グルメハンターさんちゃんの珍生物試食記録

竹島水族館・飼育員の三田(さんちゃん)が図鑑や料理本にもその「味」について記されていない未知なる生物の試食に挑みます。 食べ始めたきっかけは、お客さんが館内で話していた一言「この魚おいしそう」。よく館内で聞く言葉です。水族館の魚は漁師さんが持って来てくれます。その中で、手の施しようがない・持ってくる前に死んでしまう生き物を処分せずに味まですべて伝えようと始めたこと。 <水中生物専門家である飼育員・および勇気と腹痛可能性の代償を覚悟しての試験的料理報告です。皆様はなるべく食べないようお願いします。万が一食べる機会があり、腹痛その他苦しい状態となっても、責任は負えませんのでご了承ください>

ゴカクホシヒトデ食す

今回は、


ついに手を出してしまった、新ジャンル。



深海ヒトデ。



深海の赤座布団、ゴカクホシヒトデ




ヒトデ類は、手を出してはダメだと思っていたんです。いや、今でもダメだと思っています。
ヒトデってよく分からないじゃない。



魚は日本全国で昔から、崇められたり、お祭りで掬われたり、釣られたり、観賞されたり、食べたり、時には超高額値が付いたりと、一年を通してどこかで見たり聞いたり話題にもされます。



女性からは「カワイイ~」なんて言われることがあれば、「キモッ!」って吐き捨てられることもあり、スルーされたりと様々な表現であったり接点があるもの。



エビやカニだって、美味そう、何人前?、カッコイイなんて言われたりもする。甲羅はお面になったり、奉納されたりと高待遇な良い扱いをされる種もいたり。






ではでは、ヒトデってどうですか。



ヒトデだね

お星様だね

手裏剣じゃん!シュシュシュッ!(タッチプールでは投げられることもあります。ボクらは、怒ります)、

キモイ!

などなど



ヒトデを見て「カワイイ~」「家で飼いたいっす」「高額でも欲しい」「是非、我が家の神棚に!」なんて言っている人は、見たことありませんね。いや、もしかしたら、ごく一部の方は言うかもしれません。



崇められることも無く

奉納とは程遠く

お祭りの出店の目玉になることも無い

見ていても、置物のようにほとんど動かない

タッチプールでは、子供達に積み重ねられ(ボクらは怒ります)、投げられ(怒ります)、小さな子に握りしめられ潰され(泣きながら潰さぬように交渉します)、死んでいると思われる時もある(生きていますアピール大)。


こんな、よく分からないけど、深海では重要な役割を果たしてしっかり生きているヒトデたち。



なぜ食べてしまったのでしょう。珍食試食をするのが私の仕事。



ゴカクホシヒトデ、毎シーズン漁師さんから搬入される、冬季深海常連生物です。


最初から食べ物ではないと脳は判断していました。






DSC_0827

ザルに乗るゴカクホシヒトデ。

ザルに乗っているゴカクホシヒトデなんて貴重です。滅多に見れないです。


このザル乗りゴカクホシヒトデ、実は、火を通した後の状態です。


今回は、茹でました。茹でザル乗りゴカクホシヒトデ。




茹でても、悪臭がするわけでもなく、爆発もせず、オオグソクムシのような変な液体を吐くことも無く、茹であがりました。
中身がどうなっているのか分からないため、茹で時間は適当です。この適当と言うのが、みなさんに驚かれます。



茹でても、触り心地とか変化は無く、なんとなく白っぽくなっただけです。



飼育中のゴカクホシヒトデは、体調が悪くなって来たり、死んでしまうと硬い体表がボロボロ剥がれ落ちる事があるんですが、茹でても変化無い。
予想では、どこかボロボロ剥がれるかと思ったんですけど、予想は外れました。


