仕様:熟女の凄腕シリーズ

店名:店名
嬢名:嬢名 ※推定年齢40代
価格:うーん年齢を考えると高くない?(笑)
満足:不思議な感覚で評価が難しいですね

部屋:1.5 古いマンションの一室。
施術:3.0 なかなか揉み解しなど巧い
キワ:4.0 熟女のテク
サワ:4.0 熟女のテク
密着:3.0 あまり嬉しくないが…汗
容姿:0.5 かなり熟女
寛容:5.0 かなり汗
過剰:3.0 どこまで可能か…汗

今回の女性とお店は、かなり微妙です(苦笑)
かなりの熟女で、スレンダーですが厚化粧のしかもよく喋る熟女。
私は好きではありません。
容姿だけなら地雷レベル。
対面したときのがっかりと言ったらもう(笑)
しかし凄いテクニックで、結論から言うと、いかされてしまいました(苦笑)

一応地雷のようなレポになるので、
店名と嬢名は伏せておきますが、有料記事にするほどのネタでもないので、
あくまで隠す意味合いです。
ですので興味のない方や、行ったことのある方はくれぐれも(笑)
間違ってお買いにならないように。

場所は市ヶ谷です。
お堀を背に少し坂を上ったところにあります。
古いマンション。団地のような作りです。
中に入ると事務所も兼務なのか、電話対応の声。
興覚めです。
しかも担当の女性が…汗
40代は確実と思われる、スレンダーな熟女さん。
ここまで熟女なら、プロフに年齢を表記してもらいたい!
しかもよく喋る喋る。完全に意気消沈しました。
そしてシャワールームが、広いのですが脱衣所がなく、綺麗なのに、
何か臭い。ドブの様な匂い…。

もう今日はただただマッサージを受けようと決心。
ところが彼女は、
「今日は、今まで経験したことのないような施術やスタイルが出てきますから」と
やる気満々(苦笑)
しかしその通りになるのだ。
しかも、突然私の紙Pを指さして、「内緒です」と。
最初意味が分からなかった(笑)
ノー〇ンでいいとのこと。
口車に乗って、気乗りしませんでしたが、なりましたノーパンに(笑)

まずは揉み解しから。
やはり熟女の経験値から、マッサは巧い。
これなら安心と思っていました。
結構時間をかけやってくれます。かなりほぐれました。
すると「まぁマッサージはどこでもできますからね。今日は違ったことを…」と、
ごにゃごにゃ言いまして(笑)
OPのパウダーに入りました。
そうなんです、ごり押しされてOPつけちゃいまして(苦笑)
しかし、このパウダー凄いです。
もはや老舗の性感マッサージ級でした(笑)
サワサワが凄い!
足先から太もも、アナルなど股間周辺、背中から首筋まで悶絶ものでした。
さらに四つん這いを指示され、竿までもサワサワ…声が出てしまいます。
うつ伏せから四つん這いで、容姿を見ていなかったこともあって、
私は不覚にもフル勃起(苦笑)

そしてマットに何やらタオルを畳んで置きまして、
そのまま再びうつ伏せのスタイルに。
「このままうつ伏せになると股間がお辛いでしょう?」と、
私のフル勃起した息子への気遣いでした。
さすが熟女の配慮(笑)
今度はオイルが投入されます。
オイルももはやマッサはなく、際どい所へ手が侵入してきます。
足を流すと平然とアナル周辺も。ほどなくカエル足では深い鼠径部責め。
その流れで横向き施術へ。
もう事故事故事故という感じです。
そして再び四つん這いへ。
二回の四つん這いは初めてのことです。
今度はオイルですから鼠径部中心で、時折乳首責めも。
悶絶していると、胡坐をかいて座るように指示されます。
背後から乳首責めを。さらにもう完全な手〇キへ。
ここまでずっとフル勃起です。不覚です(苦笑)
でもやはり姿を見ていないことが功を奏したようですね。

仰向けになると、私の息子も落ち着きを取り戻します。
現実に帰ってきました(笑)
コマネチはそれほど興奮もせず、そのうち頭上にまわりデコルテへ。
スタンプなどもありますが、胸は小さいので感触もなく、乳首なども弄られますが、
それほど悶絶もありません。
そして彼女は、少々息も臭いです。
匂いフェチの私ですが、やはり容姿が好みでないと悪臭になりますね(苦笑)
そしてそのまま私を跨っていきます。
目の前にはお尻が…
いつもの私なら飛びつくところですが、ここでは素通りです。
ゆるゆるのホットパンツから、下着が見えましたが逆効果です(苦笑)
そのまま今度は騎乗位のスタイルへ。
前向きを後ろ向きと腰をグラインドしてきますが、息子の反応はなし。
どうやらここまでかなと(笑)
最初の興奮は夢だったのだなと思うことにしました。

ところがここから彼女の最後の責めが怒涛の如く始まるのです!
添い寝のスタイルになった彼女。
もうこの辺りでは平気で息子を触ってきます。
そして何を思ったのか、自らTシャツの襟もとをつまみ、中を私に見せます。
「気が付いちゃった?」と嬉しそうな彼女。
自分から見せておいて(苦笑)そうノー〇ラでした。
しかし、意外にも彼女の乳〇、とても綺麗でピンク色に見えたのです。
これは私の目がおかしかったかもです。
でもピンク色に見えたのです。
思わず揉みまくり舐めまくり弄りまくりでした。
するとまた息子はムクムクと復活。
気をよくしたのか何やら器具を取り出しました。
多分それはシャボン玉を作るときの玩具的なやつ(笑)
中には何やら泡が…
そうホイップです。ホイップほど泡立ってませんが…汗。
一応自称ホイップで完全手〇キへと突入です。
そして自らTシャツをまくり〇房を私に見せつけ、4545。
「今日は特別サービスで、このままいっちゃってください」と。
嘘つけー!みんなにしてるんだろう!と、
心の中でいくものかと念じていました。
そう、私はすでに他店へ梯子することを考えていましたので、
ここでいくわけにはいきません!
しかし、その美〇へ手を引っ張られ、モミモミしながら激しく4545され、
あえなく撃沈しました・・・汗
あまりの気持ちよさに抗えませんでした・・・

この後まだ時間があったので、普通のマッサを続ける彼女。
もう賢者タイムの私は、ただひたすら時間が過ぎることを祈るばかりでした。

皆様、このレポいかがでしたでしょうか?
決しておススメではありませんよ。
でももしあなたも戦ってみたいという方のために、
店名と嬢名は有料記事にしておきます。
皆様はあのテクニックに抗うことはできますでしょうか?(笑)

店名と嬢名はこちらから