2010年11月

2010年11月30日

やっぱりmixiやめます


 俺はちゃんと言ったからな。


続きを読む

huntdiary at 01:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

デビルマンのうた

 11月ももう終わりとか、どういうことなんだ……

 今年も残すとこr……いや、これ以上言うとなんか切なくなるのでやめます。



 11月が終わるといえば、明日はもうMHP3rdの発売日ですなあ。

 風の噂で予約分完売とか聞いたけれど、ゲームショップ各店にとっては台風到来を予告されているようなものじゃないかな……。平日だから客がどっと押し寄せることはないだろうけど。


 そして毎度のことながら、予約なんてしていないラウであった。


 予約もしてないし、まだFF11(12/7にバージョンアップ控えてる)が楽しいし、学校の課題とかもあるし、お金も厳しいし、いい加減バイトもどうにかしたいし、そもそもモンハン自体へのモチベがダウン気味だし、どうせ3rdGが出ると思われるし、高校の時みたいにみんなでワイワイな環境が遠ざかっているしと、色んな理由が積み重なった結果……もしかしたら買わずにスルーも…あるかもしれません。



 おかしいな。これモンハンのブログとしてスタートしたサイトなのにな…(URLに名残あり)。





 モンハンよりも、今は何かを書きたくてうずうずしているのでそっちをやりたい気が。

 もちろん小説のことね! 単発もいいけど、できればブログで連載形式でいけそうなのがいいなーとか考えていたり(全然使っていない「小説」タグを付けたいしねww)



 しかしアイデア弱者の俺には、使えそうなネタのストックがさっぱりなのであった。そんなわけで誰かお題とか提供してくれたりしないかなあ(´・ω・)
 どんな駄作で返されたとしても許してくれる寛大なお方ー! もし読んでたら頼むー! オラにネタを分けてくれー!





 それと、次の記事は釣りバトンだから。予告しておくから。地雷踏みたくない人は気をつけてね!



続きを読む

huntdiary at 01:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日常 

2010年11月16日

Space Sonic

 まずはこれを見てくれ……こいつをどう思う?



消される運命にある「御」















 すごく……親指です……。




 そっちじゃねえ!






 寒いノリツッコミはおいといて、見ての通り同窓会の招待状である。

 「一月の成○式の後に同窓会やろーぜ!」とお声がかかったのである。

 中学時代冴えないヤツだった(現在進行形)自分にはもったいなきお誘いである。

 これで俺もリア充の仲間入りじゃわい。招待状さえ届かず、当日街を歩いているとばったり同窓会メンバーと出くわして
 「あっ……悪い、招待状出すの忘れてたwww」
 「そういやお前いたねwwwwwいたよねwwww」
 などと言われなくて済むわい。









 などと思うのが普通なんだろうけれど、


 ぶっちゃけこいつは今の俺には赤紙に等しい。


 そりゃあ引き篭もりで面倒くさい人間関係が嫌いな俺でも、中学のメンツに再会したい気持ちもありますよ。
 卒業してから今までに誰がどれほど変わったか、興味が無いわけじゃないですよ。



 しかし。ああしかし。だからといって二つ返事で出席に○をつけて投函するわけにはいかない。会いたい人以上に会いたくない人が多すぎるのである。

 招待状の詳細欄をよく見ると、どこにも『○○組同窓会』という記述が無い。どころか連絡先として『1組代表××××』『2組代表△△△△』と名前が並んでいる。


 すなわちこれらの意味することは…………学年全体での同窓会……ッ!!

 自分のクラス内でさえ、できれば二度と顔を合わせたくないDQNが多いというのに…ッ! 更に他のクラスからも来るだと……ッ!?
 予想外…ッ まったくの予想外…ッ!



 そして始まる心理戦。果たして自分はどちらに○をつけるべきなのか…?

 『出席』? 『欠席』? ヤツラは…DQN共はどっちだ? いや、DQNとリア充は背中合わせ…十中八九出席してくる……。あるいはDQNだからこそこういう会を蹴ってくるか? 俺の友達はどっちだ…? 誰が味方で誰が敵だ…?




 そんなわけで迷っている今日この頃。成人式直後に会費払ってまで嫌な思いはしたくないというのが本音。どうしたらいいでしょう。教えてえらい人。











 実は予想外に高い会費のせいで尻込みしているというのが、本音の本音。それに会場がさ……地元の某ホテル(結構有名らしい)なんだぜ…。場違いすぎて死にたくなるのは目に見えてるぜ…



続きを読む

huntdiary at 02:48|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 日常