2009年02月

2009年02月25日

ダオス流モンハン用語辞典【ラオート】

ラオート(らおーと)



最高の攻撃力を持ちながら、装填速度の遅さと対応弾の癖の強さから扱いが極端に難しいとされるヘビィボウガン、老山龍砲シリーズ。
この"じゃじゃ馬"武器と、スキル「自動装填」の併用によって、手軽に最高クラスの火力を実現させるのがラオートである。
名称の由来はもちろん、ラオ砲の「ラオ」と自動装填の「オート(Auto)」をくっつけただけ。





ラオ砲の性能と歴史



過去よりずっと、老山龍砲シリーズのヘビィボウガンに共通する性能は以下の通り。



・最高峰の攻撃力(老山龍砲の時点で下位ボウガン中最高。以降のラオ砲シリーズも上位、G級のボウガンの中で最高の攻撃力)

・装填速度が「遅い」

・反動が「小」(2ndGから。それ以前は「やや小」)

・通常弾Lv2とLv3に対応

・通常弾以外の弾丸は全てLv3のみ対応

・属性弾は火炎、水冷、電撃に対応

・状態異常弾は毒弾Lv2のみ対応




反動を抑えることで高威力の弾丸を連続して叩き込める仕様、ということなのだろう。ボウガン本体の高い攻撃力も相まってその威力はバズーカ砲並。


しかし装填速度が最低クラスで、弾丸自体の装填速度補正と合わせ、装填はほぼ常にスローモーション。通常弾Lv2でさえ「ゆっくり装填していってね!」となる。
これはボウガン、特に立ち回りの難しいとされるヘビィボウガンにとっては致命的であり、「使い辛い武器」の烙印を押されてしまう。



その潜在能力は誰しもが気になっていたはずだが、ハードルの高いラオ砲よりもクイックキャストやディスティアーレなどの「使いやすくて強いボウガン」に惹かれる者が多く、また、絶対的なガンナー人口の少なさから一線級の武器となるには至らなかった。




しかし2ndGにて「自動装填」のスキルが実装。2ndまでの「連射」から若干仕様を変更されたこのスキルによって、ラオ砲は文字通りの怪物武器へと変貌した。




ラオ砲最大の問題であった装填速度の縛りが取っ払われ、「連射」の欠点であった反動(全ての弾丸が反動最大になる)は自動装填の「通常弾と属性弾には影響なし」という新仕様によって消滅。

もともとラオ砲は戦力の大半を通常弾Lv2に依存していた武器であった。最も扱いやすくて安価な弾丸は、連射能力を得たことで最強への階段を駆け上がることとなる。
追撃の属性弾の威力値変更によってダメージは更に加速した。ダメ押しってやつだッッ!!





エピソード


某所の某掲示板のガンナースレッドにてある日、驚異的なレスが画像つきで書き込まれた。

画像には横たわる銀レウス。ラオート装備のハンター。クエストの種類を証明するステータスウィンドウと、5分針を指して止まった時計。
G☆3の銀レウスをソロで5分針で討伐した証拠写真であった。
「閃光玉で動きを封じ、ラオートによる最大火力を叩き込んだ結果」とレス主たる某氏は証言。スレは核の炎に包まれた。



某氏の腕によるところも大きいのであろうが、ラオートの凄まじい威力を物語るエピソードである(余談だが同氏はその後も系譜ソロ10分針など数々の記録も出している)。





…が、あまりにも手軽で強すぎるため、「こんなのラオ砲じゃない」「あのじゃじゃ馬感がたまらんのに…」とのコア(マゾ?)な意見や「強すぎてつまらない」との声も出ている。

また、今までラオ砲に見向きもしなかった者たち(主に剣士)がラオートの威力に惹かれて殺到し、それもまた古参ガンナーには歓迎されていない様子。
実際、ヘビィボウガンの立ち回りを理解せずにラオートでパーティに参加し、慣れない武器で三乙……という目も当てられない話もある。




強すぎる力に溺れて身を滅ぼさないように注意していただきたい。どんなに強力だとしても、生かすも殺すも結局はプレイヤーの腕次第ということも忘れてはいけない。

huntdiary at 06:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0) その他 

2009年02月06日

やぁ(´・ω・`)

どうもです。気が付いたら年明けてから一ヶ月。だんだんブログの書き方を忘れてきつつあるような気が……




白状させていただくと、だいぶ苦しいんです。何がって…モンハンオンリーでブログを続けていくことが、です。





もちろんまだまだモンハンでやる事、やれる事は残っています。ボウガンで全モンスターソロで倒すとか、武器コンプとかランス練習とか。


…でもブログ書けてないってことはつまりそういうことなわけで。


認めざるを得ません。「飽きた」と。




かといって情熱が戻ってくるまでブログを放置するのもなんだか落ち着かない。間をもたせるネタなど皆無。閉鎖もつまらないし。





さてどうしたものか。色々考えたのですが、モンハン以外のゲームのことも書こうかと。



モンハンのブログ→ゲームのブログへと変身ってわけですね。モンハン勢以外も楽しめて何よりネタが豊富。新作情報とか色々な内容も書ける。どうでしょう。






とはいえまだ正式に決まったわけではなくて。

「俺はモンハンやってるダオスが好きなんだよ!!」という人もいるかもしれませんし(希少種)、私自身あっさり鞍替え…というか主旨を変えちゃうのもいかがなものかと思ってまして。いやほら、仮にもモンハン一筋で二年間続けてきたわけですし。




とりあえず生存報告に代えて。


一昨日、兄の竜王の系譜を手伝うため、一ヶ月半くらいぶりにモンハン触ったら、手が操作やコツを覚えていてちょっとビックリしたダオスでした。





続きを読む

huntdiary at 02:04|PermalinkComments(5)TrackBack(0) その他