2019年07月

『無題』

題名さえ見つからない内容なので無題。


いま私が苦しんでいることは死ぬまで続く。

最近になりとんでもない裏切りをくらったのでこれまたこの先にずっと関係する1つに増えた。

想定外過ぎることだったのでかなり参っていた(7月はじめの出来事)

これは娘ちゃんにほぼ関係することだったのでわたしのアドレナリンの分泌は瞬間的に最大量にと脳から発令された。

少し知人にも知るような話になったんだけど、普段ひとの悪口も言わないような冷静沈着な方でさえ静かなる怒りというものを初めてみたくらいだ。

あ、元凶はアスペルガーのひとじゃないよ。

この人に今更裏切られるもないからね。

この人については生活の基盤、各種手続き、行政の使えることをすべてを利用出来るようにしておしまいだ。

7月半ばの心理カウンセリングにまた往復8時間かけて行ってきたけどこれはね

つらかったわ。

それしか言葉ないわ。

前日。明日は早朝にテストをもって病院に行く日に限って会社から帰ってきたらまたやっつけられていた。

怒られたらしい。

仕事で電話の伝達不備あって、結果段取りがうまくいかずその部署辞めろ、辞めたいんだろ!俺が言っといてあげるから!

周りの業者もみんなお前の文句言ってるんだよ。

と言いたい放題言われたよ

お客様の名前も間違うし、ほんとうに自分はおわっている。と感じた。

と言いだして、

この部署に入った時(1年半前)からの直属の上司の人にも社内にいるとき落ち着きがなくてバタバタしてうるさいからみんなに迷惑をかけている。と注意をされたらしい。

この人には有給で前回も今回も病院に行くときに申請をしたし、今後のこともあるので本人は実は精神科の病院に行っている。と話したから、それを知ってて叱られたのはショックだったのだろう。

空気が読めない。言ってはいけない事を言う。そんな障害での精神科行きになってるとは話してないから仕方ないけどね。


この人と今後のことや会社の制度、主治医から下される事について話しをそのうちしないとならないんだから今はとりあえず何も言わなくていい。


なので。


もうなんにも考えなくていいしわかったから!

何か食べれたら食べてすぐ寝ろ。寝れなくても横になって。朝450分にいくから保険証と診察カードとサイフ、これだけ忘れずに。


と送った。(無くすし手元にあると気が動転するのでテスト用紙など重要なものはわたしが持っている)


そして病院にはほぼ予定通りについた。

前回の受診からこの日までカフェとかでテストを終わらせるのにかなりのストレスだったけど、カウンセリングはカウンセラーと本人の一対一でするのが基本と言われた。

でも会社に報告する義務もあるし、本人の希望が強かったのと精神状態が前日にかなり酷かったので同席した。

で、結局一般的な平均的時間の倍かかった。

朝一からやって2時だ。

朝が早かったのと、またグズグズしやがるからわたしはご飯も前日の夕方に食べて以来なんだけど。

クスリを飲まないとならないんだけど。

そんで。

密室でのこのカウンセリング。

やらなきゃいいのにわたしまで心の中で問題に答えてしまう。(ほんとは同席ダメだから死角にいて気配を消してないとならないから暇すぎるんだもん)

本人は終わったらまた脳みそを使い過ぎてアタマがクルクルパーのひとになってる。

でも今回はわたしもあんまり人の事言えないわ

すげぇ疲れた。

例えが悪いけど、冤罪なのに何日も拘留されて呪文のようにやっただろ!とか言われてやった。みたくいう人の気持ちがわかるような感じだ。

とにかく思考回路がめちゃくちゃに破壊された。

本人はいいけど、ここで共にボケッとしてはならないんだ。

病院を出たあと行きたいカフェに入ってとりあえず食べた。味はない。舌がバカは変わからないけど空腹で倒れそうだ。

そしてまた4時間かけて帰った。

でもこれで本人はもう結果を待ち、8月の主治医の診断でどうするかが決まるだけだ。

結果次第だが、薬合わせもあるし身体の調子も悪いから最高延ばせてでも2週ごとで往復また8時間の通院はとても嫌なので入院させたい。

きっと会社は休職するだろう。

その間に今後について色々調べたり、診断が出たらこの人の環境を整えて支援関係や市の手続きなどをする。

それできっとわたしの仕事は終わるのだ。


この人の障害に対する予後については皆目見当がつかないのでそれは専門医の指示に従って生きてもらうしかない。


向こうはどうであれわたしは人に好かれたいというのがこの人にも全くない。


そして訪看の所長さんとつい最近話したこと。


今ではもう素でやってくる。わたしのお家に来るとき玄関先でその日のバイオリズムがはっきりわかる。

重そうな荷物背負っちゃって顔が死んでることもある。

またある時はニコニコとても楽しそうに快活に来る日もある。

辛そうな時はほとんど所長さんの話しを聞いてる。で、なんでそう思わないとならないの?

とか普通に言いづらいことをわたしは聞いて吐き出させて多少お元気になって帰る。

所長さんはじぶんはひとに好かれたいんだってさ。

違う利用者さんに言われたこととか気になるんだね。

で、良い人に思われたいのだとさ。

わたしはそう思う事がさっぱりわからん。

わたしはむしろそんな人嫌いだ。

所長さんは今ブレブレである。

発達障害が関係してるのかはよくわからないけど、自分をガチガチに作り上げて克服して乗り越えたから今この仕事をしてる。

は最初に聞いたけど、すぐにそのあとにわたしはそんな簡単な病気じゃないと思うし、強いこだわりを聞いてしまったので否定をしている。

そう。乗り越えられるような病気じゃないんじゃなかったっけ?だ。

むしろお互い苦しんでるから負の感情とか持ってこられてそれさえもくらいたくないよ。と言っている。


この日も何にも克服してないしめっちゃ辛そうですけど。

基本的にひととの関わりを避けたい障害で、自分の空間でボッチで好きなことを誰にも邪魔されたくないでいたい。

ということは変わらないけどそれじゃ生きてけないからなんだって。

でも、それにしてもまた随分と一番苦手そうな仕事を選ぶな。

と、思ったから聞いた。

めっちゃアドラーとやらを信仰しているが、それをすることはわたしには当てはまらないのがわかったぽい。

わたしは哲学もラブストーリーと同じくらいしらないし興味がない。

アドラーとやらで他の利用者さんは心が安らぐのかもしれないけど、なんだか最近違和感を感じるので聞いた。

他の方にその接し方をされて気持ちが楽になられてるのはいいと思いますが、わたしとてもそのやり方嫌いですけど。

と言ってしまった。

押し付けは絶対にしたくない。過去はもう過ぎ去っています。これから先の未来なのです!お助けします!とアドバイスになるような提案を出来るだけして、わたしは所詮他人です。あなたが最終的に好きに決めていいのです。

みたいなやつだ。(あんま聞いてないけど確かそんなやつかその反対)


で。その言い回しややり方がわたしは気にくわない。

なんか。訪看をお願いしている人ってさ、自分では解決できない。もしくはしたくないから誰かに決めてほしいんじゃないの?

そして、自分が決めたからそうなった。になりたくなくて、人に責任転嫁をしたいんじゃないの?

でも所長さんもアドラーに基づいてアドラーアドラー言ってるけどそこまで依存されたくなくて逃げ道を作られてる気しかしないけど。

わたしの生い立ちを知っているならそれは絶対的タブーなやり方だと気づかないことに最近とても引っかかる。

虐待で大人になった人全員が全員ではないがわたしは愛着障害がある。大人になってから愛着障害と向き合うのは今の医学的にも特にはっきりとした定義みたいのがないらしい。

ただ昔スマイリー先生(懐かしい)は

ずっと気持ちを殺して生きたわたしはひとに依存することはない孤立型のタイプ。みたいな事いってた。


だけど、何度も何度も何かにつけてわたしは他人。と必要以上に言われると、専門家だから全てをお伝えしてるのに、そんな人と話すことはないんだけど。

そうなるとわたしはそんな人にじぶんの悲しい生い立ちとか今結構きついとか話すことをする必要が全くないからこっちから閉店ですよってシャッター下ろすタイプになるからあなたに来てもらわなくていいや。になります。

と言った。で、

所長さん。見捨てられ症候群て知らないの?

それを言われて、距離を取られたと思われてしまう人も居ますよ?

実際わたしは愛着障害とやらだそうですけど。ちょっと変則的なものなのか、それをされて余計に捨てないでとすがる人もいるけど、わたしはこっちからお断りだよ。

です。

だから、どんな意図でその言葉を何度も使ったかをいつか質問したかったので聞きました。

なのでその回答をお願いします。

回答によってはわたしは所長さんのこうであろうと思っている人柄の訂正をしなくてはならないので。


と言った。

とんでもない利用者かもしれない。でも自分が少しでも「全然いらない不快」は今の現状においてとっととなくしてしまいたいのだ。



所長さんは、向き合って話すことにしたようだ。

嫌われたくないんでしょうねわたしは。

押し付けませんよ。聞きますよ。なんです。

良い人でいたいんですよねやっぱり

あなたにも良い人と思われたい。

それがとんだ思い違いでした。

あなたがおっしゃった中にアドラーの本にそのまま書いてることがあります。


学びもせずになぜ答えがそこにたどり着くのかまた今もほんとうに不思議におもいます。


と言った。そして


ご質問の答えについては、まだ明確に自分を分析できていないですが

それとなく思う節もありますので、次回までには何とかしたいと思います。

ただ他人行儀に接することで良くない印象を与えてしまったことは

率直に「不本意」だと自分なりに感じています。


自分、人としてまだまだですわ。

次回の訪問も宜しくお願い致します


LINEの原文のそのまま。)


だってさ。

どこがアドラーだよ。何度も己で言ってる、嫌われる勇気のやつじゃないのかよ。

で、人としてまだまだですわ?

これは昔の精神科医に

とても恥ずかしいですが、わたしのスキルではあなたをみることができません。


と言われたやつににている。

また脱落者が出そうである。

わたしはアドラーなんて知らないし学びたくもない。


それに嫌われる勇気をしなくちゃならないとかなのに、じぶんは本当は誰にでもお愛想でも好かれたい人が本意を曲げてそれを行なうことは相手に対してかなりの冒涜である。

自分の言葉ではなしやがれ。


とおもった。


最初にこちらのお話をもらった時、じぶんで大丈夫かな。という不安はなかったと言いません。

その身体で抱えているものが余りにも大き過ぎてる。そう率直におもいました。


とは言われたのを思い出した。

わたしは哲学書に参考にも書いてもいないなんにも当てはまらない人なのか

その人にどんな接し方が良いのかなんてそれじゃわかないに決まっている。

人は人としてじぶんの気持ちで会話をして欲しい。

しないから何だか言ってる事に矛盾してないか?

何かブレてるけどどうした。

になるし、それを察知能力が敏感だからとても嫌なのだ。

で、反対にわたしはとても嫌われてもいい人なので疑問や不快な事についてはちゃんとしたいのだ。


その3日後、訪看日がきた。

所長さんも考えたとおもうけど、わたしも勘違いされては困ることを言いたいので考えていた。


えと。どうゆう意味でわたしに必要以上に距離を置きたがる、他人です他人です。を強調するについてはしばらく様子を見て、そんなのこっちからお断りだと前回言いましたが、所長さんはひょっとしてわたしがあなたに依存して来られたら困るとずっとおもって踏み込まれないようにしていたんですか?

でも違うことはちゃんとこの前伝えました。

なのでご自分がされた自己分析とやらを聞かせて下さい。

と言った。


所長さんは、

取り繕うとしても無駄だしいつかわかるし、不快に思われたことはわたしは書いた通り本当に不本意で辛いことでした。

だから、言ってしまってどうなっても、はっきり言ってしまった方がいいし、あなたにとってはその方がいい人で偏見も感情的にもならない人だと感じるから言いますよ。

わたしは最初に会った時からこれはまずいことになったと思いました。

お邪魔してこんなに綺麗で素晴らしいひと(書いていて気持ち悪いけど)なんてと思ってしまったし、話していくうちにアドラー(またでた)を知らずに素で言ったりやってることが強烈だったかもしれない。

わたしは、あなたに嫌われたくないです。

でも男女としての感情を持つことは絶対にダメなので他人です他人ですは、それは自分自身に言い聞かせていた事でした。

それじゃないと雪だるまのようにゴロゴロ転がっていく事になるのを自分の性格でわかっているんです。

わたしは恋愛体質なんです。

それを伝えた事で嫌悪感を抱かせ、不信感を持たれてしまったらわたしを切ってもらって構いません。


え。所長さん本当に取り繕うことしないね。

妻帯者が堂々と告白している。

人の気持ちはそれぞれ自由だから別にいいけど。

わたしはそれで取り乱す事はないよ。

ならばもっと詰めた話をしなくてはならないよ。になる。


わたしはひとつだけ必ず確認しとかなくてはならない。


所長さん。わたしはほんの少ーしだけでも気をもたせるようなことをしましたか?

