出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
1 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること。「子供が成長する」「ひなが成長する」「経験が人を成長させる」
2 物事の規模が大きくなること。拡大。「事業が成長する」「経済の高度成長」

だそうです。

私は職場で「成長しろ」とか「成長しない」と言われることが多いのですが、特に仕事においては以下のようなものが「成長」なのかなあと考えています。

1.知らなかったことを知ること
2.できなかったことができるようになること
3.できることがより早く、より正確にできるようになること

しかし、こういった意味で成長するとどうなるかというと、自分より成長が遅い人が愚かで無能に見えてくる場合があります。

上司や同僚だった人は無能な部下になるかもしれませんし、仲のいい友人に付き合う価値を感じなくなるかもしれません。

また、今の会社や上司は、成長はしてほしいが自分よりも成長してほしくはない、成長しても権限や給与は増やしたくない、というパターンも多いので、場合によっては上からも疎まれます。

と考えると、成長なんかせずにただ人間関係だけ上手にやっていく方が幸せなのではないかとも考えられます。


哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村