無題に12もないけど、2

まず訪看の所長さんのつづきだ。

その日わたしに気持ちを言ったことに対して、今の段階では『しくじった』とか思わないけど、このまま雪だるまになったらしくじった。になると思う。と言った。

(わたしの中でここでこいつとの関係は決裂した)

そのあとは他の女性関係すべてをわたしに吐き出していた。

現在も続かざるを得ない人の事はしくじった。という分類になる人らしい。

所長さんの今の家庭以外での私生活やしている事の無慈悲さ、誰にでも良い人に思われたいと言ってるのとは反対にとても冷酷な偽善者なのもしっかり伝わったので、すぐに心が決まった。

男同士の会話ならともかく、今好意を持ってるとかぬかすわたしに、付き合っている人をあまり良くない風に言うのもとても嫌だった。

相手方の女性に対してもとても失礼きわまりない。

その人よりもわたしが好きだと言われたのもとても軽蔑する。

嫌われる事を自ら言ってて意味が全くわからない。

でもその人はとても所長さんの事が好きなのが伝わったし、とても一途でしおらしい女性に感じた。付き合いも8年と長い。わたしなんかたった2ヶ月半前に初めて見た人だ。

そんな彼女から、なんか無言の圧力を感じるんだ。

とか、嫁と別れたら一緒になるしかないしなとか、げんなりした物言いに凄く嫌悪感を覚えた。


わたしが昔見てきた男性の成功者と呼ばれるような方はたくさんの女性を作っていた。

沢山の女性でもみんな平等にその人に合った幸せを与えている。もちろん本妻のかたにもだ。なのでみんなが満足だからか揉めないし愛情も有るけど、お互いの立場もわかっているからあえて損することをしないでいる。


だから、世論は知らないが、わたしはあまり不倫でも人を幸せにするのはいい事だから別にいいと思う。


ただ、そんな、たかが1人の一途な女性さえも不安にさせ、悲しい思いをさせている事が本当にクズだと思った。

不倫は法律とかでダメとか、これまたなんだかわからないけど、法律が関係しないとならない状態になるのはつらく不幸な思いをした人に関係する話で、悲しませるひとが1人でもいる人は不倫をする権利がない。

それじゃない人は幸せを配ってる人なので不倫をする権利がある。でいいと思う。

足長おじさんみたいなやつ。

変人の主張。おわり。


話がとてもズレた。

わたしは誰かの人生において汚点になった人、しくじった人、間違った、やっちゃったわ。みたく思われる存在になるなど自尊心が傷付き心が破壊される。なめるな。

それを率直に伝えたが、わたしにはそんな意味ではないとか誤解だとか言い訳を言ったけど、誤解であれ私がそう思うなら誤解でもなんでもない。私の思考の自由だ。

「じぶんはキャパの狭い不安定な人間です。

ごめんなさい。」

と謝罪みたいのを書いてきてその上で訪看を続行したいと言われたけど、わたしを診るキャパもなく情緒不安定な人で日程の連絡をした時もなかなか返答がなく

「今危険な場所にいます。」これ。

が翌日くらいにLINEできた。

というような女のトラブルだらけで緊急時に繋がらないような人にわたしは用事はない。だからもうお願いする事はないと伝えた。

所長さんは過失を認めた。

わたしには一切過失はないと断言した。


それからは手のひらを返される対応をされた。

ひどいねぇ。

これがこのタイプの特徴だ。

誰からも好かれたいインチキアドラー教。

この世の中の全員に好かれることなどあるわけない事自体に気づかないのがアホすぎる。

で、自分のことを嫌い。嫌われた。になった人には顔つきまで変わるほど別人になる。

そんな奴には仮面の優しさをする必要がないからだ。あーこわい。

なんか残虐性を感じるので(真剣な話のときの目つきがとても気持ちがわるいくらい怖い。)サイコパス的だと思ったからアドラーアドラーを仮面の為に植え付けようとしてる気がする。

