2008年08月

2008年08月30日

耳をすませば

8月最後の週。しかし連日の雨。大雨。雷まで毎日のように鳴る始末。

クシャとキリンとルーツが豪華三大共演って感じでしょうか。正直鬱陶しいので帰れ。(・∀・)カエレ!!


夏休み最後の一週間がこれじゃあ、新学期開幕から滅入りっぱなしな予感。というか今から滅入ってる。もっと夏の終わりを感じさせるような終わり方が理想なのに……


つくつくぼーしの声を遠くに聞きながら、まだまだ暑い太陽の下、ちらほら出るようになってきたいわし雲とか見上げながら、若干首の曲がってきたヒマワリに水をやる……みたいな。残暑お見舞い申し上げます。



……基本引きこもり体質のはずなのに、夏に対するイメージだけは妙に爽やかなダオスでした。嗚呼、今年は夏休みの課題も一個しかなかったから、最終三日くらいの追い込み(風物詩)も無かったし。









一瞬何のブログだったか忘れちゃうような前置き終了。長いし。…あ、みなさんも雨にはお気をつけてくださいまし。洪水警報とか出てる地域は特に。

















音楽の力って偉大ですよね





うん、唐突に何を言っているんだ俺は。




みなさん、モンハンに使われてる音楽ってじっくり聴いてみたことあります?


普段何気なく聴いてる農場や集会所の音楽。聴いてる余裕なんて無いかもしれない戦闘時の音楽。今日はモンハンの音楽について語ろうと思います。







ゲームのBGMってすごく大事です。雰囲気や迫力を演出し、プレイヤーに強烈な印象を与え、なおかつ音楽が出しゃばって画面に集中できないなんてことの無いようにしなければならない。ゲームに限った話ではないかもしれませんが。

1番よりNo.2!!!みたいな。永遠の名脇役みたいな。





モンハンのBGMは、良い感じのエッセンスとして機能してくれていると思います。

壮大な世界観と、豪快で自由な狩りを想像させるメインテーマ。和やかな雰囲気を言葉以上に語ってくれるポッケ村BGM。モンスターと対峙する迫力や緊迫感を、鼓膜から脳へ届けてくれる戦闘曲。ラオ戦最終エリアの曲も勇ましい感じで人気がありますね。





個人的に好きなのはアイルーキッチンのBGM。和みます。和まされます。自室以上にリラックスできる場所なんじゃないかと思わされます。ネコどもがニャーニャーバタバタうるさいですけどね(笑)


音楽…と言っていいかはわかりませんが、森丘の11番あたりのBGMも好きです。「BGM無いじゃん!!!」と仰らずに。川のせせらぎと木々の音がBGMなのですよ(´∀`) (それはどっちかというとSE)





が、一番好きなのは懐かしのココット村のBGMであると言っておきましょう。ちょっぴり切ない感じの旋律が実に心地よかった覚えがあります。





皆さんもたまには耳をすませてみてはいかがでしょう。狩りの合間にそんな余裕があるかはちょっと疑問ですが、普段何気なく聴いていたBGMに感動を覚えたりするかもしれませんよ!!









とかなんとかイロイロ言っておいて、ダオス自身は音楽関係まったくの素人なのでありました。しかもたまにMP3プレイヤーで別の曲聴きながら狩ってたりするし……





あ、そういえばバレッタ嬢が上位に上がりました。一気にラオ撃退まで終わらせ、村上位も進めだしました。ゆっくりまったり進行中です。

huntdiary at 03:27|PermalinkComments(7)TrackBack(0) その他 

2008年08月23日

兄の話

予告どおり、今回は兄の話。




私には三つ上の兄がいます。社会人です。兄弟仲は…悪くはないはず。




兄はよく言われるB型像にカッチリ当てはまる人で、自分の興味のもの以外には一切無反応。昔から私が勧めてきたものをことごとくつっぱねてきました。


モンハンも例に漏れず、世がモンハンブーム絶頂期の頃、私がモンハンをやってても無反応。雑誌のモンハンのページはすっ飛ばすし、私が楽しいよ面白いよでっかいモンスターを狩る豪快なゲームだよと勧めてみても( ´_ゝ`)←こんな顔して聞き流してやがりました。




が、2ndG発売からちょっと経ったある日。「なあ、モンハン貸して」と突然言い出し、仕方なく2ndを貸してあげたら(当然2ndGは私が使っていたので×)次の日には2ndGを買ってきちゃいました。……( ´_ゝ`)←こんな顔してたくせに…





突然のモンハンスタートの理由は、「会社の先輩たちが昼休みに遊んでるのを見て楽しそうだったから」とのこと。そうだよね。ソロでちまちまやってるのより、みんなでワイワイやってるのを見た方が直感的に楽しそうに感じるよね。









そうして兄のハンターデビューから四ヶ月。彼は今や立派なハンターに……なりきれてません



一応HRは7。G級クエスト受けられちゃうはずなのに、未だに下位のフルフルに手こずったりするそうです。装備もこの前までギザミ(無印)一式だったし…





理由はお察しのとおり。会社に持っていくと、ことごとく先輩方にキークエ緊急クエを手伝ってもらってしまい、気が付いたらこのランクまで上がっていたそうな。そりゃあプレイヤースキルも身につかんわな……







だって……未だにスキルの概念をよく理解していません。防具の有用性は防御力「のみ」を基準にします。そもそも攻略本(2ndのだけど)を貸してやってるのに自力で調べようとしません。「ライトクリスタルってどこで採れる?」とか聞いてきます。