調理解体道具は、ヒトデの表面が硬いので、キッチンバサミを選択。右手に装備。


よく分からないので、とりあえず真っ二つに二等分します。


次に表面側の外皮を切り除いていきます。硬くて、生き物を切っている感じではありません。


DSC_0828

中はこのような感じでございます。

どこを、どれを食べればよいのでしょう。


とりあえず、この茶色のよく分からないデロデロしたものをターゲット。

試食開始です。


いつものように味付け無しで、そのままイートイン。





あ、あ、


あー不味い。


苦い。ニガイ。


この食べた部分は何ですか。エラですか。どこの臓器なの。


これは、2口でやめておきました。

食べるところもないし、苦いってなんですか。



やっぱり、ヒトデ類はダメです。

オオグソクムシせんべい

GW中から、竹島水族館の売店では、“オオグソクムシせんべい”というものが販売されて、話題になっているようです。



販売前には、試食ということで各職員に1枚ずつ配られ、各人食べたようで、お客さんから聞かれてもすぐに答えられます。







ボクが食べる前に、すでに他のスタッフが食べていたため、どんな味だったのか、美味しかったのか聞いてはいました。




・美味しかったよ


・塩味がきいていて、少し塩辛いけど美味しかった


・なんとなくグソクムシのニオイがしたけど、美味しかった


・普通の塩せんべいだった



など、まとめると、「普通の塩味のせんべいだけど、グソクムシ本来のニオイを知っている人には、ほんのりグソクムシ臭がする」。


ということで、美味しいせんべいを食べる気で食しました。




・見た目は、塩せんべい。


・よく見ると、何かが練り込んである。


・開封時、ニオイを嗅ぐと塩せんべい。


・食欲が沸く。


・1口かじると、塩味のせんべいであると、舌と脳が判断。



しかし、




直後、ほのかなグソクムシのかほり。




3噛みほどすると、しっかりとオオグソクムシのかほりがする。脳が敏感に反応。




2口目、グソクムシのかほりと共に、グソクムシの味がほんのりフワリ。



そして、せんべいは揚げてあるため油分もありますよね。これが飼い込んでブリブリに太って脂が乗ったグソクムシを食べた時の事を思い出させてくれます。



すぐに舌と鼻と脳が敏感反応、オオグソクムシがちゃんと入っていると即判断、グルメハンター脳に切り替え。



美味しいと聞いて、美味せんべい受け入れ態勢万全で構えていた頭と胃袋。

空腹もあり、ショックでした。




他の人は、少し香ばしく美味しく食べたそうですが、個人的には2枚目はもういりません。

どうやらボクの体はオオグソクムシに反応する体になってしまったようです。


オオグソクムシのニオイ・味は、忘れはしません。





オオグソクムシせんべい、みなさんには、きっと美味しいのでしょう。オススメです。

忘れていました。

忘れていました。

メンダコを茹でて食べたというのは、だいぶ前に書いてありますね。

その中で、違う食べ方をしたらどうなんだ?というような内容を書いていた事を急に思い出しました。で、やっていました、違う食べ方。


すっかり忘れていたのですが、コンロで網焼きにしましたね。しかも某TV番組のロケで。


熱した網の上にダイレクトに乗せて、よく焼く。今、思えばかなりジックリ焼いていたように思います。焼きすぎて、水分が抜けて、メンダコがコンパクトに小さくなっていました。




味付け無しで、そのまま食べました。






焼きすぎなんでしょう、ゴムのようなシリコンのような噛みきれない弾力。







あの臭いニオイは、無くなっていましたが、塩辛いだけ、しょっぱい。どの部分がタコの味なのかは、経験済みなので分かってはいましたが水分だけが抜けて塩分が残ったのでしょう。



あれは、ほんと塩辛いだけでした。







このことを、すっかり忘れていました。

長期飼い込み個体、オオグソクムシ試食

暑い夏になり、深海生物は次の冬シーズンまでやってこない時期になりましたね。タッチプールも深海バージョンから近海バージョンへ変更。






先月、某BSテレビの密着撮影が2日間ありました。

たけすいのイベントなど全体の撮影だったのですが、1日目は館外でのイベントに朝から密着同行撮影。2日目、水族館内の撮影でした。



イベント密着して、館内を撮影して、たくさん放送してもらってメデタシメデタシかと思っていたのですが、1日目の終わりがけに、「明日、何かを食べてほしいのですけど…」というご要望がありまして。



さんちゃん: 「はぁ、食べる?食べれるものがあれば食べますけど、リクエストはどのような感じで?」


カメラマンさん: 「何でもいいんですけど…インパクトがあるものが良いですね」


さ: 「じゃぁ、オオグソクムシ か ヤマトトックリウミグモじゃないでしょうか。ただ、深海生物搬入シーズンが終わっているので、明日になってみて、飼育中のがちょうど死んでいればですけどね。」