そうわたしがさせた。みたいなの有りますか?

と聞いた。


所長さんは、それは全くないです。自分がとてもここが居心地が良くて来るのが楽しみで会うととても好きになってたんです。

今現在もです。


だった。

どうゆうことだろうか。

わたしは患者だ。お金を払ってわたしは好きでもない人がわたしを好きだと言う人を招いている。

意味がわからないね。


恋愛体質って言葉が気になったから尋ねてみた。

利用者さんとそんな経験あるんですか?

と言ったら、病院で働いていた時は入院されていたとても若くてとっても綺麗な女性に夜中に誘われました。

と言った。

でももちろんそんな事しません。

申し送りでもその件は書いてます。

でも、本音を言えばそりゃ20過ぎそこそこの綺麗な女性でしたから揺らぎますよ……


アホか。

恋愛体質など聞こえの良い言葉ではない。

おまえは下半身暴走族である。


でもそれが男の性なので仕方ないのもわかる。

看護師の時点で大学の頃から女の人は選り取り見取りだったと言った。女世界にいるんだから当たり前だ。わたしが男だったらわたしもするわ。と言った。

でもね、キミはいまはそうゆう事で雪だるまになってる場合ではない。


わたしは来るもの拒まず去る者追わず

なのを、これに当てはめていいのだろうか?

わたしは所長さんの事は好きという感情は全くないし惹かれる要素も残念ながらないよ。


これからの訪看やこの時所長さんの心の中を丸裸にしたのでそれはまた文字制限の関係でつづく。


てか、これとアスペルガーの人の事の区切りがつかないといつまでも続くんだけど。


最終章はもうほぼ完成してるのに変なブログだね。


おわり。

『安楽死と自死』その2

ここら辺に前回の北川悦吏子さんの闘病の話を聞いたやつを詳しくいれてみよう



オードリーの若林さんのMCで『あの人が知りたい究極の一問』という番組の中の話だった。

北川さんの究極の質問は

「人はどうして死なせてくれないの」

だ。

それだけ聞けば死にたい人が質問すると思うだろうが、わたしがその言葉を聞いてすぐに感じた事。

それは、北川さんは生きたくてたまらない人なんだなーとおもった。

苦しいのはみんな嫌だ。我慢強いも弱いも無いと思う。

北川さんはわたしと同じIBD(炎症性腸疾患)のUCで約10年間苦しんだあと大腸を全摘している。

その後の不具合や予後の辛さもあったらしい。

わたしは手術さえお断りされたけどそれはそれで仕方ない事だ。30年間病に侵されている腸、衰弱し過ぎた身体、触るのさえバケモノ的な感じで医者でも嫌だとおもうわ。

IBDでもせめてUCの方だったのをありがたいと思わないとならない。

服薬しているのはどちらにも共通のものを飲んでいるが、CD(クローン病)なら食道から大腸までの消化器官すべてやられる。

わたしの知り合いは今の段階で大腸から小腸そして胃にまで達している。

栄養はほぼ胃瘻からだ。



この番組の話をよく聞くと話の中に安楽死があったので載せた。

日本では出来ないことに訴えかけている。

北川さんはいまの身体でもその当時の身体でも国外の安楽死が出来るところでもきっと該当されない。

ただ本当に痛みに弱いことを伝えていた。

そして今後もまたいつ何が起こるかわからない事に対して不安だから、いつでも死を選択できる環境がある事が必要だというこの先について話をしているのだと思った。

闘病は辛いよねみんな苦しんで辛くて私もほんとに地獄絵図をたくさん見た。その時は誰しも死んだ方がまし!とおもうだろう


日本では安楽死は出来ないからみんな自死をするしかない。

原因の一位はいつも病気を苦にして。だ。

安楽死も自死ににたような形になってしまうが、取り組みや他者が関わることで病死のように感じるのだろうか。

悪い事をしたという罪悪感がなく、認められた。という感覚が欲しいのか。

わたしの周りでは最低年齢では20歳くらいの時に鉄塔から飛び降りて自死した知人がいる。

いままで何人もの自死の方がいた。

でも、人に聞かれるとわたしは病死でしたよ。と必ず言う。

死ぬほどまで正気を無くして苦しむこと。それは病気でしかない。

だから別にわたしは積極的安楽死に日本をどうしても変えたいとはそんなに思わない。

自死を悪いこと。と見られているのは仕方ない。

生きたくても死ぬ人もいるんだ!とか、そんなことで命を無駄にするのは罰当たりだ!とか……

自死を推奨する訳ではないけど、みんなそれぞれ計り知れないいろんなものを抱えている。堪え難い苦しみを抱えている。

言いたい事を言わせておけばいい。

人それぞれだ。

これには耐えられるけどこれは無理だ。

いやいやわたしはそれの反対だ。

いろんな人がいるんだから仕方ないじゃないか。

あ、でもまだ中学生くらいの子の自殺はなんとか阻止してあげたい。大体がいじめだから。

狭いコミュニティしかわからないから、違う世界があることを教えてあげなきゃならない。


完全に病に侵されてどうしても亡くなってしまった場合は自死でもその人の思いを真摯に受け止めて汲み取り鎮魂を願えばいい

ただもし可能であれば自死をしなくてはならなくなった方は大切な人や残された人がいるならばエンディングレターを日頃書いていて欲しい。

昨年の秋口に旦那さんが自死をしてしまった友人になんでかもわからないの。職場の配属替えが半年前にあって、それの人間関係なのかもわからないし、家庭でいやな思いをしていたのかもしれない。と言われたことがある。

死人にくちなし。

残された人は結論はもう出ることはない物にずっと悩むことになる。そして自分のせいではないかとずっと苦しみ続けている人もいる。

檀家で入っているそこの宗派のひとがその御宅に次々と不幸がおこるのはご主人は成仏出来ないでいるからだ!ずっとお経をあげろ!と言われ、その通りにしてもまだ足りないからだ、まだ足りない!と追い込まれ、精神が破壊されたおばさんもいた。

あと、ご近所やちょっと遠い身内でさえも家族なのに何にもわからなかったの?と、心無い目で見られる事もある。

死ぬ間際の当人は病気に支配されているから何も残せない状態だとおもう。

せめて、少しのメモ、手帳にでも日々の体調不良や心の中の思い。そんな些細なものでも残してほしい。

残された人が点と点を繋げられるようななにかを


北川さんには北川さんの考えがある。

それを国に訴え続けて変わるならそれもまたそれでいいと思う。


わたしが国に訴えたいのは医師免許が永久資格であることを変えるべきだ。という事。

医者である前にあまりにも人としての段階でおまえは終わってる。というような医者が本当に多い。

医療は日々進化している。それにしっかりと何歳になってもついて行けて、気づけて、学んで、人間として驕る事なく11人の患者と向き合っていく事をしているか。

それを何年単位かで医師として適切な人間かを判断して更新するシステムにしないとダメだ。


北川さんも色んな苦しみがあって不安もあって、また何かあるんじゃと、この先のことを考えたらほんとにいやになるのは当たり前だとおもう。

UCが発症する前にもし一度も大病などしていなかったならば尚更トラウマになっちゃってるとおもう。


肺の手術でもわたしも多少なりともあったし予後に全く苦しまないパーフェクトな手術はそんなにないとおもう。

あ、肺の現状ですが肺は痛い。なぜにこんなに痛いのだろうか?肺なのかさえもわからない。何からなのかはいろんな原因が考えられるらしいので不明。(7/8UCの予約日に行ってきました。また肺のX線をとってもらいました。まだ気胸と言えるままの大きさでした。)

これはもういいや。この大きさでいいでーす。

ただ、たった半年前に入院していたのにその時執刀もしてくれた外科の先生が転院していないんだけど。

今年の乳がん検診は胸が痛いからマンモグラフィはマズくないの?と聞きたかったんだけど

UCの主治医はその医者の赴任先を教えてくれて、紹介状書くよー?とか言ってくれたけど、乳がん検診だけ聞くのに行くのとか面倒くさいし、婦人科に別に聞いてもいい気がしたので、いいー。また気胸の漏れがひどくなったらその時にお願して回してもらうかなー

になった。

まったく付き合ってられん肺だ。バカだ肺がバカすぎる。

この日は色々今後の方向性をきめた。

まず、娘ちゃんのは、来春にまだ生きていたら、就職先が地元ではなくちょいと都会に希望しているのでそれについて。

わたしなりに教えてくれた知り合いの医師や調べた結果、その地域の総合病院でIBDセンターがあるところと前から言ってたしそこにしてもらうかなーと話した。

主治医はもちろんそこでも紹介状書くよー!

でもね、その圏内なら僕の後輩の病院を紹介したかったのはあるんだ。

もちろん確かなやつ(医師としてね)で患者さんのことほんと親身に考えてるから。

と言われた。

わたしの主治医はわたしがここに決めた時、消化器官全般、内視鏡のスペシャリストとしてネットで調べると全国のトップ10に名前が入っていた。

その人が確かというなら本物だと思う。

じゃあそこにするのでその先生が主治医にしてね!とお願いした。

あまり知らない知人の医師に言われてる所よりもネットとかよりも確実だ。

わたしの検査が色々あったので待ち時間に娘ちゃんとどんなんだろねーとPadで見た。

デカイここよりもデカイし系列の病院もある。通うにも立地も良い。

で、診療科案内などをみたら、消化器内科の他にちゃんとIBDセンターもある。

で、医師紹介をみたらその人はIBDセンターのセンター長であった。

しかも、この病院の副院長の肩書きになっている。

後輩とか言ってたけどすげーな。

今の主治医の方が腕があるのは全国的でお墨付きだけどこの人もすごい。

わたしの主治医に言われることに絶対的に従う得意の上下関係もあるだろうし、人柄が患者のこと考えるよ、娘っ子の年齢的にも合うんじゃないかなー。

って言ってたしここに娘ちゃんは決めた!

ついでに、もう一つの悲しいやつ。

娘っ子今日、血とるかー?と言われたけど、

あ。あと1ヶ月もしないで医大の方のやつ行く予定なんです。で、またそこで細かい項目全部の採血やるとおもう。

と言ったら、それ、こっちにデータ回してって言っといてー見たいから。

といわれた。

で、奇遇なことについこの23日前に医大の主治医自らうちに電話をしてきた。

理由は8月初めに入っている予約の日に急に予定が入って病院にいないから、変更してもいいか。だった。

この病院はこの科だけじゃないから他のもいっぺんにしたいしどうするかなー

と迷っていたら、今のところ症状はどうかを聞かれ平行のままと言ったら、ぼくの方はそれなら採血のみ、ほかの科は予定通りに受信してもらっていいです。血液検査だけが必ず見たいんです。

といわれた。

あ!そうだ!ついでに全部いってしまおう。

UCの主治医が結果回してほしいと言われて最近帰ってきたんですど。

と言ったら、

はい!わかりました、1週間で全部の結果は出ます。まずはお宅の方に結果の報告をしまして、あちらの病院には先生宛てに僕からお手紙をだします。

と言ってくれた。

そして結果次第でまたわからないけどその次の予約日もこの電話できめた。

その話のとき、UCの主治医が紹介してくれた病院をこっちにも言った。

向こうに行ったら慣れない土地だし本人一人で通わせるから病院も一本化したいんですが、医大からもその病院に紹介状出せますかー?と聞いたら、

大丈夫です!この病院はIBDにはとても良いと思いますがこちら側の病気については足りない科があるけど、かかる科をとりあえず土台にして今から全ての科に対応しなくても良いかと思います。何かしら症状が出たり専門的治療が発生したらここから専門治療する所に移ればいいので!

と言ってくれて話しが一気におわった。

あー良かった。


そして話は少し巻き戻すけどわたしの事はUCの主治医との受診の時、検査結果を聞く時は娘ちゃんは同席していなかったので、聞きたいことを全部聞いた。

まず、お嬢は今年わざとしらんぷりしてるのかしらないけどいつするんだよ?から始まった。

そう、あの地獄の入院する検査。毎年前処置ですでに死んでるやつ。

あーぁ。この話をする日が来たよ


あのさぁ、検査してだから何なの?って結論になったわー!

