取材など受けている中で、いろいろ思い出したことがあります。

僕が小学生のころの話です。


川に住むヘラブナ。
フナ味噌にして食べました。これは小さい時に、僕が釣って来てたフナをおばあちゃんがフナ味噌にしてくれて、おいしかった記憶があります。

同じく川に住む、カワムツ、オイカワ。
これは小学生の頃に自分で捕まえたものを唐揚げにしたはず。小骨が多かったけど美味しかった。

外来種のブルーギルとブラックバス。
両方とも釣りました。ブルーギルは塩焼と唐揚げ。小骨がすごく多くて途中で食べるのが面倒くさくなったような・・・
ブラックバスは塩焼、唐揚げ、ムニエル。刺身はしていないと思います。ブラックバスは淡白で美味しかったですね。

川に住むスジエビ。
これは小学5年生の時に近くの川で捕まえて飼って、死んでしまい、たしか「エビだからおいしいよなぁ」と思って素揚げにして食べました。普通のエビの味で、この記憶はすごく残っています。

小学生の時だったかな。ワキン(金魚すくいで、よく見る金魚)。
これもたしか、飼っていて死んでしまい塩焼にしました。これもしっかり記憶に残っていて、小学生ながらに、死んでしまったのが可愛そうで、食べてあげようと思って食べて、予想よりも美味しかったのを覚えています。


昔々の話です。



ん~、小さい時から食べてますね。これが今に繋がっているのでしょうか。