2004年08月30日

Natural Glow 9,10月号 沢渡朔特集

sawatariモノクロ専門の写真雑誌ナチュラル・グロウに沢渡朔の特集記事。
インタビューも充実しており、使用する機材の選択と撮影哲学の関係をうかがい知ることが出来る。
使用するレンズは35ならば28mmで、6x45ならば45mmの広角が多いとのことで、その理由を「ワイドは被写体に近づくことになるじゃない、距離が近いっていうのがいいんだよね。距離を狭めるためにワイドっていうのもあるかな。長い(焦点距離の)レンズで狙っているよりも、割と触れ合うというか……なんかさぁ片手で髪直してあげたりできる距離がいいんだよね」と語っている。(そういえば荒木経惟も以前、髪の乱れはヘアメイクに直させず自分が直すと言っていた。)
見た目は若々しいとはいえ、既に還暦を過ぎている沢渡のコミュニケーション能力の高さは特筆に値するだろう。それは確実に写真の上がりに反映される。
女の子を撮るカメラマンが、上手く年齢を重ねていくのは難しい。
プロの中にも中年以降、被写体から近づきすぎたり体に触れたりするのを拒否される者や、被写体に近づくのが怖くなる者もいるのである。無論、相手にもよるのだが、その時々でどこまで踏み込めるかが勝負どころなのだ。
その勝負を最初から放棄しているカメラマンが、ライティングや色味の調整など技術面にばかりこだわるようになる。
沢渡は撮影方法に関して他にも、ポラを撮らない、色味をフィルターで補正しない、三脚は使わず全部手持ちで撮るなどと語っている。それらは全て被写体との関係性を重視するという哲学に基づく。
興味のある方は是非読んで頂きたい。

基本的に女専科で「女を撮るのは男がいい。男を撮るのは女がいい」と言う沢渡だが、例外的に「三國連太郎さんは僕が撮りたいっていうひとなんだよね」と言っている。
その三國の写真がやたらとカッコイイ。

また、この記事を読んで、女の子を主な被写体とする蜷川実花の写真が、色にばかり注目されるのも当然なのかもしれないと思った。なにしろ女同士で、オジサンと拒否されることはない代わりに、友達以上にもならないのだから、最初から深い関係性を築くという勝負など存在しようがない。ヤングジャンプの蜷川グラビアが男性読者にウケが悪いのもその辺りに理由があるのだろう。

hustla_1_push at 05:35│Comments(2)TrackBack(0) 雑誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by koya-1484   2004年09月11日 22:42
この記事をみて、あつちこっち探しました。あんまり本屋さんに置いてないんですよね。久し振りに読んでおもしろかったです。また定期的に読もうかと思いました。
2. Posted by HUSTLA   2004年09月18日 22:38
ヨドバシカメラでも売ってたりしますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