わたしは哲学はどんなふうに学ぶのかもしらない。

一度しっくりとその思想にはまって、目から鱗的なのがあって崇拝する事が出来たらその後は忠実にそれに見合ったことを遂行するだけだと思ったんだけどなんか違うし。

アドラーの教えのやり取りをしてる会話みたいのを忙しくてイヤホンで最近聴いてないからなんか気持ちのバランスがブレるのかなとか言われて気色悪かった。

洗脳みたいに聴き続けるやつとかなの?オウムとかの?ほんとに身の毛もよだったわ。

わたしはすぐにその日で訪看の契約を解除した。


もめた。


とても。


わたしはとてもつかれた。

あまりにも心無いことを簡単にする事に改めて歪んだ人間の醜さをみた。

ずる賢さ。欲望。保守。損得勘定。

思い遣りや優しさなど微塵も存在しない。


わたしは病気だ。

もっと病んだ。

こういった人とやり取りすると心が死ぬ。

当初精神病の悪化という事でこの人は看護にきたのにね。


そしてこの人を紹介した団体の責任者の人

その人の他人事みたいな言動をもすべてに傷ついた。仕事上医者のような感覚で疾患を持ってる人に接しないとじぶんも感情を保てないのもわかる。

ましてや内部、身体障害だけじゃなく、いろんな種類の精神病の人ばかりいるんだから。

でもさ、弱ってるんだから少しのことでもそんな時は大いに傷つくのでお役所みたいな感覚であしらう話し方はやめてほしい。

この支援者団体の方とも書面を一緒に見てもらい契約書に基づいてみてもわたしにした事は違法になる事ばかりだ。

でも、この団体ではここまでは介入出来ないとか、事業所側に伝える事は出来てもそうして欲しいなどの意見は言えない。とか団体が被害を受けるかもしれない面倒事はごめんなのだ。

それでも事業所の所長とはたくさんやりとりはしてくれ、所長さんにわたしの精神面な緊急性を感じてると伝えてくれた。

わたしは今日のうちに三者で話し合いするよう即対応して欲しい。と言った。ずっと軽いパニ症が続いてるのがこの日から遡っても3日は続いていた。

でも支援団体の人はそうしましょう。でもこれからわたしは予定があるので今日は無理です。明日改めて対応を考えましょう。

とか言う。

わたしは今で気力がいっぱいいっぱいのフラフラだ。

一気にこんなトラブルは解決してしまいたいのだ。

わたしには明日があるのかわかりません。

と言った。

そしたら再度また連絡をとってくれたけど、訪看の所長は向き合ってはくれなかったし、わたしに連絡をして欲しいと伝えてくれたが来る事は無かった。

その後も支援団体からも話しても全く会話にすらならない。嘘をついて逃げる。

みんながなんか呆れて来た。

発達障害だからと差別はしないが、言っても何してもわからない。

それならもう何をしても空振りだ。

わたしが所長さんの事を、出るところに出て口外すれば完全に所長の人生がかわる。

損害賠償を裁判で請求しても100%とれるだろう。

おおごとになると困るのにそれをお互い疲れてしまうからここだけで収めましょう。

血の通った心ある気持ちで謝ってくれたらそれでわたしは気がすむような人間かもしれませんよ。

とまで提案したけれど、それでも良いことにはならない。話しをするのは悪い方に行くしかないからしない。

らしい。

なんだか前にアスペルガーの彼が言っていた振り上げた拳は間違ってたとわかっても降ろせないんだ。ってのを思い出した。


ばかばかしくなった。




不条理な事。

やるせない思いと悲しみや憤り。

書けば書ききれない。

でももうこのことはこれで話したくない。

思い出したくもない。

心がとてもつかれてしまった。


7月初めにあった別件もずっとキツイ。

これもきっと最低来年以降もしばらく続くと思う。

こんなに次から次へと問題をくれても困るので少しだけぶん投げてくるペースを落としてください。


前まではもうすこし自分に対してもわたしの心に優しい温もりを感じるものがあった気がするのに、いまとても氷のように心が冷たい。

ろうそくの灯りが消えてしまったみたいで暗い。昼間の晴れ空でも見えるものが薄暗い。


そして解決を出来なかったその日の晩、自室で、わたしは本当の真っ暗闇になったらしくぶっ倒れた。

娘ちゃんには驚かせて悪かったとおもう

運悪く自室は少しづつしか出来ないから来春に向けての荷造りで硬いものや今まで押入れにあった荷物を出してるのもある。急に倒れたからどうしようもないけどいろんなものに身体がぶつかったぽい。