と言った。

だって、なんかあってもわたしは手術もなんもできないんでしょ?

ただ、あーここ癌化したねーとかわかったって何も意味なくない⁇

と言った。

主治医は、たしかにお腹切ってその身体では全摘は出来ない。それに予想もしてなかった気胸もちなら尚更だめだね。

でもその癌の所だけ一部を何とか切除する。は可能かもしれないし。

という。

え。

一部だけ取ってそのままでいいような腸じゃなくない?

と聞いたら、そうだよ。そんなの見つかったら全部取るような腸だよ。

でもそれ出来ないから、例えばだよね。

だって。

その例え要らないかも。

わたしにしたら検査する事すら延命処置みたいなもんだわ。

その癌が他に転移して大腸だけの問題じゃなくなっても、その転移したとこも手術できないとか言われたらただわたしは不幸な人だね呼ばわりされるみたいなだけなんだけど。


あとあんま長くないなーみたいなやつなのに手術は出来ないからと抗がん剤治療などわたしは絶対にしないし。

あと放射線治療も出来る臓器と出来ない臓器が有るのは知ってる。

腸など常に動くような臓器は放射線治療は出来ない

主治医は検査は患者さん側がするかしないか決める事ってのが基本。

ただお嬢の検査の目的は他の人と違うからさぁ。だ。

あー北川さんが言ってたやつね。

その当時10万人に1人の難病で、9割の人は制限や投薬はあるが普通の生活が出来るけど、その中でも1割だめな人がいてわたしは運悪くその1割の方に入りました。

と言ってたわ。


お嬢は癌になるから。だからするんだ。

をはっきり言うからこの押し問答になったけど、なっても何もしてくれないならっていう展開だ。

北川さんは運悪く1割の方になってしまって全摘。とか言ってたけど、それやって治っていま大丈夫です。


?ならわたしは何なんだよ。

と、とてもカオス的数値である。


結論。話しても疲れて来た(お互い)

で、主治医は、よし!今年はやめよー!

やったー!

になった。もうその後はしらない。またなんか定期受診のときに言って来たり、その前に腸管破裂とかして死んだらそれまでだからいいや。


わたしは肺ごときでも手術はきつかったし、予後もこの有様だ。

叔父のS状結腸と、肝臓のガンを去年立て続けに切除した時も予期しない事はたくさんあった。

縫合不全や感染症などたくさんの合併症も、ちゃんと説明されて手術はうけている。

その後の抗がん剤の副作用や放射線治療に対してもだ。

北川さんは癌とは言ってなかったみたいだ。きっと穿孔したか、悪化して薬も効かなかったのかしらないけど全摘して3年くらいで腸はもう大丈夫なまでになったらしい。本当によかった。


叔父もだけど、みんな歳を重ねたらもそうだし、普通に無茶な生活をしていたり、持病を抱えていたり、生まれつき身体が弱いひとどんな形からでもなんかのきっかけで体調を崩してしまったら一気に色んな所にガタがくるよね

わたしは今この瞬間、腸管から大量出血するかもしれないし、精神病がかなり危険レベルになってるから突然解離してお空を飛びに行きましょー。とかするかもしれない。

一瞬先さえ予測不能なのだ。



叔父みたく最初は肝臓ガンがわかってその手術前の検査で全く予期せぬ大腸ガンもあったんだけど!って慌てる人。

所長の義理の親御さんみたく気付いた時にはガンがいろんな臓器に転移して成す術はありません。もう余命3ヶ月ですとか、突然前の日まで穏やかに過ごして急にぶっ倒れて運ばれてそれが分かった人。

それでも医師にやりますか?とかちょっと命伸ばすだけだよ。あんまり意味はないくらい無駄だけど。と含まれてるみたく言われても親御さんは1日でも生きていたいと、抗がん剤で今治療している。


延命措置や治療に前向きな人だけを素晴らしいとは思わないで欲しい

じぶんの最期はじぶんで潔く終わらせる。

って人も素晴らしいではないか。


正解など何ひとつない。

本人の意思確認が出来ず家族の思いだけでただ意識もなく生き長らえさせられて最期はパンパンに膨れ上がった身体で穴という穴からドス黒い血を流し終焉を迎えた義母をわたしは看取った。

若い頃からとても美しかったという義母にとってそれはきっと本望ではなかっただろう。

ずっと意識はなかったからつらくも痛くも何もなかっただろうが、じぶんの最期の死顔は綺麗でいたかったはずだ。


反対に所長さんのように延命してもね

闘病が長引くだけで周りも大変

そしてその意味はやっぱり家族もただ生きてるだけでもいいから!

って、そうゆう想いなんだよねと寂しい横顔を見せていた。

多感な年頃の娘さんと発達障害のある息子さんは土地も離れていることもあり、あまり祖父母と縁(ゆかり)がないらしい。

所長さんにしたら、子供である奥さんとその向こう側の親族の一大事っていう感覚なんだろう

それを別に冷たい人だとか思わない。

それより、今生きてる人。何事もなくその瞬間に生きられてる今を大切にする事をないがしろにしてはならないとおもう。


所長さんのお宅は子供達と自分の生活にやはり支障がでるに決まっている。

それが心配だった。

人の生き死にに綺麗事ばかり言わなくてはならない訳ではないですよ。

その裏側では他の人が大変な思いで生活することになる事実はあるんだから。

一番辛いのは本人だ。良い人にならないと、良い事を言わなくてはならないと。って本心に蓋をしてその中のじぶんを嫌悪することはないです。

と色々話した時にわたしにLINEであの文章の感謝をしてくれた。


みんな必ず何かしらの形で死ぬ。

それに早い遅いは関係ない。

80年ゆっくりとした時間の中で悩みも苦しみも喜びもなくぽかんと生きてきた人。

20年だけど毎日が目まぐるしく喜びも悲しみも苦しみも痛みも感動も感謝も感じる出来事があり必死になって生きてきた人。


時間はなんにも参考にもならない。

ここまで長く生きたからと満足する意味もない。

短い人生だったと不憫に思う意味もない。



あ。ここから今日付け足し。

アスペルガーのひとの2回目の病院はあと数日後だ。

今日(7/14)で全てのテストの宿題を終わらせた。

今日550問の残り半分(2週に分けた)朝からカフェでやった。

わたしも本人も顔の原型留めないくらいにげっそりの顔面蒼白になった。

最大に疲れた。わたしも一緒になってどう答えを出すかを見たり、訳がわからなくなると奇行を繰り返すたびに、最後の方は口調もべんめいになって、おめえはほんとにアタマがおかしいんだなとか言っちゃってたな

でも本人にとってはここまで何の得もないのに困憊しながら付き合うわたしが有難いらしい。

いやいやコイツはほっとけないって。

テストしながらも新発見ばかりだ。最初に病院行った日ご実家のお母様は話にならない人なのはわかったけど、その後お父様とやらも話しを聞いてるとこれまた全くお話にならない。彼が必至に脳の先天性の障害だと伝えても、それは違うんじゃないのかー。仕事だろう。過労でのことなら労災の関係がでるぞ………

まじでこの家は終わっている。

これは今後とても困ることになった。また生活全部の土台を作るのもやらないと大変だ。


とりあえず、どっちでもないは550問中9個以下にしてください。

が前半で40問くらいで10個になってた。

なので、これはダメだと思ったけど、そのままやらせた。

すると意味がわからないとかこの言ってることはもっとそれよりひどいとか、こうゆう意味なら、とか問題用紙の方に線引いたり丸で囲んで言葉を書いたりしている。

答案用紙は一枚に550問を番号ふっててマルバツだけ付ければいいのにこのスペースには書ききれないからだろう。

答案用紙よりも問題用紙に答えをかいるようなもんだ。

わたしは考えた。

これを知って欲しい。

無理に分からずどっちかっていうとこっち。

みたいなのじゃなく、こんなひとである。を知る方が頭の中の不具合が分かりそうだ。


早速所長さんに前回のを終えた時に聞いた。


そしたらそのままでいいとおもいます。

かなり精密な検査をされてます。

これだけのストレスをかけてどうなるのかも多分見てますね。

きっと、この障害の人ならあなたが一緒に見ながらしてなかったら途中で白紙でやめていたり、中が所々だけ書いてて他はない部分が殆どのスカスカの人もいるとおもいますよ。

それを見ることに意味もあるとおもいます。

多分答案用紙と問題用紙両方渡してほしいと言われて、もっと正確に診断されるかもしれないです。そのままやらせるのが一番いいとおもいます。


だって。

そうしよう。もし9個以下までになら向こうに行ってカウンセラーさんの前で異常ぶりを見せてあげたい。

また8時間ドライブが憂鬱だけど、検査の結果がどう出るかの期待で少し楽しみになった。

結果8月の中ばの主治医の診察でわかる。

今後についても決まる。

わたしはこれを早く終わらせたい。


本人の実家には全く助けを求められないことが明確になったのでこの間にわたしは本人に年金の状況のほか、証書の写メをスマホに送ってもらって生命保険の見直しや変更だけじゃない。あとは今の会社のシステム。

もし来月の診断次第では休職になるかもしれない。その場合どんな状況にも先生と話して対応できるように会社の形態を知っとかないとダメだと思った。

その人の会社はわたしが就活の手伝いもしたところなので、お客に扮装して2人で潜入調査したりしたので入社してからはわたしの事を覚えている人も何人かいたし、いまの本人の部署の上司のかたは会って話した事もある。なぜかわたしの話しをよく聞いてくると言っていたので、本人は自覚がない事もあるしなにを聞いたらいいのかもわからない。

というので、その上司さんにお時間もらって!わたしがおめえの話しをつけてくるから!になってしまった。わたしばかだから。


なので近々本人の状態や会社の内情をお話しするのに会う予定だ。

今後の展開次第では、自立支援の手続きや市に申請して障害者支援団体からの訪問介護も考えて行かないとならない。

でもちらっと本人にそうゆう事を話してもそれはきっと自分でできない。

という。

だからそれもきっとわたしがする。


今後の残された人生はずっとそんなことをしていくのだろう……

一個なにかしたら何日も寝込むからかなりの気力を使い切るとおもう。



そうだ、前回この場に来て夢が出来た。

それでおもったこと。

わたしは死ぬまでにだれかを好きになりたいなー。とかなり前に書いたが結局ないで終わるぽいな。

いままでしつこく書いて来たけど異性を好きになれない。

多分もうこの歳であんまり時間も残されてもいないからこのままになりそうだ。

好きだなってなにさ?

突然だけど。


北川悦吏子さんのことを調べたとき、ラブストーリーが多かった。

じぶんの病気の体験を入れてる台詞みたいのもあった。

わたしは本を読む。

ラブストーリーは読まない。と前から言っている。感情が理解出来ないのと面白くないからだ。

北川悦吏子さんと同じ病気だったのにその時そんなこと思わなかったけど。

ってのもあるから、やっぱり性格が災いしているのだとおもう。


それでもわたしは異性と付き合ってない期間はない。

これはとても面白く出来ている。ふしぎである。


わたしを好きになってくれる。

どんどんわたしへの対応が変化していく。

すごく過剰に私物化して依存する。

もしくは突然目移りして音信不通になる。

もしくは私物化の進化系でストレスのはけ口にされる。

そして最後はどんな過程を経ても必ずわたしに嫌な思いにさせる。

裏切る。

陥れる。

ひどい仕打ちをする。


おわり。


これしか経験がない。

全く楽しくはない。

大笑いもしたことない。

大笑いは娘ちゃんとしかない。

金品の授受が嬉しくない。

欲しいと思わない。

もらうものが良くないのだとおもう。

わたしが病気なのを知ってる人だと御守りをくれる。とても困る。身に付けないからどうしていいのか困る。特に身代わり人形みたいな御守りは怖くて困る。

引き出しに封印する。

そして何ヶ月もそれをして、やっとこ翌年のどんと焼きに出せる。

装飾品は好みのものしかつけないからもらっても困る。

服飾品も同様。


付き合うにはかなりエコな女だ。


食べれないから外食費が全くかからない。

そこらへんで買ったぱんを与えておけばいい。

プレゼントも買わないで済む。

歩けないから外出が出来ないので、旅費もかからない。


エコであるがつまらん女ともいう。



みなさんは付き合ってなにするの?

ご飯を作ってあげるの?

一緒に作って楽しむの?

美味しいものを外食したりするの?

飲みに行って流行りのしめパフェとかするの?

旅行に行くの?

ドライブするの?

映画を観るの?

お買い物をするの?


