2020になりましたね。

1月に外出したのは片手で足りそうです。

わたしの精神科に行ったのと、娘ちゃんの継続的要観察の奇病の病院で最後の検査をしてその結果を添付して次の娘ちゃんの新しい病院に紹介状を書いてもらう目的の医大。

なんら未だに症状は出ず病気でもないが継続的に半年スパンくらいで血液検査が必要だ。

娘ちゃんは社会人になると、わたしと離れて暮らすし今後の金銭的負担を減らすことはとても大事です。

なので病院は同じUCの所だけど違う科に出す予定だったのを、血液検査だけだし、UCでも血液検査は定期的にするからついでに検査項目をその分を増やして一科で終わらせられるようにしてもらった。

医大の主治医もそれがいいと言ってくれたし、ほかの科の先生も症状が出たら専門的な科にかかればいいと言っていたのでそうゆう事にしてもらった。

あと今のUCの主治医からは次の娘ちゃんの病院のセンター長には強みが有るけど医大の方の先生とは特に接点が無いので、医大の紹介状はUCの主治医から出すやつと一緒にして主治医の方からも口添えをしてもらい全体的にうまく計らってもらえるようにお願いした。

気になること、伝えたいことがあったら紹介状に一気に書くから言ってねー!

と主治医が言ってくれたので気になることは心残りなく話して打ち込んでもらった。

娘ちゃんはあんま一般的にかかる風邪やら腹痛はしたことない。インフルとかもない。

なんせ難病がわかるまで皆勤なんだから。

関係あるのかわからないけど鉄欠乏症貧血なので肌が恐ろしく白く、いっときは3ヶ月治療をしたこともあるが、薬の副作用が嫌だっのが残っている娘ちゃん。

いまも全然正常値に一度もなってないけど、ぎりぎり治療しなくても良いかんじだ。

でもこれも定期的に血液で確認してほしいと言った。

あとは高1の時に帯状疱疹にかかって一ヶ月くらい通院した事。

疲れると出やすくなるので、帯状疱疹を一度やってるから体内ウィルスがあるので汗疹とかと間違いやすいけど、キャリアもちだからその辺もまた発症したら他の科に回してやってください。と言った。