左腕は広範囲で血が出ない擦り傷があったのと左肩、上腕と胸をうっている。あと左の脚の下の方を打ったのか痛い

これだけは運が良くアタマは打たないで済んだ。

いや、打ってその辺の嫌な記憶を無くした方がよかったかもしれないくらいだけど。


唖然としたのかしばらく何が起きたのかわからなかったけど左がとても痛いから肺がまた穴が空いてないか心配だ。

娘ちゃんが動かないわたしに包帯とかいろんなのが入っている救急箱をいっぱい持ってきてくれた。

わたしは立ちくらみしちゃったー。

大丈夫ごめんねー。と言った。


ごめんね


翌朝になったら痛い場所がだいたい特定した。

なので朝のうちに病院に行ってきた。

小売できそうなほど湿布みたいなのくれた。



よし切り替える。

アスペルガーの人の事があってブログがなかなか終われないんだけど、8月半ばには待ちに待った診断の日だ。あと少しだ。

今度は主治医は午後からが外来担当の日である。

昼一で予約したけど、朝からも辛いがわたしは朝はどれだけ早くてもいい。

それより終わってから地元に帰ってくるのは何時になってんだよ。

と思う。夜に外にいるのはわたしはとても苦手なんだけど。

翌朝は朝イチで娘ちゃんが2月にずっと入院した病院の方の定期検査の日だから行かないとなんないんだけど、わたしは死んでないかな。

しかも今こんな精神状態だ。

もうなるようにしかならないね。


アスペルガーの彼は心理テストを受けたあと、あれから地元に帰ってからはごちゃごちゃしていた。

まず、会社はかなり彼を目の上のたんこぶだったようでパワハラの嵐だ。

日に日にエスカレートしていく。

いくら感情鈍麻といえど言われた暴言には一応傷つく。

一番信頼していた上司にさえ、お前は何を企んでいるんだ。とさえ言われている。

まるで犯人のようである。

時には現状を話す時、いつもその人は暴言を吐くせいか急に彼の私物のスマホを何も言わず取り上げて録音してないか確かめたりするらしい。吉本興業ににている。

女性社員にもじぶんが悪くもないミスで業者に怒られて追加発注をすぐにお願いしたらその女性にも〇〇さんの給料から引くから。

とか言われている。

あと部署の上司に相談なんだがと、部署を過酷なところに移動する話しをしてきたりする。イコール自主退社に持ってくシステムってやつ。


彼はそんな事の毎日で今は週の半分くらいはご飯も食べれなくなってしまった。

睡眠も相変わらず全くとれない。

精神病あるあるの胸の息苦しさとザワザワ病。

その中でも確かな診断をしてもらうために日々気づいた事、身体の症状を記録してうちに戻ったら病院にFAXする。というのをしていた。

やはり本人が自らではわからない事ばかりだとつくづく納得した。

話していて、ないと言ってたのに、それは幻聴だよ

というのも10年くらい前からずっとあった。

あとはじぶんは幸せな気持ちになってはならない。という思考。

死にたいじゃない。死なねばならぬ。と言ってたやつの同類なのかな。

ご両親と食事をして帰る幸せなとき、電車のホームで立っている両親を電車が来た時突き落としたら死ぬんだろう。と考えてしまうらしい。

両親だけ?と聞いたらバツが悪そうにわたしにも思ったことはあると言った。

一緒にいて楽しい時なのにその細い首をひねり曲げたらすぐに死んじゃうな。とか考えるらしい。

本当にする事はないという。するという衝動もないという。でもそれはこのままだとする人になるかもしれないからちゃんと治療しよう。と言った。こういうのもFAXの内容にはいれといた。

仕事はいじめられてきついけどあと少し頑張ればお盆休みに入る。

その頃受診もするし、薬もきっとようやく出されるだろう。

そして今の段階で完全に廃人のようなので休職をする。

休み明けにその旨を伝えるには一度会社には行かないとならない。

ただその前にしばらく欠勤してもいいと思う。それから休職届けを出してきっと本人は入院するだろう。

その間休職期間を全て使い切って退社するつもりのようだ。

そのあとは自由に生きればいいんだよ。

じぶんの気持ち、心が喜ぶことだけをしていく。

大自然が好きならその中で趣味のカメラや絵を描くでもいいよ。1つに決めないでやりたいことをする。って生活をしたらいいだけ。


彼はとても喜んでいた。

その自由な未来に。

じぶんの特性の中では会社勤めはできない。

でもそうしたら今までは社会から疎外した脱落者になってしまう。そんなの嫌だ。

そう思ってきたけど、心を蝕み、壊れて、体調まで崩して尚そのしがらみにしがみつく意味はない事を受け入れられたみたいだ。


でもどうしても何かと繋がっていなくては不安なのだろう。


「例えば、写真や絵や切り絵などの創作物を額に入れて、終末医療病棟などの病院施設、高齢者施設などに寄付をする

以前からやってみたかったことだ。(聞いたことないけど。)