総合的に考えてわたしが最近かなり確定したな。と感じること。


好きになれない。じゃない。

根本的に男が嫌いなんだ。


それがあるのが多分全部に支障をきたしている。

北川悦吏子さんのや色んな映画とかドラマを間違って観たとき、あんな事はわたしの身の上におきた試しがない。

と思うことしかなかったけど、みんなはあるの?

知りたい。それが知りたい。



恋愛感情のある異性といて楽しいの?


わたしは不特定多数の異性と会う方が好きなのでそうしている。

恋愛関係はなくていい。

相手はわたしに特別な感情を持っていても、いなくてもどっちでもいい。

わたしがなんか合う。って話が出来る人と会う。

話が合わない人とは1時間でも苦しむ。


カフェでばったり会うみなさんや、ご老人さんは通りすがりの人びとなので特に話が合わなくても苦痛じゃない。


わたしの日常はこれなのだ。

アスペルガーの彼の問題解決と、娘ちゃんの今後の準備を万端にしておくこと。


そして昨日も行ったがまた入院されたご老人の方のおうちに合鍵で入って金魚のえさやり。


その繰り返し。

おわり。




また文字がオーバーになったよ。

最後の記事のつもりがまた2つに分けて投稿してるし、それでもまだ残ってるんだけど。


次のでも入りきらなかったらお前こそがちゃんと550問テストをうけろ。

と言って下さい

多分終わらない自信しかない。


今日はほんとに疲れた。テストをやらせなきゃならない!がずっとプレッシャーでわたしだけ焦っていたからそれが終わってどっとその疲れも有るんだとおもう。


それでも今夜も眠れない


『安楽死と自死』その1

最近娘ちゃんは学校の授業であるビデオを観てきた。

1ヶ月以上前にこれは書き始めたので得意の日にち不明記事)



それは安楽死についてのビデオでした。


安楽死が認められている国は何国かあるのはわたしももちろん知っている。

娘ちゃんはこのたった1時間の授業がとても心が疲れてしまって退席しようかと何度も思ったけど周りから変な目で見られるのが嫌だから頑張って観たらしい。


ビデオの内容(娘ちゃん談)


ある女性が不治の病になりました。

その女性は、治療をしても治らない。延命措置をする事はなんにも意味がない。もし人工呼吸器をつけると、話すこと、食べること、動くことも出来なくなる。

そうなる前にそれでも、呼吸器をつけますか=延命措置をしますか?の医師の問いに家族が本人と決める段階があった。


このビデオは実写だ。

で、その女性が時折見せる苦しい顔をしたその瞬間、その女性がわたしの顔になったらしい。


歳も見た目も全然違う顔なのに苦しんだ顔がねICUで見たときの〇〇ちゃんだったの。

突然〇〇ちゃんが映ったんだ。


はいはいなるほどねそうなんだよね


書いたけど、わたしは頼る身内がいない、だから本当は去年の暮れの手術の時、術前の説明時にもだけど、術中に成人の人が1人家族控え室にいて欲しい。そして終われば術後の説明をしたい。と言われていたが、それをわたしは誰もいない。なんかあったら医療過誤とか言わないから勝手にしてもらっていい。

にした。

でも。娘ちゃんは当日どうしてもいたい。と言って控え室にさえ入れないけど同じ空間で近くに感じられるだけでもいいから病室にいる。

と言われ、知り合いが娘ちゃんを病院に連れて来てくれて待っていたのです。

ずっと待ってる娘ちゃん。

癒着部分の切除になのか言われていた時間を娘ちゃんにも言ってるから、その手術時間が予定の倍かかったのもとても不安だったとおもう

そんな時娘ちゃんを見かけた病棟の看護師さんは、さっきおわって今ICUにいますよ。少しお顔見て帰る?

と言ってくれたらしい。


わたしはICUで娘ちゃんの声を聞いている。

まだ麻酔が完全にきれてないうつろな時だ。

現実世界か、その先に行ってしまったのか、手術はちゃんとうまくいったのか、なにも問題なかったのか(後から問題あったのしったけど仕方ない。じぶんの先天性を恨む。)まだわからないくらいの時

だから微動だにも出来ずただ苦しいなと顔にチカラは入っていたのはなんとなく覚えている。人は死に際に最後まで残るのは聴覚だというのは本当かもしれないと思った。

他は動くことも話すことも目を開けることも出来ず、何の感覚も無かったけど娘ちゃんの声は聞こえた。

小さな声でだいじょうぶ?って。


娘ちゃんはわたしのその時の顔が、ビデオの中の苦しんでいる女性と突然入れ替わったらしい。


それを思い出してどうしようもない感情になったといわれた。


トラウマになってるじゃーん!とわたしは笑って言った。

なんで看護師さんICUに入れたかなー

もう小さい子ではないけど、親のそうゆうの子供に見せちゃだめじゃないかー

とわたしはおどけて言った。


娘ちゃんは、ううん。〇〇ちゃんのああいう顔を見たことなくてちょっと驚いたというか引いた?(失礼だ笑)けど、あの日は苦しそう痛いのかなぁとか思っただけだよ。

今日まで忘れていたくらい。

だから大丈夫だったよ。


そうだ。あのとき娘ちゃんは特に乱れたりもしてない。帰るときも看護師さんに

〇〇ちゃんは痛くてもとても我慢します。痛そうにしていたら自分からは言わないと思うのでちゃんと見ていてください!

と言ってるのも聞こえた。

看護師さんにも後からその話は聞いた。

本当に良い娘さんですね。

って言われたのだ。


それが、こんなひょんなことからフラッシュバックだよ。


学校で我慢してきたのがとてもわかったので、おいでー!って呼んだ。

そして、はい、泣いていいよ!と言ったらわたしの膝に顔を伏せてとめどなく泣いた。

わたしは今生きてるよ!

大丈夫だよ!あのときの顔、自分じゃどんな顔してたのかまではわからないけど確かにちょっと苦しかった。

でもね、あの後完全に覚めてそうゆうのも処置してもらったらすぐに大丈夫になったの!

そして次の日に夕方ちゃんと病室に戻ってお話ししたじゃない?

ほんとに1番間が悪いときに看護師さん連れて来ちゃったねー。

ごめんねー。

だから!そのビデオの女の人とわたしは違うから!

と言った。


娘ちゃんは安心して、

そうだよね。治すことしたから、そのあと苦しかったんだもんね。

ビデオの女の人は病気ひどくて苦しんでる顔なんだもんね。


と、言ったけど、まだまだ繋げてしまう


でもね。ずっとカラダ痛かったんでしょ?

1番近くにいてさぁ、気付いてもっと早くなんとかしてあげれたのわたししかいないのに、なんにもわかってなかったからあんな事にまでなっちゃったの!

とまた泣く


うーん。まいるね。しばしシンキングタイムだ

で。


気付かせないようにわたしの作戦が成功したと思って!

娘ちゃんには絶対知られたくなくて、心配かけたくなくて、痛くてもそれを気付かれないようにしていたんだよ。

だから気付かなくて当たり前で娘ちゃんはなんにも出来るわけなかったの!


その間、わたしはちゃんと調べまくったし、10/7?あたりのUCの受診のときに先生にも言ってたんだよー?

でも医者すら専門外だったから見過ごしたんだから。

ほら!どうしようも無かったことなの。

肩痛い背中痛い胸が痛いとかではあの頃は誰にもどうしようもなかった!

だから自分も毎日たくさん調べて最善を尽くしてこれなの!

娘ちゃんは何ひとつ悔やむことはないからね。

と言った。


そしたらなんとなく安心して行くのがわかった。

で、そのあとの続きがあるらしい。



そして、その女の人はそれでも生きていたい。って呼吸器をつけたんだー。

あとね。それとは真逆の人もいるの。

その人は家族を説得して安楽死をする事を希望するの。

苦しみ痛み、それが永遠に終わることはない。わたしが出来ることはまいにち同じ窓の外の景色を見る事だけ。

まだ理性のあるじぶんであるうちに綺麗な最期にしたい。

って。

わたしは楽になるって喜んで死ねるの。

だから笑って見送ってほしい。


って望んだの。

なのに、その刻が来たら本人は笑ってさようなら。って言ったのに家族めっちゃ泣くの!

どうゆう事なの!

ってムカついたの!

最期だよ?最後泣いてる顔を見ながら死ななくちゃならなくなったの!

自分が死ぬことを決めたからその人可哀想でしょ!

自分のせいでって、死ねるのに人を悲しませてしまったって、こころを苦しんで死ななくちゃならなくなったんだ!


と、怒っている。


死ぬ一瞬だけでもなんで笑ってあげられないの?死んだあとたくさん泣けばいいじゃん!


と、興奮している。


そうだねー。その通りだよね。

ずっと言ってきたから娘ちゃんは知ってるもんね?

わたしは延命はしない。まだお元気な臓器があれば首から下はさっさと少しでも新鮮なうちに全部ドナー提供になってるからあげて欲しい。

(あ、わたしは眼球だけはバツにしている。今までたくさんの人と出会えて話した目。目が大きくてとても良い目をしてると言ってもらえたからこれだけは冥土の土産としてじぶんのものにしたい。)

そして最期はじゃあねー!バイバーイ!って言うって決めてるよ。

って話したよね?


娘ちゃんも


わたしも真似とかじゃなくそうしたいの。

ほんとうに自然の摂理をそのまま受け入れて無駄なことはしないで死ぬんだ!

まだ臓器提供の意思は未成年だからうまく自分1人で決めれないみたいだけど


と言っている。


うん。苦しみを知ってそれに向き合ったものしか分かり合えない話。人の痛みを知って優しさをもっているものしか分かり合えない話だ。


おかしいことを書くな。とかどう捉えられてもいいです。

わたしはもし娘ちゃんがわたしよりも先に最期を迎える刻は笑って、まったねー!と言います。

娘ちゃんがそうしてね!って言ったからじゃない。

ほんとうに悲しまないとおもうのだ。

娘ちゃんは現世に素晴らしい種を蒔きおわり役割を見事に果たした日なのだ。いくら娘であろうと敬意を払って見送る。

そして娘ちゃんは肉体は見えなくなるけどずっとわたしの中にいる。

まぁ儀式的なのがいるなら火葬したときまだ熱い骨の粉の部分を少し飲みこんで身体の一部にでもしておこう。

怖がられて閉鎖病棟に入れられないように娘ちゃんがその時に結婚してたら見つからないようにこっそりしよう。


かたちあるものはいずれ滅びる。

そして、まっとうし終えたら残すものは何もいらない。


いつもの親愛なる友人からの受け入れだけど好きな言葉のひとつ。

【生も歓喜、死も歓喜】



でも。娘ちゃんの歳ではそうはいかない。

そこだけは違う……。当たり前。


一通り娘ちゃんは話おわったとき。

ひとつのお願いをされた。


ねぇ。〇〇ちゃん。

わたしは、この世の中でほんとうのわたしをわかってくれる人、わたしが1番信頼している人、なんでも話せる人、心から尊敬している人は〇〇ちゃんしかいないの。わたしは悩んだら〇〇ちゃんの意見しか聞きたくなかったり、頼ったりとか、他の人には多分したくない人だと思うの。

自分でも頑固でプライド高くて悪い所だとはわかってるんだけど

そしたらね。わたし一人になったら頼る人いない。だれもいない。

じいちゃんとねぇねがもし様子を見に来てくれても大嫌いだし余計に嫌なおもいする。

きっと死んじゃってまで〇〇ちゃんの悪口みたいなの言ったりするひと。

(あー、それなんとなく想像つくわー。あいつはめちゃくちゃだから早死にするんだ。は絶対言うな……。)

だから身内ではだれもいらない。

でもね、周りにはちゃんと気にかけてくれる人がたくさんいるのはわかるんだ。

わたしの事を考えてくれたり助けてくれる人がいることは

でも、〇〇ちゃんじゃなきゃやなの。


だから、〇〇ちゃんはわたしが結婚するまでは生きていて!


ガ、ガ、ガ、ガーン……


これはわたしの未来設計図を大幅に書き換えなくてはならない。あと23年かなーとか言われてるんだけど。


でもそうだね。わたしには娘ちゃんがいた。

娘ちゃんにもだれか居なきゃね。

でも結婚するのはいつの話なんだよ

娘ちゃん頑張って早く結婚してください


……ちょっと話を変えたい。

でこんなやりとり。


「で?そのビデオはもうそれでおしまいだったんだね。どこの国だった?」


『スイス。』


「あースイス1番行く人いるねー

オランダとか他もあるけどスイスは他国からの受け入れの縛りがゆるいのかなー?