毎日のわたしはうちの中ではほぼ横になって寝ている。

舌痛症で食欲はない。

前なら無理にでも食べていたけど、それもだんだん嫌になってきた。

痛くても多少は美味しいと思うなら食べれるかもだけどマズイか無味ならやはり口を刺激したくないのを優先してしまう。

その代償でどんどん衰弱が進行する。

今は四年近く前に一度だけなった33キロ台にずっといる。飲み物やさほど噛まなくていいものしかもう食べてない。

閾値を上げるとやらをしないとならないらしいが、多分わたしだけじゃなく、主治医も無理だともうわかってると思う。

今はシャーペンでも書くのに動悸やめまいがする。座って立つ時の立ちくらみどころではない。

もはやベットで横になって向きを変えるだけでも血圧が下がったみたく血の気が引くようなのと目が回ってしまうというわけのわからんやつになる。


でもってしかし寒い。

北海道は酷い寒さの時、いやー凍れた(しばれた)という。

明日(いつのことだよ)の朝は25くらいかなー

昼でも10以下だなー

アホみたいだね。


あ、こっちはいちいちマイナス25とか言わないんだよね、テレビで道民が言ってるのやってるやつあったから見た人は知ってるかな。

てか特に北海道にみんな興味ないよね。

自分もだけど。




書くのが尋常じゃないほどおそい。今もう2月だ。てか2月も中(この日2/16)過ぎてる。

あれからまたドリフの大爆笑の展開でとても付いてけてないよ。

よく、卒業してお仕事が始まる前に23月は学校は卒業式までほぼ行かないから歯医者など診てもらっとく方が良いよ。

とかいうやつを担任に言われたらしい。

で。今回もやらかした。

娘ちゃんはとても素晴らしいカオスな娘である。当選好きである。

21日朝起きた娘ちゃんは昨日から奥歯が変なんだけど?なんなんじゃ

というではないか。

わからな過ぎるんだけど痛いというかなんか押されている。


………オサレテイル⁇

え。何言ってるのかわからないんだけど。

とりあえずすぐに幼稚園から小学校まで女の子だから歯は大事なので歯並びの矯正をしていた時の歯医者に行った。

中学に入るまでは定期的に虫歯のチェックやフッ素に通っていたけど部活やらなんやら忙しくなってから自覚する痛みとか、学校の歯科検診で見つからなければいかなくなった。

未だに虫歯は0個だ。

で。けつろん。


親知らず下の二本がとてもおかしい方向に向かっているよ。

だってさ。

わたしの悪夢再びだ。


しかもわたしが最初にもめたのは口腔外科の個人歯科でさえ、たらい回しにされたが、

娘ちゃんの所は普通の歯科。

外科の先生が出張してきて親知らずとかの手術をやるらしい。


娘ちゃん1人で行っていたのでLINEで会計待ちのときどんなだったかをざっと書いて連絡してきた。

で、私たちは保険証やらお薬手帳、診察カードや受給者証など大量にあるので全部が入る医療系でまとめた入れ物を持ち歩いているので

難病のこと言った?鎮痛剤とか気をつけないとならない事だからね?と言ったら

歯科助手の人に難病のことを明かしたら受給者証とお薬手帳を出してくださいと言われたらしく見せた。

で、しばらくしたら、また連絡してきて、最初は、やる気まんまんで外科の先生が来てくれる日にちを紙に4つくらい候補で書いてお家に帰ってから考えて連絡してね!と言ってた先生が、手のひらがよじれて骨折したんじゃないのあんたと思うほど態度が急変だ。


はいまたでた


持病抱えてそんな弱い鎮痛剤しか使えないなら親知らずは骨まで行くのに無理無理!そんなの全身麻酔でやるやつだよー。外科の先生、やりたがらない!

とか苦笑いして平気で全力で拒否られた。

らしい。

お母様がお腹の病院で入院して親知らずをしたみたく、娘さんの場合もお腹の先生がすぐ情報わかるそちらにしてもらうのが絶対良いからうちからは紹介状書くよー。と言われたことなどを帰ってから詳しく聞いた。


……ムカつくから次の日の朝イチで電話して

言われなくてもそちらがお腹の病気に知識あるのか不安だったので主治医に相談してまた連絡するつもりでしたけど。

と言って電話を切り、そのあとすぐ難病の病院に電話したら、

今の時間は外来診てるから聞いてみますね、折り返します。

と言われたけど、五分くらいで看護師さんじゃなく直で絶大なる信頼をしてる主治医から電話してきてくれて、事の顛末を話した。

わたしの時で十分わかってるし、わたしがもう精神がやられてること、娘ちゃんのことであたまが普通ではない事、そんでもう身体は死体化してる事を退院したばっかりだからわかってくれて、

そこの歯医者さん、どこの外科の先生来るのか知らないけど、こっちからお断りだ!

うちでやるからむしろ勝手にそちらが絶対やらないでよ。

紹介状だけ患者さんに渡して!と病院から言われました。

と電話して言いなー。

と言ってくれた。ほんとにこの人良い先生で涙が出るよ。

で、個人歯科にそっくりそのまま言った。

その次の日紹介状を取りに行ったらすごいご機嫌取りをしてくる。

娘ちゃんが最初に行った時見えない根元で隣の歯に当たってる部分(親知らずはまだ両方頭が出てない)を少し処置して噛み合わせ直すね。ってのを確認して、とても良くなった!