そういうやり方ならもし生活保護を受けるようになっても受給したものを社会に還元することができる」


と言っていた。


この人自身だけではなくこの先はわたしにもすることがある。まだ終わっていないことをやらないとならないから会うことはきっとないし、会える場所にもその内いないと思う。

と言ってある。

大自然でじぶんの好きなことをするとき一緒にいたい。と言ってたけど、わたしはそれをしたくない。

それに、きっとわたしといて少しでも自由じゃない気持ちになるからストレスになる。

お互いに良くないこと。

カバーしてもらえる福祉サービスを受けたら1人でも大丈夫だよ。

と言った


号泣してるけど最後は自由にさせてほしいからこういうところはわたしの得意なダメなやつ。全然後ろ髪を引かれない。

だから、終わると自分の役割はこれまでだと割り切れるし、成し遂げたときにいつも人に引っ張られないのかもしれない。


結局もって、わたしはうまいことを言いながら自分の良いように整理をしているのもある。

終わりがだんだんと近づいたらなるべく知り合いを無くす。

今まで関わったひとには何気なく無意識のうちに距離を置いているとおもう。

で、もう少しでわたしは居場所もわからないひと。……になる。


最近特におもう。

わたしは他の人にないものを持ってるけどみんな持ってるのがほんとない。


それは感情の部分でもある。

わたし

男の人は嫌いなのは言ったが、いつかは人を好きになりたいとか言っといて、多分なりたくない。

わたしの中で知らないうちに根付いたものをなんかわかった。

わたしはきっとつらかった。

男の人にされた事や父親の事、男の考え方ややり方。なんでか全部にわたしは未だに深く心に残っている。だから心底男が嫌いなのだ。

話すことはできる。それだけ。

ほかは無。

あと愛してる。って言葉が好きじゃない。

言われたらとても無性にいらいらするのはなんでかわからない。たぶん理由はあるんだろう。

それに恋愛的な関係になるととても疲れて身体にもよくない。悪い薬を飲まされた感じになるのだ。

いつも誰かしらと付き合ってるようになるけどじぶんの特徴は伝えてある。それでもいい人となら大丈夫だ。

でもべったりと時間あれば毎日いるとかじゃない。

1週間に一度何時間とか会ったりする。とか。

電話がきてもなにかあった?とか言ってしまう。

めんどくさいから電話自体もかなりまく。だいたい5回のうち4回は出ないとおもう。

そうじゃないとわたしは心が疲れてる事を言っているからいいと思ってる。

超遠距離恋愛してる人より超心の距離が遠いと思う。



わたしは同性の友達さえ特にいらない。

子供の頃の記事のままだ。

遊んでて何が楽しいのかわからん。その会話の面白かったところはどこかもわからん。

騒ぐ事はしゃぐ事全てが子供の頃から大嫌いだ。

どこかに行きたがる人と付き合ったらそれこそすぐに関係が終わる。

恥ずかしい話だが、わたしはその時の人とスーパーに入って10メートルくらいの所で一歩も歩けなくなって立ち止まったまま大泣きした事がある。かなりアタマがおかしい。

その時の人はそれが今でも強烈に残っているらしい。わたしもその時のじぶんはよくわからない。


わたしは。

唯一娘ちゃんとは話が合う。

書いたけど娘ちゃんとは大笑いする。

ほとんどがうちの中でお互いの余りにもまぬけた行為に仰天するとかだ。

(娘ちゃんも幼少期からの奇天烈ぶりは健在だ。)

お互いがお互いの話すことや謎の行動にとてもウケる。

あとは好きなスポーツの選手の試合を観てればよい。

色々いるけど、今の楽しみはWBSSの井上の決勝を観るまでは死にたくない。

大袈裟だけどそんな感じだ。


1人でも全然いいんだから、そんなのが人を好きになる訳ないね。


わたしがひとに対して持つのは全員同じ感情だ。接し方も話し方も全部。わたしを好んでくれてるなーと思う人は下は3歳から上は78歳だ。3歳児の男の子はもじもじ近づいてきてこっちを見る。わたしが笑うと、一緒に笑うかプイッとする。その繰り返し。

でも結局は近くにべったりくる。


78歳のおじいちゃんはなんにも言葉を選ばないで好き勝手なことを言っててよくわからんけどとりあえず笑っていればいいみたいだ。

その長丁場を付き合ってあげれるかどうかくらい。

平和である。みんな幸せでいてほしい。




最近娘ちゃんが誕生日だった。

難病がわかってはじめての誕生日。


悲しかったし情けなかった

お祝いするご馳走がなんにもないや。

去年は娘ちゃんの好きなお寿司や好きなものをたくさん食べてお祝いした。

今年はなんにもなかった。


そして普段と同じ粗末な食事をした。



18歳というとても記念に残る日になんにもしなかった。

わたしは娘ちゃんが喜ぶことをなんにも思いつかなかった。