2011年04月

2011年04月15日

お花見

 東北太平洋沖地震から一ヶ月が経ちましたが、相変わらずあちこち混乱してるし被災地はライフラインの復旧すら十全ではないし、政府はてんやわんやしてるしマスコミは煽りと叩きばっかりだし、余震はでかいのが頻繁に起こるしとまだまだ先は長そうです。


 そんな状況でも、桜は咲く。




桜















 先日市内の某公園に花見に行ってきました。


 まぁ花見といっても、諸々の事情で現地に着く頃には夕方になっちゃってて、「とりあえず来たんだから桜の下にシート敷いて座ってお茶くらいはしていこうかwwww」なんて言って30分少々桜を見上げただけで終了したんだけどね!

 そんなんだから写真も少ない。



さくらサクラSAKURA

















 桜そのものというよりは桜の映える風景が好きだから↑のような写真を撮りがちなんだけど、一枚くらいは桜の花をアップで撮っておけばよかったな。




 そして花見終了後、公園の出店で団子を買って帰ったというオチがつく。花より団子。




huntdiary at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2011年04月05日

思い出の10曲

 某友達のブログにて、「テレビのお願いランキングで元気の出る10曲発表みたいのやってたから、自分のも考えてみた」という企画をやっていたので便乗してみることにする!

 と言いつつどっちかというと「元気の出る」というよりも「思い出重視」で選曲。元気の出る曲で選曲すると恐ろしく偏るからそれを回避するため。
 思い出ゆーてもだいぶ偏った感じになりそうなので、できるだけバラけるように努力してみよう…



 ■ラフ・メイカー : BUMP OF CHICKEN(2000年)
 人生初BUMPとなった曲。出会った当時中一だった俺は、全身に衝撃が走った。電撃に撃たれて骨が見えた後に黒煙をぶすぶすと口から吐いた。それほどショックな出会いだった。そして以降ずっと憧れるようになる。ロックバンドにではなく、ラフ・メイカーに。
 今でもたまに励まされるけど、この曲を聴いて泣いたことはない。だってラフ・メイカーだもん。笑いながら聴くのが良いに決まっている。
 この曲との出会いは実に複雑かつ偶然にして必然的であり、何よりドラマティックだった。……友達の家のパソコンでFLASHサイト見てたんだよ文句あっか!



 ■ススメ! : SMAP(2003年)
 これ聴いてた時は本当に色々あって、一番泣いて欲しくない人が泣いていた時期で、でもこれのおかげでちょっとだけ前を向けていたような……そんな思い出がありマス。
 アテネ五輪の放送イメージ曲だったとついさっき知ったw



 ■愛は勝つ : KAN(1990年)
 物心ついた時に(何故か)お気に入りだった。カセットテープに入っていて、よくじいちゃんのラジカセで聴かせてもらってた記憶があるw
 ちなみに兄者もお気に入りのカセットテープがあって、そっちは牧原の「どんな時も」だったw 渋いガキ共だったんだなぁ…としみじみw



 ■Romancing Train : move(2002年)
 初めて自分で買ったCDってことで思い出にランキング。『FF:U』のアニメED曲。
 アニメ観てどうしても欲しくなって、1250円は当時の俺の小遣いでは高い買い物で、決意を固めてCD屋で手に取ったらジャケットの女性が妙にエロくて若干躊躇して、それでも買って、改めて聴いたらボーカルが妙にエロく聞こえた。つまりエロいイメージしか残っていない\(^o^)/



 ■記憶 : See-saw(2003年)
 『.hack//』のゲームについてくるOVAの曲なんだけど、.hack絡みで最初に聴いたせいかがっしりと記憶に残ってました。
 当時の俺はFF11に憧れていて憧れていて、ネトゲをモチーフにしたゲームである『.hack//』の曲を延々聴きながら友達に借りた攻略本を読みふけっていたのであった。だから俺はこれ聴くと脊髄反射レベルで電撃の旅団と『ジラートの幻影』が頭に浮かぶ。重症。



 ■愛の言霊 〜Spiritual Message〜 : サザンオールスターズ(1996年)
 ここに来てドーン! と変化球(?)。別にアーティスト名をアルファベットで縛ってたわけじゃないのよ!
 小さい頃から(母者の影響で)SMAPが好きで、香取慎吾のドラマ『透明人間』をちょこちょこ観ていました。そのうちこれのサビが頭にこびりついて、歌詞の意味もわからず「うまれくせりふとはっあおきほしのそわっ」と歌いながら何故かベッドの上でぴょんぴょん跳ねるというおかしな遊びをやっておりました。当時保育園の年長さん。俺かわいい!



