2004年07月06日

蜷川実花写真展 over the rainbow @ Laforet Museum Harajuku

 写真集『mika』『over the rainbow』の発売に合わせてラフォーレ原宿で開かれている写真展。7/11(日)まで。

 小生はオリジナルプリント至上主義ではないし、巨大なプリントでも写真の価値がそれに比例して大きくなるわけでもない、むしろ多くの人の目に触れる印刷物の方が重要と思っている。写真集で見れるものをわざわざ写真展に足を運んで見ようとはなかなか思わない。
 しかし、写真展の客を見れば、その写真家がどういうひとびとに指示されているかが判る。極論すれば写真展とはプリントを見る場所ではない。客層を見るべきなのである。
 ラフォーレミュージアム原宿という場所柄、若い女性客が多いとかいう大雑把な把握の仕方ではなく、彼女らがおしゃれさんなのか、やぼったいのか、少数派の男性客や年輩者にも注目したいところである。
 小生は平日の昼間に行ったのでサンプル数があまりに少なく、ここで印象を語ることは控えるが、当ブログ閲覧者に足を運ばれた方がいれば感想レポート頂ければ幸いである。

 写真の展示には大した工夫は見られないものの、会場内に実際に使われた小道具とセットで来場者が撮影できるスペースが設けられていて楽しい。カメラの貸し出しもあるが、どうせならミーハーに持参のカメラにアグファ・ウルトラを詰めて行きたいところである。
 男性カメラマンはプロ、アマチュアを問わず、「あの色は出そうと思えば簡単に出来る」と言って、蜷川の仕事を貶したいひとが多いようだが、蜷川が写真の裾野を拡げたこと(しかもケータイカメラやコンパクトデジタルが当たり前の世代に銀塩一眼レフを!)は積極的に評価していくべきだと思う。

 当ブログとしては、近日中に蜷川実花論を展開する予定。

hustla_1_push at 22:26│Comments(1)TrackBack(2) 写真展 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 蜷川実花写真展「mika over the rainbow」  [ aya no box ]   2004年07月07日 17:21
 大阪にも展覧会が来るので行く予定。楽しみだ〜詳細は↓ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 『mika over the rainbow』 2004.7.24sat〜8.8sun 11:00am〜8:00pm(期間内無休) HEP HALL(HEP FIVE 8F) 入場料 一般 400円/学生 300
2. ガーリー  [ まごまご日記 ]   2004年08月09日 02:40
これほど女たちが飛び跳ねているというのに、男たちはライカを磨いているだけなのか。

この記事へのコメント

1. Posted by ウエダ   2004年07月07日 06:34
トラックバックありがとうございました。

>写真の裾野を拡げた

というあたり、興味深く拝読致しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