グルメハンターとしては、オオグソクムシは切っても離せないような存在になっています。

 

最初に食べたゲテモノは、オオグソクムシ。


注目を浴びたのも、オオグソクムシ。


国内初の卵からの孵化も当館。


たくさん食べているゲテモノ生物も、オオグソクムシ。

 

 

メディアなどの取材で食べる機会が多かったですね(最近はめっきり食べる取材依頼は無くなりました)。取材で食べるとなると、見た目のインパクトからも焼いて食べるという事が多く、茹でるというのは、ほとんどありませんでした。だから僕の中では、フライパンにオオグソクムシ達が乗っている光景は、あまり違和感が無いのです。

食べ過ぎて、頭がヘンになっているのでしょうね。クルクルパァ。

 



焼いたオオグソクムシが美味しいか不味いかと聞かれれば、個人的な感想では不味いと答えます。獲れたてほど、臭くて不味い。しかし、焼くのではなく、唐揚げや超高温で瞬時に焼く(というより蒸す?)と美味しいらしいですね。でも、この食べ方はしません。今まで、食べてきた生き物は、生で食べれそう、もしくは、美味しそうな生き物は刺身で、その他の危なそうな生き物などだいたいは焼くか茹でて火を通して食べてきました。オオグソクムシは色々な意味で危ないと思い、かならず加熱をしていました。




 

しかし、ついに、オオグソクムシを生で食べる事に決めました。




上司に強要されたわけでもなく、後輩から唆された訳でもなく、ふと食べてみようと思い立ち、抵抗もありませんでした。もう、頭がおかしくなっています。

食べると決めても、すぐには食用グソクムシは手に入らない。そこで冷凍庫内を探すとありました、冷凍グソクムシ。家の冷凍庫にグソクムシが入っていたら、お母さん絶叫、怒られるでしょうね。お父さんが、酒のつまみで食べることもないでしょうね。

 

早速、解凍をします。



 

用意する物は、キッチンバサミ。それと、勇気とチャレンジ精神と無の心。ありがとうの気持ち、これは重要ですね。

 

解凍できたら、腰回りの節のところからハサミを入れ、そのまま切り離すと身と内臓が出て来ます。

IMG_2081



あとは身を取り出し食べるだけ。

 


IMG_2082


IMG_2093

予想では、旨味は無く美味しくない。

ここまで来ると、躊躇とか無いです。

 



食べてみると、ビックリな事に甘みがあり、旨味も多少あるような気がします。これは、ビックリ。他の食材に例えると、アマエビの旨さと甘さをすごく雑にした味とでも言いましょうか。

 

この冷凍グソクムシは冷凍期間は約1ヶ月のようで、冷凍したことでアミノ酸などが出たのかなと推測。

 

たぶんそうでしょう。

 

ビックリしすぎて、その場に来た副館長にも食べてもらいました。強要はしてないですよ。

 


副館長も驚いていました。

 

 

 

 

2人揃って、新たな発見でした。

 

ついに、生で食べちゃった。