそらく後者だろう。そりゃあヘタクソだと言わせない程度の腕はあるつもりだけど、
実際大きな攻略サイトなんか行ってみると
我が身のなんと小さなことよ。
井の中の蛙さんは海に出ずにゲコゲコ鳴くしかないのである。



妙なプライドはさておき、腕だろうが装備だろうが、
他のメンバーより強ければなんでもいいのである。



奴等にとっては、自らのHRを上げてくれるなら、
あるいは装備が充実するなら、
私だろうがS.Tだろうがなんでもいいのである。




Nuts「ねー。牙獣たちの逆襲手伝ってよ」

Dhaos「いやそれくらい一人で行きなよ(;^ω^)」

N「無理だよ!! だって上位だよ!? ババコンガとドスファンゴがいっぺんに出てくるんだよ!?」

D「いやだからあれくらいは…」

N「行ってくれないのぉ……?(´・ω・`)」

D(う…)

D「じゃあどうしても行って欲しかったら土下座して『お願いしますDhaos様』と…」

N「じゃあいいや~~\(´・ω・)」

D「そんなに俺に屈するのが嫌かwww」


そんな我がギルド。



続きを読む

huntdiary at 01:43|PermalinkComments(11)TrackBack(0) パーティプレイ 

2007年03月20日

でっかい蟹とか覇竜とか

1日遅れですが、昨日のことを書きます。





集会所☆8の緊急クエスト、街シェン。

以前上位に上がる際に戦ったあの蟹と、
今度は街へとフィールドを変えて再戦である。


街でシェン、といっても、村クエのシェンでそれは体験済み。
以前挑戦したらあっさりと達成したため、
「どうせ楽勝だろ」とたかをくくっていた私。



そしたら案の定蟹は容赦しない。
ガスガスと砦を壊され、呆気なくクエスト失敗。


ぬうう。こんなはずでは。


その後も武器やスキルや作戦を変えてみたものの、
情けなくも私は街を守れずに終わった。



「これは…ソロクリアは無理なんじゃなかろうか?」
と弱気になった私は、ついにプライドを捨てた。




S.Tに協力を要請し、手伝ってもらったのだ。




「俺はプライドを捨てるぞーッ!! S.Tィィーッ!!」



微妙なジョ○ョネタはさておき、
人数によるアドバンテージでもって我々は勝利した。


ちなみにその時教えてもらったのだが、
脚にダメージを貯めておいて、
蟹が砦を攻撃する直前にダウンさせれば砦攻撃を阻止できる、
という対シェンテクニックがあるようだ。というか、
何故今までそんな簡単なことを思い付かなかったのか。



シェンをクリアし、集会所最後の緊急クエストへ。


敵は覇竜アカムトルム。随所で噂は聞いている。
そして、こいつから作れる弓は
バカ強だというのも聞いている。
とにもかくにも一度行ってみよう。








ボッコボコにされました♪(♪ジャネエ



あれに勝てる日はくるのだろうか…
こればっかりはソロ討伐を目指したいと思います。

やっぱりパーティで行く時にお荷物にはなりたくないですし(^_^;)


アカム弓欲しいなあ…

huntdiary at 22:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0) パーティプレイ | モンスター討伐

2007年03月19日

激運神降臨?

あえて昨日の日記にコメントを返しませんでした。

何故ってそりゃあ……









繚乱が作れちゃったからですよ。



しかも所要時間は二時間足らず。



銀レウスで翼を一つ取り、生産リストに繚乱が無かったので、
まさかと思って金レイアに行けば案の定上鱗が必要。
K-Cさんのコメントに気付いたのはちょうどこの時でした。


翼が足りなかったので再び銀レウスへ。
面倒だったので手っ取り早く捕獲したところ…


報酬に紅玉様が。

もちろん翼もゲット。順調って素晴らしい。



さてさて今度は金上鱗が足りません。
さあ金レイアへ行きましょう。捕獲しちゃいましょう。


そしたら雌紅玉が報酬で出た。




しかも二個。



もともと一つ持ってたけど、数は問題ではない。


…自分にこんな激運がはたらいていることだ。
なんだか少し怖くなってさえくる。
ちょうど繚乱以外にもブラッシュデイムやオデブレに必要だったから、
嬉しいといえば嬉しいのだけど…



とにかく無事に金上鱗を手に入れ、鼻歌混じりに村へ帰還。

さあいよいよです。
生産の前に、アイテムの整理とか農場とかの
小さな用事を片付けたりします。
後回しにしても全く問題はないけれど、
ついなんとなく生産後に繚乱に浸れないのが嫌なので。



そして生産リストを開き、繚乱を確認。
当然文字は白い。すなわち生産可能。



あとは○ボタンを連打するだけだったけど、
ついに私は繚乱を手にしたのである。




いやああ、やったよ。作ったよ繚乱。



繚乱への愛は物欲センサーをあっさりとねじ伏せ、
私は愛銃との再会を果たすことができました。



しかし、フィーバータイムはこれだけでは終わらなかった。

どうやらこの日の私には何かが降りていたのかもしれない…



続きを読む

huntdiary at 09:48|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 装備作成 

2007年03月18日

昇格のベクトル

ようやくです。
ついにです。とうとうです。やっとです。
なんて修飾語を並べても話が前に進まない。

キリがないのでストレートに言ってしまうことにする。






ハンターランク6になりました!!(゚∀゚)





つまり最高ランク。上位中の上位。
発売から一ヶ月が経とうとしている今になって…
というのは早いのだろうか遅いのだろうか。


特にここ最近ずっとランク5の辺りで足踏みしていたから、
その間に差を縮められたり伸ばされたり、
もしかしたら追い抜かれたりもしていたかもしれない。
一体全体誰と競争していたのでしょうか。してませんね。はい。




で、最近足踏みしていたのに、
何故いきなりHR6へ進むつもりになったのか。


一つは、やはり同じようなクエストの繰り返しに飽きたというのがある。
いや、まあ、まだコンプリートはしてないけれど、
さすがにそろそろ上位の蒼レウスとか拝んでみたくなったのです。
いつまでも竜玉目当てにガノやフルフルを狩る日々には飽き飽きなのです。
ちなみにようやく目標の半分。



そしてもう一つ。それはある武器の存在による。



繚乱の対弩。


P時代最強のライトボウガンと謳われ、
Pでの私の愛銃だった金と銀のアイツが、
やはり2ndにも登場するらしい。
おまけに貫通弾の速射まで引っ提げてのご登場だとか。
これはもうわくわくが止まらない。




前々から気にはなっていたけれど、
ここにきて欲しい想いは爆発した。
装備フェチのダオス君は、火が付いたら止まりません止められません。


というわけでサックリとティガ二頭をシメて、
見事HR6へと昇格。繚乱への愛の前に敵はありません。


どうやらキー素材は銀火竜の翼だと聞いたので、
ちょっくら銀レウスを叩きのめして参ります。



さあ待ってろよ繚乱!!



装備愛に目をギラギラさせたハンターが一人、
鬼神斬破刀を背負って古塔へと向かいましたとさ。

huntdiary at 14:05|PermalinkComments(5)TrackBack(0) モンスター討伐 | 方針