カ: 「そうですよね、明日になってみないと分からないですよね…。」



まぁ、そんな都合よく死んでしまうわけないですよ。

なんて、思って翌日出勤してみれば、死んでいるというではアリマセンカ。

オオグソクムシ。







今年は食べずにいけると思っていたのに。





カ: 「どのように食べますか?からあ…」


さ: 「唐揚げはしないですよ。焼くか茹でるのどちらかですけど、インパクトあるのは焼くですよ。」


カ: 「じゃあそれで」




て、ことで食べました。今回のは担当者愛の中で長期飼い込まれたグソクムシ。


飼い込まれると、臭さが減りますが、たけすいでは餌でアジをあげているので、脂が乗ったトログソクムシ状態なのでは、と予想。



それが、みごと的中。








解体してるときから、まぁまぁな脂が手に付きます。





食べると、やっぱり獲れたてホヤホヤオオグソクムシよりも、全然臭くない。そう感じながら、噛みしめると脂がジュワッと口の中に広がっていきます。


ラードやマヨネーズの油を一緒に食べているようなものです。


ほんと、口の中が脂でいっぱい胸いっぱい。



撮影アングル的に3回くらい食べましたが、口の中がもうダメです、クサいより脂ギトギトです。


お茶飲んでも、さっぱりしません。



1人で食べるのも寂しいので、他の人にも食べてもらおうとしたら、調理開始直前に無言で立ち去って行きました。

「じゃ、カメラマンさんも。」て、いい機会なので食べて体験してもらいました。



カ: 「うわ~…」






アジをあげて長期飼い込むと、これくらい脂ため込むんですね。




あ、写真は撮り忘れました。


そして、放送は気づかないうちに終わっていました。

深海性貝類①

今回は、深海性貝類ニシキヒタチオビです。




ニシキヒタチオビ加工1





この貝は、たけすい的にはそこまで珍しいというほどでもなく、漁師さんに頼めば、わりと持って来てくれる貝です。


ニシキヒタチオビ 裏



ニシキヒタチオビを食べたのは、グルメハンター初期。
「竹島水族館で貝と言えば、桑山さん。桑山さんと言えば、貝。」といわれるほど、たけすいで一番貝に詳しい桑山さんに勧められて食べた貝です。




「この貝食べてみりん」と、食べれると教えてくれました。






どうやら、桑山さんは、すでに食べたことがあるらしいので、安心して食べたことを覚えています。


茹でて食べればいいということなので、持ち帰って、さっそく茹でてみた。





調理風景は、・・・







ただ・・・






貝を茹でているだけ、特にハプニングもなし。










食べてみたのですが、特別マズイというわけでもなく、おいしいわけでもなく、旨味もそこまであるわけでもない。




記憶では、“別にうまくもマズクもなく、わざわざ食べる程でもない”という感想です。




食べたのも、だいぶ前なので、これは再挑戦ですね。

透明な貝の仲間

この冬の季節、漁師さんからたくさん深海生物がやってきます。

お付き合いのある凄腕漁師さんは、夜中出発で蒲郡から三重県や静岡県沖までいって数日間漁をして(台風など過酷な海況のときもあり)、夜中から明け方に帰ってきます。

疲れ切ってヘトヘトで帰ってくるのに、いつも笑顔で声もデカイ。



持ってきてくれるのは、深海150~300m付近の生き物たち。たけすいに持ってきてもらった生き物の中で、ヘロヘロで復活もできないぐらいダメージがある生き物をグルメハンターがチョスして食す。でも最近は、凄腕漁師さんの生き物の扱いがうまくなって、超凄腕漁師さんになってきているので、昔よりもかなり状態良く搬入されます。そして、担当スタッフの飼育技術も向上しているため長生きするようになってきました。



さて、そんな深海担当スタッフから、
「さんちゃんのために、知り合いからクリオネをもらった。食べてもらうためだからね。瀕死状態のもらったから食べて、感想聞かせてね。食べてよ。」






仕事中に突然言われた。
急に訪れた、北の妖精クリオネ試食。





どうなんでしょう、クリオネって食べれるのかしら。と、久しぶりに食べる機会が訪れたので躊躇しながらも調べると、よく分からない・・・「食べました。ウソです。」とか、

ちゃんとした食べた検索結果出てこないですね。イヤですね。

クリオネって、貝です。

ハダカカメガイのことを通称クリオネと呼びますが、普通あんなに小さいよく分からない泳ぐ貝を食べようなんて思わない。貝って当たると、腹痛とか酷いですよね。アサリに当たった経験あります。

食べているエサも特定の貝しか食べないとか。






検索しても、引っかからない。食べた話も聞いたことない。食べたら、もしかすると体がクリオネみたいに透明になるかもしれない。頭からヘンなものが生えてくるかもしれない。



