2008年05月

2008年05月05日

教室のパラディン

2ndGの発売以来、私の身の回りにどうやらちょっとしたモンハンブームが起きているらしく、狩りの話をしたい時に相手に困ることが無くなってきました。

身の回りというのは、具体的にはクラスメイトのことを指します。クラスに広がるモンハンの輪。うーん、素晴らしい。


ええと、何人くらいかな……





入学当初から仲のいい奴を中心に、実に5人(!)のハンターが私のクラスにいるのです(自分を含めると6人)。……そこ、意外と少ないなとか言わない。
5人全員が男子で、うちのクラスは総勢43人、男子が全部で14人だから……男子の役36%、クラス全体で考えると役12%の人間が今日も狩りに勤しんで…………ってパーセンテージにすると案外大したこと無いな…別に文字色変えるほどの数じゃねぇ……


いやいや、それでもきっと多いほうに入るはずだ。更に言えば隣のクラスの友達が1人やってるし。




って別に数を語る記事のつもりじゃなかったのだけど……





えー、話を本来予定していた方向に無理やり持っていきましょう。本日のテーマはそんなリアル集会所状態のクラスメイトの1人をピックアップ。




そいつはなんと無印時代からモンハン全シリーズをオフライン・オンライン全て遊んできたというツワモノで、2ndGも2ndからデータを引き継いでバッチリG級ハンティングを楽しんでいます。


すごいのは経歴(?)だけではなく、その狩りのスタイル。



何がすごいって、彼と一緒にクエストに出撃すると生命の粉塵が飛び交う飛び交う。

…あ、誤解の無いように。「他の人が彼を回復するために粉塵を使う」のではなく、「彼が他の人を回復するために粉塵を使う」ので。ご注意。





でと、大げさも誇張も一切無く、本当に粉塵が飛び交いまくるのです。
ちょろっとディアブロスの突進なんかに引っ掛けられようものなら、起き上がるその時にはもう体力は回復して、くらったことなど無かったようにされています。
敵の攻撃は他のハンターに向かっているし、こちらの回復アイテムにも余裕があるので「起き上がったらちょっと避難して回復するか」と思った次の瞬間にはもう傷はふさがっているのです。




「いや、使わなくても平気だったよ? 追撃きてなかったし、回復薬あるし……(;´Д`)」と言っても彼は聞きません。

「使いたいから使った(`・ω・)」とだけ言ってなおも粉塵をばらまきます。


彼のポーチの中には、ほぼ常に調合書と粉塵の調合素材が忍ばせてあるようで…







と、ここまでを読んで、「粉塵を中心に仲間をサポートする役」を担っているとお思いでしょう。武器も狩猟笛とか使ってるんじゃないかと推測していることでしょう。


そんなことは一切無く、彼のメイン武器はランス。


火竜のブレスがきた時は、ほぼ必ずその軌道上に割って入ってガードしてくれます。咆哮→グラビームの地獄直通コンボを喰らいそうになると、咆哮をガードした彼が突進で突き飛ばしてくれます。



とにかく仲間を守ることに命を賭け、「誰も死なせない」を常に念頭に置いたような彼のスタイルはまさしくパラディン。ファイ○ルファ○タジー風に言うならナイトでしょうか。



最近はガード性能+1、広域+1、早食いのスキルセットでますますその聖騎士っぷりに磨きをかけております。実際何度も危ない局面を助けてもらっています。……あんたすげえよ。





攻撃面の腕前も大したもので、閃光やら麻痺やらが無くとも尻尾切りができちゃうクールなランス捌きを披露してくれます。ガードもステップも絶妙で、回避性能+がついていれば被弾率は極端に減少します。




そんなパラディンは実は………と何か笑えるネタになるようなものを書いて、それをオチとしてしめくくろうと思ったのですが、何度パラの狩りを思い返してみても、笑い話になるようなものが一切無い!!!!


ハンターとしての腕前、仲間を思う心は尊敬に値する彼ですが、ブログのネタとするには非常に扱い辛い、微妙な困ったちゃんなのでした。




そんなわけでクラス集会所の中では一番最初に記事にさせていただきました。……え? シリーズ化するのコレ?

huntdiary at 04:48|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 仲間話 

2008年05月01日

勝利など容易い!

先日、雪山深奥に潜むあやつの元へと余裕の笑みを浮かべながら出かけていったものの、這々の態で逃げ出す…間もなくボッコボコにされてきたわけですが、そろそろリベンジの時かと思って装備を整えて再び雪山深奥へ。







先に結果から。


ウカム討伐









勝(狩)ったー!!

(゚∀゚)







ウカムの死体を写してもよかったのですが、ネタバレになっちゃうかなと思ったので、報酬画面(笑)。さんざん見た目についてアゴだのスコップだの書いてますが、やっぱり実物は自分の目で見るべきでしょう。


討伐にかかった時間は40分ちょい。……かかりすぎですか? そうですね…
部位破壊は頭、腹、尻尾の三箇所成功。アカムと同じなら背中とか爪も壊れるのかな。




装備詳細。


武器:コウリュウノツガイ

防具
ギザミZヘルム
他全てキリンX


装飾品を駆使して、スキルはランナー、属性攻撃強化、切れ味レベル+1。本当は対ナズチ用に作成したつもりでしたが、ウカムにも火属性&双剣が有効と聞いたので。


持ち込んだアイテムは以下のとおり。


回復薬
回復薬グレート
秘薬
いにしえの秘薬
力の爪
力の護符
守りの爪
守りの護符
ペイントボール
閃光玉
薬草
アオキノコ
ハチミツ
砥石
調合書
調合書



個数は全てMAX。回復薬グレートを調合で作れるようにしてあるのがポイント。持ち込み分では絶対足りないだろうと思ったので(笑)



作戦としては……とにかく斬る。アカム同様に攻撃動作は緩慢なので、隙あらばとにかく攻撃。頭と腹を主に狙いつつ、足でも尻尾でも斬れればどこでも斬る。ひたすらチャンスを無駄にしない感じで。


ビーム、尻尾振り、突き上げの時は腹下に潜り込んで乱舞。尻尾振りの時は、頭に回りこんで乱舞してもよし。もしくは鬼人化せずに武器出し攻撃から連携を繋いで攻撃。

咆哮、倒れこみ、跳びかかり時は距離をとって回避。攻撃後にこちらの攻撃が間に合うようなら攻撃。


そして問題の潜り突進ですが、とにかく奴の懐に潜り込み続けることで突進自体をしないようにさせる、という作戦でした。距離が開かなければ突進してこないだろう……という非常に浅はかな作戦だったのですが、これがハマったのか、あんまり潜り突進をしなかったような気がします。とはいえ全然やってこなかったわけではなく、潜り突進がきた時は中距離で緊急回避。ここで皆さんの情報が生かされた(生かせたのかな?)わけです。謝々m(_ _)m


くらっても回復薬グレートを調合しつつガブ飲み(笑)





そんなこんなでひたすら攻撃をし続けされ続け、40分ちょっと経過したあたりで尻尾が切れ、そのまま討伐に成功しました。やったぜ!



これでG武器と防具の限界突破もしたことだし、今まで以上に装備作成の楽しみが増える!


さて、ぼちぼち村上位も進めないと……上位ナナとも戦ってみたいしね。



ところでウカム装備各種ですが、自分にとってはちょいと微妙なものばかりな感じです……
まだ生産リストに載ってないものもあるだろうし、実は気付いていない意外な強さがあるのかもしれないけど……しばらく作らなくてもいいや…

何よりあいつに何度も挑まないといけないのかと思うと('A`)マンドクセ



そんなことを言いつつも結局は何度も狩ることになるのでしょうな。なんか新しいモンスターを苦労して倒すたびにこんなこと言ってる気がする……

huntdiary at 22:20|PermalinkComments(14)TrackBack(0) モンスター挑戦 | モンスター討伐