2004年07月17日

GQ JAPAN 蜷川実花×麻生久美子

 男性誌のGQ JAPANに何故か蜷川実花。普段から仲が良いらしい麻生久美子を連れて、編集者、メイク、アシスタント、スタイリストすべて無しで二人だけでハワイに行ったらしい。
 男性誌に女同士のお友達写真を掲載することに疑問を感じる。雑誌の売り上げを左右するわけでもなく、ページとして遊び以外の何物でもない。
 広告収入で成り立っている雑誌でカメラマンとして仕事をするのは大変だが、写真家として仕事をするのは楽だという典型ような写真だ。企業の商売ではなく「文化事業」としての写真。生温い。
 蜷川独特のビビッドな色は発揮されず、全体的にくすんだ印象。写真集のように印刷工程までコントロールできないのだから、それも当然か。
 歳を重ねれば鮮度が落ちるだけで上積みは望めないと思うので、ピークの今に出来るだけ荒稼ぎするつもりかもしれないが、先日のヤングジャンプでもそうだったように、雑すぎる仕事ではさらに寿命を縮めるだけだ。

hustla_1_push at 21:40│Comments(0)TrackBack(0) 雑誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