歯石も何にもないしほんとに綺麗な歯だねーとか。言ってる

娘ちゃんはあらゆる美容、色んなことに気をつけている。

当たり前だよ高いオーラルケアグッズをどんだけ使ってんのか知ってから言え。

とかブツブツ言っていた。

で、紹介状をもらって、2日後いつもの巨大病院。

先ずは話をつけてくれた難病の主治医の所に行きわたしの時にしてくれた先生でお願いするからね、と言ってくれた。あの医大の口腔外科の偉い教授とやらも僕より腕いいよ。の先生だ。

で、診察室で話してるとき、今手術に入っていて今日は診れません。

と向こうの外来看護師さんから連絡がきた。

私たちぼーぜんだ。

え。今日来てそのまま診てもらうんじゃなかったっけ?

またもっかい出直せと?と、とても呪った顔をしたと思う。

主治医はいやーそっかぁ。なんの手術かなー歯医者のことはわからないなー長いのかなー来てねって言ってこれじゃ申し訳ないしまた来るの大変だよね。

と言って、すぐに先生は直接オペ室に電話し、

ごめーん!〇〇先生さー僕のずっと診てる患者さんなんだけど、そちらの予定とか見ないで今日来て歯科も診てもらうこと言っちゃったんだよー。終わったら診れるかなー?ほんとごめんねー。

と一方的に話すと、すぐ決まる。

断られる事など初めから想定していないんだろう。

優しいけど、病院内の従事者は誰もが逆らえない恐ろしい權力の持ち主である。

笑顔で私たちにはよかったーやったねーと言って、口腔外科の外来で終わる時間わからないから少し待つけどいいかい?ごめんねー。

とか言ってくれた。


あーほんとよかったわ。無駄足になる所だった。

わたしはもう歩くのはとてもじゃないが辛くて外出した日は次の日から大変な日数を寝込むのだ。

まして北海道の真冬は心も身体も肺にも染みる

娘ちゃんはお元気だから売店いこー!とか言って待ってる時間を楽しむ。

なんだかんだとやってたらすぐに口腔外科の先生が手術から帰ってきて診てくれた。

待ってる間に画像を撮っていたのでそれを見て、

うん。全身麻酔でいこう。

局所で一回一回痛くて怖い思いするよりずっと精神的にいいからね。

だって。

歯で全身麻酔かよ。とか最初の個人歯科で小馬鹿にしたけどやっぱそうなんだ

リスクを聞いても口腔外科の治療の全身麻酔は特に問題ない。

UCの主治医から電話で今お腹は安定してるからどんどんやっちゃっていいからー!

とか言われてるからかな

そのあとの痛みには数日鎮痛剤は必須だけど、わたしは親知らず一本だったからか1番安全な鎮痛剤(効き目も当たり前だけど弱い)を普通の人の半分の量だかにして飲む日数も少なくいく。

とかにした。

それでも飲むのが嫌で結局麻酔が切れた時と夜中に飲んだきりだった気がする。

それでまぁまぁ痛みはきつかった気はするけどもう忘れた。


娘ちゃんにもわたしと同じアセトアミノフェン(カロナール)で1回につき最高500ミリにしてほしいと言った。

先生は、少し考えて、痛みを我慢するのも悪いことだから、それでも痛みが強かったらロキソプロフェン(ロキソニン)でいこうか?

きっと問題はないとおもう。

と言われてわたしも娘ちゃんも同意した。


全身麻酔は一年前肺の手術のときやってエライ目に遭って終わった後はICUでしばらく身体中装置だらけだったからそうなる事しか考えられなかったけど、聞いたらすぐに病棟に戻って、大丈夫なかたなら負担かからない夕食を食べますよ?

