2018 ニューイヤーウォーズ 2日目

2018年一発目のプロレス観戦は
 全日本プロレス”2018 ニューイヤーウォーズ”の2ndDAYに行ってまいりました。

 かつてキンプロでもこんな企画を行ったことがありましたが新日派の多い元キンプラーにおいてJOBOはバリバリの全日派。
 全日派ということで年末には麺ジャラスKも行ってますしね。
 もちろんかつての全日と今の全日が別物であることは百も承知。
 ジャンボがいてハンセンがいて四天王が凌ぎを削った頃から姿は変われど、大森さんが取締役を務める今の全日も十分に見ごたえのあるよい団体となっております。

 そんなで2017年はそこそこ全日を観にいっていたので今年もプロレス初めは全日と決めておりました。
 2日のドーリング選手の三冠戦も気にはなったのですが、私としては大森さんのタイトルマッチを見逃すわけには行きませんからね。


第0試合 
 中島洋平vs岡田佑介

 会場に着いたのがギリギリだったので席に着くとすぐに第0試合が。
 岡田選手のがんばりを見守るような試合になりましたが、まだまだ洋平選手の壁は厚い様子。
 かつて2年目の青柳選手がタイチ選手にボロボロにこき下ろされながらもめげずにブレイクしたように、岡田選手も2年目の今年に期待が高まります。

第1試合
 渕正信&西村修vs岩本煌史&ウルティモ・ドラゴン
 
 いわゆるかつての明るく楽しい枠。
 クイズ「渕選手はパーで殴っているでしょうかグーで殴っているでしょうか」って何だよw

 世界ジュニア絶対王者時代の渕選手とウルティモ校長が当時闘ってたらどうなっていたのだろうと妄想が捗る試合でした。


第2試合
 青木篤志&佐藤光留vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一

 全日所属&パンクラスミッションながらも全日Jr.の魂を背負った男vs全日を飛び出した男達。
 基本的に私は裏切り者を許せない気持ちは大きいのですが、その誹りを受けるのを覚悟で再び全日に戻ってきている二人の根性を最近見直し始めている自分がいることに気が付きました。
 応援はしないけどね!

 試合はやはり手の合う鼓太郎選手と青木選手の攻防に目を奪われました。
 ひかるんの殺気も相変わらずですばらしかったです。

第3試合
 ジョー・ドーリング&ブラック・タイガーⅦvs TAJIRI&KAI

 前日に三冠挑戦を表明したKAI選手とチャンピオンドーリング選手の前哨戦として期待しておりましたところ、KAI選手がドーリング選手の入場をトペで奇襲。
 さらに場外戦などラフな展開が続く中一瞬のレフェリー不在の隙をついたTAJIRI選手がドーリング選手に毒霧を噴射。
 ドーリング選手が戦闘不能の間に悠々とタイガーⅦ選手を仕留めてカタカナコンビが僅か3分ちょっとで勝利でした。

 ドーリング選手の試合もっと見せてよ。


第4試合
 野村直矢vs崔 領ニ


 昨年は世界タッグをとったり現在のアジアタッグのチャンピオンでもある野村選手が大先輩である崔選手に挑む形の試合でしたが結論から言うと野村選手の完敗。
 試合の途中で野村選手が勝つ画が浮かんできませんでした。
 試合の印象が崔選手の蹴りの威力しか残ってないですもの。
 野村選手には今日の悔しさをバネにしっかりメインイベンターとして育ってもらいたいです。


セミファイナル

 宮原健斗
ヨシタツ青柳優馬vsゼウス&ボディガー&丸山敦
 
 昨日全日本プロレスに入団した丸山選手が登場。ゼウス選手、ボディガー選手の筋肉もさすがです。

 しかし入場で負けてないのが宮原健斗。一発でお客さんを一つにまとめられるさすがの不動のエース。

 青柳選手もチームにフォローされながらもだいぶいい動きをしてました。

 試合を見ていて思ったこと。
 ボディガー&ゼウス組って昔の全日でいう所の強豪外人チームっぽくていいのですよね。
 わかりやすい肉体とパワフルな技。殺人魚雷コンビが頭をよぎりました。
 となると丸山選手はリチャード・スリンガー枠?


メインイベント
世界タッグ選手権試合
 【第78代王者組】秋山準&大森隆男vs
【挑戦者組】2017 世界最強タッグ決定リーグ戦優勝 諏訪魔&石川修司


 選手権宣言には初代世界タッグ王者である谷津嘉章さんが登場。会場を沸かせます。
 入場時の声援は互角。
 チャンピオンチームもデカいはずなのですが、挑戦者チームは輪をかけてデカいですね。

 試合はド迫力のぶつかり合い。
 序盤からコーナー上の石川選手にアックスボンバーを炸裂させるなど大森さんも大ハッスルしていて一進一退の攻防が続いていたのですが、流れが変わったのは諏訪魔選手のコンプリートショット
 この一撃の打ち所が悪かった大森さんが戦線を離脱。
 しばらく秋山社長のローンバトルが続いてしまいます。

 その後何とか復帰した大森さんですが戦況をひっくり返すこと敵わず、最後は石川選手がカミゴエからのスプラッシュマウンテンで秋山社長を沈めて新チャンピオンとなりました。

 試合後次の挑戦者として宮原選手と誰かが登場。
 新チャンピオンチームはこれを快諾して2月の横浜文体にてタイトルマッチが行われることとなりました。
 新チャンピオンやっちゃってください。


 そんな訳で今日遊んできてしまったので明日のイッテンヨンはワールドにて観戦。
 現地組の皆さんは楽しんで来てください。

 今年もプロレス最高!