アドバイスをしてやろうにも、はて何から教えてやったものやら……。そもそもこのゲーム、覚えることが地味に多いと再確認させられています。


肉質、部位破壊、モーションによる攻撃倍率の差、切れ味ゲージの攻撃力補正、有効なスキルといった戦闘に直接関係することだけでなく、アイテムの採集ポイントやら武器の強化派生やら、いっぺんに教えても覚えられるわけがありません。



そして困ったことに、そういうことを長々と語ると、兄はキレます。自分から「教えて」と言ってくるのに、最終的には「ん"〜〜〜〜もういい!!」と投げ出しやがります。教えないなら教えないでまたキレます。

どうせぇっちゅうねん






この前も、「なあなあ、防具こんな感じにしてみたけどどうかな?」と見せてきたので見てやると、全身バラバラ、スキルも砥石高速化と攻撃力UP小のみ。

アレとかコレとか使ってこういう装飾品を使うと防御も上がるしスキルもいいのつくよ、と懇切丁寧に教えてやっても、眉間にシワを寄せるだけで全く分かっていない様子。そもそも分かろうとしてない様子。どっちかというとせっかく揃えた防具にケチをつけられてご不満な様子。



「どうかな?」って聞いてきたのはお前だろうが!











………いかんいかん、愚痴っぽくなってしまった…



そんな兄とパーティプレイに行ったことも、もちろんあります。といってもまだ片手の指で数えられちゃうほどの回数ですが。


モンスターの知識もあまり無く、スキルも大して活用していないので攻撃さえままならないことが多々。大抵、兄が半殺しにされてる横から私が攻撃しています。もはや盾役(笑)

……でも、電気袋のためだけに狩り出される身にもなってもらいたい。防具はG級クラスだからなんとかならなくはないでしょうに……






とにかく仕方のない奴なんです。


別に手伝ってあげるのは構いませんし、「それくらい一人でやれ」と突き放すわけではないのですが………



なんとなく、PLでランクを上げた人には厳しくあたってしまう私なのでした。「俺様があんなに苦汁をなめながら頑張ったというのに、こいつは楽々スイスイ進みやがって」という気持ちが無くはないですし(笑)




ついでに言えば兄補正できつくなりがちなのでしょう。

物心ついたときから兄には威張られまくってきたので、ゲームの中でくらい立場をちょっと逆転させてもいいじゃないですか!! 「ぷwそんなのも倒せないのかwwwww」と笑い飛ばして優越感に浸るくらいいいじゃないですか!!!! ………俺ちっせorz





兄の話、というか、兄に関する愚痴、みたいな内容になっちゃってますね……すいません。

huntdiary at 03:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0) パーティプレイ 

2008年08月22日

タダイマ

壁|ω・`)




お久しぶりデス。



ファンタシースターポータブルはアレはアレで面白かったけれど、結局モンハンに戻ってきてしまうあたり、もうすっかり生活の一部なんじゃないかと思えてきました。とにかくただいま。




更新が滞っている間にも、ネタだけは確保してありました。が、それを事細かに書いても面倒くs………量が膨大で読者様が疲れてしまうだろうと考慮し、簡潔に箇条書きでまとめちゃいます。




ファーストキャラのほうは、

・ウルトラソウルを作成
・残ってた村上位クエをちょっぴり消化


ちなみにウルトラソウルというのは、『リオソウル系防具を使って自動装填、高級耳栓、見切り+1が発動する組み合わせ』のこと。
長らくラオ砲自動装填使いの男キャラを悩ませてきた、ブランゴZの呪縛から解き放たれる至高の装備で、性能とかっこよさを見事に両立させてくれた素晴らしい装備です。考案者は某銃身氏。

以前、某遺伝子氏も同じスキルの組み合わせで、ブランゴZキャップを使わない装備を作っていましたが、何か(忘れた)が足りなくて作れなかったのです。ウルトラソウルはラッキーなことに手持ちの素材で作れちゃったので、こっちに流れちゃっただけです。









セカンドキャラのバレッタ嬢は頑張りました。


・散弾強化、麻痺無効の防具作成
・↑を使って村下位キリン討伐
・クイックキャスト作成
・クイキャの活躍でHRが1→4に。上位突入。
・訓練所ちょっぴり進行。ただし飛び道具のみ



HRは二日で上げました。ソロオンリーで、そんなに時間取ってやらなかったのでこんなものだと思います。

あ、もちろん巨蟹は撃退ではなく討伐です。火事場万歳。クイキャ万歳。全部位破壊もできたし!



クイキャは……気が付いたら手元にありました(笑)。
いや、本当は集会所☆5のキークエのグラビが面倒だったので、楽に倒せる武器が欲しくて作りました。さすがにカホウやアサルトコンガだと、水冷撃てないのが痛かったので。今後のためにも優秀なオールラウンダーは必要かと思って。





駆け足で説明しちゃうとこんだけですが、実際はもうちょっと紆余曲折波乱万丈ありました。……あったはずです。ごめんなさい、ダオスの記憶力が限界です



というかあんまし覚えてないってことは、きっと大したことも無かったということなのでしょう。オーケー、そういうことなら大丈夫! 書けないんじゃなくて書くまでもないってことで! ………だめ?(;・∀・)






珍しく次回予告とかしてみたり。


――弱肉強食。それは狩りの場においての絶対理論。其処に兄弟の上下関係など無用。…では、血を分けた絆は……?


次回、『兄の話』! 乞うご期待!(※タイトルは事前の告知無しに変更される可能性があります。ご了承ください)

huntdiary at 01:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0) モンスター討伐 | 装備作成

2008年08月03日

氷点下の青空




















ファンタシースター










許してとは言わない。ごめんなさい。

huntdiary at 02:37|PermalinkComments(6)TrackBack(0)