1月最後のボードゲーム会へ
今回は「宮崎ボードゲーム会」に参加しました
会場の都合上、お昼からの開催でした
プレイしたのは、「クレオパトラと建築士」「あてずっぽ殺人事件」「コヨーテ」「ブリュージュ」「群雄割拠」
以上5作品 
それぞれの感想でも 
・クレオパトラと建築士 4人
 自分持ち込みのプレイしてみたかった作品
 汚職に手を染めつつも、クレオパトラの為に神殿を建造する
DSCN1029
 序盤から割とサクサクと建築されていく
 オベリスク・玉座はあっという間に建築されるなぁやっぱり
DSCN1030
 最終的にこんな感じで終了
 聖域を作る事が出来ず、汚職にまみれてワニの餌になりましたw
 聖域さえ作っとけば1位だった気がするんですがねぇ・・・
 出オチ感は半端ないですが、立体がやっぱりみんなの心をつかんでました
 初心者向けでもあるし、いいゲーム買ったと思う

・あてずっぽ殺人事件 4人?
DSCN1031
 どこかで見たことのあるような人達が、カードになった殺人事件
 ペアになっていない人物を、カードドラフトや特殊効果を使って見つけ出して犯人を探すゲーム
 犯人は踊るに近い感じのシステムながら、犯人を当てるのにちゃんと推理する時点で、こっちの方が面白いかな
 犯人は踊るも楽しいが、犯人カードと探偵が無いと次の手が打ちにくいけど
 このゲームの場合は、あてずっぽでもどうにかなるが考えれば意外と正解できる所がいい
 3回ぐらいプレイして1回は見事に勝利
 バカ息子な専務が邪魔しなければ、もう1勝は出来てた気がするw 

・コヨーテ 4人→7人?
DSCN1032
 見た感じはインディアンポーカー
 それにプラスして足し算などの要素と心理戦がより加わった感じ
 特殊能力追加でのプレイも可能だが、4・5人じゃないと長くなるだけかな
 自分でプレイしても面白いけど、負け抜けなのでそのまま他人のプレイを見ているのがかなり面白い
 自分の数字が見えないのが、ここまでゲーム性に現れるのかというの所が
 これは購入しようと思う、頭につけるバンドも出るみたいだし
 内さまの健康診断みたいな感じが面白い

 ばらばらに3回ほどプレイして、ゲーム数は結構プレイしたかな
 一度も勝てず、席順と両隣の人によりますな・・・

・ブリュージュ 4人
DSCN1033
 水路を引いたり、建物を建てたりして勝利点を稼ぐゲーム
 収束性ものすごく良くて、やりたいことがやれずに終わる感じが癖になる
 カード運にも見放されて、ダメっぽかったので取り合えず邪魔しまくる
DSCN1034
 が、意外と点数が取れて3位
 暗殺者がもっと後半で出てくれればよかったなぁ
 もう少し長めにプレイしたいと思うのだけど、これぐらいが丁度いいのかな
 何回もプレイしたいというわけじゃなくて、思い出した時にプレイしたいというゲームかな

・群雄割拠 4人
DSCN1035
 戦国時代版のスモールワールドかな
 毎回違う武将になって地域を制圧していき、トータル点数で勝敗が決まる 
 序盤に、島津をゲットして九州を制圧
 その後、東北・関東を制圧
 何だかんだとサイコロ運にも恵まれて、僅差で1位
 サクッと終わっていいゲームです
 点数勘定が微妙に分かり辛かった気もしますが、まさに群雄割拠を体現しているゲーム

今回も色々とプレイ
クレオパトラと建築士は自分が入らずに、もう1ゲームプレイされていた
ボードゲームやってるという感じが強いのはいいゲームですね
次回は2月
いい加減コンコルディアやりたいねぇ
黄金時代もあと1回はプレイしておきたい