日本に至っては数千円だして尊厳死協会に入るくらいしかないからねー

なんつうんだっけか?消極的安楽死?

しかもいろんな弊害や規則で絶対希望は通らないようなかんじ。

スイスはどうやってくれるの?」



『えとね、やっぱり自分で死ぬの。

それも責任問題になるからかなー?

ただ看護師さんか先生かわからないけど点滴に入れてある死ぬ薬を体内に入れる装置みたいなのを本人に渡すんだよ。

先生が注射とか打たないで、自分でその点滴が落ちるのをやらせるの。

だから自殺っちゃあ自殺ぽいよね。』


「で?それをやったらどんな風になって逝ってた?苦しんでた?」


『ううん。さようならも穏やかに言えて、しばらくしたらすーって眠るように死んでた』


みんなはふーん。くらいなもんで観てると思ったけど、じぶんは色んなことを経験し過ぎたんだとおもう。

とても考えさせられるビデオだった。

ガヤガヤしてちっとも観てない人もいるし、先生もこれを観ることの意味とかもいわないんだよね。前はナチスドイツの大量の虐殺のやつ見せるとか、それもいやだったよ。

ただ流して、何かを話させるとかもないから訳のわからん時間だった。

と最後娘ちゃんは言って終わった。


わたしなんかが親だった時点で娘ちゃんは普通では経験できない生活だったとおもう。

ましてや娘ちゃんがもってる気質、持病、色んな苦しみもあった。

その代わりあまり味わえない幸福なことや、体験や、巡り会いもあった。

その歳にしてはとんでもなく中身が濃いとはおもう。


娘ちゃんは。


『まだまだ若いけどさ。バイトはしてるけど本格的に仕事もまだこれからだし、車も運転してないし、結婚もしてないけどさー

でもね。わたしは11日を大事にして生きている。時間が24時間じゃあ足りない!ってくらい!

この歳でもこの日でじぶんの人生が終わっても後悔することはなく受け入れられる。

いまそれがこの瞬間でも言い切れるんだ。


あのビデオ見てもそうだし、その前からでも、病気で苦しみながら何がなんでも生きてたいとか延命をして誰かの負担になるとかは絶対嫌だし。

あるがままの状態の自分で死んでいくの。』


と言った。


『番外編その2』

前回の続き……。大概にしろよと言われるやつからだ


③自閉症のひとのお手伝い

実はあれからアスペルガーのひとをわたしはあほだからほっとけてない。

2月。毎日肺も精神も肉体も瀕死で娘ちゃんの入院してる病院に通い、先生と話し合いの前日は聞いたこともない専門用語をめちゃくちゃ調べまくってきて万全の体制で主治医と脳みそフル回転で向き合い、そして終わったら電池が切れて病室に戻ったらたまに娘ちゃんのベッドで半日半死状態で眠ったりするような生活中に、家に帰ればあんだけ何時間も痛い目に遭ってストレス死が目前ではないかとおもっていたが、相手は病気や生まれつきのものでわからないからやってるんだ。

と知ってしまったからだ。

わたしは拒否られてほとんど無理だとおもったけどちゃんと発達障害の専門医に診てもらおうとした。

近くには大学病院や他に大きな病院もあるけど専門医とカウンセラーが揃っているのはほとんどなくて、あっても新患なら2年待ちです。とかぬかす。何件電話したかわからん。

順番がきたその頃にはわたしが死んでいないかもしれないではないか。

範囲を広げてもっと都会にした。めっちゃネットで調べまくってここはいいかも!ってところをみっけた。

評判も訪看の所長さんや精神科に詳しい方に聞いたら、大丈夫な病院ぽい。

連絡したら最短の最短で2週間後にでもどうぞ。みたいになってる。

素晴らしい!

これはあとは本人をどう説得するかだ。


本人。本人は誰の話も言う事もきかないやろうだ。

でも、わたしに素を見せてしまったからか、それでもいままであなたはこうですよ!と言いづらいことを言い続けてきたからか、まず1番わかりやすそうで当てはまるのがほぼ全部ぽいな。っていうアスペルガーの特性のサイトを貼り付けて送った。

そして、かなり納得したぽい。

じぶんでもなんでこんなにおかしいことをするのかわからないし、嫌なことを言ったりするのかもわからないし、言われることも理解できない。生活環境ももう手に負えないし(片付けられないからゴミ屋敷)体調がひどく良くない。全然いまは眠れないんだ。すごく辛い。と行くにはドンピシャ(古っ)な状態だ。

それをここまでなる前に一応じぶんはなんなんだ。と長年の引きこもり生活で調べてはいたという。

で、わたしも発達障害には治療はない。ってのは知っている。いかに生きやすく周りのサポート。ってやつ。

ただこの人は放置し過ぎてそれもとっこして2次障害までいってる。

その中のものほとんども当てはまるほど心も身体もいまは支障がでている。

これに対しては苦しいから軽減させることをしなくてはならないので一時的にでも薬物療法が必要かどうかの話しになるし、どんだけ重症なんだよのカウンセリングも必要になる。認知行動療法ってやつもあるんだろう。

この病院は電話をして予約する段階でまずソーシャルワーカーのかたがとても丁寧に症状やどんな感じの患者さんですか?ってのを聞いてくれる。

めちゃくちゃいい!とすぐにわかる病院だった。

30分は話したと思う。お話を聞かせていただきまして、こちらで先生に診ていただいた方がいいと思います。(そんなのは知ってる)そして日にちを決めたり行くまでに何回かやりとりして、忙しいのに本当によくしてくれた。

症状や性格は事実だけちゃんと言ってはいるつもりだけど、よくそこまで言ったなと相手がきっとおもうほど多分めちゃくちゃ本人が悪党のようになってしまう。


ソーシャルワーカーさんからは来るまでにA 4程度に簡単でいいので本人がじぶんでどんな症状とかこちらで話したい事などすきなように書いて来て欲しいです。と言われた。

受診日は会社に有給の申請をして、それまでのあいだ、カフェで待ち合わせをして書かせた。

わたしはわたしなりに分析して書いてきて持ってきたのは言わずにいた。

どれだけの自覚があるのか、まったくじぶんを理解してないのかを見比べたかった。

そしたら。とても大変理解している。

わたしが貼り付けたことがほとんど当てはまったのもあるけど、子供のころから本気でとんでもない暴君だったようだ。

散々人を傷付けてきた事を引きこもり中に思い出したりして懺悔して苦しんだらしい。だからといって人の気持ちがわかるとはまた違う。

当時はひとの苦しむのや悲しみがわからないから、ただその状態のひとをからかってる遊び的な感じにしか思ってなかったから、あー楽しいと思うらしい。

優しさがない。

人を信じられない。

理屈っぽい。

人の気持ちがわからない。

本当に目の前で真剣にたくさん書いていた。

みんな普通にできることが自分は全然できない事も。

それどころか、そんな事をしていたのか。っていう新しい発見もあってかなり重症なのを知って少しひるんだ。

でも他の人(実の母親までも)のようにはしたくない。逃げないでこの人と向き合ってなんとかしなくちゃならん。

って余計思った。

私生活がもういまは完全にまともではない。

よくそれでも仕事には毎日遅刻もせずに(寝坊はする。今日もしていた)行ってるから偉いのか?

自閉症独特の、身なりをまったく気にしない。超適当だ。身体に合わないサイズの服とかもへっちゃらである。

不規則な生活リズムだし頭も全身も青箱の牛乳石けんで洗う。洗濯もお風呂のとき一緒にその石けんで洗い柔軟剤などしない。終わったら手絞り。おわり。乾いたらもちろんしわくちゃ。

理由は皮膚が過敏だから化学物質が嫌だし、匂いに敏感だから気持ち悪くなるので柔軟剤とか変なものを使いたくない。らしい。

あとは鏡くらいみなさい。

と言ったことがある。今の部屋は洗面台があるから鏡がある。下駄箱の扉にも全身わかるようにお出かけ前チェックは出来るが引っ越す前の家には小さな手鏡すらなかった。

鏡は電子レンジの黒い扉に顔が反射してなんとなくみえるくらいなのにそれで身支度をしていた。

そしていまは仕事が終わって帰ったら記憶を失うように玄関を上がってすぐにそのまま数時間眠り込んでしまうか、嫌なこと、不安なことがあって帰った日は昂ぶった神経が鎮まるのに2時間くらいだったのがどんどん長くなって3時間くらいかかってとても夜の普通の人間の生活を送れてない。

睡眠障害もやはりかなりひどい。

これはわたしがほとんど夜中も把握できるほどじぶんがそうだからかなりマズイなとおもうレベルだ。

入眠障害は導入剤程度で十分だと言う人が多い。

わたしは違うタイプだ。

中途覚醒がひどすぎるのでわたしの薬は飲んでから12時間くらいたってからきいてくる。(いちいち煩いがきかないけど。)

そしてこれもほぼ12時間で起きてまた寝れるか寝れないかだ。ブログを読んでいただいてるかたならお分かりだが、もうかれこれ数えきれない年月をこれで過ごしてきた。

今最近の彼もそれだ。

家について記憶なく眠ると22時くらいに起きたー。とLINEが入る。

あ、またやったな。と思う。

早くお風呂とかご飯食べないとだめじゃないか。と送る。

普通に眠る時間で寝ても2時すぎとかにLINEが入る。最近わたしは夏至は過ぎたが夜明けが早いので3時台には起きる。

2時からまたきっと眠ってはいるな。とはチェックはしておき、朝になってあのあといままで寝れていたのかとか聞いとく。

そんな風に病院の前にかなり生活時間を確認していた。


あと、わたしには前々から言ってくれていたが病院でも自分から言った。

希死念慮が強い。

死にたいじゃない。死なねばならない。

らしい。

それも普通に死んではダメらしい。普通ってのもわからんけど、彼曰く、強烈な苦しみを己に与えて行かなきゃならないと言う。

まずは指を細かくぜんぶ切り刻まないとならない。とか。切断系だ。

一本した時点で気を失ってもうその先じぶんで出来なそうだけど。

とか思うけど言わない言わない

あと同じ動作や音を立てるとか奇妙な行動はチックからきてるという。

チックにぜんぶ当てはまるのかはわからないがとんでもない事をしでかす。

尖ったものがあったら目に刺したくて仕方ない。

歯ブラシの柄のほうをおもっきり噛んでみたい。折れるまで噛みたい。

どっちが?と思ったら歯が折れるほうらしい。そして折れて満足したらしい。

ロードバイクを乗ってるんだけど、どうしても走ってる時の回っている車輪に足や指を突っ込んでみたくてたまらないらしい。

そんなことしたら大変だ!って事に怖いとかがない。

でも細菌とかに感染するとか手に触れるばい菌が死ぬほど怖いとか。

本当に専門医でないとこりゃ無理だな

と改めて感じた。

A4程度に一枚でいいのが、小さな細かい字をたくさん書いて合計5枚になった。半日かけてかいた。

この日はカフェで座って書いた。

たまに食べ物を口にして血糖値も上げて、多少は休みを取りそれでなんとか書き上げた。

これはわたしが持ってなくてはならない。

強いこだわりでまた何度も書いたら大変だ。


そしてこの日夕方近くに送り届けたら彼はもう目もどっかいってるしフラフラだ。ろれつも回らなくなり赤ちゃんみたいになる。

アタマを使いすぎるとこの現象が起こる。

はい!さっさと寝てしまえ。

と言ってわたしは家にかえった。


当日は片道4時間かかるので5時に出発した。

9時半予約だった。

時間がうまく使えないので5時ちょい前に迎えに行ってもバタバタして20分遅れででた。

お薬手帳がない!と大騒ぎしている。

行く日が決まった時に保険証とお薬手帳があればそれを用意しといて。

と言ってたが、なんで当日の出発前にやってんだよ

ないなら良いの!飲んでる薬ないんだから!と言っても納得しない。

多分この中のはずだ!と重そうな大きなクリアケースを家から持って出てきた。

もう仕方ない。ずっとこいつは何年もこれだ。邪魔くさいが後ろに積め、そして早く乗れ。と言ってやっと出発だ。

(クリアケースについては道中何時間もある中、一度も見ないし探さない。持ってきたことに意味があるぽい)