 ■ベル : BUMP OF CHICKEN(2002年)
 中三の俺はふとしたことから「ギターを弾きたい」と母者に言ったところ、母者はギター経験者にして音楽好きだったためたいそう喜んで俺にアコギを買ってくれた。
 しかし特に弾きたい曲があったわけでもなかったため、目標を失って早々に頓挫しかけていた……が、BUMPの弾き語りスコアを見つけたことで意欲復活。その中でも簡単そうなこの曲をなんとか頑張って弾いていたのであった。
 しかしまあ曲が曲ゆえに気恥ずかしくて誰にも披露できず、受験の波に飲まれてアコギもいつしか埃を被っていったとさ。ごめんね母者。



 ■Killer Queen : Queen(1974年)
 古っ! と思うことなかれ。俺がこの曲に出会ったのは中学の頃である。
 というのもその頃ドラマ『プライド』でQueenの曲を使っていたために世間にはQueenブームが再来していて、バリバリの平成っ子である俺もQueenの曲を耳にすることが多かった。ついでに母者がQueen好きだったからベストアルバムを買ってきた。
 その中で「ジョジョのスタンド名の曲がある!」とついつい反応してしまったこの曲。
 思い出と言えるほどのエピソードはないけれど、バリバリの平成っ子でも「懐かしさ」を感じる曲ってことでひとつ。



 ■浪漫飛行 : 米米CLUB(1987年)
 これは……初めてのお気楽LS年越しオフ会(過去記事参照)で、2010年を迎えたその時にLSリーダーのSさんが歌っていた曲でした。
 だから余計に印象に残り、思い出曲といったらこれかなあと思ってここに出してみた。沖縄旅行を連想する人は多いと思われる。



 ■雲の指標(合唱曲) : 作詞:吉井 奈緒子 作曲:鹿谷 美緒子(年代不明)
 まさかの合唱曲!w
 中学の時(なんか中学のエピソード多いな)いきなり合唱祭の指揮者に任命されたことがあって、その時担当したのがこの曲の指揮。当時つるんでたもう一人の指揮者と一緒に懸命に練習したことを覚えている。
 しかし本番では、成長期ゆえにつんつるてんになってしまっていた制服のブレザーの恥ずかしさと、俺自身の緊張のせいでボロクソだったことしか覚えていない。それでもみんなちゃんと歌えていたってことは、俺なんか見てなかっt(ry




 以上10曲でした。選曲は思い出重視。
 もうちょっと深く考えて選べばラインナップもかなり違うのだろうけれど、この場でぱっと思いつく思い出曲といえばこんな感じなんだよねー。

 とりあえず言えることは、母者の影響と中学時代の思い出が強すぎるってことだwww


続きを読む

huntdiary at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月01日

俺的『ジブリ大戦』攻略まとめ

 先日ついに発売された『ジブリ大戦』。
 ジブリ映画のキャラクターたちがまさかの格ゲーで大バトルを繰り広げるってことで、注目していた人も多いと思います。俺も予約して朝一番で買ってきました。

 で、今日はかなりやり込んだ上で各キャラクターの性能とか攻略をまとめてみることにする!
 



 ■キキ

 『魔女の宅急便』の主人公。空中ダッシュするとホウキで空を飛べたり、黒猫のジジを使って攻撃したりとアクションが楽しいキャラとなっている。
 必殺技「お届けものです!」はランダムでお届けものを投げつけるためギャンブル要素が強い(おしゃぶり・黒猫のカゴ・おじさんの重い荷物の順に威力が高い。ニシンのパイは拾うと体力回復)が、隙が小さいのでこれをばら撒きつつ戦うことになる。
 2ゲージ消費必殺の「お願い!言うこと聞いて!」で一定時間デッキブラシ状態になり、この間は猛スピードで画面を往復しながら突進攻撃をする。十字キー上下で高さ調節をして当てていこう。

 ○おすすめコンボ
 しゃがみB2ヒット目→近距離C→遠距離Cジャンプキャンセル→(少し空中ダッシュして)空中D→着地→しゃがみD→「GO!GO!キキ!」
 しゃがみBが下段判定で2ヒットするため、ヒット確認からコンボに繋げやすい。〆の「GO!GO!キキ!」の後は目押しでしゃがみAか立ちBが重ねられるので起き攻めも狙える。2回目の鈴が鳴り終わる辺りが目安。