麺ジャラスをほげほげと

 2016年末に思い立って行って来た川田利明選手のお店

 ”麺ジャラスK”


 去年は隣の席のアメリカ人のプオタと仲良くなるサプライズがありました。


 せっかくなので年末恒例にしたいなと今年も行ってきました。

 行って・・

 行って・・


 満員で入れませんでした。

 まさか新日本隊が忘年会とは・・

 川田選手リスペクトなのは嬉かったですけどね。

 しかしまあ、なんで成城学園前まで行ったのにドトールでコーヒー飲んで日高屋でラーメン食って帰ってるんだろう。


 しかしそこはプロレスファンの強み。
 どこでも会話は弾むもの。
 柴田番がいろいろ書いてくれてます。

 柴田番が書いてない話題としては

・徳光先生いい加減に漫画描いて
・深夜バスしんどい
・サプライズ枠はリッキーフジさん?
・バイセップス・エクスプロージョンとアックスボンバー
・前受身はけっこう痛い

 などなど。

 次はステーキチャンプでリベンジを。

徳光康之感謝祭に行ってきたよ

 ちょうど去年の今頃、漫画化徳光康之先生の開催された

 闘狂大学プロレス研究会新人歓迎コンパ

 に参加。

 このころはまだファン烈伝続編のクラウドファンディングの話も無く、単純に先生、そして先生のファンの方々と楽しく語らいました。

 あれから一年。

 クラウドファンディングのリターン品として

 徳光康之感謝祭

 の案内が手元に届きます。

 これはなんとしても参加せねば、ということで速攻で予定を確保。
 会場はクラウドファンディングにご尽力くださったマンガサロントリガーさんです。

 感謝祭の開始は19時から。

 昼間はTシャツラブサミットに先生がご出展されるということで(去年Tシャツの販売コーナーに変珍さん達と一緒にいらっしゃいましたが、今年は似顔絵コーナー)似顔絵を描いていただくべく意気揚々と会場へむかいました。


2017-04-30-13-31-42

 東京科学技術館よ、私は帰ってきた!!

 会場に着いたのが13時半頃。

 そのまま順番待ちのため整理券を貰いに行った所・・

2017-04-30-13-39-57

 12番まで終わっていて残り時間3時間ちょいにもかかわらずこの待ち。

 先生の人気を甘く見ていた・・・

 仕方が無いので一旦会場を離れ元キンプロ梁山泊の同志にして大谷ファンを登場させるノリさんと近くの喫茶店でだべります。

 2時間くらい話しつつ会場に戻るも呼び出される雰囲気でなく撤退。

 玉麒麟ノリさんが

「キンプロポスターが欲しい」

 というので水道橋闘魂ショップに向かうもすでに商品はなし。
 しかたなく近場でラーメンを食って17時。

 さらに感謝祭の開始時間まで四天王プロレスの話などしつつヒマをつぶしているととツイッターでは39番、40番(ノリさん)が呼び出される画像が流れ悔しさに歯を食いしばります。

 気を取り直して感謝祭会場へ。


 時間になるとスコアからのサンライズで徳光先生が入場。

2017-04-30-19-06-12

 いきなりファン烈伝ファンにはお馴染みのTRAIN-TRAINの替え歌を熱唱。
 さらにU.W.Fのテーマも熱唱して乾杯と相成ります。

 写真を撮るのも忘れてまあ盛り上がるわ盛り上がるわ。
 さながら闘狂大学プロレス研究会の部室はこんな感じだったんだろう。そういう雰囲気の楽しい空間でした。


 ファン烈伝5.2巻の感想はもちろんのこと、参加者のみなさんのファンエピソード、レスラー裏話などいろいろ濃いお話を聞かせていただいたりしたのですが、あまりにも濃すぎてシークレット。
 
 自分のプロレスファン歴もまだまだ未熟だな、と思い知らされました。
 話の内容を知りたい、聞きたい方は是非イベントにご参加ください。

 しかしまあ木村浩一郎さんの話題やサバイバル飛田選手のネタ話とかなんで皆スラスラ出てくるんだろ(笑)

 途中で行われたオークションでは名シーンのパネルをGET!。

2017-04-30-20-08-15


これは実にいいものですよ!!

 パネルにサインしていただいている隙をついて先生にはファン烈伝登場予定のファンの役に立てばと大森選手のデータをプリントアウトしてご提供。
 左のアックスボンバーにも触れております。

 先生に「どの時代の大森選手が一番好き?」と聞かれたので少々悩みましたがここはやはりノーフィアーをチョイス。
 伸び悩んでいた大森さんの爆発。やはりここが一番の分岐点であったのでは無いでしょうか。

 実際に一番生で観戦したのはZERO1-MAX時代なのですが。

 会場のトリガーさんのご好意で1時間延長いただき、更にはそこから2次会へ。
 向かった先はヘソキンの聖地『サイゼリア』
 心の中でなにかが繋がった音を聞きつつ入店です。
 お店では5.2巻の電子書籍について先生自らに解説いただくという至福のひと時が。
 初めてファン烈伝を読んだ頃の自分に話しても絶対信じられないような夢空間でした。

 日が変わるまでトークに花を咲かせてしまい、結局10年ぶりくらいの漫喫泊。

 さすがにこの年ではきついものがありましたが、ギリギリまで参加者の皆さんとトークできたのは本当に楽しかったです。

 徳光先生、そしてご一緒させていただいた皆様ありがとうございました!!!


 5.3巻、5.4巻とまだまだ続くファン烈伝。
 徳光先生の今後の活躍が楽しみです。


 でももうちょっと刊行ペース上げて欲しいです(本音)

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: