2004年10月10日

オヤジ系週刊誌で撮るということ

今週の週刊ポストはまたもシノヤマキシン無し。巻頭グラビアは内藤啓介が細川ふみえを、週刊現代では野村誠一が袋とじで「だめんずうぉ〜か〜」のヨーコ会長のヌード(倉田真由美のマンガ付き)を撮った。
内藤、野村の両者とも「撮らされた」と言った方が適当かもしれない。やる気の無さは写真にバッチリ写る。
細川ふみえは「ギャラの分は仕事します」という感じで、タイトルの「Sweet & Style」というのが皮肉に感じられるほど。内藤はファッション畑の出身で、モデルをマネキンとしてしか撮れないのは「ちんかめ」「コスピン」を見ても明らか。コミュニケーションをとりつつ表情を引き出していくことが出来ないので、やる気の無いモデルを前にして為す術がなかった。
しかし、もっと酷かったのは野村。ピントも露出も投げやりで、アシスタントに撮らせたのではないかと疑ってしまう。普段のキッチリとしたライティングは無し。自然光とクリップオンストロボのみ。孫でもおかしくないほど歳が離れたアイドルよりも、プロフィールに年齢を書かないぐらいの女性の方が「恋写」するのに自然な年齢差ではないかと思うが、恋は生まれなかったようだ。
少し前のポストでも、お笑い芸人の青木さやかを渡辺達夫が撮ったグラビアがあったが、被写体としての魅力よりも話題性が先行した企画ものを大御所たちに撮らせると手抜きが目立つ。ならば若手にチャンスを、と思わずにはいられないが、カメラマンの名前で脱ぐということもあるので難しいところである。

今週、グラビアよりも面白いのは週刊ポストのスーツ特集。モデルにお笑い芸人の劇団ひとりを起用。葉巻きや英字新聞などの小道具も使いこなし、コミカルだがプロのモデルよりずっとフォトジェニックだった。
撮影したのは社員カメラマンのようだが、むしろ内藤に細川ふみえより劇団ひとりを撮ってもらった方が面白かったのではないかと思う。

写真関連ブログ


hustla_1_push at 01:23│Comments(6)TrackBack(2) 雑誌 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「袋とじ」について一言言っておかなければいけない  [ 他人の不幸は蜜の味 ]   2004年10月15日 17:39
 そうだ!ここを読んでいて急に思い出した!この10年ほどで急増した「袋とじ」について、言っておかなければいけなかったのだ!かねがね、思っていたことがあったのだよ、そういえば!
2. 細川ふみえ  [ [TW] HOTWORDS ]   2005年06月16日 10:35
細川ふみえの最新情報をチェック!ad1();         細川ふ...

この記事へのコメント

1. Posted by n   2004年10月12日 08:26
知らないって、幸せなことですよね。何でも書ける。
2. Posted by UK   2004年10月12日 14:29
評論するなら自分のプロフにきちんと名前を載せて評論しないと、写真家に対してもアンフェアーであるし無責任としかいいようがないような気がするぞ。
3. Posted by url   2004年10月13日 17:03
名前を載せないから、安心して好き勝手に書けると思っているのさ。
4. Posted by HUSTLA   2004年10月13日 23:44
お二人ともコメントありがとうございます。
>nさん=urlさん
現場にいたわけではありまんので、もちろん知らないことはあります。
ただ、写真は実際にはどうであったかよりも、出来たものがどう見えるかで評価されるべきものではないでしょうか?優れた写真家とモデルなら上手に嘘がつけるはずです。
ただ私が匿名か否かにこだわる前に、御自身のハンドルネームぐらいは統一して書き込んでいただきたいと思います。

>UKさん
おっしゃる通りです。匿名で書くことはフェアだとは言い切れません。
文学の世界でも匿名批評はありますが、それは文壇で論争を長期化させない知恵でもありますが、多くの場合小さき者が大きな者へもの申すための手段です。紙とペン(或はワープロ)だけを用いて独力でも戦える文筆家と違い、写真家/カメラマンはその序列の中でひとの手を借りながら活動せざるを得ず、状況はより厳しいと言えます。しかし同時に写真という分野だけが、小説、映画、音楽などと比べて批評が立ち後れてきました。飯沢耕太郎のような評論家でも名前を出してものを言うと、「それなら自分で撮ってみろ」ということになり評論行為自体がそこから先へ進まなくなるからです。自らも撮影する者の場合には余計にそうなると予想され、同じジャンルで仕事をしているなら直接間接の圧力も加わるでしょう。私自身のことを言えば、まだ片足を突っ込んだ程度の若造です。巨象に対する蟻の闘いで、相手にしてみればこちらの存在にすら気付いてはいないでしょう。ブログに書かれた言葉は、取り上げた写真家に読まれることを期待しているわけではなく、ほとんどそのまま自分自身に返ってくる言葉です。
今後も御意見頂ければ幸いです。
5. Posted by lsty   2004年10月15日 17:47
HUSTLA様
 はじめまして。トラックバックさせていただきました。本文の内容とはほとんど関係ないですが。

 さて、私なら、「匿名はアンフェア」という内容の「匿名のコメント」は軽〜くスルーします(笑)が、すごく丁寧に対応されているのには感心しました。

 これからも、機会があればどうぞよろしく。
6. Posted by HUSTLA   2004年10月16日 21:19
スルーしてしまうと「異論は認めません」みたいな感じで嫌だったので。
写真だけが他の分野と違って、批判を封じ込めようとする力がすごく強いような気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