 ■ナウシカ

 『風の谷のナウシカ』主人公。機動力が高いが技の火力は低めなので、起き攻めと立ち回りを意識していこう。低空ダッシュからのA版「空中メーヴェ」を使っためくりは脅威の一言。移動技「風読み」で固めつつの空中BorしゃがみCによる中下段二択も混ぜてガードを崩そう。
 ただし装甲は紙。切り返し用の無敵技も1ゲージ消費の「ガンシップ」しかないので、いかに攻め続けるかがポイントのキャラとなっている。

 ○おすすめコンボ
 低空ダッシュA版「空中メーヴェ」(裏ヒット)→(着地して)C版「地上メーヴェ」→立ちA×3→遠距離C→しゃがみD→「セラミックソード」
 ゲージ1本を消費するが、「地上メーヴェ」でヒット数を稼げるので、始動時にゲージが半分あればコンボ中に溜まる。「地上メーヴェ」のあとの立ちAは目押しだが、猶予フレームが8フレームもあるので落ち着いて押すのがコツ。





 ■パズー&シータ

 『天空の城ラピュタ』の主人公ズはコンビで参戦。パズーを操作し、シータは後ろにくっついてくる形となる(シータに当たり判定はなし)。
 空中受身が早くとれる特殊能力「飛行石」と、強化技「ぼくの石頭は親方のゲンコツより固いんだ(以下石頭)」により総合的な防御力はかなり高い。判定に優れた空中Cを振り回しつつ、堅実な立ち回りで戦おう。

 ○おすすめコンボ
 立ちA→しゃがみC→しゃがみDダッシュキャンセル→しゃがみB×2→近距離C→「石頭」
 立ちAで相手の固めに割り込んだ後に狙いやすいコンボ。最後に「石頭」を使って防御力を上げることができる。「石頭」は三段階まで重ねがけできるので、すでにMAXの場合は遠距離Cで〆よう。





 ■ハク

 『千と千尋の神隠し』からまさかの主人公を差し置いて参戦した。人モードと龍モードの二つを使い分けながら戦うスタイル。
 人モードの時はとにかく弱い。攻撃力低いし判定弱いし装甲も薄い。唯一移動が速いのだけがメリット。しかし独自システムである名前アイコンが溜まって「龍神変身」を使った瞬間、一気に反則級高性能キャラに化ける。「銀鱗」と「逆鱗」を混ぜた高火力コンボや、無敵対空技「昇龍」で攻守も完璧。問題は名前アイコンをいかに上手く溜めていくかなのだが…

 ○おすすめコンボ
 しゃがみB→遠距離C→「私の名は…」
 遠距離Cには強制ダウン効果があるので、「私の名は…」で安全に名前アイコンを溜めることができる。しゃがみBはまさかの中段判定なので、相手の不意をつくことができるはず。発生は遅めなので乱発注意。




 ■サン

 『もののけ姫』ヒロイン。二匹の山犬とモロをストライカーとして戦う。自身も身軽で動かしやすいため、初心者向けのキャラと言える。
 三匹のストライカーはそれぞれゲージによって管理され、一度呼び出すとゲージが溜まるまで(時間経過で回復)呼び出せない。しかもやられ判定があり、相手の攻撃を喰らうとゲージが一定時間消滅してしまう。とはいえどれも高性能で、固め連携・コンボ・起き攻め・切り返し・盾と使いどころは様々。ゲージ管理は大変だがこの強みを生かさない手はない。ハウル、ネコバスと並ぶ今作最強キャラ…らしい。

 ○おすすめコンボ
 近距離C→しゃがみB→遠距離C→立ちDジャンプキャンセル→空中A→空中Bジャンプキャンセル→A版「お行き!」→空中C→空中D→「母さん!」→空中投げ
 サンの空中投げがやられ中の相手を掴める仕様を利用したコンボ。画面端に向かって叩きつけるため、相手を画面端に追い詰められる。
 「お行き!」はジャンプキャンセルのジャンプ中に、「母さん!」は空中Dをキャンセルして入力する。呼び出し時間が極端に短いのでちゃんとヒットしてくれるが、マルコや銭婆のような重量キャラにはタイミングが厳しい。その場合は空中Aを省くといい。




 とりあえず今使っているキャラたちはこんな感じかなあ。
 何しろ隠しキャラ合わせると50人を超える凄まじいボリュームなもので、全キャラの攻略を載せられんw

 あ、隠しキャラはルパンと天沢聖司とゲド、それにバロンを出しました。ルパンとバロンは出身作品がアレなだけあって性能がテクニカルすぎるww でも研究していくと強くなるタイプだと睨んでいるので練習あるのみだな!

続きを読む

huntdiary at 02:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)