Hurari

ドキドキワクワクを伝える手作り日和 「手作りがくれる心地いい暮らし」を贈りたくてHurariの手しごとは今日も続きます。

朝晩涼しくて、なんだかもう秋が来る様…

まだまだ夏を楽しみたいな〜

もう〜暑くて暑くて仕事終わったらかき氷食べるぞぉ〜っと頑張った日

大山の福田屋さんのかき氷を
食べに行きました。

店内は、次から次へとお客さんがひっきりなし
みんなお目当てはかき氷の様子でした。
座席数は少ないけど、回転率は高い❗少し待ってすぐに呼ばれました〜

みぞれと抹茶(どちらもミルク無しにしてもらいました。)
[画像:9edc4fba-s.jpg]

口に入れるとすぅ〜っと溶けて消えますぅ〜美味しい〜


福田屋さんに行ったら外せない”芋羊羮”は帰ってからのお楽しみ
[画像:bfcb9362-s.jpg]
やっぱり美味しいです〜

あぁ〜どっちもまた食べたい

先月作ったビーチサンダルのリメイク

材料は、ダイソーです。

時期が時期なだけに色柄は選べませんでしたが、サンダルとTシャツヤーンを買ってみました。
[画像:66bafdeb-s.jpg]
鼻緒をパツンとカットしまして、取りまして〜
[画像:f4064e78-s.jpg]
5本組編みで新しい鼻緒を編んでいきます。
かかとまでぐるっと編んで最初まで戻ります。
足を合わせて、ちょうどいいサイズまで編んだら最初の穴にグイッと戻し入れて結んで(穴が小さい時は鋏でカットして大きくします)
あとは、後の穴に残りの糸を各々通して結んで〜仕上げは指の部分の鼻緒を立ち上がる様に縫って完成です〜

こんな感じ
[画像:5c3217ed-s.jpg]
太めに編んだのと、素材がTシャツ地なので履きやす〜い
そして、かかとがあるから歩きやすいです

材料費200円でオリジナルが出来たら楽しいですよね〜

今回は、ビーチサンダルを探してたらこんなデザインのが載ってたので、チャレンジして見ました

昨日は、”ふじしま夏まつり”に行って来ました。
娘っちやる気満々で楽しみにしてたのは、『イワナの掴み採り』
[画像:603327be-s.jpg]
[画像:6949d876-s.jpg]
未就学児は”金魚つかみどり”でした
[画像:eb753d79-s.jpg]


何とか1匹GET
沢山掴まえた友達姉妹に2匹分けて貰って
[画像:c26a5630-s.jpg]
金魚だけで終わりかな〜と思ってたらイワナも出来ました

泳ぎが早くて、難しい大人も苦戦

娘っち友達は1匹GETさすがだわぁ〜

でもとっても楽しんだ様子の娘っち、またやりたい〜と大喜びでした。

[画像:7abb1920-s.jpg]


リネンのタンクトップをお預かりしまして、リメイク致しました。

シンプルなタンクトップ
image


雰囲気を壊さない様に、バックセンターにポイントを足しました

image


タックを寄せて、ステッチの部分にはボタンを2つ
image

黒のボタンでデザインを引き締めて

とっても素敵に出来たなぁ〜

ありがとうございました



ふんわり美味しいMさん手作りの食パン
image


これが、パン屋さんの高級食パンって位、すんごく美味しいの〜

トーストにしたらカリカリで中はもちっとしてあまーい
image


手間と愛情たっぷり〜ほんとに美味しかった

ご馳走さまでしたっ

両サイドを5㎜の縫い代でミシンをかけます。

image


ここからひっくり返します。

image


もう1ヶ所、ひっくり返します。

image


すると、こうなりま〜す。
image


蓋にマジックテープ等を付けたい時は、ここで付けて完成です〜✨
image


行程が多い様に感じますが…畳んで縫うだけなので、すんごく簡単ですよ❗

縫い端の始末もしなくていいので、楽チンです

以上、初めて作る方にオススメの"移動ポケットの作り方"でしたぁ〜


娘っち、移動ポケット
作るぞ〜作るぞ〜って買い足しもせず使いまくって、洗いまくってでさすがにクタクタになって来ました。

いざ作ろうと思ったら、どうやったっけな〜と(笑)
前に友達に作り方を聞かれた事があって、教えたのに…思い出せずに試行錯誤。

今回あたしが作ったやり方ですが、作り方を記します〜

画像多く、説明簡単です

材料は、セリアの手拭いとクリップ200円
image

柄はランダムなら一番いいのですが、一方方向の場合は、長いほうが縦になる物を用意してね❗

それでは〜まず縦長に半分に折ってアイロンをかけます。

image


次に、縫ってある端の部分を際で切り落とします。

image

上下も
image


端から4センチ巾に生地を切り、1センチ巾のテープを作って、縫い付けます。

image

付ける位置は端から19センチの所
image

縫い方は、こちらを参考に〜
image

出来ました❗
image

縫わずにあけてあるところにクリップバンドが通ります。

生地を折り畳みます。

image

ーは山折り、- - - は谷折り
さっき付けたバンドが、内側になるように〜

折るとこんな感じ
image


part2へ続く〜

このページのトップヘ