間に合ったから良かったけど、この数日前からわたしはかなりピリピリしていた。

なんとかいい方向に向かってほしい。

良い先生であってほしい。

往復8時間を日帰りだ。かれは次の日は仕事だから終わり次第なるべく早く帰らないとならない。

受診のとき医師に相談すること、聞きたいことはある程度あたまにまとめて無駄のないようにしてきたつもりだが会ってみない限り安心などできない。

最初は10分程度、心理療法士のカウンセリングを受けた。とても感じが良い。

てか、病院に入ってすぐから他の精神科(特にわたしが行ってるとこもいままで行った全部含めて)とはまるで違う。

精神科じゃなくてもここまで患者さんに気配りをする病院に出会ったことがないと言えるくらいだ。

まず、9時ちょいに入ったので玄関の自動ドアを開けると男性の職員さんが深々とおはようございます!とお辞儀している。

受付に行くと言葉遣い、笑顔、事務のかたみなさんがとても礼儀正しくてイヤミな感じなど全くなく親切である。

初診なので診察カードを作るのに少し書くものがあったんだけど、それも、どうぞこちらのカウンターでもし具合が悪いとかありましたらそちらに座ってください。とか。

ほんとにわたしのとこと大違いすぎてここは病院なのか一流ホテルなのかわからん。

まずわたしのところは精神病だとおもって態度が悪い。どうせ馬鹿なんだからわからんでしょ。みたいなやつ。

職員が笑顔⁇そんなのみたことない。

ぼそぼそ名前呼ばれていくらです。とか言われてお大事に。もない。

とにかくじぶんも患者さんからもらっちゃって精神おかしい病になったら困るから無視しとくのが得策だと思っているのだとおもっていた。


そして、運命の専門医の診察。

1時間以上は診察室にいた。

わたしの同席を本人が強く望んでそうして欲しい!を頑なに伝えられていたから一緒に入った。

そして持ってきた紙をみたり、最初のカウンセリングのやつと見合わせたり、本人にもたくさん質問する。

先生は話を根気よく聞いてくれる。

彼はじぶんが納得するまで話さないとあたまがおかしくなり、ヤブ医者とすぐ認定する。

市内の皮膚科や耳鼻科でもあった。

どこの病院がいいの?と連絡が来ると、その科その科でわたしはここが良いと思って通ってるよー。と紹介しても文句だらけでかえってくる。

何ひとつ満足などしない。

そして簡単な心理テストをうけた。

そのあとの話はわたしと同じ見解をだしてくれた。

アスペルガーとADHD、それぞれ当てはまるんですが、アスペルガーのほうが重きを置いてるとおもいます。これは自閉症スペクタクルだと思ってください。学習障害はないですね。

だった。

冊子で説明してくれたり、とても納得のいく診察だった。

普通のわたしみたいな後天的精神疾患と明らかに違うのもわかった。

知的レベルはまったく正常なのも特徴。

下手したら、わたしの方が馬鹿だとおもう。

ただマルチタスクが全く出来ない特性があるから不器用だったり仕事出来ないひと的に思われてしまうかもしれない。


この病気自体は治すということじゃなく産まれながらの特徴として過ごしやすい生活にしていく。ストレスで睡眠や消化器などに影響まででたら辛いことですからね。

躁うつはとても疲れてしまうでしょうから二次障害の部分で多少の薬を飲む必要はあるかもしれないですけど、すぐに結論は出しません。

つぎは一日で終わらせられるようにテストや心理カウンセラーとの対談を2時間くらいしてみます。

今日は宿題みたいですが、そのテストを3種類持って帰って次に来れそうな日をカウンセラーと決めてください。

次に来るときはわたしの受診はありません。

そのあと1週間くらいで結果が出るのでこちらから連絡をします。

そしてまた来ていただいてわたしの診察で結果と今後の展開を考えて行くことにしましょう。

だ。

なんてながい道のりなのだ。

発達障害を甘くはみてはいないがここまでガチガチにテストをしなくてはならないのか。

サイトとかの10問程度であなたは確率高いです。とかとは現実に専門医の病院に行くと全く違う。


そして、診察室をでたら次の時にお話しする心理カウンセラーさんと会った。

先生が言っていたテスト用紙やファイルを持って座っておはなしした。

まず簡単そうな、はい、いいえの問の紙一枚両面で66問、そして分厚い550問のテスト。

わからない、どっちとも言えないは550問の内9問以下でお願いします。

どうしても悩むようなら棒線ひいてこっちの方がまだ当てはまる。とかにマルをつける。

あと、この人には最大の難関であろう絵に人が二人いて、色んなシチュエーションがあり片方だけ言葉が書いてあり、言った言葉に相手はなんといいますか?ってやつが24問くらい。

これは人の気持ち、想像力、理解力ゼロ人間にはかなり手強いな。とおもった。

これも見てるから一緒にやろう。

少し次の行く日に余裕持たせて焦らないでやろう。

と言った。(今この地点。まだ何もテストは開いていない。日にちはもう6/28じゃないです彼が休みの日くらいしかできないから仕方ない)

つい何日か前にこの病院を行ったばっかりだ。

そしてまだ本人は仕事しながらで精神科にいったという昂りがのこっている。

病院に行った日から毎晩不安定になり電話がくる。

くだらない話をしばらくすると安心して眠る。お母さんと話す子供にかえっていると強く感じる。

当の実家の人には行くと決まったかなり前に病院に行きます。と伝えてあると言っていた。一応言っとけ。と言ったから。

わたしがリンクしたサイトをそのまま親にも貼り付けてこれっぽいから病気に行ってきます。と彼は言った。

お母さんの反応は、誰かしら何かにあてはまるんじゃないのかしら?そんなに深刻になることナノ?

だった。LINEでやりとりしてるのをわたしにそのまま見せてくれる。

最後のナノってカタカナにわたしはとんでもなく呆れた。親には頼むことはない。理解を求めてもいない。周りのサポートが1番必要な障害だけど、おめえの母さんはあれじゃ意味ないから周りのサポートが必要みたいなこと書いてるけど何も考えなくていいと言ってやれ。と彼には言った。

彼も母ちゃんや父さんは言ってもわからんから。と言っていた。

10年息子が同じ家にひきこもり、汚言はいたりビニール袋の音がカサっとしただけで発狂したり街の街灯などのひかりが目に入るだけでも苦しみ暴れ出す。それでも体張ってでも向き合ってなかったんだ。耳栓でもして存在をないものとして暮らしたとしか思えない。

家を出たら治るかな?みたいな程度で本人の希望通りに地元を離れこっちに行かせた。世の中が治してくれるだろう。

だ。

わかってはいたけど無責任さにムカつく。

産みっぱなしの放置と同じじゃないか!

もし、娘ちゃんがわたしにそんなリンクをつけて病院に行ってきます。など突然きたら血相変えてすっ飛んで行くよ。普通そうだろうよ。

もういい。ほんとにダメ親だ。

これからは色んな申請が出来るはずだし福祉関係や市の訪看など他人からのサポートで充分だから。

と彼に言った。

わたしは彼に病院に行ってみようよ。

と言った時、わたしはそこまでがわたしの仕事。

大きくあなたが変わる日だ。その入り口につれていく。

あとはわたしのする事は無い。専門の機関に任せないとだめだ。

連れて行く。

それがわたしが出来るところの終わり。

と言っている。

彼に対してもなんの私的感情は皆無だ。

彼はわたしにそばにずっといて。

と言っているけど、そうゆう感情で居る事はできない。


次は7月中ばに日にちを決めたのでまた朝イチから心理カウンセラーさんに会いに行く。それまでにテストを終わらせて持っていく。

1週間くらいで結果は出るというから、またその翌月に彼が有給を取らなくても行ける日に主治医の最終判断をしてもらえるようにその日が埋まっていたら困るので早めに受診日の予約の連絡もした。

本人の状態がどの程度かわかって、もしここで少しは通わなくてはならないかもしれないけれど、2週毎や4週でも通いはきついとおもうので、薬が必要とかまだわからないけど、場合によってはそのあとは主治医はそれなら地元で信頼できる先生に全ての情報を共有して地元で通う。ってのもいいですよ。

と、言ってくれていた。


それまでは責任を持って彼をその病院に連れて行く。

綺麗事はいわない。

わたしは良い人じゃない。

たぶんわたし自身のためにやってる。

やり残してしまった事を悔やみたくないからなんだ。

(ここは投稿前に書き足し部分。今7/5時点で66問と吹き出しに書く会話のテストを終えている。

すぐ終わると思った66問は見当はずれで深く深く考え意味も何回も何回も確認するので2時間はかかった。一緒ににみてやったから普通ならきっと早くて15分程度だとおもう。

あとは8月の受診時に休職が必要かとか、たぶん障害年金が通ると思うので障害年金の受給資格や傷病手当、もし入院でもしたらと生命保険などの確認をしている。結構な労力だ。でも彼には分からないしできない。)


そして、突然また違う話。


④わたしの夢

要らないものはほぼ処分し終わっている。

あとは書類など最後まで必要なものだけが残っている。

その中にじぶんの軌跡的なもの(数枚の子供のころの古い写真、へその緒とか)に紛れて中学の卒業の頃にもらった同級生からの手紙があった。

懐かしいな

この人は最初の方の記事に出てきた、わたしを好きになってくれた人と謎の下校を繰り返してそれに腹を立てて睨みつけられた人だ。

覚えている理由は夜商売していた時道端でばったり会ったから。その人もホステスをしていた。

その人の手紙には夢があっていいなぁー。旅をするんだね、旅人かー!と書いてる。

全然意味が違うが中田英寿と同じ職業だ

書いた記憶は全くない。中学生でそんなことを書くやつはほぼいないだろう。

ただの現実逃避的な意味だったんだろうなぁと今ならおもう。

でもこれはある意味行き場所を考えれば叶えられそうだ。

だけど今になり、もう叶えることはできなくなってるのにやりたい夢がでてしまった。

わたしは医者になりたい。(やっぱりあほ。)

大きな病院とかで名声を築きたいとかじゃない。

理由は彼をみておもったことも中に入ってる。

眠れない夜を過ごしている人がたくさんいる。

わたしも昔はそうだった。寝室の中のある一角で気付けばいつも時間を忘れて窓の外をみて黄昏るようになっていた。

いつもそこにいると涙がこぼれ落ちていた。

不安で苦しくて今どうにかなりそう。

そんなもがき苦しむひとの診療所をやりたい。

夜中わたしは起きている。一日を通して少しの睡眠を時々とる。って生活になってる。

どんだけその日心身共に疲れ果てて意識も朦朧としてもいつもと同じ変わらぬ睡眠だ。

それを知ってる人たちは夜中でも突然蕁麻疹が身体中に出たー!どうしよう!と写メ付きで来たり、昔心臓の手術をしたところが何十年もたって心臓じゃなく、のどらへんの穴を開けた部分が痛い、ゴロゴロするんだけどー!とか言ってくる。

不穏に苦しむひとは大抵夜中だ。病院が閉まっているからわたしなんぞに言っても治らないが不安でたまらないんだろう。

そんな人やただもう末期で在宅緩和ケアをうけてるようなひとが夜中でも誰かに会いたい。

とおもうひと用の医者になりたい。

いろんな文学小説を読んだ。

真夜中のパン屋さんもあった、真夜中にしか開いてないお店だ。

わたしは真夜中しかしてないお医者になりたい。

彼のように夜中に起きてたまらない恐怖にく

るしんでる人がいたら一緒にいたい。

それはちゃんと医師免許を持って、わたしが昔やってた工房みたく物件をリフォームとかして営業許可をもらって、必要に応じて薬の処方もできる。

そんな診療所をやりたい。

精神科なんて行っても

それならわたしを呼び出して永遠に話しを聞いてほしいなーと言ってくれた人もいた。

そんな人が来て欲しい。

でも時間がないや。

猛勉強しても受からないと思うし受かったとしても何年もかかっちゃう。

最短で取れる、ここまで程度しか治療は出来ないですよ。みたいな段階分けのスキルとスペックの医師免許があれば良いのになー。

看護師さんみたく准看と正看があるみたくね。

で、科は内科。院名は真夜中の診療所。がいいかなー。

あとはこの病気に必要な情報を知っていて欲しい!と来たらその都度猛勉強して症例やその治療法などを確認してどっかの病院と連携できる状態にしてその人に合わせた話をする。そんななんでも屋さんでいい。

わたしは動けないから、つらくて自力では来れないひとは専用車を用意するんだ。

人の雇用という社会貢献にも少しは役に立つ。

タクシーの進化系みたいなやつ。

考えるだけでやりたいが止まらない。


またまた日付が変わってとっくに7月になってる。

毎日必ず少しは書いてるんだけど打つのが遅いんです。


⑥北川悦吏子

これはあまりわたしには当てはまらない。

って事を突然焦ったように連絡してきた友人がいる。

知人といっても6つくらい上のかたで病院で介護士をしている女性の友達。

ちょうど夜勤明けにね、帰って一度寝て、起きて夕方テレビをつけたらある番組が入っててびっくりしたの!そのまま観てたんだけどね、脚本家の北川悦吏子ってわかる?

