2004年06月19日

若木信吾 『吉澤ひとみ 8teen』

efb88812.jpg 佐内正史が撮影した安倍なつみの『出逢い』に続いて、グラビア畑の出身ではないカメラマン若木信吾を採用したモーニング娘の吉澤ひとみの写真集。
 普段は十把一からげにされて活動しているタレントのソロで、水着なしという悪条件。個人的にはモーニング娘はピンでは全く画にならない半素人(完全な素人のほうが撮りやすい?)と思っている。この写真集も見所は少ない。
 だが、若木は自分の血の繋がらない祖父(『Takuji』『young tree』)や、友人のマイク・ミヤヒラ(『Free for All』)など魅力的な素人を撮ると抜群にいい。優れた写真家はそういう出会いに恵まれるというよりも、写真を介してありふれた関係性を特別なものに変える才能があるのだが、それはスタジオマンやアシスタントの経験を積んでも決して得られない生来の資質である。
 今回のような依頼仕事ではその資質は発揮されにくいかもしれないが、グラビア畑のカメラマンたちの窮屈な写真を駆逐するためには若木や佐内に過剰な期待をしてしまうのである。

hustla_1_push at 19:26│Comments(4)TrackBack(1) 写真集 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 若木信吾  [ 写真時評 ]   2004年06月21日 00:33
真・写真時評に若木信吾撮影の『吉澤ひとみ 8teen』の記事をUP

この記事へのコメント

1. Posted by slow   2004年08月29日 16:36
阿部なつみは、以前に、平間至撮影で写真集を出していることをご存知ですか? 仕上がりは、ひどいもんでしたけど。
2. Posted by HUSTLA   2004年08月30日 05:48
それは知りませんでした。
ただ、小生としてはモーニング娘自体には興味がなく、気になる写真家/カメラマンがアイドルを撮るとどうなるかという興味なのです。
平間至と安倍なつみの組み合わせは、残念ながらあまり引かれません。
3. Posted by slow   2004年08月30日 18:27
新津保さんが撮ったのはなかなか良かったですよ。「ハミルトンアイランド」だったかな。あ、ちなみにボクも写真家で選ぶ派ですよ。平間至はイマイチですか?
4. Posted by HUSTLA   2004年09月01日 08:57
平間至は良くも悪くもニュートラルな写真という印象です。
「お仕事」としてはハズレが少ない。でも、純度100%のお仕事写真では物足りない。広告カメラマンの陥りがちな罠ですね。
若木信吾も広告カメラマンですが、その辺のバランス感覚が優れていると思います。広告の仕事を離れて撮った私的な写真が秀逸。

新津保建秀は最近いろんなところでよく見ますね。ヤングジャンプで撮ったグラビア写真がアサヒカメラにも載っていたりして。
月刊吉井怜は良かったですけど、月刊伊藤歩が微妙。撮り方が型に嵌まってきた感じがするので、そろそろ脱皮してほしい。
事務所がちんかめ、レイクタホと同じKiKi incなので今後もっと露出が増えるかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