でも、余分な事考えても仕方がないし、わざわざグルメハンターのために貰ってくれたんだし。
これは、食べてみるしかないでしょ。ね。



調理は、サイズ小さいので焼くわけにもいかず、茹でても勿体ないので、生です。生です。怖いです。


お椀の中のクリオネ。
お椀クリオネ


お椀の中に、クリオネ。不思議な感じです。



一口で、生でイキます。

指先クリオネ

「指先クリオネ」。




まずね、透明の体を噛んでみると、意外と歯ごたえがあります。味は、よく分からないですけど、他の貝と似たような貝臭さがあります。

そのまま噛み続けると、少し硬い触感の後に、苦みが襲ってきました。ニガイです。お薬より苦いです。
普通の貝じゃ~ん、なんて余裕ぶっこいていたら、やられました。衝撃ビックリです。


たぶん、内臓の苦みです。


ただでさえ、貝の内臓は苦手なのに。






飲み込むことは出来ず…。




クリオネの内臓ってあんなに苦いんですね。元気ピチピチだったら、もっと苦いのでしょうか。もしかすると、口の中を噛まれるのか。

ウチワフグ食す

つづきです。

捌きにかかります。
まず、皮を剥がなければいけないのですが、ザラザラで硬すぎるためキッチンバサミで切れ込みをいれながら調理していきます。

肛門部分からハサミを入れて、ザクザクと喉まで皮を切っていきます。

1
皮は頑丈でしっかりとしていて、内側は白く、身は見た目も触った感じも魚の筋肉質とはちょっと違います。魚ではなく動物的な肉質。


お腹のウチワ部分を取り除くと、こんな感じです。
2

ウチワを開くための骨と筋肉がありました。

次は、体の皮むきです。

肛門付近から腹側・背中に切れ込みを入れて、身から皮を剥がしていきます。身と皮はしっかりくっついているため、ハサミで切っていきます。

素手でやっているため、この時点で指はザラザラです。

3
身は、食用のフグと同じくキレイな白身です。
両側面の皮を取り除いていきますが、頭部分はハサミを入れることができないほど固く、断念しました。

4


ノド肉
喉骨です。

ここまでで、マアジなどを調理すよりも時間がかかりました。

調理前に、インターネットで調理法を少し調べたのですが、船釣りをしている人がブログで食べたという簡単な紹介しか出てこなかったため、捌き方のデータなしです。


さっそく、調理です。

そのままの味を知るために一番イイのは、刺身です。

刺身

こう盛り付けるとイイ感じです。


が、食べる前に一番肝心なのが、食べても本当に大丈夫なのか。
先ほども言ったように、ブログで“食べた”という人はいましたが、本当に毒があるのかは、検索しても見つからず。
食べた人たちは生きているようなので大丈夫…なはずですが、たまたま運が良かっただけなのかも。
フグですからね。

インターネットにもなく、水族館にある図鑑にも載っていないので、食べてみれば分かるかと思っていたところ、たけすいスタッフで図鑑マニアでもあるトダテさんから「切り身を舌の上にしばらく乗せて、痺れたりピリピリしなかったら、たぶん大丈夫。ある漁師さんが自己責任でフグ食べるときに使う方法。」というアドバイス。


やってみました。


小さい切り身を恐る恐る乗せること1分。
ピリピリ感もなにも無いので、本格的に試食タイム。


まず、刺身です。

脂身もなく、さっぱりなのですが、旨味がまったく無し。食用刺身としてダメですね。


次に背側の身を茹でて、食べてみましたが、
背肉

背肉茹でる

茹で背肉完成



ただの淡白な白身ですが、多少プリッと感があります。

味付けをすればイイのでしょうが、基本よくわからない生き物は味付け無しで食べるのが基本としています。


次は気になっていた喉の身。

ウチワ部分を動かすために、身体よりも筋肉質だろうと思っていたのですが、その通り。
鳥のササミのようでした。

これも茹でてみましたが、歯ごたえが鶏肉のようです。味は背側の身と変わらないです。


最後に刺身1切れを焼きました。

焼き中

これも味付け無しで食べてみたところ、もっのすごい脂。
食べて気づいたのですが、たぶん内臓付近の脂身だったのではないか。

焼き完成



後日、副館長に食べたことを話したら、「フグの種類によっては内臓はアウトだぞ、信じられんな。さすがグルメハンター(笑)」なんて、言われ笑われました。


ん~危ないですね。気を付けなければ。


久しぶりに、“危ないかも”、本当に死んだら…とか、もし体が痺れてきたら電話を…など、いろいろ想定しながらでドキドキでした。

ウチワフグ

どうも、すご~くお久しぶりです。すみません。


全然更新もせず…

でも今回は、レア度の高いウチワフグです。個人的にはテンションが上がりました。

たけすいには、年に1匹搬入されるかどうか、というくらい遭遇率が低い魚です。漁師さんに話を聞いてもほとんど獲れないそうで、生きて獲れても瀕死状態なんだとか。

今回は、残念なことに死んだ状態での搬入なのですが、なんと漁師さんが「これはグルメハンターさんちゃんに食べてもらうしかない!」ということで、持って来てくれました。


いつも漁師さんにはお世話になってばかりです。



まな板の上に置くと、結構大きいんです。
姿

図鑑でよく見る姿です。レアです。


しかも、家にお持ち帰りしての調理です。


全身の表皮が、かなり固くザラザラしているので、素手で持ったりしていると指がザラザラになってきます。
おなかのウチワ部分は折りたたみ式で、お尻近くには排泄孔とは別の穴があります。
おしり