という。

名前は知ってるけどなんの人か顔とかは全くわからないよ?って言ったら

その人はわたしと同じ病気らしい。

ちょっとすっぽ抜けて間違ってるところあるかもしれないけど今57?くらいの人で20年前に突然UCで倒れて?そして10年前には全大腸を摘出したらしい。

有名なの?みんな知ってる事なの⁇

で、その手術後がとても大変で苦しんだ。

という話。

いまお腹どうなってんの?

って聞いたら

術後の三年後?くらいで今は安定してるみたいだ。

それなら良かった

全大腸摘出術でどんな術式をしたのかまではテレビで言ってたのか聞いてないけど、何種類かある。

専門的な話になるがストーマ(人工肛門)を付けるか。

それも、袋を腹のなかに切った時いれるのと、外にだすというのでも違う。

見た目は中の方が良いが人体はたとえ医療具だとしても異物として攻撃する。

なので数年に一度中を開いて化膿したりおかしなことになってないか見なきゃならない。

外出しのは実際にしてる人をみたことあるけど見た目はやっぱり服装とかも考えなきゃならないが、外に見える分リスクは無さそうだ。

あとはストーマなしで小腸から直腸に繋げれるタイプ。

直腸が残せるほどに使えたらそれが可能だ。

それが出来るなら一番身体にも予後的にも見た目も何もわからないから良い。

ただ五年くらいは感覚が全く読めずにもよおすことがわからない。時とともに頻度や感覚はわかってくるが最初はほんとに大変なのは聞いたことがある。

水状のものが頻回に出るので夜もまともに眠れない。日中の外出もあまりしたくない。

そんな感じ。

でもIBDの冊子でよく書いてるのは今までの一番の苦しみ、ストレスだった食べたいものが食べれるようになる。薬もいらない。

ちょっと長い期間頑張らないとならないけどそれを目標にできる。

そしてなによりも、難病患者のレッテルが取れる。

大腸自体もう無いんだからね。

ただストーマをつける人は障害者に認定を受けることが出来るからその辺はひとの自由だと思う。

記事にもかいたが、わたしはTsuioku kana3で岡山にいる医師に今の状態をそのままにしてることが信じ難いといわれたが、

Tsuioku kana4で主治医には何があってももうお嬢は無理だ。手術はしない。とはっきり言われている。

悪化してどうにもならなくなってもそのままだ。薬もいずれ効かなくなって死ぬだけ。


北川さんも大変だったと思うけど乗り越えていま生きている。そうやってテレビにも出て、まだ脚本?の活動もしていると聞いた。

苦しんだ甲斐があってそして今があってこの先に希望を持てて本当に良かった。


でもその知人はその番組にはなんかテーマがあって、そんな北川さんでもいっときは死なせてくれないのはなんでだ。みたいな事を考えていたらしい。

そんなに辛かったんだね

そして勝ち取っていまの自分がいるんだね。

とにかく痛いのは嫌なの!っていうかたらしいよ?って知人は言ってた。

そりゃみんなやだよ

で、北川さんは死なせてって思ったのかな?

知人はその番組中に話していたことをその後色々教えてくれた。

それでわたしを心配してくれたんだ。

有難や。である。


うーん。

これは最後に投稿するのと少し内容がだぶるから、もう書いちゃったしここではこのくらいにしとこ。

時間があれば、最後のやつに北川悦吏子さんの事も付けたせたら良いな


『番外編その1』

たぶんつぎに投稿する記事で終止符を打とうとおもいます。

もう先先週書きおわった。


その前にただ脈絡もないくだらないことを書いてみたくなってしまったので番外編を投稿します。

くだらないのはいつもだけどね。

何日も毎日書いて気づけば⑥まで話しを書き終わったんだけど、投稿しようとしたら文字が多過ぎて投稿出来ません。

になった。そんなのあるんだね。

なので番外編は二つに分けなくてはならなくなってしまいました


ブログをはじめたのは勧めていただいたからです。あまりにも奇天烈なわたしの生き様にずっと残るものとして書き留めておいたらいいとおもう。

そんな感じからはじまりました。

開設にあたってもわたしはPCおんちなのでまったくもって関わってはいない。

書いたのをただ送信だけする。ってすればいいってのを今までしてきました。

管理するとかなんかすることもない。

わたしのブログはとても文章が長くて読むのがめんどくさいかもしれない。誤字も脱字も結局最後まできっとあると思うし。

それか反対に短いのかもしれない。

他所様のブログはなんのジャンルでも全く拝読しないから平均値がわからりません。

だだ、一人だけ開設してもらった人のだけは読む。

でもきっとこのかたのも基準にならなそうだ。(怒んないでね)

なのでずっと好きなように書いてきた。

なんせ追伸が20記事あっても平気に投稿するイカれ具合だから仕方ない。


今日はひとりで勝手に中年の主張をしようとおもいます。


①学生さんのお金

今日(いつ投稿するのか毎回何日もかけて書くから不明なので本日は6/28)の朝のニュースで学生さんが学校のお金を振り込む(確かそんな理由)のに銀行にきた。

35万円の大金となんかの用紙を封筒に入れてきた。

わたしが行く銀行では見たことないがそこには窓口の前に勝手につかえるシュレッダーがある。ほんとはどこにでもあるの?周りをまったく見ないから不明。

学生さんはなんかの拍子に一枚だけ一万円札が出てしまいちょうどうまくそれがシュレッダーに入った。天才だ。

もちろん一万円札はあの1ミリくらいの細切りにしかならないようなこっぱみじんこである。

学生さんは必死にその中を出してお金っぽいやつ、自分の一万円をかき集めた。行員さんも1時間だか手伝ってくれてた。ほかの紙くずからまず一万円を出す事でも気が失うほど遠くなる。

そして見つけたぶんを多分世界一難しいパズルのような糸昆布みたいな形状のピースをセロハンテープを駆使して何時間もかけて頑張るのだ。

お金。

わからないけど、一万円を余分に持ち合わせてなかったんだろう。

もしあったらコレ(パズル)しないのかな?

一万円あっても生活費で使えないから出せないのかな

色んな考えが浮かぶ。

これは、こんな世の中でも捨てたもんじゃない、って話しなんだけど、頑張る学生さんに銀行に来たお客さんがエールをおくる。

中には終わったらどうぞ。とハーゲンダッツの引換券の差し入れをする人もいた。

素晴らしい。

きっと、さりげなく身元も言わずに一万円をすっとわたすジェントルマンみたいなかたもいるかもしれない。

貸しますよ。とお節介おばさんもいるかもしれない。

でも、なんかきっとそれは正解ぽくない。

35万円はきっと、本人かご両親が汗と涙を流してこの日までに用意した内の一枚。ただの一万円ではないかもしれない。

わたしなら何しようかな

一緒にやりたいと思うかもしれない。

そうゆう面倒くさいのが大好きだ。

でもきっと時間がかかるほど学生さんが気を遣ってしまってイイです!とか言われるのだと思う。

そしたら、わたし暇だからやりたい。

と言ったらさせてくれるのだろうか。

そんなことを考えると学生さんには悪いが自分でわざとシュレッダーにかけてしまいたい衝動が止まらない。訳がわからないけどあたまの不具合的発想のやつ。

だいたいわたしがフリーズしてそんなくだらないことを考えていると娘ちゃんが途中で気付く。

ニュースに対してはこのひとめっちゃ頑張ってるねー大変だねー。くらいしか娘ちゃんは興味ない。

わたしね!わたしなら周りの目も気にせずにやると思う!と張り切って言ったら、

そうなの?〇〇ちゃんはきっとだれか見かねて手伝ってもらえるタイプだね。

それか一万円は諦めも肝心だ。とその金額ならもう一枚渋々出すんじゃないの?

と言ってる。

いやだ。

わたしは学生さんだろうとじぶんであろうとそれが千円札でもやってほしい。そしてわたしもやりたい。

労働時間にしたら完全に最低賃金の10分の1くらいかもだけど、一生の中でそれしてるその時間好きだとおもう。

お金つながりで次。


②細木かおり

朝のそのニュースと同じ日の夜にこのひとが出ていた。まえも出てたのをみたことある。

細木数子の娘ってなってた。

以降この人の悪口っぽくなるかもだから崇拝してる人は気分を害して欲しくないので読まないでください。


わたしは占いを全く信じない。

これは6占術らしい。6つに当てはめて+と-があるぽい。

あとは、高島暦は小さい時に生まれた家で毎年神棚の近くに本みたいなのであった気がする。これは四柱推命とか言われてるから良くわからないけど4つに当てはめるのか?

ひとを4つや6つで分けるな。

わたしの同級生に同じ誕生日が3人いたけどみんなまったく違うから尚更信じないのかもしれない

星座も血液型もそうだ。当たるわけない。何かが分かるわけもない。輸血と献血の時に必要な情報。そんだけ。

星座は12種類か。血液型は4種類。タロットとやらも信じない。絵をみたら、その人の悩みとか境遇に合わせてなんとでもわたしでさえ言えそうだ。

朝はめざましテレビを観るけど星座占いの前のじゃんけんのほうが超重要である。

たまにその場で当選がわかるLAWSONのカフェラテ無料券とかある。これは一大事だよ。真剣だ。

あともっと言えば占いなんかで一位より、紙兎ロペのほうがほのぼのと心が和んで1日の心の栄養になるとおもう。

めざましテレビに脱線したが

………けつろん。

で、何がしたいの?

両者(相談者とかおり)は一体何に向かって話してるのかがわからないのだ。

そして終わりはそれでなんだっけ。とかなる。なにかがよく分からず終了してる。

わたしがあほなんだろうけど。

わたしがもし占いをしても良いかなーとおもうのは手相のみだ。

世の中に絶対に同じ人はいない。

でもその鑑定がちゃんと出来るのか不明なのでそれもやっぱり信じないだろう。

占いを信じない。というか、じぶんが1番じぶんをわかってなかったりする。

だからあなたの性格はこうじゃないですか?

と言われたらそうかも!とかおもうのがまず変だと思う。わたしはそうなの?しらない。と逆質問になるだろう。

知ってたらじぶんで自問自答してとくに悩まないとおもう。(あ、だからわたしはひとに悩みを言わないのか?。)

まして赤の他人に言われてもそんなのわかりません。となる。

ちなみに娘ちゃんにわたしはどんな性格なの?と聞いた。

娘ちゃんがきっと一番良いのも悪いのも知ってると思う。

そんな人の回答。

えー!うーん……うーん。

悪い意味じゃないんだけどね?変な人。

だった。超アバウトだ。

娘ちゃんでこの結論なら誰にも聞く必要がない事が証明できた気分だ。

要するにやっぱりわたしはあたまの悪いめんどくさいやつなんだろう。

話は戻り。しつこいが細木かおり。

このひとは一体全体なんなんだ。

お歳は40やそこらへんぽい。良くわからないけど言葉遣いとかその他諸々とにかく生意気な口調ではなす。

かおりさんは、最初は普通でそんなにおっかないモードじゃない。話して行くとイライラしてきちゃうとても感情的になる。

相談者が歯向かうことを言ったりするとご機嫌がどんどんよろしくなくなってしまう。

いいから黙ってじぶんのいうことを聞け。

なんだろう。

突如相手がじぶんにふざけた態度をとると誰に向かって話してるんだ。みたくプライドが高いのか、激昂する感じがすごい怖い

お願い落ち着いて!とかおもう。

なんせとても性格がかわいくないのだ。お愛嬌が全くない。その歳ではまだ貫禄も出るわけないしオーラみたいなカリスマ性も見えない。高飛車な40のひと。

占い師でこんな人でもなれるんだ。

と普通に感心する。

で、これまたけつろん。

わたしはこのひとはとても嫌いなんだわ。

この人の言葉が全くなんにも心に響かないし薄っぺらい。耳にも言葉がたまに入ってこないくらいだ。

わたしはこのひとが近くに存在していたら人を不快にさせる。と思えたので目障りだから衝動に負けてげんこつをしちゃったりすると思う。

ほんとにさ、なんなのか知りたい。

お悩みを聞いてあげるって人なの?

悩んでる人に説教をするって人なの?

これからどうしたらいいのかとか前向きなアドバイザーみたいなことをするって人なの?