とか言ってる。

全身麻酔という言葉が恐ろし過ぎて内臓の手術をやるのとは違うんだね。



でもって

最悪なことに患者さん待ちが凄くて一番最短で3月初めとか言うではないか。

あのね。

3月初めに娘ちゃんは地元を離れてお引越しの日まで決まってるんだけど。


色々相談して、それじゃあお引越しを先にしといた方が入院して手術もして、多少なりともその後縫合不全や感染症や合併症が全くないなど言い切れないからしといた方が安心だし、そうする事にした。


その後のわたしの死亡率がさらに上がったなとわかる瞬間だ。

引越しのときかなり心も身体もやられる。

業者さんだけじゃなくいつものヘルパーさんも一応来てもらうけど、貴重品とかあるから手を全く出さないことなどないしね。

そんで200キロ近く離れた場所に追っかけて行って新しいマンションの鍵を開けて荷降ろしをしないと。

その日は朝一で来てもらい、わたしは日帰りは自殺行為だから一晩は娘ちゃんの所に泊まると思うけど、普段の生活でさえ1日どっかに用足ししたら2日くらい寝込むのに大丈夫なのだろうか

とか思ってたんだけど


で、引越しの次の日わたしは自宅に戻っても娘ちゃんはその後たったの2日後にまた地元に戻って入院だ。

わたしと引越しだけして娘ちゃんも一緒に帰るのも考えたけど、家電一式が次の日電器屋さんが配達と設置にやってくるのでだめだ。

これが決まった時、引越しのときは自分の車で娘ちゃんと行かないとならないのはわかってはいたけど、入院の時は娘ちゃんは交通機関で一人で戻って来てもらうつもりだった。

でもさ、ご存知の通り北海道にコロナ患者様が出たわけだよ。

北海道の一番の大都市経由で帰ってくるのはとてもじゃないが怖い。

いくら今の娘ちゃんはお元気でも、術前で、しかも難病の薬は免疫を抑制する薬だ。抵抗力もない。はっきり言ってそこらの高齢者の方がお元気である。


またわたしがその当日の朝迎えにいくと思う。何時起きだよ

そのまま引越しのときからずっと娘ちゃんの新居にいたらいいのかともかなり考えたが、ちっこいワンルームで荷物にまみれたい放題でどんなとこだかもわからん。

しかも不眠症だ。

それなら自宅に戻った方が気持ちは楽かな

とか思ったりめちゃくちゃすげー迷う。

なんせ一番雪深い時の峠越えだ。

それを数日で片道200キロを2往復とか普通の人でもやめるだろう。

あーー

考えられない。考えると意識不明になる。

これは天候次第にしよう。ホワイトアウトの峠越えは無理だから通行止めにもなる時あるしね


書いてるだけでもうすでに始めているくらい心も身体も疲れる。

娘ちゃんには悪いが晴れの卒業式さえわたしは学校に行き座っているだけだけど大丈夫なのだろうか

と不安で仕方ない。

人がごちゃごちゃいるのなんかしばらく出くわしてないし、駐車場から体育館とやらにいくまでに生き倒れることになるという自信しかないんだけど

人がやだから保護者控え室なんぞにいないし。

1時間以上開場まで待つと思うけど車にいよう

で、終わったらすぐまた戻って娘ちゃんが来るの待ってよ


あーしんどいわ。

そのあとは帰ってから荷造りした段ボールやら荷物を娘ちゃんの部屋からリビングに全部置いといて、次の日の朝に引っ越しだからすぐ出来るように段取りしとくのだ。

その日だけわたしのベッドで娘ちゃんは寝るという事にしてる。


あーしんどい。

引っ越しがどんな事になるのか、入院手術はどうなるのかは今はわからないし、予定が全部ひっくり返って変わったので、これ以上書いても読んだ人もあたまが悪くなって困ると思うのでやめますね。


とりあえずわたしの弁護士には不測の事態があまりにもキャパ越えしたので予定より早く死んでからの事(死後事務)をかなり詰めている。

その内容も娘ちゃんのことが色々終わって書く事が出来るようになったら書きます。


あ。とりあえず術前検査や各科の受診を昨日してきてまたなんで問題ばっかでるんだよ。なんなんだよ

と一気にまたわたしの寿命がなくなった。


つづく?