ウチワ部分に海水を含んで、ウチワ部分を折りたたむことで穴から海水をジェット噴射のように吹き出すようです。

実際に、今まで何回か搬入された中でも元気な個体は、海水を吹き出す行動が見られました。


これも、なかなか出来る経験じゃないですね。






ということで、つづく。

ヒゲキホウボウ

今回は深海生物ですよ。

名前はヒゲキホウボウ。生きて見れたら超レアな種類。タケスイでも、ほとんど持ち運ばれない種類。


食べた時も、死んだ状態での搬入。


ただ、食べたのは、数年前でここ最近は見ないです。


加工1


見た目は、頭でっかちなホウボウ。正面から見ても面白い顔なんです。

加工2


頭はデカいけど、体は細い。頭部分はプラスチックのようにカチカチ。

この仲間の種類は、個人的に好きだから、生きて展示ができるといいんですけどね。





この魚も、鱗がマツカサウオのように硬く、包丁で捌けないので、そのままフライパンで焼きました。

加工3


鱗が硬いと、焼くというよりも蒸している感じです。




大きさも20cm前後なのですぐに火は通り、完成。

完成


見た目は変わっていますが、不味くはないはずと思っていましたが、その通りで、白身でクセなどもなく美味しかったです。

ただ、体が細いので、身の量もそれなり。



ヒゲキホウボウは普通の白身魚でした。

気温も上がり、深海から熱帯へ。

前回更新からお久しぶりですね。

今年に入ってから、新聞・テレビ・ラジオなどの取材&出演をさせて頂いて、知名度も多少は上がったのではないでしょうか。でも、まだまだです。


2013年も竹水スタッフの中でオオグソクムシを一番数多く食べているのですが、今日は深海生物ではない生き物のレポートです。





今回の生き物は、深海の冷たい海とは真逆の熱帯の海にいる生き物。



カクレクマノミじゃないよ。




カエルアンコウの仲間、オオモンカエルアンコウです。

はい、分からない人はネット検索してください。



写真を載せたいところなんですが、撮ったはずがどこかに行ってしまって、大きさの違う個体の写真を載せます。



IMG_8086



この魚は、観賞魚としても売られているし、ダイバーの方たちには人気のある種類。





では、なぜ食べてしまったのか。
食べるために、わざわざ海水魚ショップで買ってきたわけでもなく、海に行って獲ってきたのでもない。



実は、竹水で飼育していた個体です。
飼育していて死んでしまった、このカエルアンコウを若手新人のタマリン(玉利)が勉強も兼ねて解剖したいということで、解剖していたのです。

解剖後



解剖をして彼女なりに発見があったようです。
しかし、ただ解剖をして「勉強になったねー。良かったねー」で終わりではなく、まだ伝えられることもあると思い、せっかくだからグルメハンターとして、食べなくてはと思ったわけです。



このオオモンカエルアンコウを食べた人も、そうはいないでしょう。






新人タマリンが解剖したので、身だけキレイに取り除き、また味付けなしでシンプルに焼いて頂くことにしました。

焼き




身だけにしてしまうと、普通の魚の切り身です。




すぐに火は通り、解剖をしたタマリンも一緒に実食。



臭いなど不愉快になるようなニオイはなく、身はとてもしっかりとしていて、弾力があります。

勝手なイメージでしたが、アジのように簡単に取れるのかと思っていましたが、なかなか骨から外れず、結構くっ付いています。


食べてみると、すごく淡白というわけでもなく、クセも無くて、脂身もなく、ご飯に合うさっぱりとした弾力のある白身魚・アンコウ?といったところでしょうか。

食用にされているアンコウみたいにホクホクって感じではなく、身をギュッと凝縮させて歯ごたえが出た感じ。
食後



一緒にいたタマリンは、僕に毒見をさせてから食べていましたが、タマリンもおいしいと言っていました。



次の記事は何をアップしましょうか。


これまた、いい経験でした。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