何でもかんでも今はこうでも来年大殺界。

今大殺界だからあー大変ってさぁ……

がんばろーとか思う人も一気にやる気も失せるわ。

だから気をつけなさいね。では留まらないんだもん。

何かに対して、それはしてはいけない!

あと、過去にあったことがあの時大殺界だったから今ほーらごらんバチ当たった。みたくいってるけど。

今更どうしようもない事をそれをみんな聞きたいの?

そして来年から大殺界!大変です!

みたく恐怖を与えられるのわたしはとてもいやだ。ある意味言葉のテロである。警察に爆弾をどこどこにしかけたよ。とか電話くるやつみたいだ。

じぶんが大殺界とか知りたくないから教えないでくださいとおもう。

人は悪いこともちゃんと意味があって起こるんだ。

言われなくても大丈夫です。もう占いはやめてもいいと思いますよ。と、かおりさんの近くにいる勇気のある誰かさん頑張って言って欲しい。相談者が可哀想である。

ほんとに、ある意味とんでもない洗脳だ。

わたしの周りでも今年から大殺界だよーとかしょげてる人いるんだけど。

言われてもそんなの気にしない!とおもう人もいるかもだけど、根拠はないが日本人は真面目だから鵜呑みにする人多いとおもう。

それだけで楽しいはずの普通のこともなんか暗くなっちゃうよね。旅行控えろとかさ、結婚はだめだとかさ

別に大殺界じゃなくても毎日全国でどんだけの数の夫婦が離婚してるのかしってんだろうか。

そしてなにがあるのかなーとか3年?もの歳月を日々怯えて暮らすってなんなんだ。

せっかく身体が元気ならやりたい事を我慢しないでさせてあげてくれ。

よく厄年とか女なら31男なら41が大厄だっけ?違ってる?満何歳?ずれてる?

それは一応気持ちの問題だけど神社とかで厄祓いとか出来て少しは紛れそうだけど。

でも大殺界だからといっても言いっ放しでなんかお守りとかもくんない。


不倫をした元議員さんに、めっちゃ自信満々でわたしも女ですからね!そりゃそんなの怒りますよ?

とかいう占い師ってなんだ。

そしてこんなクソみたいなとか言った。

わたしの大嫌いな言葉。「クソ」

中学生のときみんなが使うのか娘ちゃんが初めて言った。すごいびっくりした。

あんまりやめて欲しいことを言ったことないけど、とても悲しかったから、心の中ではいくら言ってもいいけど、口に出してその言葉は使わないで欲しいんだ。とお願いした。

コラー!くそガキめーとか昔の頑固おやじがつかうやつじゃない。クソ腹立つとか、あいつマジでクソとかだ。

人をクソと言うのはとてもひどい。すごく悲しい。せめてクズくらいにしといて。

かおりさん。テレビでクソもクズもいっぱい言っていたけど人は人間です。

うんちではない。

テレビの中はたまに外で見かける欲求不満の主婦の悪口大会のようになっている。


テレビとかでお悩みを聞く人は穏やかなひとしかあんま見たことない。

江原啓之とかもそうだしあんまり威圧感を感じたことなかったからとても奇妙である。

そうだ。あれだ!細木数子と同じ話し方だ。

それがまだかおりさんは年齢にそぐわない言い回しだからなんかこっちが恥ずかしくなるのかな。

そして数子さんと一緒にいたから似ちゃったんだな、と思うしかない。

数子さんもいつも怒鳴ったりしてたから最初占い師とわからなくてデヴィ夫人みたいなキャラの人でダメダメな人をスタジオに呼んで説教する人の番組に出る人だと思っていた。

かおりさんはじぶんよりも下に見くだす人と、じぶんより上だと媚びる感じにするようにみえた。声のトーンも違ってる。

なので人によって同じ何だか星人でも全く言い方や内容が違っていた。じぶんの好みで話し方や内容がかわる。どうか皆さんを平等にみてやって下さい。

それがこの占いもとてもよくわからんと思う事のひとつだ。

そしてこれまたけつろん。

子宮で話すとはこうゆう感じねー。と思った。


わたしが記事に載せたことのある凄い人の施術はいまでも本当に不思議体験だったのもあるけど、このかたの性格を思い出した。

二股、三股、なんでもしたらいいんだよー!

わからなきゃいいんだからー

ばれてお金がかかるとか傷つけちゃったなとかになったらそれをしっかりその日から受け止めてじぶんでやれることすればいいしー。

それよりさ、ばれなきゃその相手の数が多ければ多いほどこの世の沢山の人を幸せで楽しい気持ちにしてあげてるというとても良い事してるじゃなーい!

とか言う。

なーんにでも肯定的でポジティブなのだ。

こうしなさいもない。法律も関係ない。あなたはあなた。楽しくいこう!

と、お元気エネルギーをチャージしてくれる。

年齢的にもお孫さんもいるし、修羅場の数が違うだろうし人生経験も桁違いだからこのひとを引き合いに出すことさえも失礼に思えてくる。

そして、このひとは

わたしは私生活ではとても女を武器にもするけどねー、でも施術には女の部分は邪魔なのよー

だから子宮はこれをはじめる時とっちゃたー!

とか最初聞いた。やっぱり子宮で話してしまうのね?すごすぎる

最近もLINEしてやりとりしたけどめっちゃ楽しい。

最後に会ったの去年かな。実際に会いに行くと仕事衣装とウィッグで完璧な感じなんだけど、〇〇(わたし)にはそうゆうのいいよねーごめん、楽にするわーとか下の服を下ろしてお腹を緩めたりウィッグをとって前髪だけはキマッテるのにちょんまげみたいなすがたとか平気で見せる。

かっこなんかつけない。目線は一緒にしてくれる。じぶんの失敗も平気で話してくれる。

この間むすめがさーとか旦那がさーとか笑い話とかしてくれてほんとに自然体。


このかたと同じようなことをしている人からはみんな滅多に会ったりふつうに話せる人じゃないんだよ?と、なんか憤慨してる。

わたしは敬語なんか使わないしむこうもフレンドリーだから別に良いのかとおもったわー

というと、ほんとに凄い人。有名なひとだからね。だってさ。

でもそれはわたしは患者?っていうの?お客か?

で、その道のみなさんは先生と呼んでるから師匠みたいな関係だからじゃないのかな?

このかたには別に先生でも普通に話せそうだけどそうしてはならないんだろうな。

そして今はこのかたとは、もうあんたには何も伝えることもない、じぶんでわかってるから。行き着くところにまできてるよ。

と去年わたしを横にして全身をみてくれたときに言われた。そして

へぇー。覚悟が決まったもう悟りの境地に行ってる人の中身はこんな感じなんだね。と言っていた。

ブログにも書いたけど、わたしは薄羽蜉蝣らしい。

この身体でいざという時とんどもない爆発的エネルギーを発揮する事をする(娘ちゃんの事や不条理な事)がその後何日も屍みたくなる。それを繰り返している。


でも、それもそろそろ終わりに近づいつているのはなんとなくわかる。

いつも言うが、自分自身は怖いとかそれに対してはとくにないけど


そして最期は死ぬーって感覚じゃないなぁ。すっと消える。感じだねー。

と言われたやつ。あーほんとにそれ理想的!


このおかたはいつも同じテンション、いつも笑ってる。

だから悩んでたり苦しい時でも会って話したらめっちゃ元気いっぱいになる。

それが本当は占い師は占いの最後はこうであるべきなのだと今日思った。

細木かおりさんと話し終わったら頭を抱えてこの先の不安に苦悶な顔になっちゃった人や、もうあなたは見なくない!とか言われちゃって悲しい顔して退散していく人がいた。

なにそれ。だ。

会わなきゃ良かったね、お疲れ様。みたいにとても憐れに思えてしまう。


わたしも相談をうけると完全なる肯定から入る。どんだけだよ本気でそう思って言ってんだろか。とても間違えてないかな?と明らかでもだ。

そして沢山話して本人がわたしとじぶんのズレを感じることが出来たり、反対にその人は根底にこんなのを持っているからかと気づかせられたりする。だから話すこと、話させることがとても大事だ。

お金つながりで

というのは、一万円の学生さんのあとに夜これだったから。

芸能人のひとの鑑定のなかで、僕だって老後のこと、年金もらっても2,000万必要かーとかね?考えますよー。とか言ったら、何いってるんですかそんな程度なんにも不安なくあるでしょ。みたいなこと言って笑った顔がとても醜かった。

そうだ。前の時すごい立派な家とか私生活を密着してるのを観た。

おまえは日々いったいいくらぼったくってんだよ。って思ったからかな。

ぼったくりでなければどっからこのお金が降って湧いてるのだ。毎年出す占いのあの本の印税はそんなに凄いのか?

画面の中のテロップであなたはなんだか星人かを出せるようになっていて、わたしのを見てみたら今年から遡って三年前までとても素晴らしい運気だったようだ。

……

素晴らしい?1番の驚きである。

その初年度あたりにちょうどわたしが小学生から苦しみ続けた難病の確定をした。

次々と娘ちゃんも病気で苦しんだ。

去年はわたしと同じ難病が確定して一緒に闘った。

この前まで娘ちゃんはそれとはまた無関係な入院も長くした。治ったとかいうやつじゃない。とてもむこぐ悲劇なこと

その前にはわたしは未だに良くわからん気胸の手術と入院でえらい目に遭っている。

あ、まだ気胸のままだとか4月頃わかったけど7月のはじめにまたUCの予約日だからまたレントゲンやってもらおう

とにかくいままでの人生でかなり精神が崩壊したり体力がなくて車椅子プリーズ的な、かなりきつい拷問的三年を過ごしたけど?

これがかおりさんがあなたはこれから素晴らしい3年になるよと言うならまぁいいや。

宿命大殺界とやらがあって20年続くとか言われてた人がいたけど、もしあるならわたしはカオス的大殺界で産まれてから死ぬまで大殺界ですね。

なら納得するとしよう。


③独立する彼

あと話題に上がっている初めての一人暮らしをする。という歳がかなり下の彼は、その後これはどう?とかかなり色々な物件を見つけては、不信な物件じゃないかとか、初期経費の内容がよくわからないとか、何からしたらいいのかわからない。など漠然とした質問に一緒に長い時を考え、なんと!物件が決まりました!

母親とは一貫して仲悪し

出ることは行ったけど、新居は絶対に知らせない。は変わらずだ。

一応妹さんにはババァには言わないでくれ。と伝えている。という。

内容のチェックもしたし、彼が内見に行った時動画で外から始まって周りの様子、玄関入って全ての部屋や設備的なもの、収納の中隅々まで撮って送って来ました。

ポイントだけ見ればわかるのを聞いたのでその中からスクショしてまたまたあの凄い人にLINEで送った。それが最近やりとりしたって話だ。

お返事は。

ここはなんにも変なのないよ。

決めて大丈夫ー。

ときたので、いいと思うよー。と彼には言った。

審査が通れば7月中から入居可だ。

それまでにまだまだ色々知りたいことがあると聞いてくる。

最初の一人暮らしを思い出して懐かしいなぁ

まぁ男の人だし、賃貸物件で暮らしてからの引越しじゃないから面倒はあんまないよね。

とりあえず新居で必要なものリストと、月にかかる費用リストを作り終わった。

彼には新しい人生がもう少しではじまる。



最近のわたしはとてもじぶんが間違いなくあほかな。

と思う。

ちょいとこの日から遡ったはなし。


訪看の所長さんはもはやわたしの看護をしてない。

所長さんのつらい話を聞いて下手したら朝イチから昼までいる。気持ちが楽になったとこらへんで、では帰ります!と帰る。


LINEにも書いてくる。

「あなたの率直な意見がわたしの心の足枷を外して気持ちを軽くしてくれています。

わたしの心が軽くなった分、あなたの重荷をほんの僅かでも肩代わりできたら

そんな風におもいます。」

と書いている。

わたしは看護をしてもらうひとって最初から前提としてあるけど。

まぁいいや。暇だし、どうせ解決もしない。身体もなんともならないしね。


そんな話をするといつもの親愛なる友人は、っつん、またかよーと言う。

またかよ。だ。

わたしも自分でしってる。いつも言われてるからといって気を付けていない訳ではない。でもまたかよー。てなる。

ひとのことが気になってそれ(じぶん)どころじゃなくなって聞きたくてたまらないんだから仕方ないよね


あと、もうこれは大概にしとけよこのやろう。

と、言われるぽいので言ってないのがある。

きっと、この記事をお読みになるからここでカミングアウトをすることにしよう


でも、ここからがとても長くて制限文字数で入りきらなかったので今回はここまでかな


ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント